九州大学 研究者情報
著書一覧
大槻 恭一(おおつき きよういち) データ更新日:2021.06.16

教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


著書
1. 編集)鮫島良次,執筆)矢崎友嗣,木村賢人,伊藤大雄,平野高司,大槻恭一,嶋津光鑑,広田知良,町村 尚,鮫島良次,中川博視,小林 隆,神田英司,岩崎暁生,干場信司,杉浦俊彦,長谷川利拡,飯泉仁之直,菅野洋光,薗部 礼,高山弘太郎,荊木康臣,下野裕之,岡田啓嗣,山本晴彦,小南靖弘,小林和彦,小沢 聖,佐瀬勘紀,富士原和宏,池口厚男,加藤知道, 農業気象学入門, 文永堂, 2021.01, [URL].
2. 安浦寛人ほか, 伊都キャンパスを科学する, 九州大学キャンパス計画室, これからの緑地環境,128-131, 2019.03.
3. 沖大幹、姜益俊(編著), 知っておきたい水問題, 九州大学出版会, 33-45, 2017.09, [URL].
4. 田中丸治哉, 大槻 恭一, 近森秀高, 諸泉利嗣, 地域環境水文学, 朝倉書店, 2016.03, [URL], 水文学の基礎を学べるテキスト。実際に現場で用いる手法についても,原理と使い方を丁寧に解説した。〔内容〕水循環と水収支/降水(過程・分布・観測等)/蒸発散/地表水(流域・浸入・流量観測等)/土壌水と地下水/流出解析/極端現象の水文統計解析/付録.
5. 大槻 恭一, 東アジアの砂漠化進行地域における持続可能な環境保全, 花書院, 2-25, 2015.03.
6. Otsuki K, Restoration and Development of the Degraded Loess Plateau, China (Tsunekawa A. et al. Ed.), Springer, 2013.09.
7. 大槻恭一,東直子,智和正明,熊谷朝臣, 蘇る有明海-再生への道程(楠田哲也編), 恒星社厚生閣, 217-220、2012年2月24日, 2012.02.
8. Kyoichi OTSUKI(分担), The Yellow River(Ed.Kusuda, T.), World Scientific Publishing Co., 2009.09, [URL].
9. 大槻恭一(分担), 生物環境気象学, 文永堂出版, pp.68-84, 2009.09, [URL].
10. 大槻恭一(分担), 黄土高原の砂漠化とその対策(編:山中典和), 古今書院, pp.224-231, 2008.03, [URL].
11. 大槻恭一(編著), 森林水文学(編:森林水文学編集委員会), 森北出版, pp.283-308, 2007.03, [URL].
12. 大槻恭一(分担), 流域圏における生態系マネジメント,「これからの大学等研究施設 第3編・環境科学編」, 文教施設協会, pp.203-211, 2006.08.
13. 大槻恭一(分担), 森林フィールドサイエンス(編:全国大学演習林協議会), 朝倉書店, pp.50-53, 2006.04, [URL].
14. 大槻恭一(分担), 森林的水収支模型,「水资源综合评价模型及其在黄河流域的应用(編:楠田哲也,杨大文)」, 中国水利水电出版社, pp.3-19, 2005.05.
15. 大槻恭一(編著), 局地気象学(編:堀口郁夫,小林哲夫,塚本 修,大槻恭一), 森北出版, pp.184-195, 2004.11, [URL].
16. 久米 篤,大槻恭一,熊谷朝臣,小川 滋, 生物環境物理学の基礎第2版(著:Campbell and Norman, 1998), 2003.04, [URL].
17. 大槻恭一(分担), 世紀を拓く砂丘研究(編:日本砂丘学会), 農林統計協会, pp.240-251, 2000.04, [URL].
18. 大槻恭一(分担), 地域環境水文学(編:丸山利輔,三野徹), 朝倉書店, pp.18-47, 1999.09, [URL].
19. 大槻恭一(分担), 地域環境と潅漑排水(編:丸山利輔), 畑地農業振興会, pp.210-214, 1997.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」