九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
Divigalpitiya Prasanna(ぷらさんな でいびがるぴていや) データ更新日:2020.04.26

准教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 人間環境学研究院


主な研究テーマ
中国におけるTOD開発に関する研究 
キーワード:TOD
2018.04~2021.04.
THE POTENTIAL OF PARTICIPATORY DESIGN TO IMPROVE URBAN SPACES IN THE SLUMS OF CARACAS
キーワード:land use, informal urban growth
2016.04~2019.03.
THE POTENTIAL OF PARTICIPATORY DESIGN TO IMPROVE URBAN SPACES IN THE SLUMS OF CARACAS
キーワード:PARTICIPATORY DESIGN
2016.04~2018.03.
カイロ市の都市空間のマルチプルウーズの研究
キーワード:都市空間のマルチプルウーズ、カイロ市
2013.04~2016.09.
カイロ市の都市空間のマルチプルウーズの研究
キーワード:都市空間のマルチプルウーズ、カイロ市
2013.04~2016.09.
南アジアや東南アジアの都市の都市のスプロール化の形態に関する研究
キーワード:ランドスケープマトリックス、都市のスプロール化の形態
2014.04~2017.04.
カイロ市の都市空間のマルチプルウーズの研究
キーワード:都市空間のマルチプルウーズ、カイロ市
2013.04~2014.04.
スラカルタとジョグジャカルタのバチック産業クラスタの研究
キーワード:バチック産業クラス, 都市計画
2011.04~2013.04.
南アジアや東南アジアの都市の都市のスプロール化の形態に関する研究
キーワード:ランドスケープマトリックス、都市のスプロール化の形態
2010.04~2013.04.
セルラーオートマタモデルを用いたアジアの開発途上国における持続可能な都市形態評価手法の開発.
キーワード:Cellular automata, sustainable urban form, urban prediction model, land use evaluation
2003.04~2007.04.
従事しているプロジェクト研究
国内外における半島の環境に関する研究
2018.04~2020.04, 代表者:日本都市計画学会, 日本都市計画学会, 日本都市計画学会九州支部.
国内外における半島の環境に関する研究
2017.01~2018.12, 代表者:日本都市計画学会, 日本都市計画学会, 日本都市計画学会九州支部.
Measuring pattern and process of urban sprawl in South and Southeast Asian developing cities
2013.04~2017.04, 代表者:Prasanna Divigal, 人間環境学研究院, Japan Society for the Promotion of Science
南アジアや東南アジアの都市化率はいまだ低い状況にあるが、今後20年のうちに前例を見ないほどの都市人口の成長が見込まれている。すでに都市化が進行した都市を見ると、都市化と同時に経済成長を果たしており、都市化と経済成長の深い関係性は実証済みと言える。しかしながら、それらの都市のスプロール化に関する詳細については充分に理解されていない。近年、アジアの多くの国々では、地方分権化と経済の自由化を推進してきている。地方分権化を実現した都市では、土地の供給、雇用の創出、経済活動の変化が増進する傾向にあるが、これらの変化を見るには都市のスプロール化を検討することが有効である。そこで本研究では、南アジアと東南アジアにおいて都市スケールや都市ガバナンス・システムが異なる6都市を対象として、都市のスプロール化を定量的に分析することによって、都市のスプロール化とそのダイナミクスを明らかにすることを目的とする。.
Measuring pattern and process of urban sprawl in South and Southeast Asian developing cities
2013.04~2015.04, 代表者:Prasanna Divigal, 人間環境学研究院
南アジアや東南アジアの都市化率はいまだ低い状況にあるが、今後20年のうちに前例を見ないほどの都市人口の成長が見込まれている。すでに都市化が進行した都市を見ると、都市化と同時に経済成長を果たしており、都市化と経済成長の深い関係性は実証済みと言える。しかしながら、それらの都市のスプロール化に関する詳細については充分に理解されていない。近年、アジアの多くの国々では、地方分権化と経済の自由化を推進してきている。地方分権化を実現した都市では、土地の供給、雇用の創出、経済活動の変化が増進する傾向にあるが、これらの変化を見るには都市のスプロール化を検討することが有効である。そこで本研究では、南アジアと東南アジアにおいて都市スケールや都市ガバナンス・システムが異なる6都市を対象として、都市のスプロール化を定量的に分析することによって、都市のスプロール化とそのダイナミクスを明らかにすることを目的とする。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Taher Osman, Prasanna Divigalpitiya, Arima Takafumi, Driving Factors of Urban Sprawl in Giza Governorate of the Greater Cairo Metropolitan Region Using a Logistic Regression Model., International Journal of Urban Sciences, Taylor& Francis Publications,, 10.1080/12265934.2016.1162728., 2016.05.
2. Taher Osman, Prasanna Divigalpitiya, Arima Takafumi, Measuring urban Sprawl patterns in Greater Metropolitan Cairo Region., Journal of the Indian Society of Remote Sensing, Springer Publications, , 10.1007/s12524-015-0489-6. , 2016.04.
3. Prasanna Divigalpitiya, Measuring spatial and temporal dynamics of urban growth in Colombo Metropolitan Region (CMR), The First International Conference for International Society of Habitat Engineering and Design (ISHED), 2012.10.
4. Prasanna Divigalpitiya, Akira Ohgai, Takeru Tani, Kojiro Watanabe, Yoshimizu Gohnai, , Modeling Land Conversion in the Colombo Metropolitan Area Using Cellular Automata, Journal of Asian Architecture and Building Engineering, November ,  , 291-298, 2007.11.
5. Hiroki Nagasaki, Kojiro Wathanabe, Akira Ohgai, Prasanna Divigalpitiya, Akiko Kondo,, Development of a Land Use Planning Support Tool in the Developing Countries, Theory and Applications of GIS, 14 , 2, 157(85)-168(96), 2006.12.
6. Kojiro Watanabe, Prasanna Divigalpitiya, Akira Ohgai, Akio Kondo, Evaluation For Sustainable Urban Form in Asian Developing Countries by Cellular Automata Simulation, Proceedings of the 9th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, 123, 2005.12.
7. Prasanna Divigalpitiya, Kojiro Watanabe and Akira Ohgai, Analyzing the urban expansion process in Colombo Urban Area and its Cellular Automata Modeling, Proceedings 5th Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 327-332, 2004.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
アジア景観デザイン学会
日本都市計画学会
日本建築学会
日本建築学会
日本都市計画学会
International Society of Habitat Engineering and Design
日本都市計画学会
日本建築学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.01.04~2017.01.09, The 10th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, セッションチェア.
2016.01.11~2016.01.13, The 9th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, セッションチェア.
2014.01.11~2014.01.13, The 9th International Symposium on City Planning and Environmental Management in Asian Countries, セッションチェア.
2012.10.13~2012.10.14, International Society of Habitat Engineering and Design, セッションチェアー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.07~2018.03, Future growth vision for Akasaka + Daimiyo Fukuoka , 国内, 編集委員.
2010.05~2013.06, Journal of Habitat Engineering and Design, 国際, 査読委員.
2012.10~2013.04, Journal of Habitat Engineering and Design Selected Papers from ISHED Conference 2012, Shanghai, 国際, Editorial Assistant .
2011.11~2012.03, Re-Generation of Wanathamulla as an Engine of Colombo Development, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 11 
2017年度
2016年度
2015年度    
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ecole Nationale Supérieure d'Architecture de Paris La Villette (ENSAPLV), France, 2017.05~2017.06.
Tongji University, Shanghai, China, 2017.03~2017.03.
Pusan National University, Korea, 2017.01~2017.01.
Xiamen University of Technology, Xiamen, China, China, 2016.10~2016.10.
Xiamen University of Technology, Xiamen, China, China, 2016.07~2016.08.
Xiamen University of Technology, Xiamen, China , China, 2015.11~2015.11.
BUET University Dhaka, Bangladesh, Bangladesh, 2014.08~2015.05.
Sebelas Maret University of Surakarta, Indonesia, Indonesia, 2013.05~2013.05.
Tongji University, Shanghai , China, 2012.10~2012.10.
the University of Hong Kong, Hong Kong, Hong Kong , 2012.02~2012.02.
University of Architecture, Civil Engineering and Geodesy, Sofia, Bulgaria, 2012.06~2012.06.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.05~2015.08, 1ヶ月以上, Aswan University, Aswan, Egypt., Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 中小自治体の景観計画策定過程における住民参加と計画内容に関する研究.
2013年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, Measuring pattern and process of urban sprawl in South and Southeast Asian developing cities..
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2006年度~2007年度, 財団法人天野工業技術研究所研究助成 , 代表, Developing urban growth forecast model to simulate future growth scenarios of for Colombo Urban Area Sri Lanka.
2003年度~2004年度, 公益財団法人堀科学芸術振興財団研究助成, 代表, セルラーオートマタモデルを用いたアジアの開発途上国における持続可能な都市形態評価手法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」