九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
大島 一真(おおしま かずまさ) データ更新日:2021.06.23

助教 /  工学研究院 化学工学部門 分子・生物システム工学大講座


主な研究テーマ
炭素繊維強化プラスチックからの効率的な樹脂除去手法の開発
キーワード:炭素繊維強化プラスチック,熱分解,繊維損傷,電気処理,化学溶解法
2017.04.
メタンチオール経由でCO2をオレフィン化する物質変換系の研究
キーワード:CO2転換,メタンチオール,オレフィン化,ゼオライト
2019.10.
従事しているプロジェクト研究
メタンチオール経由でCO2をオレフィン化する革新的物質変換系の開拓
2019.10~2024.03, 代表者:渡部 綾, 静岡大学
CO2資源化の新たなルートとして、硫黄化合物を中間体としてオレフィンを製造する触媒プロセスの開発を行う。九州大学はメタンチオールからエチレンおよび芳香族を合成するための触媒開発を担当する。.
CFRP熱分解ガス中の有害物除去を指向した含酸素芳香族の低温改質用触媒の開発
2019.04~2022.03
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の熱分解リサイクルは、炭素繊維の熱損傷を抑制するために、一般的なプラスチック熱分解よりも低温で実施される。そのため樹脂の熱分解が不完全となり、有害なガスの除去がリサイクル拡大の障壁となっている。本研究では触媒プロセスによって有害ガスを有価物に転換するプロセスについて検討する。.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
触媒学会
石油学会
炭素材料学会
水素エネルギー協会
日本化学会
化学工学会
日本ゼオライト学会
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.07~2021.02, ペトロテック, 国内, 編集委員.
2018.05, 水素エネルギー協会誌, 国内, 編集委員.
受賞
創造性を拓く 第27回 先端技術大賞 特別賞, 2013.07.
Best poster award, Global Research Efforts on Environmental and Nanomaterials 2019, 2019.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, CFRP熱分解ガス中の有害物除去を指向した含酸素芳香族の低温改質用触媒の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2023年度, NEDO先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050, 分担, メタンチオール経由でCO2をオレフィン化する革新的物質変換系の開拓.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」