九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山本 幸治(やまもと こうじ) データ更新日:2020.06.10

助教 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学


主な研究テーマ
昆虫の薬剤代謝酵素
キーワード:第一相解毒酵素、第二相解毒酵素
2005.04~2020.03.
昆虫の抗酸化酵素
キーワード:ヘム含有蛋白質、金属含有蛋白質、活性酸素、酸化ストレス
2003.04~2020.03.
DNA/RNA結合蛋白質に関する研究
キーワード:DNA結合タンパク質、RNA結合タンパク質
2002.05~2020.03.
DNA複製開始に関する研究
キーワード:DNA複製, DnaA, DnaB, インテイン
1999.02~2017.03.
昆虫の表皮硬化関連酵素に関する研究
キーワード:フェノールオキシダーゼ, ドーパクロム変換酵素
1993.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
昆虫の硫酸転移酵素に関する研究
2016.04~2020.03, 代表者:山本幸治, 九州大学, 九州大学.
昆虫のアルドケト還元酵素に関する研究
2011.12~2020.03, 代表者:山本幸治, 九州大学(山本), 九州大学.
昆虫解毒酵素の構造ならびに機能解析
2008.04~2020.03, 代表者:山本幸治, 九州大学, 日本
本研究では、農薬代謝に関わる解毒酵素の分子レベルでの特徴、特に基質特異性、発現機構そして立体構造について解析し、有効性の高い農薬の開発の基礎とする。本プロジェクトにおいて、最新の生物工学、構造生物学、細胞工学そして分子生物学を専門とする若手研究者の交流を促進し、昆虫農薬代謝に関する研究を通じて育成を図る。.
DNA複製に関する研究
1999.02~2018.03, 代表者:Murty Madiraju, University of Texas, USA.
研究業績
主要著書
1. 山本幸治(実験8), 「カイコの実験単」、実験8 カイコ消化液のアミラーゼの実験, NTS, 2019.02.
2. Kohji Yamamoto, Pingbo Zhang, Yutaka Banno and Hiroshi Fujii, Recent Research Developments in Bioenergetics, TRANSWORLD RESEARCH NETWORK, vol4, chapter 2 "Antioxidant defense in the silkworm, Bombyx mori", p33-42, 2006.01.
主要原著論文
1. Bairam AF, Kermasha ZW, Liu MC, Kurogi K, Yamamoto K, Functional analysis of novel sulfotransferases in the silkworm Bombyx mori, Archives of Insect Biochemistry & Physiology, e21671, 2020.03.
2. Yamamoto K, Tsubota T, Uno T, Tsujita Y, Yokota S, Sezutsu S, Mita K., A defective prostaglandin E synthase could affect egg formation in the silkworm Bombyx mori, Biochemical and Biophysical Research Communications, 521, 347-352, 2020, 2019.12.
3. Saruta F, Yamada N, Yamamoto K, Functional analysis of an epsilon-class glutathione S-transferase from Nilaparvata lugens, Journal of Insect Science, 19, 1-7, 2019, 2019.10.
4. Saruta F, Yamada N, Yamamoto K,, An omega-class glutathione S-transferase in the brown planthopper Nilaparvata lugens exhibits glutathione transferase and dehydroascorbate reductase activities, Archives of Insect Biochemistry & Physiology, 102, e21599, 2019.08.
5. Haque MR, Hirowatari A, Nai N, Furuya S, Yamamoto K, Serine hydroxymethyltransferase from the silkworm Bombyx mori: Identification, distribution, and biochemical characterization, Archives of Insect Biochemistry & Physiology, 102, e21594, 2019.10.
6. Haque MR, Hirowatari A, Saruta F, Furuya S, Yamamoto K, Molecular survey of the phosphoserine phosphatase involved in L-serine synthesis by silkworms (Bombyx mori), Insect Molecular Biology, 29, 48-55, 2019.05.
7. Haque MR, Hirowatari A, Koyanagi A, Ichinose T, Abiru M, Mohri S, Furuya S, Yamamoto K, Molecular characterization and expression analysis of a phosphoserine aminotransferase involving L-serine synthesis from silkworm, Bombyx mori, Archives of Insect Biochemistry and Physiology, 101, e21553, 2019.03.
8. Haque MR, Higashiura A, Nakagawa A, Hirowatari A, Furuya S, Yamamoto K, Molecular structure of a 5,10-methylenetetrahydrofolate dehydrogenase from the silkworm Bombyx mori, FEBS Open Bio, 9, 618-628, 2019.01.
9. Yamamoto K, Higashiura A, Hirowatari A, Yamada N, Tsubota T, Sezutsu H, Nakagawa A, Characterisation of a diazinon-metabolising glutathione S-transferase in the silkworm Bombyx mori by X-ray crystallography and genome editing analysis, Scientific reports, 8, 16835, 2018.11, We found an unclassified glutathione S-transferase 2 (bmGSTu2) in the silkworm Bombyx mori that conjugates glutathione to 1-chloro-2,4-dinitrobenzene and also metabolises diazinon, an organophosphate insecticide. Here, we provide a structural and genome-editing characterisation of the diazinon-metabolising glutathione S-transferase in B. mori. The structure of bmGSTu2 was determined at 1.68 Å by X-ray crystallography. Mutation of putative amino acid residues in the substrate-binding site showed that Pro13, Tyr107, Ile118, Phe119, and Phe211 are crucial for enzymatic function. bmGSTu2 gene disruption resulted in a decrease in median lethal dose values to an organophosphate insecticide and a decrease in acetylcholine levels in silkworms. Taken together, these results indicate that bmGSTu2 could metabolise an organophosphate insecticide. Thus, this study provides insights into the physiological role of bmGSTu2 in silkworms, detoxification of organophosphate insecticides, and drug targets for the development of a novel insecticide..
10. Hirowatari A., Chen Z., Mita K., Yamamoto K., Enzymatic characterization of two epsilon-class glutathione S-transferases of Spodoptera litura, Archives of Insect Biochemistry & Physiology, 2017, e21443, 2017.12.
11. Cheng T.*, Wu J.*, Wu Y.*, Chilukuri R.*, Huang L.*, Yamamoto K.*, Feng L.*, Li W.* et al., Arunkumar KP., Kishino H., Goldsmith MR., Feng Q., Xia Q., Mita K., Wide distribution of a major East Asian noctuid pest explained by genomic adaptation to polyphagy and insecticides, Nature Ecology & Evolution, *equal contribution, 1 (11), 1747-1756, 2017.07, 重要農業害虫であるハスモンヨトウ(Spodoptera litura)のゲノム塩基配列を解読した。本昆虫ゲノム中には、苦味物質ならびに有毒物質の受容体、シトクロムP450、カルボキシルエステラーゼそしてグルタチオン-Sトランスフェラーゼなどの解毒酵素をコードする複数の遺伝子ファミリーが多数存在しており、多くの生体異物や植物二次化合物を検知および解毒できる能力を備えていることを見いだした。.
12. Yamamoto K., Higashiura A., Suzuki M., Aritake K., Urade Y., Nakagawa A., Molecular structure of a prostaglandin D synthase requiring glutathione from the brown planthopper, Nilaparvata lugens, Biochemical and Biophysical Research Communications, 492, 166-171, 2017.07.
13. Yamamoto K., Ozakiya Y., Uno T., Localization of an Aldo-Keto Reductase (AKR2E4) in the Silkworm Bombyx mori (Lepidoptera: Bombycidae), Journal of insect science, 17, 5, 1-3, 2017.07.
14. Yamamoto K., Nagaoka S., Identification and localization of a novel ecdysone oxidase in the silkworm, Bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology & Sericology, 86 (2), 49-53, 2017.03.
15. Hirowatari A., Nagaoka S., Yamada N., Yamamoto K., Identifying a sigma class glutathione S-transferase 2 from the silkworm Bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology & Sericology, 86, 1, 1-7, 2016.10.
16. Yamamoto K., Hirowatari A., Shiotsuki T., Yamada N., Biochemical characterization of an unclassified glutathione S-transferase of Plutella xylostella, J. Pestic. Sci., 41(4), 145-151, 2016.06.
17. Yamamoto K., Yamada N., Identification of a diazinon-metabolizing glutathione transferase in the silkworm, Bombyx mori, Scientific Reports, 6, 30073, 2016.03.
18. Yamamoto K., Higashiura A., Suzuki M., Shiotsuki T., Sugahara R., Fujii T., Nakagawa A., Structural characterization of an aldo-keto reductase (AKR2E5) from the silkworm Bombyx mori, Biochemical and Biophysical Research Communications, 474, 104-110, 2015.12.
19. Yamamoto K., Liu MC., Identification and characterization of a different type of cytosolic sulfotransferase of the silkworm, Bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology & Sericology, 84, 3, 63-68, 2015.10.
20. Hossain MDT, Yamamoto K, Structural insight into the active site of a Bombyx mori unclassified glutathione transferase, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 79, 989-991, 2014.12.
21. Yamamoto K, Higashiura A, Hossain MDT, Yamada N, Shiotsuki T, Nakagawa A, Structural characterization of the catalytic site of a Nilaparvata lugens delta-class glutathione transferase, Archives of Biochemistry and Biophysics, 566, 36-42, 2014.12.
22. Yamamoto K, Suzuki M, Higashiura A, Aritake K, Urade Y, Uodome N, Hossain MDT, Nakagawa A, New insights into the catalytic mechanism of Bombyx mori prostaglandin E synthase gained from structure-function analysis, Biochemical and Biophysical Research Communications, 440, 762-767, 2013.10.
23. Yamamoto K, Szuki M, Higashiura A, Nakagawa A, Three-dimensional structure of a Bombyx mori Omega-class glutathione transferase, Biochemical and Biophysical Research Communications, 438, 588-593, 2014.03.
24. Yamamoto K, Wilson DK., Identification, characterization, and crystal structure of an aldo-keto reductase (AKR2E4) from the silkworm Bombyx mori, Archives of Biochemistry and Biophysics, 538, 156-163, 2013.10.
25. Yamamoto K, Ichinose H, Aso Y, Udono M, Katakura Y, Upregulation of cytochrome P450 of the silkworm, Bombyx mori, Journal of Insect Biotechnology & Sericology, 82, 33-38, 2013.04.
26. Yamamoto K, Aso Y, Yamada N, Catalytic function of an Epsilon-class glutathione transferase of the silkmoth
, Insect Mol. Biol., 22, 5, 523-531, 2013.04.
27. Yamamoto K, Higashiura A, Suzuki M, Aritake K, Urade Y, Uodome N, Nakagawa A, Crystal structure of a Bombyx mori Sigma-class glutathione transferase exhibiting prostaglandin E synthase activity, Biochim Biophys Acta—General Subjects, 1830, 3711-3718, 2013.02.
28. Yamamoto K, Usuda K, Kakuta Y, Kimura M, Higashiura A, Nakagawa A, Aso Y, Suzuki M, Structural basis for catalytic activity of a silkworm Delta-class glutathione transferase. , Biochim Biophys Acta-General Subjects, 1820, 1469–1474, 2012.07.
29. Yamamoto K, Teshiba S, Shigeoka Y, Aso Y, Banno Y, Fujiki T, Katakura Y, Characterization of an omega-class glutathione S-transferase in the stress response of the silkmoth, Insect Mol. Biol., 20, 3, 379-386, 2011.05.
30. Yamamoto K, Tsuji Y, Aso Y, Hamasaki T, Shirahata S, Katakura Y, Effect of diazinon exposure on antioxidant reactions in the silkmoth, Bombyx mori, J. Appl. Entomol., 135, 320–325, 2011.05.
31. Yamamoto K, Ichinose H, Aso Y, Banno Y, Kimura M, Nakashima T, Molecular characterization of an insecticide-induced novel glutathione transferase in silkworm. , Biochim Biophys Acta-General Subjects, 1810 , 420–426, 2011.04, Glutathione transferase (GST) は代表的な農薬解毒酵素である。頻用農薬ダイアジノンに対するカイコ耐性ならびに感受性系統間においてunclassified GST (GSTu) mRNAの発現量に差があることがマイクロアレイ分析により判明した。大腸菌により組換えGSTuを作製したところ、本酵素は、酸化ストレス誘発剤・1-chloro-2,4-dinitrobenzeneへの還元グルタチオン(GSH)転移活性を有していた。部位特異的アミノ酸変異分析の結果、N末端側のTyr7, Ser12そしてAsn50が活性発現に重要であることが分かった。以上の結果より、カイコGSTuは、農薬耐性に関与している可能性が示唆された。.
32. Yamamoto K, Kimura M, Aso Y, Banno Y, Koga K, Characterization of superoxide dismutase from the fall webworm, Hyphantria
cunea: Comparison of its properties to superoxide dismutase from the silkworm
Bombyx mori, Applied Entomology and Zoology, 42, 465-472, 2007.06.
33. Yamamoto K, Fujii H, Aso Y, Banno Y, Koga K, Expression and characterization of a sigma-class glutathione S-transferase of the fall webworm, Hyphantria cunea, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 71, 553-560, 2007.02.
34. Yamamoto K, Zhang P, Banno Y, Fujii H, Identification of a sigma-class glutathione S-transferase from the silkworm, Bombyx mori, J. Applied Entomol., 130, 515-522, 2006.10.
35. Yamamoto K, Zhang P, He N, Wang Y, Aso Y, Banno Y, Fujii H, Molecular and biochemical characterization of manganese-containing superoxide dismutase from the silkworm, Bombyx mori, Comparative Biochemistry and Physiology PartB Biochem. Mol. Biol., 10.1016/j.cbpb.2005.09.002, 142, 4, 403-409, 142、403-409, 2005.11.
36. Yamamoto K, Zhang P, Miake F, Kashige N, Aso Y, Cloning, expression and characterization of theta-class glutathione S-transferase from the silkworm, Bombyx mori, Comparative Biochemistry and Physiology, 10.1016/j.cbpc.2005.04.012, 141, 3, 340-346, 141B、340-346, 2005.06.
37. Yamamoto K, Muniruzzaman S, Rajagopalan M, Madiraju M, Modulation of Mycobacterium tuberculosis DnaA protein-adenine nucleotide interactions by acidic phospholipids, Biochem J., 363, 305-311, 2002.01.
38. Yamamoto K, Rajagopalan M, Madiraju M, Phospholipids promote dissociation of ADP from the Mycobacterium avium DnaA protein, J. Biochem., 131, 219-224, 2002.01.
39. Yamamoto K, Low B, Rutherford SA, Rajagopalan M, Madiraju M, The Mycobacterium avium-intracellulare complex dnaB locus and protein intein splicing, Biochem. Biophys. Res. Commun., 280, 898-903, 2001.01.
40. Yamamoto K, Sugioka M, Fujii H, Aso Y, Ishiguro M, Isolation and characterization of prophenoloxidase isoforms from the silkworm, Bombyx mori (a80 strain), The Journal of Sericultural Science of Japan, 68, 1, 65-72, 1999.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 山本 幸治, 有機リン剤を代謝する酵素の同定, 蚕糸・昆虫バイオテック, 86 (3), 141-142, 2017.12.
2. 山本 幸治, 特集「昆虫の農薬代謝分子機構」にあたって, 蚕糸・昆虫バイオテック, 86 (3), 163-168, 2017.12.
3. 山本 幸治, 昆虫グルタチオン転移酵素群の機能解析と応用, 蚕糸・昆虫バイオテック, 83(1)、5-10, 2014.05.
4. 山本 幸治, 特集「昆虫由来酵素・タンパク質の機能解析とその応用」にあたって, 蚕糸・昆虫バイオテック, 83(1)、3, 2014.05.
5. 山本幸治, 鱗翅目昆虫の生体異物代謝と抵抗性の分子機構, 生化学, 81(10)、909-911, 2009.11.
6. 山本幸治, 平成18年度国際共同調査研究, 2008.05.
7. 山本幸治, 2007年度アジア地域重点学術研究報告書, 2008.04.
8. 山本幸治, 鱗翅目昆虫の解毒酵素、グルタチオン転移酵素の機能比較から見えるもの, 化学と生物, vol. 45, No. 11, 749-751, 2007.11.
9. 山本 幸治, 国際会議出席費補助金報告書, 農芸化学会, 2007.09.
10. 山本 幸治, 「海外で開催される国際研究集会への参加」成果報告書, 九州大学後援会, 2006.11.
11. 山本幸治, DNA複製開始機構の解明, バイオサイエンスとインダストリー, Vol. 61, No. 8, p548~551, 2003.08.
12. 山本幸治, インテイン含有DnaBの構造とプロテインインテインスプライシング, 化学と生物, 39 巻第12号、778-780 ページ, 2001.12.
主要学会発表等
1. Kohji Yamamoto, David K. Wilson, Identification and characterization of a novel AKR from the silkworm, Bombyx mori, Carbonyl conference 2018, 2018.07.
2. 山本 幸治, David K. Wilson, 昆虫ストロイド還元酵素の機能ならびに立体構造解析, 日本農薬学会第39回大会, 2014.03.
3. MD. Tofazzal Hossain, Naotaka Yamada, Takahiro Shiotsuki, Kohji Yamamoto, Characterization of Delta-class glutathione transferase of brown plant hopper, 2013年度農芸化学会合同広島大会, 2013.09.
4. 山本幸治・伴野 豊・麻生陽一, オメガクラス・グルタチオン転移酵素の分子特性, 日本農芸化学会, 2011.03.
5. 山本幸治・一瀬博文・伴野 豊・麻生陽一, カイコ・シトクロムP450の構造解析、発現系の構築ならびに基質の探索, 平成21年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 2009.03.
6. 山本幸治・伴野 豊・麻生陽一, 鱗翅目昆虫グルタチオン転移酵素群の機能解析, 生化学会, 2008.12.
7. 山本幸治・重岡佑一・伴野豊・麻生陽一, デハロゲナーゼ活性を有するカイコ・グルタチオン転移酵素, 日本農芸化学会支部会, 2008.09.
8. 山本幸・手柴智史・伴野 豊・麻生陽一, シンジュサン中腸のグルタチオン転移酵素, 日本蚕糸学会第78回大会, 2008.03.
9. 山本幸治・長岡純治・重岡佑一・麻生陽一, Bombyx mori由来グルタチオン転移酵素(オメガクラス)の機能解析, 2008年度日本農芸化学会, 2008.03.
10. 山本幸治・伴野豊・麻生陽一, アメリカシロヒトリ由来銅・亜鉛結合型スーパーオキシドジスムターゼの同定と機能解析, BMB2007, 2007.12.
11. 山本幸治・長岡純治・麻生陽一, Bombyx mori 新規グルタチオン転移酵素の同定ならびに機能解析, 2007年度 日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 2007.09.
12. 山本幸治, 鱗翅目昆虫の解毒酵素の同定と機能解析, 遺伝子資源開発研究センターセミナー, 2007.08.
13. 山本幸治・張平波・伴野豊・麻生陽一, Bombyx moriおよびHyphantria cunea由来スーパーオキシドジスムターゼの諸性質, 平成19年度日本蚕糸学会第77回大会, 2007.04.
14. K. Yamamoto, P. Zhang, Y. Banno, K. Nishikawa, A. Nishisaka, K. Tamura, Characterization of the Bombyx mori Cuticle Proteins by Proteomic Analysis, 20th protein society, 2006.08.
15. 山本幸治, 昆虫表皮の変異に関連するタンパク質の検索, タンパク質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2006.09.
16. 山本幸治・張 平波・坂野大介・麻生陽一・伴野 豊・藤井 博, Bombyx moriおよびHyphantria cuneaグルタチオン転移酵素の諸性質, 日本蚕糸学会第76回大会, 2006.03.
17. Yamamoto, K.,, Antioxidant defense in the silkworm, Bombyx mori, Core Silkworm Research Institution of China and Japan, 2004.09.
18. 山本 幸治, 焼山正敏, 藤井 博, 日下部宜宏, 古賀克己, 麻生陽一, 石黒正恒, カイコプロフェノールオキシダーゼの大腸菌での発現, 日本農芸化学会, 1999.03.
19. 山本 幸治, 焼山正敏, 藤井 博, 日下部宜宏, 古賀克己, 麻生陽一, 石黒正恒, カイコ・プロフェノールオキシダーゼmRNAの変動, 日本農芸化学会支部会, 1998.10.
20. 山本 幸治, 麻生陽一, 石黒正恒, カイコ5齢期におけるフェノールオキシダーゼ活性の変動, 日本農芸化学会, 1997.04.
21. 山本 幸治, 麻生陽一, 石黒正恒, 界面活性剤によるカイコ・プロフェノールオキシダーゼの活性化, 日本農芸化学会支部会, 1996.10.
22. 山本幸治, 麻生陽一, 石黒正恒, Activation of prophenoloxidase from the silkworm, Bombyx mori with a cationic detergent, Workshop: Molecular Mechanism of Insect Metamorphosis and Diapause, 1996.07.
23. 山本 幸治, 麻生陽一, 石黒正恒, ドーパキノンイミン変換因子の阻害, 日本生化学会九州支部例会, 1995.05.
24. 山本幸治, Bombyx mori抗酸化酵素群の触媒機能と発現解析, 遺伝子資源工学専攻公開セミナー, 2005.11.
25. 山本幸治、張 平波、麻生陽一、伴野 豊、藤井 博, Bombyx moriマンガン型スーパーオキシドジスムターゼの同定とその発現解析, 第28回日本分子生物学会, 2005.12.
26. 山本 幸治, 鱗翅目昆虫の抗酸化酵素群の機能解析, 九州大学農学部遺伝子資源研究開発センターセミナー, 2005.11.
27. 山本 幸治, カイコ抗酸化酵素群の機能解析, 日本蚕糸学会第61回九州支部、関西支部第71回合同研究発表会, 2005.11.
28. 山本幸治・張 平波・麻生陽一 ・伴野 豊・藤井  博, Bombyx moriグルタチオンS-トランスフェラーゼのクローニングならびに機能解析, 平成17年度日本蚕糸学会第75回大会, 2005.04.
29. 山本幸治・張 平波・麻生陽一・伴野 豊・藤井 博, Bombyx moriスーパーオシドジスムターゼの同定とその諸性質, 日本分子生物学会, 2004.12.
30. 山本幸治, 伴野豊, 藤井博, Bombyx mori抗酸化酵素(カタラーゼならびにスーパーオキシドジスムターゼ)のクローニングとその発現解析, 第28回タンパク質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2004.07.
31. 山本幸治, 伴野豊, 藤井博, カイコカタラーゼ遺伝子の発現解析と活性酸素抑制機構への関与, 日本蚕糸学会第64回研究発表会, 2004.03.
32. Kohji YAMAMOTO・Yutaka BANNO・Hiroshi FUJII, Cloning, sequencing and expression of gene encoding catalase from the Silkworm, Bombyx mori, 日本-韓国合同蚕糸学会, 2003.11.
33. 山本幸治, dnaA遺伝子配列の解析ならびにoriC領域の同定, 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2003.07.
34. 山本 幸治, Murty madiraju, 伴野豊, 藤井博, Mycobacterium tuberculosis由来DnaAの発現、精製およびその諸性質, 日本農芸化学会本大会, 2003.03.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 伴野 豊、張平波、山本幸治, プロテオームデータベース, 2006.06
カイコの各組織より粗タンパク質を調製し、二次元電気泳動に供した結果をデータベースとして公開している。, [URL].
学会活動
所属学会名
日本農薬学会
日本農芸化学会
日本蚕糸学会
日本生化学会
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 日本蚕糸学会九州支部, 運営委員.
2003.04~2005.10, 日本蚕糸学会九州支部, 幹事.
2012.05~2013.01, 日本蚕糸学会, 評議員.
2003.04~2016.10, 日本蚕糸学会九州支部, 運営委員.
2013.10~2016.10, 日本蚕糸学会九州支部, 会計監査.
2005.11~2016.10, 日本蚕糸学会九州支部, 幹事.
2005.11~2007.11, 日本蚕糸学会九州支部, 要旨集編集委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.03.21~2020.03.24, 2020年農芸化学会, 実行委員.
2017.03.17~2017.03.18, 平成29年度昆虫機能利用学術講演会, 座長(Chairmanship).
2016.03.17~2016.03.18, 平成28年度昆虫機能利用学術講演会, 座長(Chairmanship).
2016.03.18~2016.03.19, 第41回日本農薬学会, 座長(Chairmanship).
2015.09.26~2015.09.27, 平成27年度昆虫機能利用学術講演会, 座長(Chairmanship).
2015.05.16~2015.05.17, 生化学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2015.04.21~2015.04.21, International symposium on basic and applied research on sericulture and insect sciences, 座長(Chairmanship).
2014.03.13~2014.03.15, 日本農薬学会 第39回大会, 座長(Chairmanship).
2014.03.10~2014.03.11, 平成26年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 日本蚕糸学会第83回大会, 座長(Chairmanship).
2013.03.18~2013.03.19, 平成25年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 日本蚕糸学会第83回大会, 座長(Chairmanship).
2011.09.16~2011.09.17, 平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2010.11.14~2010.11.15, 日本蚕糸学会合同支部大会, 座長(Chairmanship).
2010.10.23~2010.10.23, 日本農芸化学会西日本支部若手シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.04.03~2010.04.04, 第80回日本蚕糸学会, 座長(Chairmanship).
2009.11.12~2009.11.13, 日本蚕糸学会関西支部・九州支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.30~2009.10.31, 2009年度日本農芸化学会西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2009.03.21~2009.03.22, 平成21年度 蚕糸・昆虫機能利用学術講演会, 座長(Chairmanship).
2009.03.29~2009.03.30, 農芸化学Frontiersシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2008.11.14~2008.10.30, 蚕糸学会九州支部・関西支部合同支部大会, 座長(Chairmanship).
2008.09.19~2008.09.20, 日本農芸化学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2008.03.01~2008.03.03, 日本農芸化学会2008年度大会, 座長(Chairmanship).
2008.03.01~2008.03.03, 日本蚕糸学会第78回大会, 座長(Chairmanship).
2007.11.01~2007.11.03, 第73回関西支部・第63回九州支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2007.11.01~2007.11.03, 日本蚕糸学会第63回九州支部、第73回関西支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2007.04.01~2007.04.03, 第76回日本蚕糸学会, 座長(Chairmanship).
2007.03.01~2007.03.03, 日本農芸化学会2007年度大会, 座長(Chairmanship).
2006.11.01~2006.11.03, 日本蚕糸学会第62回九州支部、第72回関西支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2006.03.01~2006.03.03, 第75回日本蚕糸学会, 座長(Chairmanship).
2005.11.01~2005.11.03, 日本蚕糸学会第61回九州支部、第71回関西支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2005.10.01~2005.10.04, Core Silkworm Research Institution of Japan and China, 座長(Chairmanship).
2005.04.01~2005.04.03, 日本蚕糸学会本大会, 座長(Chairmanship).
2004.11.01~2004.11.03, 日本蚕糸学会第60回九州支部、第70回関西支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2004.09.01~2004.09.05, Core Silkworm Research Institution of China and Japan, 座長(Chairmanship).
2004.03.01~2004.03.03, 日本蚕糸学会本大会, 座長(Chairmanship).
2003.09.01~2003.09.03, 日本蚕糸学会第69回関西支部、第59回九州支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2003.04.01~2003.04.03, 日本蚕糸学会本大会, 座長(Chairmanship).
2002.10.01~2002.10.03, 日本蚕糸学会第68回関西支部、第58回九州支部合同研究発表会, 座長(Chairmanship).
2010.10.23~2010.10.23, 日本農芸化学会西日本支部若手シンポジウム, 運営委員.
2009.03.27~2009.03.29, 2009年度農芸化学会実行委員.
2009.03.29~2009.03.30, 第17回農芸化学Frontiersシンポジウム実行委員.
2008.10.30~2008.10.31, 日本農芸化学会支部大会, プログラム編集委員.
2008.09.19~2008.09.20, 日本農芸化学会支部大会, プログラム編集委員.
2007.11.01~2007.11.03, 第73回関西支部・第63回九州支部合同大会, 準備委員会.
2007.03.01~2007.03.02, NBRP成果報告会, 準備委員会.
2006.11.01~2006.11.03, 日本蚕糸学会第62回九州支部、第72回関西支部合同研究発表会, 準備委員会.
2006.10.01~2006.10.02, 世界最高水準のバイオリソース整備計画〜九州大学におけるNBRP事業成果と今後の展望〜, 大会開催委員.
2005.11.01~2005.11.03, 日本蚕糸学会第61回九州支部、第71回関西支部合同研究発表会, 庶務幹事.
2005.09.01~2005.09.03, ナショナルバイオリソースプロジェクトNBRP「カイコ」公開シンポジュウム&ワークショップ 日本発カイコルネッサンス-ミュータントリソースから始まる昆虫研究の新展開, 大会開催委員.
2004.11.01~2004.11.03, 日本蚕糸学会第60回九州支部、第70回関西支部合同研究発表会, 庶務幹事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.05~2021.05, Scientific sports, 国際, 編集委員.
2006.11~2016.10, Entomotech, 国内, 査読委員.
2002.04~2020.03, 農学部遺伝子資源開発研究センター年報, 国内, 編集委員.
2005.11~2018.03, 日本蚕糸学会九州支部・関西支部合同研究発表会講演集, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度    
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度 16        16 
2013年度     10 
2012年度      
2011年度      
2010年度 11 
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Kyungpook National University, Korea, 2019.10~2019.11.
University of California, UnitedStatesofAmerica, 2018.01~2018.03.
Southwest University, China, 2017.11~2017.11.
The University of Toledo, UnitedStatesofAmerica, 2016.08~2016.08.
University of Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2015.03~2015.03.
Kyungpook National University, Korea, 2015.04~2015.04.
Hong Kong University of Sicence and Technology, Hong Kong , 2013.12~2013.12.
University of Mahasarakham, Thailand, 2012.11~2012.11.
University of California, UnitedStatesofAmerica, 2011.12~2012.03.
University of California, UnitedStatesofAmerica, 2010.11~2011.01.
National Synchrotron Radiation Research Center, Taiwan, 2011.07~2011.07.
University of Melbourne, Australia, 2010.07~2010.07.
The Protein Society, UnitedStatesofAmerica, 2007.07~2007.07.
The Protein Society, UnitedStatesofAmerica, 2006.08~2006.08.
西南農業大学校、重慶師範大学, China, 2004.09~2004.09.
National Institute of Agricultural and Technology, Korea, 2002.11~2002.11.
University of Texas, UnitedStatesofAmerica, 2002.02~2002.04.
University of Texas, UnitedStatesofAmerica, 1999.02~2001.11.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.10~2019.09, 1ヶ月以上, Bangladesh Agricultural University, Bangladesh, 文部科学省.
2013.06~2014.02, 1ヶ月以上, Bangladesh Agricultural University, Bangladesh, 民間・財団.
2007.10~2010.03, 1ヶ月以上, Bangladesh Agricultural University, Bangladesh, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.02~2007.02, 2週間未満, National Center of Agricultural Sciences, Bulgaria, .
2007.02~2007.02, 2週間未満, Experimental Institute for Agrarian Zoology, Italy, .
2006.10~2006.11, 2週間未満, 中国西南大学, China, .
2001.04~2005.05, 1ヶ月以上, 中国西南農業大学校, China, .
2001.12~2002.04, 1ヶ月以上, 中国浙江大学, China, .
2002.10~2003.09, 1ヶ月以上, 中国浙江省農業科学院, China, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2002.10~2003.10, 1ヶ月以上, 中国江蘇省農業科学院, China, .
2004.07~2004.12, 1ヶ月以上, 中国浙江省農業科学院, China, .
2004.04~2004.12, 1ヶ月以上, 中国西南農業大学校, China, .
2005.07~2005.12, 1ヶ月以上, 中国重慶医科大学, China, .
2004.10~2004.12, 1ヶ月以上, 中国西南農業大学校, China, .
受賞
Editor's choice article, Archives of Insect Biochemistry & Physiology, 2018.09.
Certificate of Excellence for Reviewing, エルゼビア, 2016.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, X線結晶構造を用いた農薬開発.
2017年度~2019年度, 国際学術研究, 代表, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化).
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, プロスタグランジンは新たな昆虫成長制御因子となるか?.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 昆虫不妊化剤開発を指向したプロスタグランジン合成酵素の機能解析.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 精子成熟開始因子から見た昆虫オス生殖分子メカニズムの解明.
2009年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 新規ピレスロイド代謝酵素の機能解析ならびに特異的農薬開発への応用.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 分担, 鱗翅目昆虫精子が受精可能な状態に成熟する過程で関与する因子のカタログ化.
2007年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 鱗翅目昆虫の農薬耐性獲得の分子基盤 .
2004年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, 鱗翅目昆虫における体色多形性の分子メカニズム解明のための研究グループの構築.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, 研究大学強化促進事業費, 連携, 昆虫由来薬剤代謝酵素の機能解析.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2020.03, 代表, ダイアジノン代謝酵素の基質認識部位解析.
2014.04~2017.03, 代表, トビイロウンカ由来グルタチオン転移酵素基質認識部位の構造解析.
2012.04~2018.03, 代表, グルタチオン転移酵素群の立体構造解析.
2012.04~2014.03, 代表, 昆虫農薬代謝酵素群の構造解析.
寄附金の受入状況
2013年度, 日本農薬化学会, 日本農薬基金.
2013年度, 五峯ライフサイエンス.
2012年度, 第5回環太平洋農薬科学会議渡航助成.
2010年度, 三島海雲記念財団, 平成22年度三島海雲記念財団学術記念奨励金.
2010年度, 2010年度 日本農薬学会 IUPAC寄付基金.
2009年度, 第35回中村治四郎育英会「中村奨励金」.
2007年度, 第33回中村治四郎育英会「中村奨励金」.
2007年度, 財団法人農芸化学研究奨励会, 財団法人農芸化学研究奨励会.
2006年度, 財団法人九州大学後援会, 平成18年度財団法人九州大学後援会助成.
2007年度, 平和中島財団, 平和中島財団国際学術助成研究.
2006年度, ユアサ国際教育学術交流財団, ユアサ国際教育学術交流財団助成金.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 平成30年度農学研究院若手教員支援事業(投稿論文英文校閲支援)2回目, 代表, Functional analysis of an epsilon-class glutathione S-transferases of Nilaparvata lugens.
2018年度~2018年度, 平成30年度農学研究院若手教員支援事業(投稿論文英文校閲支援), 代表, Crystal structure of a diazinon-metabolizing glutathione transferase from the silkworm.
2017年度~2017年度, 平成29年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Molecular structure of a novel 5,10-methylenetetrahydrofolate dehydrogenase from the silkworm Bombyx mori.
2017年度~2017年度, 平成29年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Enzymatic characterization of two epsilon-class glutathione S-transferases of Spodoptera litura.
2016年度~2016年度, 平成28年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Molecular structure of a glutathione-requiring prostaglandin D synthase from Nilaparvata lugens.
2016年度~2016年度, 平成28年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Identification and localization of a novel ecdysone oxidase in the silkworm, Bombyx mori.
2016年度~2016年度, 平成28年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Identification of a sigma-class glutathione S-transferase 2 from the silkworm, Bombyx mori.
2015年度~2015年度, 平成27年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Identification of diazinon-metabolizing enzyme in the silkworm, Bombyx mori.
2015年度~2015年度, 平成27年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Structural analysis of an novel aldo-keto reductase (AKR2E5) from the silkworm, Bombyx mori.
2014年度~2014年度, 平成26年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Structural characterization into the catalytic site of a Nilaparvate lugens delta-class glutathione transferase.
2014年度~2014年度, 平成26年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Structural insight into the active site of a Bombyx mori unclassified glutathione transferase.
2013年度~2013年度, 平成25年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Three-dimensional structure of a Bombyx mori Omega-class glutathione transferase.
2013年度~2013年度, 平成25年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Identification, characterization and crystal structure of an aldo-keto reductase (AKR2E4) from the silkworm Bombyx mori.
2012年度~2012年度, 平成24年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Upregulation of cytochrome P450 of the silkworm, Bombyx mori.
2012年度~2012年度, 平成24年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Catalytic function of an Epsilon-class glutathione transferase of the silkmoth.
2012年度~2012年度, 九州大学基金, 代表, Crystal structure and characterization of glutathione transferase of the silkmoth.
2012年度~2012年度, 平成24年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Crystal structure of a Bombyx mori Sigma-class glutathione transferase exhibiting prostaglandin E synthase activity.
2011年度~2011年度, 平成23年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Structural basis for catalytic activity of a silkworm Delta-class glutathione transferase.
2011年度~2011年度, 平成23年度農学研究院若手教員支援事業, 代表, Crystallographic survey of active sites of an unclassified glutathione transferase from Bombyx mori.
2008年度~2009年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)Dタイプ:若手研究者支援型研究, 代表, 昆虫解毒酵素の網羅的機能解析.
2007年度~2007年度, 九州大学農学研究院若手教員支援事業 新農学生命科学研究領域, 代表, 昆虫農薬代謝メタボローム解析.
2003年度~2003年度, 平成15年度農学研究院教育研究特別経費, 分担, カイコ変異体のプロテオーム解析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」