九州大学 研究者情報
総説一覧
稲垣 成矩(いながき しげのり) データ更新日:2021.05.15

助教 /  医学研究院 基礎医学部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 稲垣成矩, 永井健治, 遺伝子にコードされた膜電位センサーによる神経活動計測の現状と展望, Drug Delivery System, 10.2745/dds.31.119, Vol.31, No.2, pp.119-126, 2016.03.
2. 永井健治, 鈴木和志, 稲垣成矩, 蛍光・化学発光ライブイメージングの現状と展望, 第43回組織細胞化学講習会テキスト, Vol.2018, pp.185-193, 2018.07.
3. 鈴木和志, 稲垣成矩, 松田知己, 永井健治, 細胞・個体イメージング用光学プローブの開発, 化学工業, Vol.70, pp.516-520, 2019.09.
4. Shigenori INAGAKI, Masakazu AGETSUMA, Takeharu NAGAI, Development of a Wireless Brain Activity Recording Method Based on Bioluminescence, Seibutsu Butsuri, 10.2142/biophys.60.117, Vol.60, No.2, pp.117-120, 2020.01.
5. Shigenori Inagaki, Takeharu Nagai, Current progress in genetically encoded voltage indicators for neural activity recording, Current Opinion in Chemical Biology, 10.1016/j.cbpa.2016.05.023, Vol.33, pp.95-100, 2016.08.
6. Thammasan, N, Iwano, M, Moriyama, K, Fukui, K, Kawintiranon, K, Buatong, Y, Inagaki, S, Nagai, T, Numao, M, An Investigation of Effect of Bioluminescent Light on Human using Electroencephalogram, Proc. The 23nd International Display Workshop in conjunction with Asia Display, pp.57-60, 2016.12.
7. Shigenori Inagaki, Takeharu Nagai, Bioluminescent indicator applicable to membrane voltage recording in various excitable cell types, Biomedical Imaging and Sensing Conference, 10.1117/12.2267502, 2017.04.
8. 稲垣成矩, 揚妻正和, 永井健治, 蛍光タンパク質 vi.脳活動計測のための膜電位プローブ, 実験医学, Vol.36, No.20, p.3510‐3512, 2018.12.
9. Shigenori Inagaki, Masakazu Agetsuma, Takeharu Nagai, A novel fiber-free technique for brain activity imaging in multiple freely behaving mice, Optogenetics and Optical Manipulation 2018, 10.1117/12.2302396, 2018.02.
10. 稲垣成矩, 今井猛, 嗅神経細胞のin vivoカルシウムイメージングによって見いだされた多様な匂い応答様式, Aroma Research, Vol.22, No.1, pp.10-12, 2021.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」