九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
金子 直樹(かねこ なおき) データ更新日:2022.06.29

助教 /  歯学研究院 歯学部門


主な研究テーマ
COVID-19 における特異な免疫機構の解明
キーワード:COVID-19
2020.04~2022.04.
シェーグレン症候群の病態進展に関わる特異的T・B細胞の検索
キーワード:シェーグレン症候群
2022.01~2025.03.
IgG4関連疾患における細胞障害性T細胞の拡大
キーワード:IgG4関連疾患
2018.04~2022.04.
従事しているプロジェクト研究
口腔扁平上皮癌の浸潤転移における細胞障害性T細胞およびB細胞の関連
2022.01~2028.03, 代表者:金子直樹, 九州大学大学院 歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野, 日本.
新型コロナウイルス感染症における疾患特異的T細胞およびB細胞の病態との関連
2021.10~2027.03, 代表者:金子直樹, 歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野, 九州大学大学院 歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野.
シェーグレン症候群の病態を形成する免疫ネットワークの解明
2022.01~2027.03, 代表者:金子直樹, 九州大学大学院 歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野, 日本.
口腔扁平苔癬の病態解明/治療法開発に向けた多角的アプローチ
2022.01~2025.03, 代表者:金子直樹, 九州大学大学院 歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座 顎顔面腫瘍制御学分野, 日本.
研究業績
主要著書
1. 金子直樹*, Shiv Pillai., 新型コロナウイルス感染における免疫記憶の異常:二次リンパ器官の所見からの考察., 実験医学 羊土社 , 2021.03.
主要原著論文
1. Naoki Kaneko, Julie Boucau, Hsiao-Hsuan Kuo, Cory Perugino, Vinay S. Mahajan, Jocelyn R. Farmer, Hang Liu, Thomas Diefenbach, Alicja Piechocka-Trocha, Kristina Lefteri, Michael T. Waring, Katherine, R. Premo, Bruce D. Walker, Jonathan Z. Li, Gaurav Gaiha, Xu G. Yu, Mathias Lichterfeld, Robert F. Padera Jr*., Shiv Pillai, Expansion of Cytotoxic CD4+ T cells in the lungs in severe COVID-19, medRxib, 2021.04.
2. Naoki Kaneko, Hsiao-Hsuan Kuo, Julie Boucau, Jocelyn R. Farmer, Hugues Allard-Chamard, Vinay S. Mahajan, Alicja Piechocka-Trocha, Kristina Lefteri, Matt Osborn, Julia Bals, Yannic C. Bartsch, Nathalie Bonheur, Timothy M. Caradonna, Josh Chevalier, Fatema Chowdhury, Thomas J. Diefenbach, Kevin Einkauf, Jon Fallon, Jared Feldman, Kelsey K. Finn, Pilar Garcia-Broncano, Ciputra Adijaya Hartana, Blake M. Hauser, Chenyang Jiang, Paulina Kaplonek, Marshall Karpell, Eric C. Koscher, Xiaodong Lian, Hang Liu, Jinqing Liu, Ngoc L. Ly, Ashlin R. Michell, Yelizaveta Rassadkina, Kyra Seiger, Libera Sessa, Sally Shin, Nishant Singh, Weiwei Sun, Xiaoming Sun, Hannah J. Ticheli, Michael T. Waring, Alex L. Zhu, Jonathan Z. Li, Daniel Lingwood, Aaron G. Schmidt, Matthias Lichterfeld, Bruce D. Walker, Xu Yu, Robert F. Padera, Jr*., Shiv Pillai* and the Massachusetts Consortium on Pathogen Readiness Specimen Working Group, Loss of Bcl-6-Expressing T Follicular Helper Cells and Germinal Centers in COVID-19, Cell, 2020.10.
3. Naoki Kaneko, Shintaro Kawano*, Kaori Yasuda, Yuma Hashiguchi, Taiki Sakamoto, Ryota Matsubara, Yuichi Goto, Teppei Jinno, Yasuyuki Maruse, Tamotsu Kiyoshima, Seiji Nakamura, Differential roles of kallikrein-related peptidase 6 in malignant transformation and ΔNp63β-mediated epithelial-mesenchymal transition of oral squamous cell carcinoma, Oral Oncology, 2017.12.
学会活動
所属学会名
日本口腔内科学会
日本口腔科学会
日本口腔外科学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ragon Institute of MGH, MIT and Harvard, Harvard Medical School, UnitedStatesofAmerica, 2018.04~2021.03.
受賞
第70回日本口腔科学会学術集会 学会賞若手優秀ポスター賞 , 日本口腔科学会, 2016.03.
95th General Session & Exhibition of the IADR Hatton Award Finalist of JADR , Japanese Association for Dental Research (JADR), 2016.03.
第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 優秀ポスター賞受賞, 日本口腔腫瘍学会, 2017.01.
IADR Unilever Hatton Divisional Award , The International Association for Dental Research (IADR),, 2017.05.
九州大学学生後援会 学術研究賞受賞 , 九州大学学生後援会, 2017.05.
藤野博賞受賞, 九州大学歯学府, 2017.03.
九州大学学生表彰受賞 , 九州大学, 2017.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2026年度, 国際共同研究強化(B), 代表, Expansion of CD4+ cytotoxic T lymphocytes and IgD-CD27- double negative B cells in COVID-19 and autoimmune diseases including IgG4-related disease..
2017年度~2022年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 研究活動スタート支援 .
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2021年度~2022年度, 先進医薬健康財団 研究助成金, 代表, 新型コロナウイルス感染症における細胞障害性CD4+T細胞とダブルネガティブB細胞の病態との関連.
寄附金の受入状況
2022年度, 九州大学 SENTAN-Q Project.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」