九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
今利 一寿(いまり かずひさ) データ更新日:2023.11.22



主な研究テーマ
神経障害性疼痛の発症と維持機構の解明
キーワード:神経障害性疼痛、アロディニア、三叉神経
2016.04~2024.03.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
1. 今利 一寿,石井 広太郎,矢内 雄太,大山 順子,熊丸 渉,森 悦秀,林 良憲, ミクログリアKCNMB3による神経障害性疼痛の制御, 第 23 回口腔顔面神経機能学会総会・学術大会, 2019.03.
2. 今利一寿,石井広太郎,杉友貴,山田朋弘,森悦秀, 当科における顎関節円板後方転位の検討, 第48回日本口腔科学会九州地方部会, 2015.11.
学会活動
所属学会名
日本口腔外科学会
受賞
学会賞, 口腔顔面神経機能学会, 2019.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。