九州大学 研究者情報
総説一覧
千葉 雄太(ちば ゆうた) データ更新日:2022.05.13

助教 /  歯学研究院 歯学部門 口腔保健推進学講座小児口腔医学分野


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 小笠原貴子, 高山扶美子, 佐藤綾子, 木舩崇, 増田啓次, 廣藤雄太, 千葉雄太, 伊藤洋介, 田中絢子, 稲田幸織, 山座治義, 福本敏, 低年齢における重度乳歯外傷後の長期観察2例, 小児歯科学雑誌, Vol.60, 2022.10.
2. 千葉雄太, シングルセルRNAシーケンスによる歯原性細胞マーカー遺伝子の探索と機能解析, 小児歯科学雑誌, Vol.60, No.1, 2022.05.
3. 高山扶美子, 山座治義, 増田啓次, 小笠原貴子, 木舩崇, 佐藤綾子, 廣藤雄太, 千葉雄太, 伊藤洋介, 田中絢子, 稲田幸織, 福本敏, COVID-19患者に歯科治療を施行した1例, 小児歯科学雑誌, Vol.60, 2022.10.
4. 千葉 雄太, 吉崎 恵悟, 田 甜, 千葉 満生, 韓 旭, 稲田 幸織, 福本 敏, Gタンパク質共役型受容体Gpr111/Adgrf2はエナメル質の石灰化を制御する(G-protein coupled receptor Gpr111/Adgrf2 regulates enamel mineralization), Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2021, p.110, 2021.10.
5. 傳 堯, 宮崎 佳奈子, 吉崎 恵悟, 千葉 雄太, 鮒田 啓太, 田 甜, 湯田 智美, 水田 敢士, 福本 敏, 高橋 一郎, GPIアンカー型タンパク質Lypd1は象牙芽細胞分化に重要な役割を果たす(A GPI-anchored protein Lypd1 plays an important role in odontoblast differentiation during tooth development), Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2021, p.113, 2021.10.
6. 千葉雄太, 齋藤幹, 吉崎恵悟, 福本敏, 福本敏, Gタンパク質共役型受容体Gpr115はエナメル芽細胞における炭酸脱水素酵素の発現を制御しエナメル質形成に関与する, Journal of Oral Biosciences Supplement (Web), Vol.2019, p.152 (WEB ONLY), 2019.09.
7. 千葉雄太, 齋藤幹, 日野綾子, 新垣真紀子, 小山田優, 丸谷由里子, 山田亜矢, 福本敏, 福本敏, シングルセルRNAシークエンスによる歯の発生に関わる全細胞の網羅的遺伝子発現解析, 小児歯科学雑誌, Vol.58, 2020.09.
8. 賈 玲玲, 千葉 雄太, 吉崎 恵悟, 齋藤 幹, 福本 敏, 転写因子AmeloDが制御する新規エナメル質形成分子機序の解明, 小児歯科学雑誌, Vol.59, No.大会抄録(Web開催)号, p.113, 2021.05.
9. 千葉 雄太, 歯の発生に関わる新規細胞マーカー遺伝子の同定と機能解析, 小児歯科学雑誌, Vol.59, No.大会抄録(Web開催)号, pp.48-49, 2021.05.
10. 千葉 雄太, 中村 卓史, 成瀬 正啓, 池内 友子, 新垣 真紀子, 福本 敏, 歯の発生におけるスフィンゴ糖脂質の役割, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2012, p.108, 2012.09.
11. 池内 友子, 千葉 雄太, 成瀬 正啓, 新垣 真紀子, 中村 卓史, 福本 敏, 歯胚形成におけるビタミンDの役割, 小児歯科学雑誌, Vol.51, No.2, p.270, 2013.04.
12. 中村卓史, 福本敏, 中村はな, 千葉雄太, 山田吉彦, 岩本容泰, 新規転写因子エピプロフィンによる副甲状腺ホルモン発現制御, 月刊内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.38, No.2, pp.165-171, 2014.02.
13. 千葉雄太, 齋藤幹, 成瀬正啓, 日野綾子, 山田亜矢, 福本敏, 飲水時に引き起こされた乳歯の完全脱臼の2例, 小児歯科学雑誌, Vol.53, No.1, p.103, 2015.02.
14. 山田 吉彦, 酒井 陽, 千葉 雄太, Mahboubi Darius, 池内 友子, 石河 真幸, 中村 卓史, 福本 敏, 組織再生に関わる基礎研究基盤の現状 エピプロフィンは歯原性上皮細胞のエナメル芽細胞系への誘導と分化を制御する多機能制御因子である, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2016, pp.57-58, 2016.09.
15. 酒井 陽, 吉崎 恵悟, 千葉 雄太, 池内 友子, 山本 朗仁, 日比 英晴, 山田 吉彦, 歯原性上皮細胞のエナメル芽細胞への分化におけるEpiprofinとT-box1の役割, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2016, p.357, 2016.09.
16. 小野真理子, 日野綾子, 新垣真紀子, 菅原優, 鈴木真夕, 千葉雄太, 汲川利華, 齋藤幹, 山田亜矢, 福本敏, S‐PRGフィラーの研磨材としての評価, 小児歯科学雑誌, Vol.54, No.1, p.56, 2016.02.
17. 山田 亜矢, 日野 綾子, 千葉 雄太, 馬目 歩実, 齋藤 幹, 福本 敏, 東日本大震災の被災地域における自己記入型食事調査票を用いた間食指導について, 小児歯科学雑誌, Vol.55, No.1, p.81, 2017.02.
18. 千葉 雄太, 齋藤 幹, 岩本 勉, 中村 卓史, 福本 敏, 歯冠・歯根長を制御する新規歯胚形態制御因子の同定と機能解明, 小児歯科学雑誌, Vol.56, No.2, p.217, 2018.04.
19. 福本敏, 吉崎恵悟, 千葉雄太, 新垣真紀子, 山田亜矢, 齋藤幹, 歯の発生および再生, 月刊 細胞, Vol.50, No.10, pp.12-15, 2018.09.
20. 千葉 雄太, 吉崎 恵悟, 齋藤 幹, 中村 卓史, 岩本 勉, 福本 敏, He Bing, de Vega Susana, 石島 旨章, 山田 吉彦, 新規basic-helix-loop-helix転写因子AmeloDは歯原性上皮細胞の遊走能を制御し歯胚形態形成に関与する, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2018, p.285, 2018.09.
21. AL THAMIN Shahad, 千葉雄太, 吉崎恵悟, JIA LingLing, 山田亜矢, 齋藤幹, 福本敏, 内エナメル上皮の新規マーカーAmeloDの転写制御機構解明, 小児歯科学雑誌, Vol.57, No.2, p.233, 2019.05.
22. 千葉 雄太, 斎藤 幹, 吉崎 恵悟, 福本 敏, 成熟期エナメル芽細胞におけるGタンパク質共役型受容体の機能解析, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2020, p.148, 2020.09.
23. 佐々木 桃子, 小山田 優, ただ野 愛実, 中村 友昭, 佐藤 優理亜, 星川 聖良, 千葉 満生, 山口 知子, 馬目 歩実, 千葉 雄太, 日野 綾子, 新垣 真紀子, 丸谷 由里子, 齋藤 幹, 山田 亜矢, 福本 敏, 吸指癖の減少と不正咬合との関連性, 小児歯科学雑誌, Vol.58, No.地方会抄録号, p.9, 2020.02.
24. 千葉 雄太, 王 欣, 吉岡 直哉, 福本 敏, シングルセルRNAシーケンスによる歯胚遺伝子発現プロファイル, Journal of Oral Biosciences Supplement, Vol.2020, p.367, 2020.09.
25. Kan Saito, Yuta Chiba, Aya Yamada, Satoshi Fukumoto, Identification and function analysis of ameloblast differentiation-related molecules using mouse incisors, Pediatric Dental Journal, 10.1016/j.pdj.2020.08.001, Vol.30, No.3, pp.129-138, 2020.12, Background: Recently, various amelogenesis imperfecta such as molar incisor hypomineralization (MIH) have been reported in pediatric dentistry. The cause has been studied extensively but is not yet clear. Therefore, dentists focus on prevention to avoid becoming serious. In order to find a new approach, we also need to understand the mechanism of enamel formation. The immature dental epithelial cells exist on the posterior side of the mouse incisor, while differentiated cells such as ameloblasts occur on the anterior side, since mouse incisors grow continuously. All ameloblast differentiation can be observed on the mouse incisor. Thus, the dental epithelium of the mouse incisor was analyzed to identify molecules that affect ameloblast differentiation in enamel formation. Results: Tgf superfamily genes, cell adhesion molecules, Wnt-related genes, and transcription factors such as homeobox genes were expressed in the dental epithelium of the mouse incisor. Furthermore, the expression levels of these molecules increased depending on the differentiation of the molar tooth germ. Site-specifically-expressed molecules were also observed in the frontal section of the incisor, concentrated at the enamel border. These may contribute to the morphology or play a role in crown-root determination. β1 integrin, fibronectin, Gdf5, and Sox2 were also analyzed to determine their function. These molecules were found to play important roles in ameloblast differentiation and tooth development. Conclusion: Various molecules were intricately involved in tooth development and morphogenesis in this study. Mouse incisors are a useful model system for the analysis of not only ameloblast differentiation, but also that of all epithelial tissues..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」