九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
上西 良廣(うえにし よしひろ) データ更新日:2022.06.02

助教 /  農学研究院 農業資源経済学部門 農業資源経済学


主な研究テーマ
農業イノベーションの先端動向と農業・農村構造変動に関する学際的国際共同研究
キーワード:イノベーション、スマート農業
2021.07.
生物多様性保全型技術の導入動機形成と意思決定過程に関する実証分析
キーワード:技術普及, 動機形成, 意思決定, 生物多様性, 環境保全
2017.04~2022.03.
従事しているプロジェクト研究
科研 基盤研究(A)(一般)農業イノベーションの先端動向と農業・農村構造変動に関する学際的国際共同研究
2021.07~2023.03, 代表者:南石晃明, 九州大学.
科研 基盤研究(B) 気候変動に対する農業経営体次元での適応行動に関わる経営管理理論の構築
2021.04~2025.03, 代表者:伊庭治彦, 京都大学.
科研 研究成果公開促進費 持続可能な農業に向けた農法普及-「生きものブランド米」の技術と導入行動ー
2021.04~2022.03, 代表者:上西良廣, 九州大学.
科研 若手研究 消費者の農産物に対する嗜好性を組み込んだ購買行動モデルの構築に関する研究
2021.04~2025.03, 代表者:上西良廣, 九州大学.
科研 基盤研究(B) 薬食同源を実現する特産園芸作物の歴史的探索評価および多角的総合利用技術の開発
2017.07~2022.03, 代表者:後藤一寿, 農研機構.
科研 若手研究(B) 生物多様性保全型技術の導入動機形成と意思決定過程に関する実証分析
2017.04~2022.03, 代表者:上西良廣, 九州大学.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
食農資源経済学会
農業情報学会
日本農業経済学会
日本農業経営学会
地域農林経済学会
フードシステム学会
学協会役員等への就任
2022.04, 食農資源経済学会, 庶務幹事.
2021.10, 食農資源経済学会, 企画委員会.
2020.04~2021.03, 農業情報学会, 会長指名理事.
2021.04, 農業情報学会, 理事.
2019.04, 農業情報学会, 財務委員会 幹事.
2018.09~2020.09, 日本農業経営学会, 常任理事(事務局・会計担当).
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2022.05.21~2022.05.22, 農業情報学会, 個別報告座長.
2020.10.10~2020.10.11, 地域農林経済学会, 個別報告座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2021年度, 研究成果公開促進費, 代表, 持続可能な農業に向けた農法普及-「生きものブランド米」の技術と導入行動ー.
2021年度~2024年度, 基盤研究(B), 分担, 気候変動に対する農業経営体次元での適応行動に関わる経営管理理論の構築.
2021年度~2024年度, 若手研究, 代表, 消費者の農産物に対する嗜好性を組み込んだ購買行動モデルの構築に関する研究.
2019年度~2022年度, 基盤研究(A), 分担, 農業イノベーションの先端動向と農業・農村構造変動に関する学際的国際共同研究.
2017年度~2021年度, 若手研究(B), 代表, 生物多様性保全型技術の導入動機形成と意思決定過程に関する実証分析.
2017年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 薬食同源を実現する特産園芸作物の歴史的探索評価および多角的総合利用技術の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 生研支援センター 革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト), 分担, 高糖度かんしょの長期出荷に対応した栽培・貯蔵・品質評価技術の開発 .
2015年度~2015年度, 豊岡市 コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度, 代表, 新技術確立までの過程と導入者の特徴に関する研究-コウノトリ育む農法を事例として- .
2014年度~2014年度, 豊岡市 コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度, 代表, 集落営農における農法導入プロセスに関する一考察-コウノトリ育む農法を事例として- .
2013年度~2013年度, 豊岡市 コウノトリ野生復帰学術研究奨励制度, 代表, 環境保全型農業の普及に関する一考察-コウノトリ育む農法を事例として- .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」