九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高田 正幸(たかだ まさゆき) データ更新日:2018.05.31



主な研究テーマ
製品音の価値評価に影響を及ぼす要因の分析
キーワード:価値評価, 製品音, 音質デザイン
2014.04.
オフィス機器稼働音の衝撃性評価に関する研究
キーワード:オフィス機器, 稼働音, 衝撃感, 評価指標
2007.04~2014.03.
コミュニケーションツールとしての警笛の音環境への影響とそのあり方
キーワード:警笛, 音環境, 音質デザイン
2006.04.
異音検出における聴能訓練の効果
キーワード:聴感訓練, 異音, 機械
2003.10~2006.03.
機械製品において音質がもたらす経済的付加価値に関する研究
キーワード:機械音, 音質デザイン, 経済的価値
2003.04.
音の物理的特徴と生理的反応,心理的反応の関連に関する研究
キーワード:音響的特徴, 聴取印象, 自律神経系
2001.04~2003.03.
擬音語を利用した音の評価手法に関する研究
キーワード:擬音語, 音響的特徴, 聴取印象, 音質評価
2000.03.
機械音の音質評価法に関する研究
キーワード:機械音, 音質デザイン, 音質評価指標
1996.04.
従事しているプロジェクト研究
警笛の国際比較研究:次世代モビリティ社会の警笛と交通システムのデザイン
2017.04~2020.03, 代表者:高田正幸, 九州大学大学院芸術工学研究院, 九州大学
警笛システムとドライバーの意識や行動,車両周辺の環境,交通システムなどとの関連を総合的に検討し,ドライバーによる警笛使用の要因の解明と,その抑制につながる交通システムのデザインを提案する。.
集合団地におけるサウンドスケープ・デザインの適用に関する研究
2009.11~2011.10, 代表者:岩宮眞一郎, 九州大学大学院芸術工学研究院, 九州大学
韓国集合住宅において快適な音環境を創生するために,サウンドスケープの概念を導入したマスタープランを構築する。.
研究業績
主要著書
1. 高田 正幸 他, ヒトの感性に訴える製品開発とその評価, 技術情報協会, 第1章, 第3節「製品音の価値評価に影響を及ぼす要因」の執筆を担当(印刷中), 2018.06.
2. 電子情報通信学会100年史刊行委員会, 高田 正幸 他, 電子情報通信学会100年史, 電子情報通信学会, 第2部「電子情報通信技術100年の発展」, (A)基礎・境界, 第3章, 3.6「音の感性とデザイン」の執筆を担当, 2017.09.
3. 自動車技術ハンドブック編集委員会編, 赤松 幹之, 高田 正幸 他, 自動車技術ハンドブック 第3分冊 人間工学編, 自動車技術会, 3章 3-5-3(2)項 「クラクション音」の執筆を担当, 2016.03.
4. 日本音響学会編, 高田 正幸 他, 音響キーワードブック, コロナ社, 『音のデザイン』『オノマトペ』の各項目を担当, 2016.03.
5. 岩宮 眞一郎, 高田 正幸 監修, 製品音の快音技術 ~感性にアピールする製品の音作り~, S&T出版, 本書全体を監修すると共に,第2章3節「音の主観評価法」および第7章「製品において音質がもたらす経済的付加価値」の執筆を担当, 2012.07.
6. 岩宮 眞一郎, 小坂 直敏, 小澤 賢司, 高田 正幸, 藤沢 望, 山内 勝也, 音色の感性学, コロナ社, 第4章「音質評価指標」および第5章5.5節「機械音」を担当,第2章2.2節「音の印象を表す擬音語」を共著分担, 2010.07.
7. 山﨑昌廣, 坂本和義, 関邦博編, 岩宮眞一郎,高田正幸, 他103名, 人間の許容限界事典, 朝倉書店, 「Ⅴ.物理, 13.騒音」の項目を担当, pp.725-731, 2005.10.
主要原著論文
1. Masayuki Takada, Satoshi Suzuki, Ki-Hong Kim, Jong-Hyun Shin, Shin-ichiro Iwamiya, Driver's vehicle horn use and its effects on other drivers and pedestrians: A case study in South Korea, Mechanical Engineering Journal, 4, 2, Paper No.16-00433, 16 pages, 2017.04, In previous studies, questionnaire surveys were used to investigate the current ircumstances of vehicle horn use and its effects on drivers and pedestrians in Japan. Several cities in other countries face more serious noise problems related to the use of car and motorbike horns. In urban areas of South Korea, frequent vehicle horn use on roads was found through onsite inspections. Measurements of noise at crossroads with heavy traffic revealed frequent horn use with high sound pressure level. In such areas, it is necessary to clarify the current circumstances of vehicle horn use, including its effects. Therefore, a survey on such use, similar to the previous work, was carried out. The survey included questions on the latest or last-remembered case of horn use in various situations in which the respondent was a driver or pedestrian. It was found that many pedestrians had experiences of being honked at by a single honk, two short honks and a long honk. Such honking mostly aroused negative psychological reactions such as feeling startled, a sensation of noisiness and feeling irritated.
There were no significant relationships between questionnaire items regarding the driver’s own horn use, suggesting there is no particular manner of such use. Relationships between driver awareness of their own horn use and its mode suggested that drivers who did not usually honk had feelings of reluctance to use the horn, and that they briefly honked out of necessity..
2. Masayuki Takada, Honatsu Murasato, Shin-ichiro Iwamiya, Comparisons of vehicle horn use in urban areas of Japan, Acoustical Science and Technology, 35, 6, 309-317, 2014.11, In Japan, drivers frequently use their vehicle horn as a signal in various situations such as when passing each other. Furthermore, pedestrians are honked at by drivers. Such horn use may create noise problem for people nearby. Therefore, a questionnaire survey was carried out to ascertain the current circumstance of vehicle horn use in Kanto and Kansai of Japan, while a similar survey was previously carried out in Fukuoka. Respondents were asked about the latest or last-remembered case of horn use in various situations of being drivers and pedestrians. With regard to an experience of being honked at by another driver, the questionnaire included questions relating to the aim of horn use, the timing pattern of the horn, and the respondent’s psychological reaction. The results revealed that drivers’ brief and frequent vehicle horn use to express gratitude or gain another’s attention in various places from narrow lanes to main roads was similar among the three surveyed areas including Fukuoka. Long honks and horn use to gain another’s attention or to alert another to danger remarkably aroused negative psychological reactions in pedestrians. No significant difference in the manner of the driver’s horn use was found among the three surveyed areas..
3. Masayuki Takada, Yoko Fukuda, Shin-ichiro Iwamiya, Questionnaire survey on vehicle horn use and its effects on drivers and pedestrians, Acoustical Science and Technology, 34, 3, 187-196, 2013.06.
4. Masayuki Takada, Nozomu Fujisawa, Fumino Obata and Shin-ichiro Iwamiya, Comparisons of auditory impressions and auditory imagery associated with onomatopoeic representation for environmental sounds, EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing, doi:10.1155/2010/674248, Vol.2010, Article ID. 674248, 8 pages, 2010.10.
5. Masayuki Takada, Ayako Takeno and Shin-ichiro Iwamiya, Effects of vehicle horn acoustic properties on auditory impressions and the interpretation of reasons for horn use by other drivers, Noise Control Engineering Journal, Vol.58, Issue.3, pp.259-272, 2010.05.
6. Masayuki Takada, Satoko Arase, Keiichiro Tanaka and Shin-ichiro Iwamiya, Economic valuation of the sound quality of noise emitted from vacuum cleaners and hairdryers by conjoint analysis, Noise Control Engineering Journal, Vol.57, Issue.3, pp.263-278, 2009.05.
7. Masayuki TAKADA, Hideharu YAMANO, and Shin-ichiro IWAMIYA, Economic valuation of the sound quality of machinery noise, Journal of Environment and Engineering, Vol.2, No.1, pp.203-214, 2007.02.
8. Masayuki Takada, Kazuhiko Tanaka and Shin-ichiro Iwamiya, Relationships between auditory impressions and onomatopoeic features for environmental sounds, Acoustical Science and Technology, Vol.27, No.2, pp.67-79, 2006.03.
9. 高田正幸, 山野秀源, 岩宮眞一郎, 機械音の音質の経済評価, 日本機械学会論文集(C編), Vol.71, No.707, pp.2155-2162, 2005.07.
10. 高田正幸,後藤留美,内部敦子,岩宮眞一郎,堅田秀生,恩田能成, 純音の周波数およびラウドネスレベルと人間の生理的・心理的反応の関連 ‐心電図R−R間隔変動スペクトル解析による検討‐, 日本生理人類学会誌, Vol.8, No.3, pp.25-30, 2003.08.
11. 高田正幸,田中一彦,岩宮眞一郎,河原一彦,高梨彰男,森厚夫, 擬音語を利用したオフィス機器から発生する音の評価, 騒音制御, Vol.26, No.4, pp.264-272, 2002.08.
12. 高田正幸,橋本竹夫,波多野滋子,邱 文祥, 加速時車内音の明るさ感とこもり感評価尺度, 自動車技術会論文集, Vol.30, No.2, pp.87-91, 1999.04.
13. 高田正幸,波多野滋子,橋本竹夫, こもり感の定量化尺度, 自動車技術会論文集, Vol.29, No.1, pp.107-111, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 高田 正幸, オフィス機器から発生する衝撃音の評価, 騒音制御, Vol.40, No.4, pp.157-160, 2016.08.
2. 高田正幸, 機械製品における静音化の価値, 騒音制御, Vol.34, No.6, pp.472-476, 2010.12.
3. 高田正幸, 製品音の音質の経済評価, 日本音響学会誌, Vol.64, No.9, pp.561-565, 2008.09.
4. 高田正幸, 機械製品において音質がもたらす経済的付加価値, 騒音制御, Vol.32, No.1, pp.65-70, 2008.02.
5. 高田正幸, 音質評価に基づいた騒音対策と音のデザイン, 騒音制御, Vol.29, No.4, pp.247-252, 2005.08.
6. 高田正幸, 工業製品における音のデザイン, サウンドスケープ, Vol.5, pp.7-10, 2003.07.
7. 高田正幸, 擬音語を利用した音質評価 −「ドタン」「バタン」から何が分かる?−, 騒音制御, Vol.26, No.1, pp.30-34, 2002.02.
主要学会発表等
1. 高田 正幸, 製品音のデザインとその価値, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 2017.03, 本研究では,製品音をデザインする際に考慮すべき点,音のデザインによって製品にもたらされる経済的付加価値などについて,実験により検討,考察した。評価グリッド法を用いた自動車ドア閉め音の価値評価の構造分析より,その価値評価に影響する各種要因を明らかにした。結果より,例えば,安心感といった情緒的ベネフィット,操作の完了感や安全性と関連する丈夫さといった機能的ベネフィットが価値評価と関係することが示唆され,さらにこのようなドア閉め音を実現するためには,スペクトル上の低域成分が重要であることなどが分かった。掃除機やドライヤーの稼動音に対する仮想評価法やコンジョイント分析を適用した検討より,製品の価格,機器から発生する音が気になった経験,性能表示中の音に関する情報などが製品選択に影響することが示された。上記の仮想評価法とコンジョイント分析を用いた検討の中で,音の改善によって製品に付加される価値を貨幣タームで評価したところ,製品の価格のおよそ1割に相当すると推定された。コンジョイント分析を用いた検討について,稼動音を呈示しない実験(音非呈示実験)を行ったところ,音の属性の重要度に,稼動音に関する教示の影響が見られた。製品の音に関する情報を提供する際には,音に関する専門的知識を持たない消費者が理解できるよう工夫が必要である。.
2. Masayuki Takada, Hiroaki Mori, Shinji Sakamoto, Shin-ichiro Iwamiya, Structural analysis of the value evaluation of vehicle door-closing sounds, The 22nd International Congress on Acoustics (ICA2016), 2016.09, Vehicle door-closing sounds affect the commercial value of vehicles. To create a door-closing sound that adds vehicle value, it is necessary to grasp and control factors affecting the value evaluation, such as the sound quality and imagery associated with the door-closing sound. The present study conducts psychoacoustic experiments to comprehensively investigate factors affecting the value evaluation of door-closing sounds and its structure using the evaluation grid method. Pairs of door-closing sounds were presented to participants. They were asked to select the more satisfactory stimulus and to give reasons for their selection so as to clarify the “original evaluation factors” (i.e., perspectives in evaluation). Furthermore, to elicit factors relevant to the obtained evaluation factors at the higher/lower levels of the hierarchical structure, participants were asked to identify benefits (i.e., reasons why they provided the original evaluation factors) and their detailed concrete requirements (mainly acoustic characteristics of stimuli). The overall structure was obtained from relationships between original evaluation factors and elicited factors at the higher/lower levels for all paired comparisons of door-closing sounds of all participants. The results reveal that door-closing sounds with abundant low-frequency contents and rapidly damped energy aroused feelings of massiveness and door closing. Furthermore, these feelings were related to emotional benefits such as a sense of security and an impression of the luxuriousness of the vehicle. Relationships between ratings of paired comparisons and metrics confirmed the effects of acoustic features of door-closing sounds found in the structure. The results suggest factors important to the design of door-closing sounds..
3. 高田 正幸, 機械製品において音質がもたらす経済的付加価値, 日本騒音制御工学会2007年度秋季研究発表会 (日本モーダル解析協議会同時開催), 2007.09.
学会活動
所属学会名
日本音響学会
日本騒音制御工学会
日本機械学会
日本生理人類学会
日本サウンドスケープ協会
学協会役員等への就任
2018.04~2020.03, 日本音響学会 九州支部, 評議員.
2017.09, 日本音響学会 国際渉外委員会, 幹事.
2017.05~2019.05, 日本音響学会, 評議員.
2015.04~2017.03, 日本音響学会 九州支部, 庶務幹事.
2014.05~2022.05, 日本騒音制御工学会, 評議員.
2013.04~2015.03, 日本音響学会 九州支部, 会計幹事.
2011.04~2013.03, 日本音響学会 騒音・振動研究委員会, 幹事.
2010.04~2020.03, 日本音響学会 音のデザイン調査研究委員会, 幹事.
2010.07~2014.05, 日本騒音制御工学会 図書出版部会, 運営委員.
2010.04~2012.03, 日本音響学会 九州支部, 評議員.
2001.04~2003.03, 日本音響学会 九州支部, 会計幹事.
2003.05~2007.05, 日本音楽知覚認知学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.08.26~2018.08.29, INTER-NOISE 2018, Session organizer for Product Sound Quality.
2018.03.13~2018.03.15, 日本音響学会2018年春季研究発表会, 座長.
2017.09.25~2017.09.27, 日本音響学会2017年秋季研究発表会, 副座長.
2017.08.27~2017.08.30, INTER NOISE 2017, 座長.
2017.03.15~2017.03.17, 日本音響学会2017年春季研究発表会, 副座長.
2016.09.14~2016.09.16, 日本音響学会2016年秋季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2016.08.21~2016.08.24, INTER-NOISE 2016, Session organizer for Product Sound Quality.
2016.03.09~2016.03.11, 日本音響学会2016年春季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2015.11.28~2015.11.28, 日本音響学会九州支部 第11回 学生のための研究発表会2015, 研究発表会実行委員.
2015.09.16~2015.09.18, 日本音響学会2015年秋季研究発表会, 副座長.
2015.09.10~2015.09.11, 日本騒音制御工学会平成27(2015)年秋季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2015.09.10~2015.09.11, 日本騒音制御工学会平成27(2015)年秋季研究発表会, 研究発表会実行委員.
2015.03.16~2015.03.18, 日本音響学会2015年春季研究発表会, 副座長.
2015.01.10~2015.01.10, Kyushu-Youngnam Joint Conference on Acoustics 2015 (KYJCA2015), Local Arrangements Committee Chair.
2014.09.03~2014.09.05, 日本音響学会2014年秋季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2014.03.10~2014.03.12, 日本音響学会2014年春季研究発表会, 副座長.
2013.09.25~2013.09.27, 日本音響学会2013年秋季研究発表会, 副座長.
2013.09.05~2013.09.06, 日本騒音制御工学会平成25(2013)年秋季研究発表会, 研究発表会実行委員.
2013.09.05~2013.09.06, 日本騒音制御工学会平成25(2013)年秋季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2013.03.13~2013.03.15, 日本音響学会2013年春季研究発表会, 副座長.
2012.09.19~2012.09.21, 日本音響学会2012年秋季研究発表会, 副座長.
2012.03.13~2012.03.15, 日本音響学会2012年春季研究発表会, 副座長.
2011.09.20~2011.09.22, 日本音響学会2011年秋季研究発表会, 副座長.
2011.03.09~2011.03.11, 日本音響学会2011年春季研究発表会, 副座長.
2011.01.22~2011.01.22, Kyushu-Youngnam Joint Conference on Acoustics 2011 (KYJCA2011), Local Arrangements Committee.
2010.09.28~2010.09.29, 日本騒音制御工学会平成22(2010)年度秋季研究発表会, 座長(Chairmanship).
2010.03.08~2010.03.10, 日本音響学会2010年春季研究発表会, 副座長.
2009.03.17~2009.03.19, 日本音響学会2009年春季研究発表会, 副座長.
2009.02.06~2009.02.07, Youngnam-Kyushu Joint Conference on Acoustics 2009 (YKJCA2009), Local Arrangements Committee Chair.
2008.09.10~2008.09.12, 日本音響学会2008年度秋季研究発表会, 研究発表会実行委員.
2008.09.10~2008.09.12, 日本音響学会2008年秋季研究発表会, 副座長.
2008.03.17~2008.03.19, 日本音響学会2008年春季研究発表会, 副座長.
2007.01.26~2007.01.27, Kyushu-Youngnam Joint Conference on Acoustics (KYJCA2007), Local Arrangements Committee Chair.
2006.09.20~2006.09.21, 日本騒音制御工学会平成18(2006)年度秋季研究発表会, 副座長.
2001.09.13~2001.09.14, 日本騒音制御工学会平成13(2001)年度研究発表会, 研究発表会実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.06~2019.06, 日本音響学会誌, 国内, 編集委員.
2005.09~2017.03, 日本音響学会誌, 国内, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度  
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度    
2008年度    
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Hong Kong Convention and Exhibition Centre, Hong Kong , 2017.08~2017.08.
国立臺灣大学, Taiwan, 2017.07~2017.08.
Daeyon Campus, Pukyong National University, SouthKorea, 2017.02~2017.02.
Catholic University of Argentina in Buenos Aires (UCA), Argentina, 2016.09~2016.09.
Soundscape Ltd., SouthKorea, 2014.10~2014.10.
Soundscape Ltd., SouthKorea, 2014.06~2014.06.
Melbourne Convention and Exhibition Centre, Australia, 2014.11~2014.11.
Soundscape Ltd., SouthKorea, 2013.10~2013.11.
Congress Center Innsbruck, Austria, 2013.09~2013.09.
Technical University München, Germany, 2013.09~2013.09.
釜山市保健環境研究院, SouthKorea, 2013.08~2013.08.
New York Marriott Marquis, UnitedStatesofAmerica, 2012.08~2012.08.
GS Engineering and Construction, Soundscape, Korea, 2011.10~2011.10.
Sydney Convention Centre, Australia, 2010.08~2010.08.
The Lisbon Congress Centre, Portugal, 2010.06~2010.06.
GS Engineering and Construction, Soundscape, Korea, 2009.12~2009.12.
Westin Ottawa, Canada, 2009.08~2009.08.
Andong National University, House of Korean Culture, Korea, 2009.02~2009.02.
Palais des congres de Paris, France, 2008.06~2008.07.
The Sheraton Waikiki, UnitedStatesofAmerica, 2006.12~2006.12.
Lagymanyos Campus of ELTE University, Hungary, 2005.09~2005.09.
Dongshin University, Korea, 2005.04~2005.04.
Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST), Korea, 2005.03~2005.03.
Czech Technical University, CzechRepublic, 2004.09~2004.09.
International Convention Center, Korea, 2003.08~2003.08.
University of Central Florida, UnitedStatesofAmerica, 2002.07~2002.07.
Rome University, Italy, 2001.09~2001.09.
General Motors, Noise & Vibration Center, UnitedStatesofAmerica, 1998.01~1998.02.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.11~2018.12, 1ヶ月以上, 広東工業大学芸術設計学院, China, .
受賞
学会活動貢献賞, 日本音響学会, 2017.03.
日本機械学会環境工学総合シンポジウム研究奨励表彰, 日本機械学会, 2005.07.
日本騒音制御工学会研究奨励賞, 日本騒音制御工学会, 2004.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(A), 代表, 警笛の国際比較研究:次世代モビリティ社会の警笛と交通システムのデザイン.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, コミュニケーションツールとしての側面に着目した警笛に関する国際比較研究.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 環境影響を考慮したコミュニケーションツールとしての警笛の感性的デザイン.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 感性に訴える音のデザインの包括的研究.
2004年度~2005年度, 萌芽的研究, 分担, 工業製品における音の感性的側面の経済的価値.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, 擬音語を利用した音の感性的評価に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2004年度~2004年度, 小野音響学研究助成基金, 代表, 機械製品において音質がもたらす経済的付加価値に関する研究.
2002年度~2002年度, 実吉奨学会研究助成金, 代表, 音が人間の生理・心理に及ぼす影響.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2018.03, 分担, 視聴覚の効果的な活用による自動車センターコンソール操作性向上の研究.
2016.04~2017.03, 代表, エンジン製品の音質評価研究.
2016.04~2017.03, 代表, 快適性向上制御音の評価実験と解析に関する共同研究.
2016.08~2017.03, 代表, 心地よいスイッチ操作音開発に関する研究.
2015.06~2016.03, 代表, 機械音の音質に関する共同研究.
2015.05~2016.03, 分担, 自動車における警報音、フィードバック音に関する共同研究.
2014.11~2015.08, 代表, 空気清浄機の運転音に関する研究.
2014.06~2015.03, 分担, 機械音の音質に関する共同研究.
2014.06~2015.03, 分担, 自動車における警報音、フィードバック音に関する共同研究.
2013.05~2014.03, 分担, 機械音の音質に関する共同研究.
2013.04~2014.03, 分担, 車室内の「サイン音のデザイン」に関する研究.
2013.04~2014.03, 分担, 小型スピーカ等音響部品および音響アクセサリーの音色と音響システムの評価.
2013.04~2014.03, 分担, 車内音における高級感検討.
2013.04~2014.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2012.05~2013.03, 分担, レクサスブランド音の分析に関する共同研究.
2012.04~2013.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2012.01~2012.04, 分担, レクサスブランド音の分析に関する共同研究.
2011.04~2012.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2010.10~2011.03, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2010.04~2010.09, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2010.04~2011.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2010.04~2011.03, 分担, スポーツ競技用ホイッスルの音響解析.
2009.10~2011.10, 分担, Research on application of soundscape design to apartment complex.
2009.10~2010.03, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2009.04~2009.09, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2009.04~2010.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2009.04~2010.03, 分担, スポーツ競技用ホイッスルの音響解析.
2008.10~2009.03, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2008.04~2008.09, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2008.04~2009.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2007.08~2008.02, 分担, 騒音の音質改善技術に関する調査研究.
2007.10~2008.03, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2007.04~2007.09, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2007.04~2008.03, 代表, 複写機稼動音の音質評価に関する研究.
2006.09~2006.12, 分担, 家電製品の報知音評価.
2006.06~2007.03, 分担, 「音のデザイン」に関する研究.
2004.11~2005.03, 分担, 事務機械騒音における音源別音質評価手法の検討.
2004.10~2005.03, 分担, 聴感訓練効果の検証.
2003.12~2004.03, 分担, 聴感訓練効果の検証.
2002.11~2003.03, 分担, 音と生理指標の関連についての研究.
2001.04~2002.03, 分担, 音と生理指標の関連についての研究.
寄附金の受入状況
2015年度, 株式会社マキタ, 学術教育研究助成のため.
2014年度, ダイキン工業株式会社, 学術教育研究助成のため.
2012年度, (株)小野測器, 芸術工学における研究助成のため.
2011年度, (株)小野測器, 芸術工学における研究助成のため.
2005年度, 日東紡音響エンジニアリング株式会社, 芸術工学における研究助成のため.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」