九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
佃 康司(つくだ こうじ) データ更新日:2021.06.14



主な研究テーマ
個体の集まりを各個体がもつ属性で分けるとき,個体の総数は各属性をもつ個体の数の和として表されます.このように「ある正の整数を正の整数の和として表現すること」を整数の分割と呼びます.そして,与えられた正の整数に対してランダムに起こる整数の分割の確率分布を確率分割と呼びます.私は,いくつかの統計的動機があり,確率分割について統計モデルの性質や推測を中心に研究しています.
数理統計におけるほかの研究テーマとしては,目的変数と説明変数の間の関連を記述するために用いられる回帰分析について研究しています.
また,より応用的なテーマとして,製造業において開発・設計・品質管理といった活動のために利用される統計的方法について興味があります.
キーワード:確率分割,回帰分析,統計的漸近理論
2020.04.
研究業績
主要原著論文
1. Koji Tsukuda, On Poisson approximations for the Ewens sampling formula when the mutation parameter grows with the sample size, The Annals of Applied Probability, 29, 2, 1188-1232, 2019.04, The Ewens sampling formula was firstly introduced in the context of population genetics by Warren John Ewens in 1972, and has appeared in a lot of other scientific fields.
There are abundant approximation results associated with the Ewens sampling formula especially when one of the parameters, the sample size $n$ or the mutation parameter $¥theta$ which denotes the scaled mutation rate, tends to infinity while the other is fixed.
By contrast, the case that $¥theta$ grows with $n$ has been considered in a relatively small number of works, although this asymptotic setup is also natural.
In this paper, when $¥theta$ grows with $n$, we advance the study concerning the asymptotic properties of the total number of alleles and of the component counts in the allelic partition assuming the Ewens sampling formula, from the viewpoint of Poisson approximations.
Specifically, the main contributions of this paper are deriving Poisson approximations of the total number of alleles, an independent process approximation of small component counts, and functional central limit theorems, under the asymptotic regime that both $n$ and $¥theta$ tend to infinity..
2. Koji Tsukuda, Estimating the large mutation parameter of the Ewens sampling formula, Journal of Applied Probability, 54, 1, 42-54, (Correction: 55, 3, 998-999), 2017.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Institute of Mathematical Statistics
応用統計学会
統計科学研究会
日本計算機統計学会
日本数学会
日本統計学会
日本品質管理学会
学協会役員等への就任
2019.11~2021.11, 日本品質管理学会, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.09.09~2018.09.13, 2018年度 統計関連学会連合大会, 運営委員.
2017.09.03~2017.09.06, 2017年度 統計関連学会連合大会, 運営委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.12~2021.11, 品質, 国内, 編集委員.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2024年度, 若手研究, 代表, 統計的多様性に対する推測の深化.
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, 多様性を表現する統計モデルの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」