九州大学 研究者情報
発表一覧
木村 慧(きむら けい) データ更新日:2022.06.25

准教授 /  システム情報科学研究院 情報学部門


学会発表等
1. Kei Kimura, Neighborhood persistency of the linear optimization relaxation of integer linear optimization, Kei Kimura and Kotaro Nakayama, The 7th International Symposium on Combinatorial Optimization (ISCO), online, 2022.05.
2. 澁谷諒祐, ぷよを自由に配置できるぷよぷよの連鎖数判定問題: 色数制限を課した場合, 澁谷諒祐, 木村慧, 組合せゲーム・パズル(CGP)プロジェクト 第16回研究集会, オンライン, 2022.03.
3. 重信 賢直, 多項式時間可解なHorn ILS及びTVPI ILSにおける遷移問題の拡張に関する研究, 重信 賢直, 神⼭ 直之, ⽊村 慧, 科研費・学術変⾰領域研究(B)「組合せ遷移の展開に向けた計算機科学・⼯学・数学によるアプローチの融合」, 組合せ遷移の学⽣シンポジウム, オンライン, 2022.03.
4. 柴田航志, マルチエージェント経路探索アルゴリズムの改良のための一検討, 柴田航志,木村慧,東藤大樹,横尾真, SMASH(Symposium on Multi Agent Systems for Harmonization)22 Winter Symposium, オンライン, 2022.02.
5. Soichiro Fujii, Quantaloidal approach to constraint satisfaction, Soichiro Fujii, Yuni Iwamasa, and Kei Kimura, The 4th International Conference on Applied Category Theory, online, 2021.07.
6. 木村慧, 制約充足問題に対する充足可能性保存割当ての解析, 人工知能学会 第113回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), オンライン開催, 2020.09.
7. 木村慧, 整数計画における遷移問題の計算量, 木村慧, 鈴木顕, 日本応用数理学会 2020年度 年会, オンライン開催, 2020.09.
8. Kei Kimura, Trichotomy for the reconfiguration problem of integer linear systems, Kei Kimura and Akira Suzuki, The 14th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2020), Singapore, Singapore, 2020.04.
9. 木村慧, 制約充足問題に対する充足可能性保存割当ての解析, 人工知能学会 第112回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 柳川市藤吉コミュニティセンター, 2020.03.
10. 木村慧, 整数計画における遷移問題の計算量, 木村慧, 鈴木顕, 日本応用数理学会 第16回研究部会連合発表会, 中央大学, 2020.03.
11. 木村慧, Computational complexity of the reconfiguration problem of integer linear systems, 木村慧, 鈴木顕, 2019年度冬のLAシンポジウム, 京都大学数理解析研究所RIMS共同研究(公開型)「アルゴリズムと計算理論の新潮流」, 京都大学, 2020.02.
12. Kei Kimura, Three-dimensional discrete tomography with restriction on height and constraint numbers, Takuya Kamehashi and Kei Kimura, The 11th Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications (HJ 2019), Tokyo, Japan, 2019.05.
13. Takuya Tamori, A Fast Algorithm for Unbounded Monotone Integer Linear Systems with Two Variables per Inequality via Graph Decomposition, Takuya Tamori and Kei Kimura, The 13th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2019), Guwahati, India, 2019.03.
14. Kei Kimura, Linear Satisfiability Preserving Assignments (Extended Abstract), Kei Kimura and Kazuhisa Makino, The 27th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 2018), Stockholm, Seweden, 2018.07.
15. Kei Kimura, The Fewest Clues Problem of Picross 3D, Kei Kimura, Takuya Kamehashi, and Toshihiro Fujito, The 9th International Conference on Fun with Algorithms (FUN 2018), La Maddalena, Italy, 2018.06.
16. 澁谷諒祐, 木村慧, ぷよを自由に配置できる場合のぷよぷよの連鎖数判定問題, 組合せゲーム・パズル(CGP)プロジェクト 第13回研究集会, 2018.03.
17. 樋口雄太, 木村慧, ペンシルパズル「Fill-a-Pix」のNP完全性, 組合せゲーム・パズル(CGP)プロジェクト 第13回研究集会, 2018.03.
18. Kei Kimura, Approximating Partially Bounded Degree Deletion on Directed Graphs, Toshihiro Fujito, Kei Kimura, and Yuki Mizuno, The 12th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2018), Dhaka, Bangladesh, 2018.03.
19. 澁谷諒祐, ぷよを自由に配置できる場合のぷよぷよの連鎖数判定問題, 澁谷諒祐, 木村慧, 組合せゲーム・パズル(CGP)プロジェクト 第13回研究集会, 大阪府立大学, 2018.03.
20. 樋口雄太, ペンシルパズル「Fill-a-Pix」のNP完全性, 樋口雄太, 木村慧, 組合せゲーム・パズル(CGP)プロジェクト 第13回研究集会, 大阪府立大学, 2018.03.
21. Kei Kimura, Optimal Matroid Partitioning Problems, Yasushi Kawase, Kei Kimura, Kazuhisa Makino, and Hanna Sumita, The 28th International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2017), Phuket, Thailand, 2017.12.
22. Hanna Sumita, Min-sum-max matroid partitioning problem, Yasushi Kawase, Kei Kimura, Kazuhisa Makino, and Hanna Sumita, The 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications (JH 2017), Budapest, Hungary, 2017.05.
23. 木村慧, 整数線形不等式系の実行可能性問題における多項式時間可解部分クラス, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2017.03.
24. 木村慧, 整数線形不等式系の実行可能性問題における多項式時間可解部分クラス, 2017年電子情報通信学会総合大会 COMP-ELC学生シンポジウム, 名城大学, 2017.03.
25. Kei Kimura, A Complexity Index for Integer Linear Systems Based on Their Sign Patterns, Kei Kimura and Kazuhisa Makino, ISAAC2015 preworkshop: ELC Workshop on Algorithms and Computation, Kyoto, Japan, 2015.12.
26. Vorapong Suppakitpaisarn, Maximum Lifetime Coverage Problems with Battery Recovery Effects, Norie Fu, Vorapong Suppakitpaisarn, Kei Kimura, and Naonori Kakimura, IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2014), Austin, TX, USA, 2014.12.
27. 木村慧, 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析, 木村慧, 牧野和久, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「最適化の理論と応用」研究部会SOTA, 筑波大学, 2014.06.
28. 木村 慧, 牧野 和久, 1-G-6 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析(離散最適化(1)), 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 2014.03.
29. 木村 慧, 牧野 和久, DS-1-3 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析(DS-1.COMP-ELC学生シンポジウム,シンポジウムセッション), 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014.03.
30. 木村慧, 牧野和久, 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, 2014.03.
31. 木村慧, 牧野和久, 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2014.03.
32. 木村 慧, A Complexity Index of Integer Linear Systems Based on Their Sign Patterns, the 63th KPPY Combinatorics Workshop, Daegu, Korea, 2014.03.
33. 木村慧, 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析, 木村慧, 牧野和久, 電子情報通信学会, 新潟大学, 2014.03.
34. 木村慧, 制約充足問題に対する線形固定可能割当ての解析, 木村慧, 牧野和久, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 大阪大学, 2014.03.
35. V. Suppakitpaisarn, Maximum Lifetime Coverage Problems with Battery Recovery Effects, F. Norie, V. Suppakitpaisarn, K. Kimura, N. Kakimura, Forum on Information Technology: Special Section on Advanced Topics on Basic Research, Tottori University (Poster Presentation), 2013.09.
36. Kei Kimura, A Complexity Index for Integer Linear Systems Based on Their Sign Patterns, Kei Kimura and Kazuhisa Makino, The 8th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications (JH 2013), Veszprem, Hungary, 2013.06.
37. 木村 慧, 牧野 和久, DS-1-6 整数線形不等式系の実行可能性問題に対する符号情報に基づく計算複雑さの指標(DS-1.COMP学生シンポジウム,シンポジウムセッション), 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013.03.
38. 木村慧, 牧野和久, 整数線形不等式系の実行可能性問題に対する符号情報に基づく計算複雑さの指標, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013.03.
39. 木村慧, 整数線形不等式系の実行可能性問題に対する符号情報に基づく計算複雑さの指標, 木村慧, 牧野和久, 電子情報通信学会, 岐阜大学, 2013.03.
40. Kei Kimura, Trichotomy for Integer Linear Systems Based on Their Sign Patterns, Kei Kimura and Kazuhisa Makino, The 29th Symposium on Theoretical Aspects of Computer Science (STACS 2012), Paris, France, 2012.03.
41. 木村 慧, 牧野 和久, 2-I-4 整数線形システムの実行可能性問題に対する計算複雑さの指標(離散最適化(3)), 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2011.09.
42. 木村慧, 牧野和久, 整数線形システムの実行可能性問題に対する計算複雑さの指標, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2011.09.
43. 木村慧, 整数線形システムの実行可能性問題に対する計算複雑さの指標, 木村慧, 牧野和久, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 甲南大学, 2011.09.
44. 木村慧, 整数線形システムの実行可能性問題に対する計算複雑さの指標, 木村慧, 牧野和久, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「計算と最適化の新展開」研究部会(SCOPE@つくば), 筑波大学, 2011.06.
45. 栗原 徹, 持田 康弘, 木村 慧, 時間相関イメージセンサと多重極変調リング照明を用いた表面検査 (第25回センシングフォーラム資料--センシング技術の新たな展開と融合) -- (センサ(2)), センシングフォ-ラム資料, 2008.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」