九州大学 研究者情報
総説一覧
深井 潤(ふかい じゅん) データ更新日:2021.11.27

教授 /  工学研究院 化学工学部門 生産システム工学講座


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 深井潤, インクジェット塗布の基礎現象, 色材協会誌, 2021.04.
2. 深井 潤, 化学工学における蓄熱・ヒートポンプ研究, 化学工学, 化学工学 第80巻第4号(2016), 2016.04.
3. 深井 潤, 固気系ケミカルヒートポンプにおける高効率熱交換器の設計技術, エネルギーデバイス, Energy Device Vol.1, No.4, pp.39-42, 2014.04.
4. 深井 潤, 高効率蓄熱技術の開発-材料開発・システム開発・熱輸送技術・利用技術-(「炭素繊維と蓄熱材の複合材料の伝熱特性」第1章第7節)
, 株式会社R&D支援センター, pp.115-123, 2013.07.
5. 中曽 浩一, 深井 潤, 吸着式ヒートポンプを応用した低温熱回生技術, 化学工学, 第77巻 3号pp.172-174, 2013.03.
6. Alam Md. SAIFUL,Agung Tri WIJAYANTA,Koichi NAKASO and Jun FUKAI, O2/N2 and O2/CO2 Mixture Effects during Coal Combustion using Probability Density Function, Journal of Novel Carbon Resource Sciences, Vol.2,pp12-16,2010.9, 2010.09.
7. Agung Tri WIJAYANTA,Alam Md. SAIFUL,Koichi NAKADO and Jun FUKAI, Detailed Reaction Mechanisms of Coal Volatile Combustion:Comparison between Without Soot and Soot Models, Journal of Novel Carbon Resource Sciences, Vol.2,pp.8-11,2010.9, 2010.09.
8. 深井 潤, インクジェット成膜法における液滴挙動(「最近の化学工学60-先端産業における最新塗布技術の応用事例-化学工学会編」6.シミュレーション), 化学工業社, pp.132-142, 2009.11.
9. 深井 潤, インクジェット法における高分子薄膜形成と溶液滴の内部流動(「インクジェット技術における微小液滴の吐出・衝突・乾燥」第3章第1節[9]), 技術情報協会, pp.350-356, 2009.08.
10. 深井 潤, インクジェット法による高分子薄膜形成の移動現象, 粉体工学会誌, Vol.46 No.5 PP.356-363, 2009.05.
11. 深井 潤, インクジェット成膜法による薄膜形成過程-平板衝突時の液滴流動-(「エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術」第6章第16節), 技術情報協会, pp.495-505, 2007.10.
12. 深井 潤, インクジェット成膜における液滴挙動解析(「最新インクジェット技術[2007年版]-高性能化と産業用途展開-」第2章第3節), 技術情報協会, pp.95-106, 2007.09.
13. 深井潤,中曽浩一, 炭素繊維を用いた熱エネルギー利用機器の伝熱促進, 伝熱, Vol.45,pp.46-51, 2006.07.
14. 深井 潤, インクジェット液滴の薄膜過程(「超微細パターンイング技術-次世代のナノ・マクロパターニングプロセス-」第6章), サイエンス&テクノロジー, pp.46-51, 2006.02.
15. 深井潤, 衝突溶融金属滴の急速凝固現象の解析, ふぇらむ, 第 6巻,第 7号568頁, 2001.07.
16. 両角仁夫,中元基嗣,深井潤,宮武修, 2液滴衝突によるガス吸収促進効果に関する数値解析, 化学装置における種々の流体の流動状態に関する数値解析と可視化技術(化学工学シンポジウムシリーズ75), 112〜120頁, 2001.02.
17. 清水信義,西本信幸,森田俊一,馬場俊一郎,深井潤,宮武修, 飲用材料のシーム溶接特性とその伝熱学的研究, 東洋鋼鈑, 第32巻53〜70頁, 2000.05.
18. 深井潤,江藤正治,宮武修, 高温壁面に衝突した液滴の流動解析, 移動現象および化学装置の開発に関する数値シミュレーション技術(化学工学シンポジウムシリーズ72), 125〜134頁, 2000.02.
19. 深井潤, 平板に衝突した液滴の最大広がり径および広がり時間の予測式とその適用例, 流れの数値解析と熱・物質移動現象(化学工学シンポジウムシリーズ67), 53〜62頁, 1999.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」