九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
近藤 将成(こんどう まさなり) データ更新日:2021.05.25



主な研究テーマ
ソフトウェア工学
キーワード:ソフトウェアリポジトリマイニング,エンピリカルソフトウェア工学,ソフトウェアメトリクス,バグ予測,リモートワークソフトウェア開発,ブロックチェーン,構成管理
2016.04.
研究業績
主要原著論文
1. 近藤 将成, 森 啓太, 水野 修, 崔 銀惠, 深層学習によるソースコードコミットからの不具合混入予測, 情報処理学会論文誌, 59, 4, 1250-1261, 2018.04.
2. Masanari Kondo, Cor-Paul Bezemer, Yasutaka Kamei, Ahmed E. Hassan, Osamu Mizuno, The impact of feature reduction techniques on defect prediction models, Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-018-9679-5, 24, 4, 1925-1963, 2019.08.
3. Masanari Kondo, Daniel M. German, Osamu Mizuno, Eun-Hye Choi, The impact of context metrics on just-in-time defect prediction, Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-019-09736-3, 25, 1, 890-939, 2020.01.
4. Masanari Kondo, Gustavo A. Oliva, Zhen Ming Jiang, Ahmed E. Hassan, Osamu Mizuno, Code cloning in smart contracts: a case study on verified contracts from the Ethereum blockchain platform, Empirical Software Engineering, 10.1007/s10664-020-09852-5, 25, 6, 4617-4675, 2020.11, Ethereum is a blockchain platform that hosts and executes smart contracts. Smart contracts have been used to implement cryptocurrencies and crowdfunding initiatives (ICOs). A major concern in Ethereum is the security of smart contracts. Different from traditional software development, smart contracts are immutable once deployed. Hence, vulnerabilities and bugs in smart contracts can lead to catastrophic financial loses. In order to avoid taking the risk of writing buggy code, smart contract developers are encouraged to reuse pieces of code from reputable sources (e.g., OpenZeppelin). In this paper, we study code cloning in Ethereum. Our goal is to quantify the amount of clones in Ethereum (RQ1), understand key characteristics of clone clusters (RQ2), and determine whether smart contracts contain pieces of code that are identical to those published by OpenZeppelin (RQ3). We applied Deckard, a tree-based clone detector, to all Ethereum contracts for which the source code was available. We observe that developers frequently clone contracts. In particular, 79.2% of the studied contracts are clones and we note an upward trend in the number of cloned contracts per quarter. With regards to the characteristics of clone clusters, we observe that: (i) 9 out of the top-10 largest clone clusters are token managers, (ii) most of the activity of a cluster tends to be concentrated on a few contracts, and (iii) contracts in a cluster to be created by several authors. Finally, we note that the studied contracts have different ratios of code blocks that are identical to those provided by the OpenZeppelin project. Due to the immutability of smart contracts, as well as the impossibility of reverting transactions once they are deemed final, we conclude that the aforementioned findings yield implications to the security, development, and usage of smart contracts..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Association for Computing Machinery (ACM)
米国電気電子学会(IEEE)
情報処理学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.10.10~2021.10.15, ACM/IEEE 24th International Conference on Model Driven Engineering Languages and Systems (MODELS2021), Tool demo PC.
2021.11.11~2021.11.13, 第28回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2021), PCメンバー.
2021.03.18~2021.06.22, SERA2021 Publicity chair, 企画立案・運営等.
2019.06.17~2019.12.14, IWESEP2019 Publication Co-Chairs, 企画立案・運営等.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度    
2018年度      
2019年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Queen's University, Canada, 2018.03~2019.03.
受賞
最優秀論文賞, 一般社団法人 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017, 2017.09.
特選論文, 一般社団法人 情報処理学会, 2018.04.
善吾賞, 特定非営利活動法人 ソフトウェアテスト技術振興協会, 2018.03.
研究業績賞, 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科, 2019.03.
山下記念研究賞, 一般社団法人 情報処理学会, 2019.03.
卓越研究賞, 一般社団法人 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2019.08.
卓越研究賞, 一般社団法人 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2019.08.
卓越研究賞, 一般社団法人 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会, 2020.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 特別研究員奨励費, 代表, 開発者個人の活動に対する深層学習によるソフトウェア不具合検出技法.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」