九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 社会活動
稲垣 成矩(いながき しげのり) データ更新日:2021.05.15



主な研究テーマ
嗅覚情報処理の解明
キーワード:嗅神経細胞、カルシウムイメージング
2021.05~2026.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Shigenori Inagaki, Ryo Iwata, Masakazu Iwamoto, Takeshi Imai, Widespread Inhibition, Antagonism, and Synergy in Mouse Olfactory Sensory Neurons In Vivo, Cell Reports, 10.1016/j.celrep.2020.107814, 31, 13, 107814-107814, 2020.06.
2. Shigenori Inagaki, Masakazu Agetsuma, Shinya Ohara, Toshio Iijima, Hideo Yokota, Tetsuichi Wazawa, Yoshiyuki Arai, Takeharu Nagai, Imaging local brain activity of multiple freely moving mice sharing the same environment., Scientific reports, 10.1038/s41598-019-43897-x, 9, 1, 7460-7460, 2019.05.
3. Jun Matsushita, Shigenori Inagaki, Tomomi Nishie, Tomoki Sakasai, Junko Tanaka, Chisato Watanabe, Ken-Ichi Mizutani, Yoshihiro Miwa, Ken Matsumoto, Kazuhiro Takara, Hisamichi Naito, Hiroyasu Kidoya, Nobuyuki Takakura, Takeharu Nagai, Satoru Takahashi, Masatsugu Ema, Fluorescence and Bioluminescence Imaging of Angiogenesis in Flk1-Nano-lantern Transgenic Mice., Scientific reports, 10.1038/srep46597, 7, 46597, 46597-46597, 2017.04.
4. Shigenori Inagaki, Hidekazu Tsutsui, Kazushi Suzuki, Masakazu Agetsuma, Yoshiyuki Arai, Yuka Jinno, Guirong Bai, Matthew J. Daniels, Yasushi Okamura, Tomoki Matsuda, Takeharu Nagai, Genetically encoded bioluminescent voltage indicator for multi-purpose use in wide range of bioimaging, Scientific Reports, 10.1038/srep42398, 7, 42398, 2017.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本神経科学学会
日本生物物理学会
Society for Neuroscience
受賞
優秀ポスター賞, 第39回日本分子生物学会年会, 2016.12.
Poster Award for Young Scientist, The 20th ISIR International Symposium, 2016.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 特別研究員奨励費, 新規発光膜電位センサーを用いたマウスの運動指令形成メカニズム解明.
2018年度~2020年度, 特別研究員奨励費, 行動中マウスの膜電位イメージングによる能動的嗅覚受容機構の解明.
2021年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, 悪臭が香りの引き立て役となる仕組みの解明.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2016年度~2018年度, 特別研究員, 代表, 新規発光膜電位センサーを用いたマウスの運動指令形成メカニズム解明.
2018年度~2021年度, 特別研究員, 代表, 行動中マウスの膜電位イメージングによる能動的嗅覚受容機構の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」