九州大学 研究者情報
発表一覧
有信 洋二郎(ありのぶ ようじろう) データ更新日:2019.07.13

講師 /  九州大学病院 免疫・膠原病・感染症内科


学会発表等
1. 續 啓史, 有信 洋二郎, 宮脇 恒太, IL-33 directly induces inflammatory molecule expression in lineage-committted myeloid progenitors and positively regulates eosinophil hematopoiesis in IL-5-dependent manner., 2015 AAAAI meeting, 2015.02.
2. 續 啓史, 有信 洋二郎, 宮脇 恒太, 好酸球前駆細胞におけるIL-25受容体シグナルの役割の解明, 第63回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2013.11.
3. 久本 仁美, 有信 洋二郎, 押領司 大助, 膠原病性肺高血圧症スクリーニングにおける右心カテーテル施行基準策定の試み, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
4. 綾野 雅宏, 有信 洋二郎, 大田 俊一郎, リウマチ性多発筋痛症と関節リウマチの鑑別における肩・手・手指関節超音波の有用性の検討, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
5. 有信 洋二郎, 中山 剛志, 入野 健佑, 骨髄異形成症候群と自己免疫疾患が併発した3症例の検討, 第57回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2013.04.
6. 久本 仁美, 有信 洋二郎, 当科における膠原病性肺高血圧症の治療成績, 第56回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2012.04.
7. 續 啓史, 有信 洋二郎, IL-33受容体を発現する骨髄球系前駆細胞の同定, 第62回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2012.12.
8. 續 啓史、有信 洋二郎、太田 昭一郎、出原 賢治、大田 俊一郎、Jabbazadeh Tabrizi Siamak、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, 好酸球前駆細胞特異的なIL-25受容体発現の意義の解明, 第61回 日本アレルギー学会秋季学術大会, 2011.11.
9. 有信 洋二郎、大田 俊一郎、田中 淳、上田 尚靖、野田 久美子、藤 健太郎、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, IL-25レセプター発現好酸球前駆細胞のアレルギー性炎症における役割, 第55回 日本リウマチ学会総会, 2011.07.
10. 綾野 雅宏、有信 洋二郎、永尾 奈津美、上田 彰、久本 仁美、藤 健太郎、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, 当科にて初回治療を行ったSLE症例の長期予後の検討, 第41回 九州リウマチ学会, 2011.03.
11. 堀内 孝彦、塚本 浩、有信 洋二郎、井上 靖、新納 宏昭、吉澤 滋、生野 英祐、高村 和人、町田 治久、辻岡 馨、前原 潤一、赤司 浩一、山本 哲郎, 遺伝性血管性浮腫(HAE)6家系の遺伝子解析, 第47回 補体シンポジウム, 2010.09.
12. 綾野 雅宏、塚本 浩、高木 綾子、大田 俊一郎、田中 淳、上田 尚靖、野田 久美子、藤 健太郎、井上 靖、有信 洋二郎、新納 宏昭、堀内 孝彦、赤司 浩一, 中枢神経ループス(NPSLE)診療における脳血流シンチの有用性の検討, 第40回 九州リウマチ学会, 2010.09.
13. 上田 尚靖、有信 洋二郎、園田 康平、大田 俊一郎、田中 淳、野田 久美子、藤 健太郎、古川 牧緒、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、赤司 浩一、堀内 孝彦, 当科における非RA疾患に対する生物学的製剤の使用経験, 第40回 九州リウマチ学会, 2010.09.
14. 有信 洋二郎、新納 宏昭、相澤 久美子、上田 尚靖、藤 健太郎、押領司 健介、三苫 弘喜、井上 靖、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, IL-25(IL-17E)レセプターは、骨髄球系前駆細胞に発現する, 第54回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2010.04.
15. 塚本 浩、堀内 孝彦、三苫 弘喜、有信 洋二郎、井上 靖、押領司 健介、藤 健太郎、相澤 久美子、上田 尚靖、新納 宏昭、原田 実根、赤司 浩一, 全身性硬化症に対する大量免疫抑制療法と自己造血幹細胞移植, 第54回 日本リウマチ学会総会・学術集会, 2010.04.
16. 有信 洋二郎、塚本 浩、井上 靖、深田 充敬、上田 尚靖、野田 久美子、藤 健太郎、古川 牧緒、横領司 健介、三苫 弘喜、新納 宏昭、堀内 孝彦、赤司 浩一, 当科における膠原病性肺高血圧症の臨床的検討, 第39回 九州リウマチ学会, 2010.03.
17. 田中 淳、井上 靖、有信 洋二郎、横領司 健介、新納 宏昭、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, 高齢発症したHLA-B52陽性large vessel vasculitisの一例, 第39回 九州リウマチ学会, 2010.03.
18. 有信 洋二郎、三苫 弘喜、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、吉澤 滋、堀内 孝彦、赤司 浩一, SLE・シェーグレン様症状を呈した遺伝性血管性浮腫(HAE)の一例, 第46回 補体シンポジウム, 2009.08.
19. 中村 吏、下田 慎治、酒井 健司、有信 洋二郎、有山 寛、塚本 浩、新納 宏昭、堀内 孝彦、赤司 浩一, 無月経、浮腫を初発症状としたウイルソン病の1例, 第286回 日本内科学会九州地方会, 2009.08.
20. 有信 洋二郎、三苫 弘喜、井上 靖、新納 宏昭、塚本 浩、吉澤 滋、堀内 孝彦、赤司 浩一, SLE,シェーグレン様症状を呈した遺伝性血管性浮腫の一例, 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2009.04.
21. 塚本 浩、堀内 孝彦、三苫 弘喜、有信 洋二郎、井上 靖、中川 美聡、横領司 健介、藤 健太郎、相澤 久美子、新納 宏昭、原田 実根、赤司 浩一, 全身性硬化症に対する大量免疫抑制療法と自己末梢血純化CD34陽性細胞移植:移植後5年間の臨床成績と免疫学的検討, 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2009.04.
22. 新納 宏昭、ジャバルザデ タブリッジ シアマック、相澤 久美子、三苫 弘喜、井上 靖、有信 洋二郎、塚本 浩、堀内 孝彦、赤司 浩一, 抗原受容体シグナルによる正常ならびにSLE B細胞サブセット生存の制御, 第53回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2009.04.
23. Yojiro Arinobu, Shin-ichi Mizuno, Yong Chong, Hirokazu Shigematsu, Tadafumi Iino, Hiromi Iwasaki, Thomas Graf, Robin Mayfield, Susan Chan, Philippe Kastner, Koichi Akashi, Reciprocal activation of GATA-1 and PU.1 marks initial specification of hematopoietic stem cells into myelo-erythroid and myelo-lymphoid lineages., American Society of Hematology, 2007.12.
24. Yojiro Arinobu, Shin-ichi Mizuno, Hirokazu Shigematsu, Hidetoshi Ozawa, Yong Chong, Hiromi Iwasaki, Philippe Kastner, Susan Chan, Koichi Akashi, Delineation of the common developmental pathway for granulocyte/monocyte and lymphoid lineages by using an expression reporter for PU.1., American Society of Hematology, 2006.12.
25. 有信 洋二郎、岩崎 浩己、Michael F. Gurish,水野 晋一、重松 宏和、小澤 秀俊、鄭 湧、Daniel G. Tenen, Frank K. Austen, 赤司 浩一, マウス造血における好塩基球/肥満細胞共通前駆細胞の同定, 日本血液学会、日本臨床血液学会, 2006.10.
26. Yojiro Arinobu, Hiromi Iwasaki, Michael F. Gurish, Shin-ichi Mizuno, Hirokazu Shigematsu, Hidetoshi Ozawa, Daniel G. Tenen, Frank K. Austen, Koichi Akashi, Identification of Bipotent Basophil/Mast Cell Progenitors in Adult Murine Hematopoiesis., American Association of Immunologists, 2006.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」