九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
貝沼 茂三郎(かいぬま もさぶろう) データ更新日:2020.09.28

准教授 /  医学研究院 臨床医学部門 地域医療教育ユニット


主な研究テーマ
軽度アルツハイマー型認知症を対象とする八味地黄丸の認知機能に対する有効性と安全性を確認する探索的オープン標準治療対照無作為化割付多施設共同試験
キーワード:アルツハイマー,認知症, 八味地黄丸
2019.04~2022.03.
顔色及び舌など粘膜色の定量的測定と人工知能解析システム開発
キーワード:顔色、舌、人工知能、粘膜色
2018.04~2020.03.
凡用性の高い効果的な漢方医学モデル授業の開発研究
キーワード:漢方医学,モデル授業,授業
2018.04~2020.03.
アルツハイマー型認知症における八味地黄丸の有効性の検討
キーワード:アルツハイマー,認知症, 八味地黄丸
2018.04~2019.03.
地域医療のリーダー養成のための卒前医学教育プログラムの作成
キーワード:地域医療
2014.04~2019.03.
漢方医学的所見(証)の客観化に関する研究
キーワード:証 漢方医学的診断
2012.04~2015.08.
動脈硬化進展抑制に関する漢方薬の効果と作用機序の解明
キーワード:生活習慣病 動脈硬化
2008.10~2008.10.
C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法と漢方治療の併用療法に関する臨床研究を行ったり、また種々の漢方薬の作用機序に関して
免疫学的手法を用いて研究を行っている。
キーワード:C型慢性肝炎 漢方薬
2007.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Mosaburo Kainuma, Norihiro Furusyo, Yoshihisa Urita, Hiroaki Ikezaki, Kazuya Ura, Toshiya Nakaguchi, Takao Namiki, Objective tongue color and gastroesophageal reflux disease: Cross‐sectional study, Traditional & Kampo Medicine, https://doi.org/10.1002/tkm2.1210, Volume6, Issue1, 19-25, First published: 22 February 2019, 2019.04.
2. A Murakami, D Kobayashi, T Kubota, N Zukeyama, Haru Mukae, Norihiro Furusyo, MOSABURO KAINUMA, Takao Shimazoe, Bioelectrical Impedance Analysis (BIA) of the association of the Japanese Kampo concept "Suidoku" (fluid disturbance) and the body composition of women, BMC Complementary and Alternative Medicine, 2016.10.
3. Iwata N, MOSABURO KAINUMA, Kobayashi D, toshio kubota, Sugawara N, Uchida A, Ozono S, Yamanuro Y, Norihiro Furusyo, Ueda kozo, Tahara Eiichi, Takao Shimazoe, The Relation between Hepatotoxicity and the Total Coumarin Intake from Traditional Japanese Medicines Containing Cinnamon Bark, Front Pharmacol, 10.3389/fphar.2016.00174., 20, 7, 174, 2016.06.
4. MOSABURO KAINUMA, Norihiro Furusyo, Urita Y, Masaharu Nagata, Ihara T, Oji T, Nakaguchi T, Namiki T, Hayashi J, The association between objective tongue color and endoscopic findings, BMC Complement Altern Med., 10.1186/s12906-015-0904-0., 16, 15, 372, 2015.10.
5. MOSABURO KAINUMA, Norihiro Furusyo, ando shinichi, Haru Mukae, Eiichi Ogawa, Kazuhiro Toyoda, Murata Masayuki, Nocturnal Difference in the Ultra Low Frequency Band of Heart Rate Variability in Patients Stratified by Kampo Medicine Prescription, Circulation Journal, 78, 8, 1924-1927, 2014.08.
6. MOSABURO KAINUMA, Norihiro Furusyo, Murata Masayuki, Ihara Takeshi, Kazuhiro Toyoda, Eiichi Ogawa, Okada Kyoko, Hayashi Jun, The effectiveness of traditional Japanese medicine(Kampo), in combination with pegylated interferon α plus ribavirin for patients with chronic hepatitis C: A pilot study, Journal of Traditional Medicines, 30, 3, 132-139, 2013.08.
7. Mosaburo Kainuma, Norihiro Furusyo, Eiji Kajiwara, Kazuhiro Takahashi, Hideyuki Nomura, Yuichi Tanabe, Takeaki Satoh, Toshihiro Maruyama, Makoto Nakamuta, Kazuhiro Kotoh, Koichi Azuma, Junya Shimono, Shinji Shimoda, Jun Hayashi, The Kyushu University Liver Disease Study Group, Pegylated interferon α-2b plus ribavirin for older patients with chronic hepatitis C, World Journal of Gastroenterology, 16, 35, 4400-4409, 2010.09.
8. Kainuma M, Fujimoto M, Sekiya N, Tsuneyama K, Cheng C, Takano Y, Terasawa K, Shimada Y., Cholesterol-fed rabbit as a unique model of nonalcoholic, nonobese, non-insulin-resistant fatty liver disease with characteristic fibrosis, Journal of Gastroenterology, 41(10) 971-980, 2006.04.
9. kainuma M, Sakai S, Sekiya N, Mantani N, Ogata N, Shimada Y, Terasawa K, The effects of a herbal medicine (Mao-to) in patients with chronic hepatitis C after injection of IFN-β., Phytomed, 11:5-10, 2004.01.
10. kainuma M, Hayashi J, Sakai S, Imai K, Mantani N, Kohta K, Mitsuma T, Shimada Y, Terasawa K, The efficay of herbal medicine(Kampo) in reducing the adverse effects of IFN-β in chornic hepatitis C, Am J Chin Med, 30:355-367, 2002.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Mosaburo Kainuma, The Significance of Abdominal Diagnosis with Kampo Medicine Techniques for Undergraduate Medical Education in Japan, Asia Pacific Medical Education Conference(APMEC)2019 , Singapore , 2019.01.
2. Mosaburo Kainuma, The Association Between Objective Tongue Color and Gastro Esophageal Disease:Results from the Kyushu and Okinawa Population Study (KOPS), Alternative and Traditional Medicine 2018, Rome, Italy, 2018.07.
3. 貝沼 茂三郎 1)、嶺井 聡 2)、犬塚 央 3)、坂本 篤彦 4)、宮田 潤子 5)、古庄 憲浩 1), 耳鳴症に対して補気剤を中心とした漢方治療が有効だった3例, 第69回日本東洋医学会学術大会, 大阪, 2018.06.
4. 貝沼 茂三郎, 医学生の地域医療に対する意識の変化について, 第8回九州地域医療教育研究会, 鹿児島, 2018.04.
5. 貝沼 茂三郎, 菊川 誠, 永田 雅治, 吉田 素文, Exploring competencies needed for leaders of community-based medicine in Japan: a qualitative study, AMEE2016, Spain , 2016.08.
6. 貝沼 茂三郎, 地域医療を担うリーダーに求められるコンピテンシー(能力)に関する探索的研究, 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, 東京, 2016.06.
学会活動
所属学会名
国際東洋医学会
日本老年医学会
日本医学教育学会
日本病院総合診療学会
日本東洋医学会
日本内科学会
和漢医薬学会
日本肝臓学会
学協会役員等への就任
2018.09~2020.09, 一般社団法人和漢医薬学会, 理事.
2016.06~2021.06, 日本東洋医学会, 理事.
2013.06~2020.03, 日本病院総合診療学会, 評議員.
2014.02~2020.03, 国際東洋医学会, 評議員.
2013.06~2015.05, 日本東洋医学会九州支部, 評議員.
2007.09, 和漢医薬学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.13~2018.10.13, 地域医療シンポジウム2018 in ひょうご, シンポジスト.
2018.09.15~2018.09.16, 第17回日本総合診療医学会学術総会, 漢方ハンズオンセミナー 講師.
2018.06.08~2018.06.10, 第69回日本東洋医学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2018.01.21~2018.01.21, 地域医療シンポジウム 2018 in 福岡, 実行委員長.
2018.03.02~2018.03.03, 第16回日本病院総合診療医学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2016.06.05~2016.06.05, 第67回日本東洋医学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2015.11.15~2015.11.15, 第37回日本東洋医学会九州支部学術総会, 座長(Chairmanship).
2015.09.06~2015.09.06, 第9回日本東洋医学会専門医制度九州地区教育講演会, 座長(Chairmanship).
2016.04.24~2014.04.24, 一般社団法人日本東洋医学会・専門医制度委員会主催学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.09.19~2014.09.20, 第9回日本病院総合診療医学会学術総会inぐんま, 座長(Chairmanship).
2014.02.21~2014.02.21, 第8回日本病院総合診療学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.02~2013.03.03, 第6回日本病院総合診療学会, 座長(Chairmanship).
2012.02.10~2013.08.15, 第4回日本病院総合診療学会, 座長(Chairmanship).
2011.11.20~2012.09.22, 第37回日本東洋医学会九州支部総会, 座長(Chairmanship).
2011.04.24~2011.04.24, 日本東洋医学会専門医制度委員会主催学術講演会, 座長(Chairmanship).
2011.02.04~2011.02.04, 第2回日本病院総合診療学会, 座長(Chairmanship).
2010.11.14~2010.11.14, 第36回日本東洋医学会九州支部学術総会, 座長(Chairmanship).
2010.06.06~2010.06.06, 日本東洋医学会, 座長(Chairmanship).
2014.06.12~2014.06.14, 第56回日本老年医学会学術集会.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.06~2021.06, Traditional & Kampo Medicine, 国際, 編集委員長.
2019.06~2021.06, 日本東洋医学会雑誌, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度
2017年度   10 
2015年度
2014年度  
2010年度
2009年度
2013年度    
2012年度    
2011年度
受賞
地域ケアネットワーク特別賞, 2016.06.
第28回日本東洋医学会奨励賞, 2016.06.
和漢医薬学会奨励賞, 和漢医薬学会, 2006.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, ヘルスサービスリサーチ基盤型地域医療リーダー養成プログラムの開発研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 国際化に対応した科学的視点に立った日本漢方診断法・処方分類および用語の標準化の確立
.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2019年度~2021年度, 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業, 代表, 軽度アルツハイマー型認知症を対象とする八味地黄丸の認知機能に対する有効性と安全性を確認する探索的オープン標準治療対照無作為化割付多施設共同試験.
2018年度~2018年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, アルツハイマー型認知症における八味地黄丸の有効性の検討.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.10~2021.09, 代表, 八味地黄丸の認知機能改善作用に関する基礎研究.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2019年度, 日本漢方医学教育振興財団, 代表, 双方向性授業による汎用性の高い漢方モデル授業の開発研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」