九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
蜷川 利彦(になかわ としひこ) データ更新日:2020.06.29

教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


主な研究テーマ
鋼・コンクリート構造,構造設計
キーワード:コンクリート充填鋼管,耐震設計,構法
1991.04~2012.03.
従事しているプロジェクト研究
実在文教施設の加力実験に基づく低コスト耐震補強法の開発
2010.04~2012.03, 代表者:中原浩之, 九州大学, 国土交通省.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 蜷川 利彦, 今後の合成構造の展開を考える 教育・研究面からの展望, 日本建築学会大会, 2012.09.
2. 蜷川 利彦, 合成構造の進化を目指して-合成構造設計規準の提案 合成構造の利点を活かす考え方, 日本建築学会大会, 2011.08.
学会活動
所属学会名
日本免震構造協会
日本鉄筋継手協会
日本鋼構造協会
日本コンクリート工学協会
日本建築学会
日本構造技術者協会
学協会役員等への就任
2018.06~2020.05, 日本建築学会九州支部, 構造委員会委員長.
2017.07~2019.06, (公社)日本鉄筋継手協会, 支部長.
2012.04~2014.03, 日本建築学会, 代議員.
2011.07~2016.06, (公社)日本鉄筋継手協会, 副支部長.
2010.06~2012.05, 日本建築学会九州支部, 常議員学術幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2011.05~2011.05.03, 日本建築構造技術者協会技術委員会RC系部会, 委員.
2010.04~2011.03, 日本建築学会コンクリート充填鋼管構造性能評価小委員会, 委員.
2010.04~2011.03, 日本建築学会合成構造設計規準作成小委員, 委員.
2010.04~2011.03.03, 日本建築学会二次設計検討小委員会, 委員.
2010.08~2011.03, アイランドシティ低炭素型都市ビジョン検討委員会(福岡市), 委員.
2011.03.11~2011.06.30, 学校施設窓サッシ事故検証検討委員会(福岡市), 座長(Chairmanship).
2013.09.01~2013.09.01, 2013年度日本建築学会大会鋼コンクリート合成構造座屈拘束ブレースその他セッション, 司会.
2011.08.24~2011.08.24, 2011年度日本建築学会大会鋼コンクリート合成構造合成柱セッション, 司会.
2011.08.25~2011.08.25, 2011年度日本建築学会大会構造委員会鉄筋コンクリート構造運営委員会パネルディスかション, 副司会.
2011.07.14~2011.07.24, 2011年度日本コンクリート工学会大会合成構造Ⅱセッション, 座長.
2012.07.04~2012.07.04, 2012年度日本コンクリート工学会大会合成構造セッション , 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.12~2014.03, 日本建築学会構造用教材, 国内, WGメンバー.
2014.02~2014.12, 日本コンクリート工学会50周年記念事業・出版刊行物部会, 国内, 編集委員.
2011.07~2013.06, 日本建築学会会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
研究資金
寄附金の受入状況
2018年度, (株)醇まちづくり研究所, 使途特定寄付金.
2016年度, (株)工芸社・ハヤタ, 使途特定寄付金.
2014年度, (株)工芸社・ハヤタ, 使途特定寄付金.
2011年度, 日本鉄鋼連盟, 使途特定寄付金.
2010年度, (株)工芸社・ハヤタ, 使途特定寄付金.
2010年度, 日本鉄鋼連盟, 使途特定寄付金.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2013年度, 九州大学基金助成事業九州大学基金助成事業[社会との連携活動支援], 代表, 「持続都市建築システム」産学官連携コンソーシアム.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」