九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
阿部 哲(あべ さとし) データ更新日:2022.06.20

助教 /  比較社会文化研究院 文化空間部門 文化表象


研究業績
主要著書
1. Satoshi Abe, Tai Wei Lim (eds.), Modernization in Asia: The Environment/Resources, Social Mobilization, and Traditional Landscapes Across Time and Space in Asia, World Scientific Publishing Co., 2022.01.
2. 阿部哲, 「イスラーム世界の自然観と環境問題」豊田知世・濵田泰弘・福原裕二・吉村慎太郎編『現代アジアと環境問題――多様性とダイナミズム』, 花伝社, 2020.07.
3. 阿部哲, 「水資源を取り巻く現代事情」豊田知世・濵田泰弘・福原裕二・吉村慎太郎編『現代アジアと環境問題――多様性とダイナミズム』, 花伝社, 2020.07.
4. 増田研・阿部哲・寺野梨香編, 『現代ザンジバルにおける社会の動態:ローカリティとグローバル化のフィールドワーク』, 長崎大学多文化社会学部, 2018.03.
5. 阿部哲・牛久晴香編, 『ザンジバルに学ぶ多文化社会の生き方』, 長崎大学多文化社会学部, 2017.03.
主要原著論文
1. Satoshi Abe, Saman Jamshidi, Saeed Rezaei, Religious Debates on the Coronavirus Pandemic in Iran: Examination of their Discourses, Rationales, and Implications, Journal for the Study of Religion, Nature and Culture, 16, 1, 77-98, Special Issue (Religion and the Coronavirus Pandemic), 2022.05.
2. Satoshi Abe, Problematization of the Environment in Iran: Entanglement and Disentanglement of Modern Science and Islam, Modernization in Asia: The Environment/Resources, Social Mobilization, and Traditional Landscapes Across Time and Space in Asia, 11-29, 2022.01.
3. 阿部哲, コロナ禍におけるイランの現状とその背景を探る―国際政治情勢とイスラームを手がかりに―, 21世紀東アジア社会学, 11, 107-118, 2021.12.
4. Saeed Rezaei, Satoshi Abe, Afsaneh Farhang, Values and Identities in Iranian Primary School Social Studies Textbooks: A Discursive Approach, Journal of Beliefs & Values, 1-18, 2021.10.
5. 阿部哲, 環境問題をめぐるイスラームと科学知の新たな関係性 ―イランにおけるイスラーム法学者と環境専門家による議論に着目して―, オリエント, 64, 1, 49-62, 2021.09.
6. Satoshi Abe, Pursuing Moral Dimensions of the Environment: A Study of Islamic Tradition in Contemporary Iran, Journal for the Study of Religion, Nature and Culture, 15, 2, 151-176, 2021.08.
7. Satoshi Abe, Ethnographic Encounters with Muslims in Taiwan: Exploration of their Religious Scenes and Experiences, 多文化社会研究, 5, 239-247, (再録:論説資料保存会(編).『中国関係論説資料 第61号』), 2019.03.
8. Satoshi Abe, An Anthropological Inquiry into the Emergent Discourses and Practices of Environment in Iran: Framing through the Idea of Translation, 日本中東学会年報, 34, 1, 35-62, 2018.07.
9. 阿部哲, 現代イランにおけるイスラーム言説と科学知の併存―環境分野におけるイスラーム議論を中心に, 多文化社会研究, 4, 217-232, 2018.03.
10. Satoshi Abe, Management of the Environment (mohit-e zist): An Ethnography of Islam and Environmental Politics in Iran, Japanese Review of Cultural Anthropology(日本文化人類学会), 17, 63-81, 2016.06.
11. Satoshi Abe, Remaking Nature in Iran: Environmentalism, Science, and the Nation, University of Arizona, 2013.12.
12. Satoshi Abe, Conceptions of Nature in Iran: Science, Nationalism, and Heteroglossia, Journal of Anthropological Research, 69, 2, 201-223, 2013.07.
13. Satoshi Abe, Iranian Environmentalism: Nationhood, Alternative Natures, and the Materiality of Objects, Nature and Culture, 7, 3, 259-284, 2012.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 阿部哲, イランの環境問題をめぐるイスラーム議論, 宗教と社会, 2019.06.
2. Satoshi Abe, Water on Sand: Environmental History of the Middle East and North Africa (ed. Alan Mikhail, Oxford University Press, 2012), Journal of Islamic Studies, 2016.02.
主要学会発表等
1. Satoshi Abe, Iran’s Environment: From an Anthropological Perspective, TIPSS (Today in International Politics: Speaker Series) Summit, 2022.04.
2. Satoshi Abe, Stigma and the COVID-19 Pandemic in Iran: Culture of Mourning and New Platforms of Religious Rituals, International seminar: Social Stigma and the COVID-19 Pandemic, 2022.02.
3. Satoshi Abe, COVID-19 and Iran: Investigating the Shifting Terrain of Modern Science and Islam (Panel Session: Crafting a Global Future in the Post-COVID-19 World) , International Convention of Asia Scholars, 2021.08.
4. 阿部哲, 自然科学分野におけるイスラーム知の展開:イランの環境・環境衛生分野を中心に, 九州人類学研究会, 2021.07.
5. 阿部哲, 環境問題をめぐる科学者とイスラーム法学者との協働ー現代イランの環境分野に着目して, 日本文化人類学会第55回研究大会, 2021.05.
6. 阿部哲, イスラームと科学知の新たな関係性に関する考察:イランにおける環境問題及びコロナ感染拡大への対応に着目して, 西日本宗教学会, 2021.03.
7. Satoshi Abe, Remaking the Environment in Modern Iran: Religious Perspectives and Debates, International seminar: Modernity and Religion in Asia, 2020.02.
8. 阿部哲, 環境問題をめぐる現代イラン事情について, 神戸人類学研究会, 2020.01.
9. Satoshi Abe, Exploration of Religious Sensibilities in Iran, East Asian Society for the Scientific Study of Religion, 2019.07.
10. Satoshi Abe, Islamic Debates on the Environment: An Examination of Religious Rationales in Contemporary Iran, Religious Cultures in Asia: Mutual Transformations through Multiple Modernities, 2018.10.
11. Satoshi Abe, Islamic Debates and Hermeneutics: Examination of Environmental Ethics in Iran, International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology, 2018.07.
12. 阿部哲, イランの環境問題をめぐるイスラーム議論 (テーマ・セッション「現代アジアにおける宗教の役割と多様性」), 宗教と社会, 2018.06.
13. 阿部哲, Compatibility of Islam and Modern Science?: An Anthropological Inquiry into Environmental Discourses and Practices in Iran, 日本文化人類学会, 2017.05.
14. Satoshi Abe, Transfer of Environmental Technologies across Asia: Looking through the Lens of Islam, Asia Pacific Conference, 2016.11.
15. Satoshi Abe, An Examination of Roles of Islam in Iranian Environmental Politics, 日本中東学会, 2016.05.
16. 阿部哲, 現代イランにおける環境意識と実践 ー イラン人環境活動家の事例から, 科学技術社会論学会, 2015.11.
17. 阿部哲, イラン社会における環境ディスコースの普及と多義性:人類学的視点からの考察, 日本中東学会, 2015.05.
18. 阿部哲, 「環境主義科学」とイラン国家:イランにおける自然概念の再生成, イラン研究会, 2014.03.
19. Satoshi Abe, Iranian Environmentalism and Nationhood: Materiality of Objects on an Alternative Nature, American Anthropological Association, 2012.11.
20. Satoshi Abe, Dialogic Conceptions of Nature in Iran: Science, Environmentalism, and the Nation, American Anthropological Association, 2011.11.
21. Satoshi Abe, Environmental Awareness in Iran, Middle East PhD Students International Conference at School of Oriental and African Studies (SOAS), 2011.05.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
シャリフ工科大学, Iran, 2015.01~2015.01.
テヘラン大学, Iran, 2009.04~2010.03.
受賞
University of Arizona Excellence Dissertation Write-up Fellow, 2012.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2022年度~2026年度, 基盤研究(B), 分担, 国際比較に基づく記録の公開と共有がもたらす社会の維持と変容に関する研究.
2021年度~2025年度, 学術変革領域研究(A), 分担, 水共生を支える社会・文化・行動の解明:守るべきもの,変わるべきもの.
2019年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 科学分野をめぐるイスラームの多様性―イランの環境問題を事例に.
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 連携, グローバル・ウェルフェアの実現と課題をめぐる文理協働型実証研究.
2017年度~2019年度, 若手研究(A,B), 代表, 現代イランにおけるイスラームと科学知の併存―環境分野のイスラーム議論を手がかりに.
2016年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 市民社会における記録とアーカイブズの意義に関する国際比較研究.
2015年度~2016年度, 若手研究(A,B), 代表, 環境意識からみる現代イランの社会変動.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2021年度~2021年度, 平和中島財団学術研究助成(アジア地域重点学術研究助成), 代表, コロナ禍にみるアジア社会文化の多様性の検証ースティグマ問題への取り組みをめぐる国際比較研究.
2009年度~2010年度, 松下国際財団研究助成金, 代表, Politics of Nature: Environmentalism and Emerging Notions of Nature in Iran.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.08~2023.12, 分担, Crafting a Global Future in the Post-COVID19 World .
2020.01~2022.12, 代表, Modernity and Religion in Asia.
2018.05~2020.07, 分担, 北東アジアの環境問題の現在と将来.
寄附金の受入状況
2021年度, 公益財団法人平和中島財団, 国際学術研究助成 研究課題「コロナ禍にみるアジア社会文化の多様性の検証ースティグマ問題への取り組みをめぐる国際比較研究」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」