九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
坪川 祐美子(つぼかわ ゆみこ) データ更新日:2021.06.18



主な研究テーマ
上部マントル条件下における斜方輝石の流動特性
キーワード:斜方輝石,変形実験,高温高圧,レオロジー
2018.04.
鉱物の細粒多結晶体の焼結と粒成長実験
キーワード:焼結,単斜輝石,かんらん石,細粒多結晶体,粒成長
2013.04.
東南極セール・ロンダーネ山地に産する高度変成岩の岩石学的研究
キーワード:東南極,セール・ロンダーネ山地,高度変成岩類,変成岩岩石学
2011.06.
研究業績
主要原著論文
1. Yumiko Tsubokawa, Masahiro Ishikawa, Tetsuo Kawakami, Tomokazu Hokada, m. Satish-Kumar, Noriyoshi Tsuchiya, Geoffrey H. Grantham, Pressure-temperature-time path of a metapelite from Mefjell, Sør Rondane Mountains, East Antarctica, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 10.2465/jmps.160919, 112, 2, 77-87, 2017.04.
2. Yumiko Tsubokawa, Masahiro Ishikawa, Sintering nanocrystalline diopside from pulverized diopside crystals, JOURNAL OF MINERALOGICAL AND PETROLOGICAL SCIENCES, 10.2465/jmps.161114c, 112, 3, 127-131, 2017.06.
3. Yumiko Tsubokawa, Masahiro Ishikawa, Sintering polycrystalline olivine and polycrystalline clinopyroxene containing trace amount of graphite from natural crystals, EARTH PLANETS AND SPACE, 10.1186/s40623-017-0717-0, 69, 2017.09.
主要学会発表等
1. 坪川祐美子、大内智博、久保友明、肥後祐司、丹下慶範、入舩徹男, 上部マントル条件下における含水斜方輝石の変形実験, 第61回高圧討論会, 2020.12.
2. 坪川祐美子、大内智博、肥後祐司、丹下慶範、入舩徹男, 上部マントル条件下における斜方輝石の変形実験, 第59回高圧討論会, 2018.10.
3. Y. Tsubokawa, T. Ohuchi, Y. Higo, Y. Tange, T. Irifune, Rheology of dry orthoenstatite deformed in the D-DIA under upper mantle conditions, AGU Fall Meeting 2019, 2019.12.
4. 坪川祐美子、大内智博、肥後祐司、丹下慶範、入舩徹男, 高温高圧下における無水斜方輝石の転位クリープ, 日本鉱物科学会 2019年年会, 2019.09.
5. 坪川祐美子、大内智博、肥後祐司、丹下慶範、入舩徹男, Dislocation creep of dry orthoenstatite aggregates under high P-T conditions, 日本地球惑星科学連合 2019年大会, 2019.05.
6. 坪川祐美子、石川正弘, Ultrasonic velocity measurements of plycrystalline clinopyroxene under high P-T conditions, 日本地球惑星科学連合 2018年大会, 2018.05.
7. Y. Tsubokawa, M. Ishikawa, Sintering nano-polycrystalline clinopyroxene, AGU Fall Meeting 2016, 2016.12.
8. 坪川祐美子、石川正弘、河上哲生、サティシュ-クマール、ジェフ・グランサム、土屋範芳, 南極セール・ロンダーネ山地中央部および⻄部の温度圧力構造, 日本鉱物科学会 2013年年会, 2013.09.
9. 坪川祐美子、石川正弘、市來孝志、河上哲生、サティシュ-クマール、土屋範芳、ジェフ・グランサム, 東南極セール・ロンダーネ山地,メーフィエル地域に産する泥質変成岩のザクロ石の正累帯構造, 日本地球惑星科学連合 2014年大会, 2014.04.
10. 坪川祐美子、石川正弘, ディオプサイドの細粒多結晶体の焼結, 日本鉱物科学会 2014年年会, 2014.09.
11. 坪川祐美子、石川正弘, 焼結したディオプサイド細粒多結晶体の粒成⻑, 日本地球惑星科学連合 2015年大会, 2015.05.
12. 坪川祐美子、石川正弘, 天然鉱物を用いた透輝石多結晶体の粒成⻑実験, 日本地質学会 第122年学術大会, 2015.09.
13. 坪川祐美子、石川正弘, 単斜輝石多結晶体の焼結, 日本地球惑星科学連合 2016年大会, 2016.05.
14. 坪川祐美子、石川正弘, 単斜輝石ナノ多結晶体の焼結実験, 日本鉱物科学会 2016年年会, 2016.09.
15. 坪川祐美子、石川正弘, かんらん石細粒多結晶体の焼結, 日本地球惑星科学連合 2017年大会, 2017.05.
16. Y. Tsubokawa, M. Ishikawa, Sintering mantle mineral aggregates with submicron grains: examples of olivine and clinopyroxene, AGU Fall Meeting 2017, 2017.12.
学会活動
所属学会名
日本高圧力学会
日本地質学会
日本鉱物科学会
日本地球惑星科学連合
American Geophysical Union
受賞
JMPS学生論文賞(第8回), 日本鉱物科学会, 2019.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, 代表, 斜方輝石の動的再結晶に誘発される剪断集中プロセスの解明:高圧変形実験による検証
.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2018年度~2020年度, 特別研究員, 代表, スラブ深部における相転移誘起の超塑性と深発地震:その場観察高圧変形実験による解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」