九州大学 研究者情報
発表一覧
朱 冰(しゆ ひよう) データ更新日:2021.10.14

助教 /  言語文化研究院 言語環境学部門


学会発表等
1. 朱冰, 構文ネットワークから見た中国語における禁止表現から接続詞への転成, 九州中国学会第68回大会, 2020.10.
2. ZHU Bing, On the Chinese insubordinate conditional clause formed by the particle NE: A constructionist perspective, The 15th International Cognitive Linguistics Conference, 2019.08.
3. 朱冰, 中国語における禁止表現から接続詞への変化, 第3回 HiSoPra*研究会(歴史社会言語学・歴史語用論研究会), 2019.03.
4. 朱冰, 独立使用的“条件连词+VP+呢?”小句 -构式语法与话语功能语言学的视角-, 日本中国語学会第68回大会, 2018.11.
5. 朱冰, “要知道”的话语标记功能, 日本中国語学会第67回大会, 2017.11.
6. 朱冰, 『言うべきことは私が思うこと』 -中国語の談話標識“应该说”の構文化と多機能性-, 日本認知言語学会第18回全国大会, 2017.09.
7. ZHU Bing, HORIE Kaoru, Diffusional change of the Chinese scalar additive construction derived from prohibitives, The 23rd International Conference on Historical Linguistics, 2017.08.
8. ZHU Bing, HORIE Kaoru, From deontic modal to necessity conditional marker: The development of textual function in the Chinese deontic modal bìxū’, The 14th International Cognitive Linguistics Conference, 2017.07.
9. 朱冰, On the contextual persistence in grammaticalization: Evidence from the development of two Chinese connectives, 関西言語学会第42回大会, 2017.06.
10. 朱冰, 中国語の認識的モーダルマーカー“可能”の成立 -構文化のアプローチから-, 関西言語学会第41回大会, 2016.06.
11. ZHU Bing, HORIE Kaoru, From intersubjective to textual/subjective meaning: A comparative study of Chinese and Japanese connectives derived from imperatives, The Second International Conference on Grammaticalization, 2016.04.
12. ZHU Bing, From epistemic modal to concessive marker: A constructional analysis of the Chinese modal marker kěnéng, 日本語用論学会第18回大会, 2015.12.
13. 朱冰, 中国語のモーダルマーカー“必须(bìxū)”における認識的意味の残存 -類型論と文法化の観点から-, 国立国語研究所国際シンポジウム「文法化:日本語研究と類型論的研究」,国立国語研究所, 2015.07.
14. ZHU Bing, HORIE Kaoru, Between deontic modality and necessity conditionals: A cognitive typological analysis of Chinese, Japanese and Korean necessity conditionals, The 13th International Cognitive Linguistics Conference, 2015.07.
15. 朱冰, 堀江薫, 中国語のモーダルマーカー“必须(bìxū)”の節連結機能 -文法化と機能拡張の観点から-, 日本認知言語学会第15回全国大会, 2014.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」