九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 社会活動
森 正人(もり まさと) データ更新日:2021.05.25



社会貢献・国際連携
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2019.04, Newton 別冊「天気と気象の教科書」 92-119, 異常気象と地球温暖化の脅威.

2019.01, 宮崎日日新聞, ユーラシア大陸寒冷化 北極海の海氷減原因.

2019.01, Science Portal, 地球温暖化で北極海の海氷が減り、冬の中央ユーラシアが寒くなってきた
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2019/01/20190123_01.html.

2019.01, Nature, Melting sea ice makes northern winters more severe
https://www.nature.com/articles/d41586-019-00132-x
.

2018.07, 宮崎日日新聞, 豪雨被害、本県も可能性.

2017.01, 日本経済新聞, 減る北極氷 日本に寒風.

2016.12, 気象情報(NHK総合),首都圏ニュース845(NHK総合), 北極海の海氷減少と日本の寒冬.

2016.09, Newton 9月号 24-53, 異常気象と地球温暖化の脅威.

2016.02, 朝日小学生新聞, 温暖化で大型台風3倍に.

2015.12, NHK総合(取材協力), 教えて!お天気キャスター 地球温暖化でどうなる異常気象.

2015.12, 毎日新聞, 温暖化でも ドカ雪.

2014.10, 毎日新聞, ユーラシア大陸:厳冬は地球温暖化の影響.

2014.10, Science, Arctic sea ice loss responsible for Eurasia's deep chill
http://news.sciencemag.org/asia/2014/10/arctic-sea-ice-loss-responsible-eurasias-deep-chill.

2014.10, The Guardian, Global warming has doubled risk of harsh winters in Eurasia, research finds.

2014.10, The Independent, Global warming ‘will make our winters colder.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2020.02, 北極温暖化で変わる!?異常気象のリスク, 南極&北極の魅力講演会, 東京.

2019.12, 北極海氷減少が異常気象のリスクを変えるのか?, 2019年度北極域研究推進プロジェクト公開講演会『北極研究から見えてきたもの』, 東京大学本郷キャンパス.

2018.06, クイズ!先端研の研究を学ぼう「先端研公開講座きしょうがく」, 東京大学先端科学技術研究センター, 東京大学先端科学技術研究センター.

2015.12, 異常気象とイベントアトリビューション, 第8回温暖化リスクメディアフォーラム〜温暖化適応研究の新潮流〜, 東京.

2015.10, 地球温暖化は異常気象のリスクを変えているのか?~温暖化の寄与を推定する~, 平成27年度気候変動リスク情報創生プログラム公開シンポジウム, 一橋大学.

初等・中等教育への貢献状況
2021.03, 小学生用SDGs副読本「南極・北極から地球の未来を考える」, 公益財団法人 日本極地研究振興会.

2020.04, 中学生用ESD(Education for sustainable development)副読本「南極・北極から地球の未来を考える」, 公益財団法人 日本極地研究振興会.

2020.04, 「南極・北極から学ぶ地球の未来」, 公益財団法人 日本極地研究振興会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」