九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
小野寺 壮太(おのでら そおた) データ更新日:2021.10.07

助教 /  工学研究院 航空宇宙工学部門 航空宇宙機構造強度


主な研究テーマ
Adaptive discrete-smeared crack (A-DiSC)モデルによる複合材料積層板の損傷進展解析
キーワード:複合材料, 積層板, FEM, き裂, はく離
2020.04.
SPH法を用いた衝撃圧縮負荷を受ける炭素繊維積層板の損傷進展挙動予測
キーワード:粒子法, SPH法, 衝撃圧縮, CFRP, 損傷
2021.04.
トランスバースクラックおよびマトリックスクラックを有する直交三次元織物複合材料の非線形応力―ひずみ応答の予測
キーワード:セラミック基複合材料, 連続体損傷力学, マトリックスクラック, トランスバースクラック
2016.04.
モンテカルロ法を用いた複合材料積層板の層内き裂進展解析
キーワード:モンテカルロ法, 積層板, 層内き裂, エネルギー解放率
2016.10.
連続体損傷力学を用いた層内き裂と繊維破断を有する複合材料積層板の剛性低下挙動の予測
キーワード:複合材料, 積層板, 層内き裂, 連続体損傷力学
2016.04.
研究業績
主要原著論文
1. Sota Onodera, Jumpei Tsuyuki, Tomonaga Okabe, Micromechanical modeling for the in-plane mechanical behavior of orthogonal three-dimensional woven ceramic matrix composites with transverse and matrix cracking, International Journal of Damage Mechanics, https://doi.org/10.1177/10567895211026017, 2021.06, [URL].
2. Sota Onodera, Tomonaga Okabe, Analytical model for determining effective stiffness and mechanical behavior of polymer matrix composite laminates using continuum damage mechanics, International Journal of Damage Mechanics, 10.1177/1056789520939624, 29, 10, 1512-1542, 2020.07, [URL].
3. Yuta Kumagai, Sota Onodera, Marco Salviato, Tomonaga Okabe, Multiscale Analysis and Experimental Validation of Crack Initiation in Quasi-Isotropic Laminates, International Journal of Solids and Structures, International Journal of Solids and Structures, 10.1016/j.ijsolstr.2020.02.010, 193-194, 1, 172-191, 2020.02, [URL].
4. Sota Onodera, Tomonaga Okabe, Three-dimensional analytical model for effective elastic constants of transversely isotropic plates with multiple cracks: Application to stiffness reduction and steady-state cracking of composite laminates, Engineering Fracture Mechanics, 10.1016/j.engfracmech.2019.106595, 219, 106595-106595, 2019.08, [URL].
5. Yuta Kumagai, Sota Onodera, Yoshiko Nagumo, Tomonaga Okabe, Kenichi Yoshioka, Multiscale modeling of free-surface effect on crack formation in unidirectional off-Axis laminates, Composites Part A: Applied Science and Manufacturing, 10.1016/j.compositesa.2017.03.016, 98, 136-146, 2017.03, [URL].
6. Tomonaga Okabe, Sota Onodera, Yuta Kumagai, Yoshiko Nagumo, Continuum damage mechanics modeling of composite laminates including transverse cracks, International Journal of Damage Mechanics, 10.1177/1056789517711238, 27, 6, 877-895, 2017.06, [URL].
7. Sota Onodera, Yoshiko Nagumo, Tomonaga Okabe, Prediction for progression of transverse cracking in CFRP cross-ply laminates using Monte Carlo method, Advanced Composite Materials, 26, 5, 477-491, 2017.05, [URL].
8. 小野寺壮太,南雲佳子, 岡部朋永, モンテカルロ法によるCFRP直交積層板のトランスバースクラック進展解析, 日本複合材料学会誌, 10.6089/jscm.43.124, 43, 4, 124-132, 2017.07, [URL].
主要学会発表等
1. 小野寺壮太, 損傷を有する繊維強化複合材料の連続体損傷力学モデリング, 複合材料学会西部支部・材料学会四国支部 合同特別講演会「材料の損傷と非破壊検査の最前線」, 2021.09.
学会活動
所属学会名
日本航空宇宙学会
日本機械学会
日本複合材料学会
学協会役員等への就任
2021.04~2022.03, 日本複合材料学会西部支部, 副支部長(庶務担当).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度
受賞
優秀学生賞, 一般社団法人日本複合材料学会, 2017.09.
日本機械学会畠山賞, 日本機械学会, 2014.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 特別研究員奨励費, 代表, 連続体損傷力学を用いた繊維強化複合材料の損傷評価のための研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2021.04~2022.03, 分担, CMCミクロ解析技術の開発 .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」