九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
樋口 明彦(ひぐち あきひこ) データ更新日:2020.07.13

准教授 /  工学研究院 環境社会部門 都市システム学


主な研究テーマ
トレイルルート整備をきっかけとした少子高齢化の進む農漁村地域の活性化
キーワード:トレイル、農漁村
2013.04.
バリアフリー歩道の研究
キーワード:バリアフリー歩道
2005.04.
都市近郊田園地域における環境共生型の地域計画論の研究
キーワード:田園、景観、農地、里山、市民参加、ボトムアップ
2000.04~2010.03.
市民参加による社会基盤整備のありかたについての研究
キーワード:社会基盤、景観、住民参加
2002.04.
水辺空間の整備に関する研究
キーワード:河川、まちづくり、住民参加
2002.04.
景観デザインの方法論についての研究
キーワード:景観デザイン
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
佐世保俵ヶ浦半島におけるトレイルルート活用に関する研究
2016.06~2017.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学.
直方市におけるまちなか文庫基本構想
2016.10~2017.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学.
佐世保市俵ヶ浦半島における地域活性化に関する研究
2016.04~2017.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学.
木製ガードレールに関する研究
2014.04~2018.03, 代表者:樋口明彦.
国産スギ材を活用した木製バリアフリー歩道の開発
2016.04~2019.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学.
TOWARD A TURKISH NATIONAL SPATIAL DEVELOPMENT STRATEGY
2008.09~2008.12, 代表者:Robert Yaro, REGIONAL PLAN ASSOCIATION, REGIONAL PLAN ASSOCIATION (USA)
This report proposes the creation of a National Spatial Development Strategy for Turkey designed to create more balanced nationwide patterns of economic development and population growth. It was prepared by an expert planning team led by Robert D. Yaro, President of Regional Plan Association in New York, at the request of Istanbul Konut, a development corporation of the Istanbul Metropolitan Municipality..
三和町街路景観デザインプロジェクト
2005.04~2006.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学, 長崎県建設技術センター
長崎県長崎市三和町を通る都市計画道路の景観デザインのあり方に関する研究.
河川改修事業におけるまちの活性化に寄与する河川空間整備等に関する研究
2005.04~2006.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学, 国土交通省遠賀川河川事務所
遠賀川直方市地先河川改修において、河川敷空間をどのような形態に再整備すれば治水能力の向上と市民による河川空間利用の促進を両立することが可能かについて検討をおこない、あわせて実施設計に向けた計画・設計をおこなう。.
志摩町景観ガイドラインのありかたに関する研究
2003.04~2004.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学, 福岡県志摩町
志摩町田園地域の景観デザインのあり方に関する研究.
欧州における都市機能評価の事例調査
2002.04~2003.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学, 財団法人建設経済研究所
欧州主要国における都市機能評価の実態についての調査.
市民参加による川づくりのあり方に関する研究
2002.04~2003.03, 代表者:樋口明彦, 九州大学, 福岡県建設技術情報センター
全国における市民参加による川づくりの事例調査.
研究業績
主要著書
1. 小林一郎監修  樋口明彦 島谷幸宏 仲間浩一 吉武哲信 柴田久 田中尚人 星野裕司 高尾忠志 石橋知也, 風景のとらえ方・つくり方, 共立出版, 2008.11.
2. 樋口明彦他共著, 定常型都市への模索 地方都市の苦悩(シリーズ都市再生(3)), 日本経済表論社, 2005.07.
3. 糸乗貞喜、今村修三、魚住忠可、喜田正雄、鈴木博史、土谷光憲、樋口明彦、本田正明、宮丸正和, 川づくりをまちづくりに, 学芸出版社, 2003.12.
4. 日本建築学会編, 建築設計資料集成:地域・都市I-プロジェクト編, 丸善, p74-77, 2003.09.
5. 北沢猛、小泉秀樹、樋口明彦、星野収、津島暁生、遠藤新、鈴木俊治、村山顕人, 都市のデザインマネジメント:アメリカの都市を再編する新しい公共体, 学芸出版社, 2002.10.
6. 谷村秀彦、樋口明彦, 都市の記憶:「場所」体験による景観デザインの手法, 井上書院, 1996.07.
主要原著論文
1. 吉岡聖貴・樋口明彦・高尾忠志・野口順平・佐藤直之, 長崎県公共事業等デザイン評価制度の運用上の成果と課題, 土木学会景観・デザイン研究論文集 no.7, 2009.12.
2. 林博徳・樋口明彦・高尾忠志・松永千昌, 佐賀平野における地域住民のクリーク景観の捉え方に関する基礎的研究, 土木学会景観・デザイン研究論文集 no.7, 2009.12.
3. 羽野暁・樋口明彦・荒巻祥大, 樋門上屋の設計思想の変遷に関する研究‐筑後川・矢部川を対象として‐, 土木学会景観・デザイン研究論文集 no.7, 2009.12.
4. 樋口明彦・高尾忠志・林博徳・粟生啓之・時岡克行・久保園宏, 佐賀平野における歴史的クリークの構造を活かした雨水排水路の試行的築造, 土木学会景観・デザイン研究論文集 no.5, 2008.12.
5. Akihiko Higuchi, Yoshiyuki Aou, Hironori Hayashi, Tadashi Takao, Revaluation of Traditional Revetment Work of Historic Waterways in Saga Plain, International Symposium on City Planning 2008, pp.761-768, August 2006., 2008.08.
6. 樋口明彦、高尾忠志、粟生佳行、林博徳, Revaluation of Traditional Revetment Work of Historic Creek Systems in Saga Plain, Proceedings of International Symposium on Urban Planning 2008, pp.761-768, August 2008., 2008.08.
7. Midori Enomoto, Akihiko Higuchi, Tadashi Takao, Active Preservation of Historic Bridges by Citizen's Movement in Japan - A Case Study of Chikugogawa Lift Bridge, Society for Social Management Systems 2008 - Infrastructure and Environment, pp.761-768, August 2006., 2008.05.
8. Midori Enomoto, Akihiko Higuchi, Tadashi Takao, A Case Study on the Preservation Process of Meijibashi Bridge as an Industrial Heritage in Conparison with Chikugo River Lift Bridge, Society for Social Management Systems 2008 - Infrastructure and Environment, pp.761-768, August 2006., 2008.03.
9. 高尾忠志・野口順平・樋口明彦・榎本碧, 地方幹線道路拡幅事業における計画段階から実施段階までの住民参加の効果と課題-石川県河井町横地線・宇ノ気狩鹿野線を事例として, 土木学会景観・デザイン研究論文集  no.3, 2007.12.
10. 樋口明彦・牟田口千尋・真鍋政彦・高尾忠志, 都心街路空間における公園的空間の創出に向けた取組みについてのケーススタディ-札幌市・仙台市・広島市を事例として, 土木学会景観・デザイン研究論文集 no.3, 2007.12.
11. 樋口明彦・田浦扶充子・高尾忠志・佐藤直之・岡本良平, 遠賀川直方地区緩傾斜スロープ高水敷における来場者行動特性, 2007.12.
12. 樋口明彦・林慎太郎・高尾忠志・岡本良平, 唐津市旧城下町地区における山アテ景観阻害要因に関する研究, 日本都市計画学会都市計画論文集 no.42-3 , 2007.10.
13. 樋口明彦・岡本良平・榎本碧・高尾忠志, 沿線自治体と群成長管理組織の連携によるシーニックバイウエイ景観管理に関する研究, 土木計画学研究論文集 vol.24 no.2, 2007.09.
14. 樋口明彦、竹林知樹、石橋知也、伊東和彦、三宅正弘、高尾忠志, 対馬市厳原における歴史的石塀の保全状況と市民意識についての研究, 土木学会景観・デザイン研究論文集, 2007.03.
15. 樋口明彦、高尾忠志, リンカーンにおける土地取得による田園景観保全の経緯に関する研究, 土木学会景観・デザイン研究論文集, 2007.03.
16. 樋口明彦、高尾忠志, ケープコッドコミッションを中心とした群単位での地域成長管理についての考察, 日本都市計画学会都市計画論文集, 2006.11.
17. 樋口明彦、高尾忠志, ロングアイランドにおけるピッチパイン樹林地保全を目的としたTDRの運用についての考察, 土木学会環境システム研究論文集, vol.34, pp.347-352, October 2006., 2006.10.
18. 樋口明彦、牟田口千尋、眞鍋政彦, Rethinking of downtown public open space policy in Japan: A case study on twelve major cities in Japan, Proceedings of International Symposium on Urban Planning 2005, pp.761-768, August 2006., 2006.08.
19. 樋口明彦、高尾忠志, ニューヨーク市の3BIDにおける街路景観整備の実態に関する考察, 日本造園学会ランドスケープ研究発表論文集, vol.69, no.5, pp.807-812, March, 2006., 2006.03.
20. 樋口明彦、吉原真理子、高尾忠志, 既存コミュニティを貫通する地方幹線道路拡福事業における住民参加に関する研究, 土木計画学研論文集, vo.22, no.2, pp.361-370., 2005.10.
21. 樋口明彦、佐藤直之、高尾忠志, まちの活性化を促す都市河川整備に関する研究, 土木計画学研論文集, vo.22, no.2, pp.387-396., 2005.10.
22. 樋口明彦、高尾忠志, 可動式歩道橋の景観設計に関する考察‐近年の事例を対象として‐, 日本都市計画学会都市計画論文集, no.40-3, pp.607-612, October 2005., 2005.10.
23. 樋口明彦、高尾忠志、石橋知也、伊東和彦, Restoration of historic stone landscape in downtown Izuhara, Tsushima, Proceedings of International Symposium on Urban Planning 2005, pp.51-63, October 2005., 2005.10.
24. 樋口明彦, PC as a Cultural Manifesto of Our Age, Proceedings of the first FIB Congress 2002., pp91-92., 2002.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 樋口明彦, 九州の近代土木遺産展 河内貯水地堰堤, 西日本新聞, 2003.09.
2. 樋口明彦, 九州の近代土木遺産展 白水堰堤, 西日本新聞, 2003.11.
3. 樋口明彦他, 平成14年度都市機能評価ベンチマークス検討調査報告書, 国土交通省都市・地域整備局大都市圏整備課, 2003.03.
4. ベンチマークス研究会(樋口明彦他), 平成13年度都市機能評価ベンチマークス検討調査報告書, 財団法人建設経済研究所, 2002.03.
5. 樋口明彦, アーバンデザインの新しい展開:マンハッタンダウンタウン計画, 造景, No.32, 2001, pp110-115, 2001.07.
6. 樋口明彦, アーバンデザインの新しい展開:ロングブランチオーシャンフロントプロジェクト, 造景, No.33, 2001, pp143-147, 2001.07.
7. 樋口明彦, 北米マルチメディア産業と今後の都市づくり, 地域開発, vol. 427,pp.17-22, 2000.07.
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室, 唐津市東港芝生広場, 2014.05
事業主体: 佐賀県
対象地: 佐賀県唐津市東港
基本設計・実施設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室.
2. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室, 唐津市東港公園Aゾーン救命浮環, 2014.05
事業主体: 佐賀県
対象地: 佐賀県唐津市東港
基本設計・実施設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室.
3. 樋口明彦、西村菜美、深川毅一, 筑後川瀬の下樋門、石積み護岸その他の施設群, 2013.05.
4. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室, 唐津市東港公園Aゾーン転落防止柵, 2012.03
事業主体: 唐津市
対象地: 佐賀県唐津市東港
基本設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室
実施設計・製作: 昭和鉄鋼㈱、九州木材工業㈱
.
5. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 唐津市東港公園Bゾーン, 2010.03
事業主体: 唐津市
対象地: 佐賀県唐津市東港
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
構造設計: ㈱景観工房
.
6. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 唐津市西の浜人道橋, 2009.03
事業主体: 唐津市
対象地: 佐賀県唐津市西の浜
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
構造設計: ㈱景観工房
.
7. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室, 嘉瀬川ダム景観設計, 2012.03
事業主体: 国土交通省嘉瀬川ダム工事事務所
対象地: 佐賀県佐賀市
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院景観研究室、嘉瀬川ダム景観検討委員会、アークビジョン

.
8. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 勘六橋景観設計, 2008.03
事業主体: 福岡県直方土木事務所
対象地: 福岡県直方市
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
構造設計: ㈱サンコーコンサルタンツ
.
9. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 遠賀川河川敷右岸景観設計, 2008.07
事業主体: 国土交通省遠賀川河川事務所
対象地: 福岡県直方市
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
構造設計: ㈱東京建設コンサルタンツ
.
10. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 遠賀川河川敷駐車場景観設計, 2008.07
事業主体: 国土交通省遠賀川河川事務所
対象地: 福岡県直方市
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
構造設計: ㈱東京建設コンサルタンツ
.
11. 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室, 長崎県栄上為石線景観設計, 2008.03
事業主体: 長崎県
対象地: 長崎県長崎市三和地区
意匠設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
実施設計: 財団法人NARC
.
12. 樋口明彦, 長崎県西海橋公園景観設計, 2008.03
事業主体: 長崎県
対象地: 長崎県西海橋橋詰
景観設計: 樋口明彦・九州大学大学院工学研究院建設設計工学研究室
.
13. 樋口明彦, 厳原横町線, 2007.03
対馬市施工の街路拡幅事業に際する街路設計.
14. 樋口明彦, 遠賀川直方市地先河川敷(遠賀川リバーサイドパーク), 2006.07
遠賀川河川改修事業に際する緩傾斜河川敷及びカヌー乗り場の設計
水辺館身障者スロープ及びショートカット階段の設計.
15. 樋口明彦・高尾忠志, 佐賀市兵庫地区区画整理事業地内排水路および遊歩道, 2006.04
兵庫地区区画整理事業により改変されるクリーク景観の保全を目的とした水路および遊歩道の設計.
16. 樋口明彦・上野裕治, 福岡市葬祭場「刻の森」公園, 2006.04
福岡市葬祭場改築に伴う公園空間の設計.
17. 樋口明彦, 厳原大町通り, 2005.03
長崎県施工の都市計画道路事業に伴う街路拡幅に際する、事業区間約300メートルについての街路設計.
18. 樋口明彦他, 西中島橋, 2003.10
福岡市昭和通にかかる西中島橋の設計.
19. 佐藤直之、真鍋政彦、吉原真理子、樋口明彦, Saruk Stage (Story Along the River of Urban Key) :人が思いのままに"さるく"(歩き回る)ことができ、自由に自己表現を行える舞台, 2003.08
財団法人建設コンサルタンツ協会九州支部主催「あなたの夢、アイデアを設計図にしてみませんか?2003」提案募集 優秀賞.
20. 樋口明彦、本田正明、高橋由資、三好孝明、野田英樹, 「じげもんづくり」, 2001.04
2000年度日本建築学会設計競技「新世紀の田園居住」九州支部入選.
学会活動
所属学会名
エンジニアアーキテクト協会
土木学会
都市計画学会
日本造園学会
日本建築学会
学協会役員等への就任
2009.09, 土木学会, 土木の日実行委員会副委員長.
2012.04~2015.03, 土木学会, 百周年実行委員会C部門(市民交流)幹事.
2008.04, 土木学会, 土木の日委員会ドボコレ小委員会副会長.
2012.02, 土木学会, 幹事.
2005.04~2007.03, 都市計画学会, 学術委員会委員.
2004.04~2006.03, 土木学会, 景観デザイン委員会デザイン賞選考委員.
2003.11~2004.03, 土木学会, 教育企画委員会小委員会委員.
2002.04~2005.03, 土木学会, 構造工学委員会論文集編集小委員会部門主査.
2002.04~2003.03, 都市計画学会, 幹事.
2002.04~2005.03, 土木学会, 構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会「構造景観」部門主査.
2001.08~2003.03, 土木学会, 土木学会景観・デザイン委員会委員.
2001.08~2003.03, 土木学会, 土木学会西部支部土木遺産選考小委員会委員.
1993.01~1995.01, 1993-95年 都市計画学会, 1993-95年 都市計画学会国際委員会委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2006.12.01~2006.12.01, 土木学会景観デザイン研究発表会, 座長(Chairmanship).
2006.11.01~2006.11.01, 都市計画学会研究論文発表会, 座長(Chairmanship).
2004.11.01~2004.11.01, 第四回九州「川」のワークショップイン熊本, セッションコーディネーター.
2004.03.01~2004.03.01, 土木学会西部支部研究発表会, 座長(Chairmanship).
2003.06.01~2003.06.01, 土木計画学発表会QOL, セッションコメンテーター.
2001.04.01~2001.04.01, 福岡県建設技術情報センター住民参加の川づくり研究会, 座長(Chairmanship).
2001.11.01~2001.11.01, 長崎県厳原町中心地区美しいまちづくり研究会, 座長(Chairmanship).
2005.07.01~2005.07.01, 熊本県全水系女性会議2005 くまもと川の女性フォーラム 基調講演「川の恵み, ゲストスピーカー.
2005.06.01~2005.06.01, としょかん発見塾 図書館とまちづくり, ゲストスピーカー.
2005.06.01~2005.06, グラウンドワーク福岡 「美しいまちづくりシンポジウム あなたのまちは元気ですか?」, コーディネーター.
2004.11.01~2004.11.03, リバーパル五ヶ瀬川シンポジウム「大武・牧を歩いてさるこう」, パネリスト.
2004.10.01~2004.10.02, 景観まちづくりシンポジウム in 日南, コメンテーター.
2004.06.01~2004.06.01, 土木/景観デザイン展シンポジウム「風景を創る」, パネリスト.
2004.02.01~2004.02.01, 北九州学研都市まちづくりワークショップシンポジウム, 基調講演.
2004.03.01~2004.03.01, 博多社会実験「社会実験評価ワークショップ」, 講師.
2003.02.01~2003.02.01, 建設コンサルタント協会九州支部若手社員交流会講演「景観設計とコンサルタンツ技術者に望むこと」, 講師.
2003.11.01~2003.11.01, 九州地方整備局「美しい国づくりセミナー」, 基調講演講師.
2002.10.01~2002.10.01, 社団法人セメント協会「景観コンクリートセミナー」, コーディネーター.
2002.10.01~2002.10.01, NPO日本都市計画家協会主催九州都市計画シンポジウム「都市周辺地域のまちづくりと田園居住〜都市と農村のつきあい方を考える〜」, 講師.
2002.12.01~2002.12.01, 日本都市計画学会第95回月例懇話会, 講師「わが国のコミュニティプランニングの可能性」.
2002.11.01~2002.11.01, 土木の日土木遺産シンポジウム, パネリスト.
2001.11.01~2001.11.01, 「近代日本を支えた土木技術〜九州の土木遺産と21世紀の社会資本整備」シンポジウム, パネリスト.
2001.03.01~2001.03.01, 国土交通省 平成12年度国土政策国際支援セミナー「IT革命、グローバル化が進展する中での国土づくり」, パネリスト.
2000.11.01~2000.11.01, 福岡県「筑後地域の未来を語る会」, パネリスト.
2000.08.01~2000.08.01, 志摩町まちづくりシンポジウム、ワークショップ, 開催.
1999.07.01~1999.07.01, 建設省『産業構造の転換に対応した都市政策のありかた懇談会』第3回懇談会, ゲストスピーカー.
1995.01.01~1995.01, 日米大都市圏計画会議, コーディネーター.
1992.01.01~1992.01, 1992 Yokohama Conference, Pacific Rim Council on UrbanDevelopment, Working Group Member.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.01~2014.06, 土木学会発行「土木コレクションHANDS+EYES図録」, 国内, 編集統括.
2005.04~2008.03, 日本都市計画学都市計画論文集, 国内, 学術委員.
2001.04~2003.03, 川づくりをまちづくりに, 国内, 編著者.
2002.04~2004.03, 土木学会構造工学論文集, 国内, 構造デザイン部門主査.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2009年度  
2008年度  
2007年度  
2006年度  
2005年度  
2004年度      
2003年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Cape Cod Commission, Nantucket Land Bank, Cornell University, Harvard University, UnitedStatesofAmerica, 2009.10~2009.10.
Canal Isabel II, CEDEX, Spain, 2003.10~2003.11.
Asian Institute, タイ政府機関など, Thailand, 2001.03~2001.03.
マレイジア政府機関など, Malaysia, 2001.01~2001.02.
Harvard University, UnitedStatesofAmerica, 1995.09~1999.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2007.10~2008.10, 1ヶ月以上, フルブライトプログラム, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2002.04~2003.03, 1ヶ月以上, ハーバード大学, UnitedStatesofAmerica, フルブライトプログラム.
受賞
土木学会デザイン賞奨励賞, 土木学会, 2018.11.
土木学会デザイン賞最優秀賞, 土木学会, 2019.11.
2017年度土木学会デザイン賞優秀賞, 土木学会, 2017.11.
2009年度土木学会デザイン賞最優秀賞, 土木学会, 2009.11.
グッドデザイン賞, 財団法人日本産業デザイン振興会, 2003.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 国産スギ材の音響特性を利用したバリアフリー歩道の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2021年度, 環境研究総合推進費, 分担, 自然災害と生態系サービスの関係性に基づいた創造的復興に関する研究: サブテーマ(3) 「災害による文化的サービスの変容とマネジメント手法」.
2013年度~2013年度, 日南市, 代表, 中心市街地活性化の推進方策に関する研究.
2013年度~2013年度, 松浦市, 代表, 地方都市における景観を活かしたまちづくり推進方策に関する研究委託.
2013年度~2013年度, 柳川市, 代表, 地域の活性化に資する重点地区型まち並み整備に関する研究.
2013年度~2013年度, 柳川市, 代表, 西鉄柳川駅周辺整備における市民の参画意識の醸成に関する研究.
2012年度~2012年度, 日南市, 代表, 地方都市における中心市街地活性化に有効な推進方策に関する研究.
2012年度~2012年度, 日南市, 代表, 地方都市における中心市街地活性化に有効な推進方策に関する研究.
2012年度~2012年度, 柳川市, 代表, 西鉄柳川駅周辺整備における市民の参画意識の醸成に関する研究.
2012年度~2012年度, 九州建設技術管理協会, 代表, 汎用建設資材を用いた維持修繕が容易で安全・安心なバリアフリー歩道の実用化に向けた研究開発.
2009年度~2011年度, 河川技術開発助成(国土交通省), 代表, 河川空間における良好な河川景観の形成と保全のための
景観形成方針の設計および景観設計等を行うための景観
形成手法の確立のための調査研究
.
2007年度~2007年度, 国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所, 代表, 住民合意形成と河川空間整備の実証研究による景観形成手法の検討.
2001年度~2001年度, (財)建設経済研究所, 代表, 「欧州における都市機能評価の事例調査」.
2000年度~2000年度, (財)建設経済研究所, 代表, 「まちづくりの実情を踏まえた住民主体のまちづくりと都市比較国際ベンチマークス調査.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.10~2017.03, 代表, 直方市まちなか文庫構想策定委託.
2016.06~2017.03, 代表, 歴史遺産群等を対象とした地域住民主導による市民トレイルルート活用に関する研究.
2016.04~2017.03, 代表, 俵ヶ浦半島における住民主体による快適で暮らしやすい地域づくりに関する研究.
2015.04~2016.03, 代表, 歴史遺産群等を対象とした地域住民主導による市民トレイルルート構築の可能性に関する基礎的研究.
2014.09~2015.03, 代表, 地方都市における景観を活かしたまちづくり推進方策に関する研究委託.
2014.07~2015.03, 代表, 持続可能な地域づくりに向けた総合計画策定プロセスに関する研究.
2014.06~2015.03, 代表, 地方都市における中心市街地活性化に有効な推進方策に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, 地域の活性化に資する重点地区型まち並み整備に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, 歴史遺産群等を対象とした地域住民主導による市民トレイルルート構築の可能性に関する基礎的研究.
2012.04~2013.03, 代表, 唐津中心市街地歴史的景観資源調査
.
2012.03~2013.03, 代表, 福岡と試験物流調査
.
2011.07~2011.03, 代表, 景観計画策定プロセス及び合意形成推進方策に関する研究.
2011.07~2011.03, 代表, 観の持続に関するまちづくり方策の研究委託.
2008.11~2009.03, 代表, 「まちの活性化」に寄与する唐津沿いの海辺資源の活用方法に関する研究.
2008.09~2009.03, 代表, 住民合意形成と河川空間整備の実証研究による景観形成手法に関する研究.
2007.11~2008.03, 代表, 住民合意形成と河川空間整備の実証研究による景観形成手法に関する研究.
2006.01~2006.03, 代表, 長崎県三和町透視計画道路景観検討.
2005.01~2005.03, 代表, 長崎県三和町都市計画道路景観検討.
2005.01~2005.03, 代表, 景観に配慮した対波擁壁設計への実践的アプローチ.
2005.01~2005.03, 代表, 河川改修事業における「まちの活性化」に寄与する河川空間の整備等に関する研究.
2003.01~2003.03, 代表, 志摩町景観ガイドラインのあり方についての研究.
2001.01~2001.03, 代表, 欧州における都市基能評価の実例調査.
2000.01~2000.03, 代表, まちづくりの実情を踏まえた住民主体のまちづくりと都市比較国際ベンチマークス調査.
寄附金の受入状況
2019年度, 東京建設コンサルタント(株), 東京建設コンサルタント(株).
2017年度, 木製防護柵協会, 寄附金.
2016年度, 俵ヶ浦半島開発協議会, 寄附金.
2015年度, 合同会社 アトリエT-PLUs, 合同会社 アトリエT-PLUs.
2014年度, 株式会社 東京建設コンサルタント, 株式会社 東京建設コンサルタント.
2014年度, NPO法人 バイオマスワークあったらし会, NPO法人 バイオマスワークあったらし会.
2014年度, 公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団, 公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団.
2014年度, 風景デザイン研究会, 風景デザイン研究会.
2013年度, アンカー協会, ダム湖周辺におけるグラウンドアンカーの景観性能評価の試み−嘉瀬川ダム湖周辺の事例群を対象として-
.
2013年度, 一般財団法人河川情報センター, 筑後川における過去の水害発生地と河道変遷および水神祀の立地との関係性.
2013年度, 公益財団法人交通エコロジーモビリティ財団, 舗装表面の輝度比と粗さの違いを利用した面誘導方式バリアフリー歩道の開発.
2011年度, ㈱建設環境研究所, 筑後川木製サインのデザインに関する研究.
2011年度, 東洋技術㈱, 中央ルート市民参加のデザイン.
2008年度, サンコーコンサルタント株式会社, 勘六橋景観デザイン検討.
2008年度, 株式会社東京建設コンサルタント, 河川改修事業における「まちの活性化」に寄与する河川空間の整備等に関する研究.
2007年度, サンコーコンサルタント株式会社, 勘六橋景観デザイン検討.
2007年度, 株式会社アイ・エヌ・エー, 嘉瀬川副ダム景観デザイン検討.
2006年度, 東京建設コンサルタント, 河川改修事業における「まちの活性化」に寄与する河川空間の整備等に関する研究.
2006年度, (㈱アトリエ74, まちづくりコーディネーターに関する事例調査.
2006年度, (有)まち交社, 湯布院町湯の坪街道デザイン会議景観アドバイザー.
2005年度, 九州建設コンサルタント㈱, 日田市三隈川景観整備検討.
2004年度, 第一復権コンサルタント, 下村雨水幹線景観デザイン検討.
2004年度, 東京建設コンサルタント, 遠賀川河川整備検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」