九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
手嶋 秀彰(てしま ひであき) データ更新日:2021.06.24



主な研究テーマ
ナノスケール固気液三相界線の探究
キーワード:原子間力顕微鏡、透過型電子顕微鏡、分子動力学シミュレーション、三相界線
2021.04.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本伝熱学会
応用物理学会
日本機械学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.05.25~2021.05.27, 第58回伝熱シンポジウム, 座長 (セッション: 分子動力学4).
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Waterloo, Canada, 2019.05~2019.11.
受賞
優秀プレゼンテーション賞, 日本伝熱学会, 2021.05.
日本伝熱学会奨励賞, 日本伝熱学会, 2019.05.
Best student presentation award, 6th International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 特別研究員奨励費, 固液界面ナノバブル周辺の分子間力分布計測を基盤とする新たな界面工学への挑戦.
2020年度~2020年度, 特別研究員奨励費, 固気液三相界線の物理機構解明のための分子スケール融合型研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2020年度~2020年度, 特別研究員, 代表, 固気液三相界線の物理機構解明のための分子スケール融合型研究.
2018年度~2019年度, 特別研究員, 代表, 固液界面ナノバブル周辺の分子間力分布計測を基盤とする新たな界面工学への挑戦.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」