九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
平田 美由紀(ひらた みゆき) データ更新日:2021.08.01

助教 /  医学研究院 附属総合コホートセンター 社会環境医学


主な研究テーマ
インジウム化合物取扱作業者の生体影響調査および健康管理
インジウム化合物の代謝と毒性機序
太陽電池素材の生体影響
キーワード:インジウム化合物の生体影響、インジウムの代謝、インジウムの毒性・代謝、太陽電池素材の生体影響
1997.05~2021.03.
従事しているプロジェクト研究
新学術領域研究「プラズマ医療科学の創成」
2012.04~2017.03, 代表者:堀 勝, 名古屋大学, 文部科学省
プラズマと生体との相互作用に関する学術基盤を確立し、新たな学問領域としての「プラズマ医療科学」を創成し、新しい医療技術を開拓する。.
労災疾病臨床研究事業補助金 「インジウム等レアメタルによる職業性疾病予防および病態解明のための疫学研究および動物実験研究」
2014.04~2017.03, 代表者:田中 昭代, 九州大学, 厚生労働省.
研究業績
主要著書
1. 平田 美由紀, 第33章 レアメタルと生態系・健康、アンチモン(Sb)。足立吟也監修。
レアメタル便覧
, 丸善、東京, Ⅲ-620~Ⅲ-621, 2011, 2011.02.
主要原著論文
1. Makiko Nakano, Miyuki Hirata, Makoto Hamasaki, Akiyo Tanaka, Asahi Nagata, Hiroyuki Kumazoe, Kentaro Wakamatsu, Takeshi Shiraishi,Kazuyuki Omae 学生以外:9名, Indium kinetics in an indium exposed worker before and after bilateral lung transplantation, Journal Occupational Health, 10.1002/1348-9585.12165, 62, e12165, 2020.08.
2. @Makiko Nakano, @Kazuyuki Omae, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Possibility of lung cancer risk in indium-exposed workers: An 11-year multicenter cohort study, Journal of Occupational Health, 10.1002/1348-9585.12050, 61, 3, 251-256, 2019.06.
3. Satoko Iwasawa, Makiko Nakano, Hiroyuki Miyauchi, Shigeru Tanaka, Yaeko Kawasumi, Ichiro Higashikubo, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Kazuyuki Omae, Personal indium exposure concentration in respirable dusts and serum indium level, Industrial Health, 10.2486/indhealth.2016-0015, 55, 1, 87-90, 2017.01.
4. Makiko Nakano, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Hiroyuki Kumazoe, Kentaro Wakamatsu, Dan Kamada, Kazuyuki Omae, An advanced case of indium lung disease with progressive emphysema, Jounal of Occupational Health, 10.1539/joh.16-0076-CS, 58, 5, 477-481, 2016.09.
5. Makiko Nakano, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Iwasawa Satoko, Kazuyuki Omae, Pulmonary effects in workers exposed to indium metal: a cross-sectional study, Jounal of Occupational Health, 10.1539/joh.4-0262-OA, 57, 4, 346-352, 2015.04.
6. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Nagisa Matsumura, Yutaka Kiyohara, Tissue distribution of indium after repeated intratrachal instillations of indium-tin oxide into the lungs of hamsters, Jounal of Occupational Health, 10.1539/joh.14-0123-BR, 57, 2, 189-192, 2015.02.
7. 田中 昭代, 平田 美由紀, 中野 真規子, 大前 和幸, インジウムの健康影響, アレルギー・免疫, 22, 1, 17-24, 2015.01.
8. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Nagisa Matsumura, Kazunori Koga, Masaharu Shiratani, Yutaka Kiyohara, Comparative study on the pulmonary toxicity of indium hydroxide, indium-tin oxide, and indium oxide following intratracheal instillations into the lungs of rats., MRS Symposium Proceedings/MRS Online Proceeding Library
CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS
, 1723, 1, 2015.01.
9. Makiko Nakano, Kazuyuki Omae, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Kazuhiko Uchikawa, Takehiro Michikawa, Five-year cohort study : emphysematous progression of indium-exposed workers, Chest, 10.1378/chest.13-2484, 146, 11, 1166-1175, 2014.11.
10. Makiko Nakano, Kazuyuki Omae, Akiyo Tanaka, Hirata Miyuki, KL-6 is not ineffective biomarker of indiumu lung., Int Arch Occup Environ Health, 10.1007/s00420-013-0873-x, 86, 7, 845-846, 2013.04, 中国製のKL-6キットを用いたインジウム作業者の血清KL-6では血清インジウム濃度との相関は低い。.
11. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Masaharu Shiratani, Kazunori Koga and Yutaka Kiyohara, Subacute pulmonary toxicity of copper indium gallium diselenide following intratracheal instillations into the lungs of rats, Journal of Occupational Health, 10.1539, 54, 3, 187-195, 2012.03.
12. Hiyoyuki Miyauchi, Aoi Minozoe, Shigeru Tanaka, Miyuki Hirata, Masahiro Nakaza, Heihachiro Arito, Yoko Eitaki, Makiko Nakano and Kazuyuki Omae, Assessment of workplace air concentrations of indium dust in an indium-recycling plant, Journal of occupational Health, 10.1539, 54, 2, 103-111, 2012.02.
13. Omae K, Nakano M, Tanaka A, Hirata M, Hamaguchi T, Chonan T, Indium lung - Case reports and epidemiology, Int Arch Occup Environ Health, online 01 October 2010, 2010.10.
14. 中野真規子、田中昭代、平田美由紀、大前和幸, インジウム肺, 産業医学レビュー, 23, 1, 1-15, 2010.05.
15. 大前和幸、中野真規子、田中昭代、平田美由紀, まさかの化学物質による健康障害と対策---2. インジウム, 労働の科学, 63(5), 286-289, 2008.05.
16. T Hamaguchi, K Omae, T Takebayashi, Y Kikuchi, N Yoshioka, Y Nishiwaki, A Tanaka, M Hirata, O Taguchi, T Chonan, Exposure to hardly soluble indiumn compounds in ITO production and recycling plants is a new risk for interstitial lung damage, Occup Environ Med, 65, 51-55, 2008.01.
17. 中野真規子、鎌田浩史、斎藤史武、田中昭代、平田美由紀、石坂彰敏、大前和幸, インジウム検診で発見されたインジウム肺の1例, 産業医学ジャーナル, 30(3),25-29, 2007.05.
18. Fukai Y, Hirata M, Ueno M, Ichikawa N, kobayashi H, Saitoh H, Sakurai T, Kinoshita K, Kaise T, Clinical pharmacokinetic study of arsenic trioxide in an acute promyelocytic luekemia(APL) patient: Speciation of arsenic metabolites in serum and urine, Biol Parm. Bull, 29(5), 1022-1027, 2006.05.
19. 田中昭代、平田美由紀, 職業性インジウム吸入による肺障害の病態と診断, 九州大学中央分析センターニュース, 25(2),5-7, 2006.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 平田 美由紀, 田中 昭代, 田中 茂, 中野真規子, 米本孝二, 科学研究費 基盤研究(C)研究成果報告書 
「インジウム作業者の毛髪汚染 -インジウムの毛髪付着ダイナミクス研究」
, 2016.05, インジウム作業者の作業環境濃度と毛髪濃度、個人曝露濃度と毛髪濃度の間には曝露と毛髪付着に関して量反応関係が認められた。作業環境濃度が0.3μg/m3以下の許容すべき濃度以下であっても毛髪にはppmオーダーで毛髪付着が認められた。始業前の朝毛髪濃度は作業環境濃度、個人曝露濃度に応じて高値であり、毛髪汚染が職場でのエアーシャワーや自宅での洗髪によっては完全に除去されないことが明らかとなった。毛髪に付着したインジウムは自宅で発散する二次発じんになりうる可能性が示唆された。.
2. 田中 昭代, 平田 美由紀, 太陽電池素材の生体影響-インジウムの経気道性吸入による実験的研究-, 日本衛生学雑誌, 2013.02.
3. 平田 美由紀, 科学研究費 基盤研究(C)研究成果報告書 
「肺炎症惹起インジウム低濃度曝露における生物学的モニタリング早期指標の確立」
, 2013.05.
4. 平田 美由紀, 科学研究費 基盤研究(C)研究成果報告書 
「インジウム間質性肺障害 ― 吸入曝露指標としての尿中インジウムの有効性 ―」
, 2009.03.
5. 田中昭代、平田美由紀、大前和幸, 透明導電膜の新展開Ⅲ - ITOとその代替物質材料開発の現状 - インジウム化合物の毒性とITO取り扱い上の注意, シーエムシー出版, 2008.03.
主要学会発表等
1. @平田美由紀、@田中昭代、@永田 旭、@白石武史、@濱崎 慎、@若松謙太郎、@熊副洋幸、@中野真規子、@大前和幸, 気腫が増悪し肺移植となったインジウム肺 3)肺・リンパ節・血清・尿インジウム濃度, 第92回日本産業衛生学会, 2019.05.
2. @田中昭代、@濱崎 慎、@平田美由紀、@中野真規子、@大前和幸、@永田 旭、@白石武史, 気腫が増悪し肺移植となったインジウム肺 2)移植肺・リンパ節の病理像, 第92回日本産業衛生学会, 2019.05.
3. @中野真規子、@田中昭代、@平田美由紀、@大前和幸, 気腫が増悪し肺移植となったインジウム肺 1)肺移植になった経緯, 第92回日本産業衛生学会, 2019.05.
4. @平田美由紀、@田中昭代, インジウム粉じん作業者の身体曝露防止対策 ー頭部防汚と洗身除去効果についてー, 第91回日本産業衛生学会, 2018.05.
5. 平田 美由紀、田中昭代, 粉塵作業者の頭部防汚について -インジウム粉塵作業者の曝露から考える -, 日本産業衛生学会 第67回労働衛生史研究会, 2017.09.
6. 平田 美由紀、松村 渚、田中昭代, インジウム作業者の頭部粉塵曝露: 除去・防汚方法の有効性, 平成29年度 日本産業衛生学会 九州地方会学会, 2017.07.
7. 平田 美由紀、田中昭代、宮内博幸、田中 茂, インジウム作業者の毛髪に付着したインジウム粉じんの除去・付着防汚に関する研究, 第90回 日本産業衛生学会, 2017.05.
8. 中野 真規子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 大前 和幸, 著名な肺気腫の高曝露インジウム作業者3例の症例報告, 第57回日本呼吸器学会, 2017.04.
9. 中野 真規子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 吉岡 範幸, 大前 和幸, インジウム曝露と腎影響の関係:時間断面観察, 第89回日本産業衛生学会, 2016.05.
10. 平田 美由紀, インジウム作業者のインジウム体内動態, 第9回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 2016.05.
11. 中野 真規子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 岩澤 聡子, 大前 和幸, 吉岡 範幸, インジウム曝露と新規肺がん発生についての現状報告:コホート研究(10年観察), 第86回日本衛生学会, 2016.05.
12. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Nagisa Matsumura, Masaharu Shiratani, Kazunori Koga, Yutaka Kiyohara, Health effects of indium nanoparticles. The 10th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering, The 10th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering, 2015.09.
13. 田中 昭代, 平田 美由紀, 中野 真規子, 大前 和幸, インジウム吸入による肺障害, 第26回日本微量元素学会, 2015.07.
14. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Nagisa Matsumura, Yutaka Kiyohara, Serum surfactant protein D is a marker of lung injury caused by indium chloride, 31th International Congress on Occupational Health, 2015.06.
15. 平田 美由紀, インジウム作業者の毛髪汚染, 第8回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 2015.05.
16. 岩澤 聡子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 中野 真規子, 大前 和幸, 田中 茂, 宮内 博幸, 大久保 一朗, 川澄 八重子, インジウムの吸入性粉塵個人曝露濃度と生物学的モニタリング指標との関係, 第88回日本産業衛生学会, 2015.05.
17. 中野 真規子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 吉岡 範幸, 大前 和幸, インジウム曝露と血清LDHの関係:時間断面観察, 第88回日本産業衛生学会, 2015.05.
18. 大前 和幸, 中野 真規子, 田中 茂, 宮内 博幸, 大久保 一朗, 川澄 八重子, 岩澤 聡子, 田中 昭代, 平田 美由紀, インジウム:吸入性粉塵個人曝露濃度と生物学的モニタリング指標の関係、許容濃度は提案可能か?, 第42回産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 2014.10.
19. Makiko Nakano, Akiyo Tanaka, Hirata Miyuki, Satoko Iwasawa, Kazuyuki Omae, Effects of Indium Metal Exposure on the Lungs of Japanese Workers. Cross–sectional Study., European Respiratory Society International Congress., 2014.09.
20. Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Kazunori Koga, Masaharu Shiratani, Nagisa Matsumura, Yutaka Kiyohara, Subchronic Pulmonary Toxicity of Copper Indium Gallium Diselenide Following Repeated Intratracheal Instillations into the Lungs of Rats, The 21st Asian Conference on Occupational Health, 2014.09.
21. Satoko Iwasawa, Makiko Nakano, Hiroyuki Miyauchi, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Kazuyuki Omae, Shigeru Tanaka, Personal indium exposure concentration in respirable dusts and serum indium level, The 21st Asian Conference on Occupational Health, The 21st Asian Conference on Occupational Health, 2014.09.
22. 宮内 博幸, 蓑添 葵, 田中 茂, 大久保 一朗, 平田 美由紀, 田中 昭代, 中野 真規子, 大前 和幸, インジウムリサイクル工場における作業環境改善の一例, 第87回日本産業衛生学会, 2014.05.
23. 中野 真規子, 平田 美由紀, 田中 昭代, 岩澤 聡子, 大前 和幸, 金属インジウム曝露作業者の肺影響に関する時間断面研究, 第87回日本産業衛生学会, 2014.05.
24. Akiyo Tanaka, Hirata Miyuki, Kazunori Koga, Naho Itagaki, Masaharu Shiratani, Hayashi Nobuya, Giichiro Uchida, Subacute toxicity of gallium arsenide, indium arsenide and arsenic trioxide following intermittent intratracheal instillations to the lung of rats, 8th International Conference on Reactive Plasmas/31st Symposium on Plasma Processing, 2014.02, 金属化合物半導体の粉体をラットの気管内に投与し、亜慢性肺毒性を観察した.
25. Akiyo Tanaka, Hirata Miyuki, Kazunori Koga, Hayashi Nobuya, Masaharu Shiratani, Yutaka Kiyohara, Pulmonary Toxicity of copper indium gallium diselenide particles in rats, 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health, 6th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health, 2013.10, 金属化合物半導体のCIGS(銅-インジウム-ガリウム-セレン)粉体をラットの気管内に投与し、肺毒性を長期に観察した.
26. Kazunori Koga, Akiyo Tanaka, Hirata Miyuki, Hayashi Nobuya, Naho Itagaki, Giichiro Uchida, Comparative acute pulmonary toxicity of different types of indium-tin oxide following intermittent intratracheal instillation to the lung of rats, 2013 JSAP-MRS, 2013.09, 粒子径の異なるインジウムスズ酸化物(ITO)をラット気管内に投与し、肺毒性の違いについて調べた。.
27. 平田 美由紀, 田中 昭代, 清原 裕, 松村 渚, カドミウム・テルルの経気道性暴露による亜慢性影響, 第24回 日本微量元素学会, 2013.06, 太陽電池素材であるカドミウム・テルル粒子懸濁液をラットに気管内に連続投与すると、肺炎症が認められ、血液、臓器のカドミウムとテルルの体内動態を調べた。.
28. Makiko Nakano, Akiyo Tanaka, Miyuki Hirata, Noriyuki Yoshioka, Kazuyuki Omae, Japanese indium cohort study: Five-year follow-up., The 23rd International Conference on Epidemiology in occupational Health, 2013.06, 日本国内にあるインジウム工場の作業者のインジウム健診の5年追跡結果を発表した。肺病変では、気腫性変化が増悪していた。.
29. 宮内 博幸, 田中 茂, 平田 美由紀, 田中 昭代, 中野 真規子, 大前 和幸, ITO取扱い作業場におけるインジウムと粉じんの作業環境測定について, 第86回日本産業衛生学会, 2013.05.
30. 田中 茂, 宮内 博幸, 平田 美由紀, 田中 昭代, 中野 真規子, 大前 和幸, ITO取扱い作業場における面体形(半面)電動ファン付き呼吸用保護具の有効性について, 第86回日本産業衛生学会, 2013.05.
31. 田中 昭代, 平田 美由紀, 清原 裕, 水酸化インジウムの経気道性曝露による長期生体影響, 第86回日本産業衛生学会, 2013.05, 水酸化インジウムをラットに気管内に連続投与し、長期観察を行うと、肺炎症が持続的に認められた。.
32. 中野 真規子, 田中 昭代, 平田 美由紀, 岩澤 聡子, 大前 和幸, インジウム曝露者における携帯型測定機による%DLcoの曝露指標としての妥当性の検討, 第53回 日本呼吸学会総会, 2013.04.
33. 田中昭代、平田美由紀、大前和幸, インジウムの健康影響, 資源素材学会 平成24年度春季大会, 2012.03.
34. 田中昭代、平田美由紀、清原 裕, 太陽電池素材の生体影響 - インジウムの経気道性吸入による実験的研究, 第82回 日本衛生学会, 2012.03.
35. 田中昭代、平田美由紀、清原 裕, アンチモンのラット経口投与による次世代影響, 第17回ヒ素シンポジウム, 2011.11.
36. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、中野真規子、大前和幸, インジウム作業者の毛髪インジウム分析, 第39回 産業中毒・生物学的モニタリング研究会, 2011.10.
37. 田中昭代、平田美由紀、清原 裕, 粒子径の異なるインジウム・スズ酸化物の経気道性曝露による生体影響, 第52回大気環境学会, 2011.09.
38. 田中昭代、平田美由紀, 歴史の古い金属と新しい金属の生体影響, 素材プロセシング第69委員会 第2分科会 第65回研究会, 2011.07.
39. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、中野真規子、大前和幸, インジウム作業者の尿中インジウム濃度の検討, 平成23年度 日本産業衛生学会九州地方会, 2011.07.
40. 田中昭代、平田美由紀、清原 裕, カドミウム・テルルのラット気管内投与による肺障害, 第22回 日本微量元素学会, 2011.07.
41. 平田美由紀, インジウム化合物の吸収・分布・代謝・排泄, 第25回 関東産業衛生技術部会・研修会, 2011.05.
42. 田中昭代、平田美由紀、清原 裕, インジウム系太陽電池CIGSのラットを用いた経気道性吸入による構成元素の肺沈着と肺障害, 第84回日本産業衛生学会, 2011.05.
43. 野中美希、平田美由紀、田中昭代、清原 裕, 可溶性インジウムの吸収・体内分布・代謝・排泄, 第84回 日本産業衛生学会, 2011.05.
44. Basilua Muzembo、栄徳勝光、引田量二、平田美由紀、田中昭代、降幡睦夫、荻野景規、菅沼成文, アカタラセミアマウスに対する酸化インジウム気管内投与の影響, 第81回 日本衛生学会学術総会, 2011.03.
45. 田中昭代、平田美由紀、野中美希、清原 裕, 溶解性の異なるアンチモン化合物のラット経口投与によるアンチモンの体内分布, 第81回 日本衛生学会学術総会, 2011.03.
46. 中野真規子、大前和幸、田中昭代、平田美由紀、吉岡範幸、岩澤聡子、長南達也、中田 光, 日本でのインジウム高曝露者の抗GM-CSF自己抗体の有無の検討, 第81回 日本衛生学会学術総会, 2011.03.
47. Muzembo B, Eitoku M, Hirota R, Hirata M, Tanaka A, Furihata M, Ogino K, Suganuma N , Effect of intratracheal instillation of Indium oxide to acatalasemic mice
, 第54回 中国四国合同産業衛生学学会, 2010.11.
48. 田中昭代、平田美由紀 , インジウムナノ粒子の生体影響
, 第51回 大気環境学会年回, 2010.09.
49. 平田美由紀 , 肺障害を惹起するインジウムの吸収、代謝、排泄
 , 第21回 日本微量元素学会, 2010.07.
50. 野中美希、平田 美由紀、田中 昭代、清原 裕 , 塩化インジウム気管内単回投与による代謝および生体への影響
, 第21回 日本微量元素学会, 2010.07.
51. 野中 美希、平田美由紀、田中昭代、清原 裕 , 肺炎症惹起金属インジウムの代謝研究 ―塩化インジウムの吸収と排泄―
, 平成22年度 日本産業衛生学会 九州地方会学会, 2010.06.
52. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、中野真規子、大前和幸、吉岡範幸、道川武紘 , インジウム化合物曝露による肺影響 ―曝露形態別の量影響関係 ―
, 第83回 日本産業衛生学会, 2010.05.
53. 平田美由紀、田中昭代、中野真規子、大前和幸, インジウム化合物の吸収、蓄積、排泄, 第4回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 2010.05.
54. 栄徳勝光、むぜんぼばしるあ、引田量二、平田美由紀、田中昭代、荻野景規、菅沼成文 , 酸化インジウムの気管内投与によるアカタラセミアマウスへの健康影響
, 第83回 日本産業衛生学会, 2010.05.
55. 田中昭代、平田美由紀、野中美希、清原 裕 , インジウム化合物の気管内投与後の血中インジウム濃度推移
, 第83回 日本産業衛生学会 , 2010.05.
56. 田中昭代、平田美由紀、古閑一憲、白谷正治、清原 裕 , インジウム系太陽電池CIGSの気管内投与後の肺および血清金属濃度, 第80回 日本衛生学会学術総会, 2010.05.
57. 中野真規子、田中昭代、平田美由紀、吉岡範幸、道川武紘、大前和幸 , インジウム化合物曝露による肺影響 ―日本のインジウムコホート研究―
, 第80回日本衛生学会学術総会, 2010.05.
58. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、大前和幸、中野真規子、吉岡範幸、菊池有利子, インジウム製錬作業者の職場環境改善による血中指標の変化 -インジウム濃度と呼吸器影響 -, 第41回 生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会, 2008.11.
59. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕, インジウム系化合物太陽電池CIGSの生体影響
 - 2. 血中金属濃度 -, 第19回 日本微量元素学会, 2008.07.
60. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕, インジウム系太陽電池CIGSのラットを用いた経気道性曝露による生体影響評価 -2. 血中金毒濃度 -, 第81回 日本産業衛生学会, 2008.06.
61. 中野真規子、田中昭代、平田美由紀、道川武紘、菊地有利子、吉岡範幸、佐野有理、大前和幸, インジウムによる間質性肺障害, 第78回日本衛生学会, 2008.03.
62. Tanaka A, hirata M, Kiyohara Y, Shiratani M, Koga K., Adverse health effects of CIGS particles after intrtracheal instillations into the lung of rats., 17th International Ptovoltaic Science and Engineering Conference, 2007.12.
63. Nakano M, Kikuchi Y, Tanaka A, Hirata M, Sano Y, Yoshioka N, Omae K, Exposure-effect and exposure-response relationship between indium exposure and interstitial lung damage, The 19th international conference on epidemiology in occupational health, 2007.10.
64. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、大前和幸, インジウム化合物の健康障害 -液晶関連電子材料物質の呼吸器影響 - , 第7回分子予防環境医学研究会、第35回有機溶剤中毒研究会、第39回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会、第1回室内環境学会九州支部総会、第9回Aldh2ノックアウトマウス学会 合同大会, 2007.10.
65. 田中昭代、平田美由紀, インジウム化合物の実験動物における有害性評価, 平成19年度日本産業衛生学会関東地方会, 2007.06.
66. Tanaka A, Hirata M, Omae K, Adverse health effects of indium compounds, 5th International Symposium on Transparent Oxide Thin Films Electronics Optics(TOEO-5), 2007.05.
67. 中野真規子、菊地有利子、吉岡範幸、佐野有里、田中昭代、平田美由紀、大前和幸, インジウム作業者の肺影響の経年変化の検討, 第80回日本産業衛生学会, 2007.04.
68. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、大前和幸、中野真規子、吉岡範幸、佐野有里、菊地有利子, インジウム精製作業者の血清インジウム濃度と呼吸器影響: 職場環境改善の効果, 第80回日本産業衛生学会, 2007.04.
69. 田中昭代、平田美由紀、槇田裕之、清原 裕, インジウムスズ酸化物の体内挙動と肺障害, 第80回日本産業衛生学会, 2007.04.
70. 田中昭代、平田美由紀, 分散化したカーボンナノファイバーの肺への影響, 第77回日本衛生学会 繊維状・粒子状物質研究会ワークショップ, 2007.03.
71. 田中昭代、平田美由紀, ナノマテリアルの気管内投与による影響, 第4回ナノマテリアルの医療・環境・衛生学分野への応用と安全性研究会, 2007.02.
72. 田中昭代、平田美由紀, インジウム化合物の健康影響とその予防・対策, 日本学術振興会 第166委員会 第37回研究会, 2007.01.
73. 田中昭代、平田美由紀, インジウムの肺毒性, 福井大学医学部ワークショップ, 2006.11.
74. 田中昭代、平田美由紀, インジウム化合物の健康影響とその予防・対策, 第33回アモルファスセミナー, 2006.11.
75. 田中昭代、平田美由紀、槇田裕之, アンチモン化合物の次世代影響, 第14回日本臨床環境医学会, 2006.07.
76. Tanaka A, Hirata M, Makita Y, Pulmonary toxicity of indium compounds, indium-tin oxide, indium oxide and indium hydroxide, instilled intratracheally in rats, 28th International Congress on Occupational Health, 2006.06.
77. Hamaguchi T, Tanaka A, Hirata M, Takebayashi T, Kikuchi Y, Yoshioka N, Nishiwaki Y, Omae K, Hardly soluble exposure to indium compounds is a new and potent risk of interstitial lung damage , 28th International Congress on Occupaional Health, 2006.06.
78. 平田美由紀、田中昭代、清原 裕、大前和幸、菊地有利子、吉岡範幸、浜口伝博、武林 亨, 強い肺炎惹起粒子インジウム曝露作業者のバイオロジカルモニタリング, 第18回日本産業衛生学会九州地方会, 2006.06.
79. 田中昭代、平田美由紀、槇田裕之、市原 学、市原佐保子, カーボンナノファイバーの反復経気道性曝露による肺への影響, 第79回日本産業衛生学会, 2006.05.
80. 平田美由紀、田中昭代、大前和幸、菊地有利子、吉岡範幸、浜口伝博、武林 亨, インジウム化合物粉塵作業者の血清インジウム濃度の経年変化, 第79回日本産業衛生学会, 2006.05.
81. 岩澤聡子、田中昭代、平田美由紀、菊地有利子、西脇祐司、吉岡範幸、武林 亨、斎藤史武、石坂彰敏、佐野有里、大前和幸, インジウム化合物粉塵曝露作業者の呼吸器影響, 第79回日本産業衛生学会, 2006.05.
82. 田中昭代、平田美由紀、槇田裕之, マウスに対する溶解性の異なるアンチモン化合物の次世代影響, 水環境学会九州支部会, 2006.03.
83. 田中昭代、平田美由紀, アンチモン化合物のマウスを用いた次世代影響, 第76回日本衛生学会, 2006.03.
84. Tanaka A, Hirata M, Tixicity of carbon nanotubes instilled intratracheally, 2nd joint science of Japan-Royal Society workshop on potential health, environmental and social impacts of nanotechnologies, 2006.02.
85. 田中昭代、平田美由紀, カーボンナノファイバーの気管内投与による影響, 第4回ワークショップ 「ナノテクノロジーの社会的受容促進に関する調査研究」, 2006.01.
86. 田中昭代、平田美由紀, 化合物半導体の肺障害と発がん, 第12回ヒ素シンポジウム, 2005.11.
87. 田中昭代、平田美由紀、大村 実, インジウム・スズ酸化物、酸化インジウムおよび水酸化インジウムの肺障害性, 第78回日本産業衛生学会, 2005.04.
88. 田中昭代、大村 実、平田美由紀、槇田裕之, アンチモン化合物のマウスを用いた経口投与実験, 第75回日本衛生学会, 2005.03.
学会活動
所属学会名
日本衛生学会
日本産業衛生学会
日本微量元素学会
室内環境学会
日本ヒ素研究会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.23~2019.05.23, 第12回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局長.
2018.05.17~2018.05.17, 第11回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2017.05.11~2016.05.11, 第10回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2016.05.25~2016.05.25, 第9回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2015.05.14~2015.05.14, 第8回インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2014.05.22~2014.05.22, 第7回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2013.11.16~2013.11.17, 第19回 ヒ素シンポジウム, 実行委員.
2013.05.14~2013.05.14, 第6回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2012.05.30~2012.05.30, 第5回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2010.05.26~2010.05.26, 第4回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
2009.05.20~2009.05.20, 第3回 インジウムの健康影響に関する情報交換会, 事務局.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 金属インジウム曝露による歯科技工士の健康影響調査研究.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, インジウムナノ粒子の体内吸収と毒性メカニズム.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, インジウム作業者の毛髪汚染 - インジウムの毛髪付着ダイナミクス研究.
2012年度~2017年度, 新学術領域研究, 分担, プラズマ・ナノマテリアル動態学の創成と安全安心医療科学の構築.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 職業性吸入インジウムの体内動態と多臓器障害に関する研究.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 肺炎症惹起インジウム低濃度曝露における生物学的モニタリング早期指標の確立.
2008年度~2010年度, 基盤研究(A), 連携, インジウム曝露作業者の呼吸器障害に関するコホート研究.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, インジウム新素材によるインジウム肺発症の実験的研究.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, インジウム新素材によるインジウム肺発症の実験的研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, インジウムによる間質性肺障害—吸入曝露指標としての尿中インジウムの有効性.
2005年度~2006年度, 一般研究(C), 分担, ナノテクノロジー新素材の健康リスク評価.
2005年度~2006年度, 一般研究(B), 分担, 強い間質性肺障害惹起粒子インジウムの曝露限界設定のための疫学.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 分担, ナノテクノロジー新素材の健康リスク.
2005年度~2006年度, 基盤研究(A), 分担, 強い間質性肺障害惹起粒子インジウムの曝露限界設定のための疫学.
2003年度~2004年度, 一般研究(B), 分担, 強い肺炎症惹起粒子インジウム曝露作業者の沿い記呼吸器影響.
2003年度~2004年度, 一般研究(C), 分担, 機能性新素材インジウム・スズ酸化物の発がん性に関する研究.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, 機能性新素材インジウム・スズ化合物の発がん性に関する研究.
2003年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 強い肺炎症惹起粒子インジウム曝露作業者の早期呼吸器影響.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2014年度~2017年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, インジウム等レアメタルによる職業性疾患予防および病態解明のための疫学研究および実験動物実験.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2008年度, 独立行政法人 科学技術振興機構 シーズ発掘試験研究, 代表, サイズ均一多孔質炭素を用いた抗肥満薬の開発と薬効評価.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2010.05~2013.03, 分担, 新エネルギー技術研究開発、革新的太陽光発電技術研究開発; 高度秩序構造を有する薄膜多接合太陽電池の研究開発.
2004.11~2005.03, 分担, 炭化FRPの気管内投与による生体影響に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」