九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
本田 博之(ほんだ ひろゆき) データ更新日:2021.06.30



主な研究テーマ
AIを用いた避難判断支援システムの開発
キーワード:防災,避難,AI
2020.08.
CO2地中貯留に関する研究
キーワード:CO2,地球温暖化,二相流,室内実験
2015.04.
道路沿い斜面の危険度評価に関する研究
キーワード:岩盤斜面,維持管理,GIS, 防災カルテ
2020.08.
高速道路トンネルの維持管理
キーワード:GIS,3次元計測,情報統合
2020.08.
衛星データを用いた斜面災害箇所の抽出に関する研究
キーワード:ALOS-2/PALSAR-2,斜面災害,防災
2020.08.
従事しているプロジェクト研究
九州地理空間情報ポータルによる衛星データ利活用の研究, 代表者:JAXA.
道路構造物点検支援技術における三次元情報の管理手法 に関する研究
2020.07~2021.08, 代表者:三谷泰浩, 九州大学, 西日本高速道路エンジニアリング九州.
非構造性帯水層への炭酸ガス地中貯留のメカニズム解明のための研究
2017.04~2022.03, 代表者:三谷泰浩, 九州大学
岩石内でのCO2の流動,貯留,間隙水中への溶解について室内実験からそのメカニズムを明らかにする。.
トンネルにおける空間情報の有効活用に関する研究
2019.07~2021.08, 代表者:三谷泰浩, 九州大学, NEXCO西日本
天神山トンネル.
研究業績
主要原著論文
学会活動
所属学会名
岩の力学連合会
土木学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2021年度, 基盤研究(A), 分担, 非構造性帯水層への炭酸ガス地中貯留実現のための研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2018年度~2022年度, 戦略的イノベーション創造プログラム, 分担, 国家レジリエンス(防災・減災)の強化 避難判断・訓練支援等市町村災害対応統合システムの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2020年度, , 分担, 九州地理空間情報ポータルによる衛星データ利活用の研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.03~2022.03, 分担, 道路構造物点検支援技術における三次元情報の管理手法に関する研究.
2020.07~2021.06, 分担, トンネルにおける空間情報の有効活用に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」