九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
阿部 弘太郎(あべ こうたろう) データ更新日:2021.06.09



主な研究テーマ
慢性血栓塞栓性肺高血圧症のカテーテル治療
キーワード:慢性血栓塞栓性肺高血圧症
2019.06~2011.04.
肺高血圧症に関連した右心不全の進展機序の解明および新たな治療法の開発
キーワード:右心不全
2010.04.
肺高血圧症の基礎および臨床研究

キーワード:肺高血圧症、右心不全
2010.04.
従事しているプロジェクト研究
レジストリを活用した慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するエドキサバンの適応拡大のための第III相医師主導治験
2020.04~2023.03, 代表者:阿部弘太郎, 九州大学, 日本
慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する新規経口凝固薬エドキサバンの有効性と安全性を検証する世界初の医師主導治験.
慢性血栓塞栓性肺高血圧症に関する多施設レジストリ構築研究
2018.04~2021.03, 代表者:阿部弘太郎, 九州大学, 九州大学病院
慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は肺動脈内に器質化血栓が形成され肺血流が障害される疾患(国内患者3,000人の希少疾患)である。CTEPHに対する治療法として、抗凝固療法、肺血管拡張薬、肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)、経皮的バルーン肺動脈形成術(BPA)といった治療法が広く行われているが、リアルワールドにおけるこれらの治療法の単独もしくは併用のCTEPHに対する有効性・安全性エビデンスが皆無である。CTEPHは希少疾患であるため、大規模な比較対照試験の実施は困難であり、本邦における主要なCTPEH診療施設からのリアルワールドデータを最大限活用してCTEPHの治療法の有効性・安全性に関するエビデンスを創出する。.
肺高血圧症の閉塞性肺血管病変および右心不全進展における血行動態ストレスの役割解明
2010.04, 代表者:阿部弘太郎, 九州大学
従来の肺高血圧モデル動物では、肺高血圧患者に認められる進行した病理像(求心性内膜過形成、plexiform病変)を再現することはできなかった。VEGF受容体拮抗薬(Sugen 5416)皮下注+低酸素3週飼育+常酸素10-11週飼育により、全てのヒトの病理像を再現する初めての疾患モデルラット(Su/Hx/Nxモデル)を報告した(Circ 2010)。本モデルの開発により、疾患モデルを用いた肺高血圧症の閉塞性肺血管病変の病態解析研究が可能となった。また、血行動態ストレスが炎症を引き起こし、肺血管リモデリングと右心不全増悪に関わっていることを明らかにした。閉塞性病変進展・維持は「腫瘍性異常細胞の増殖による」とされてきた従来の病態生理の理解から、「血行動態ストレスが主である」という理解へのパラダイムシフトが起こり、肺高血圧の根源的な治療は血行動態ストレス軽減であることが示された(Cardiovasc Res. 2016, 2019)。現在、炎症誘導の機序について研究を進めている。.
肺動脈性肺高血圧症進展における血管過収縮機序の解明
2010.04, 代表者:阿部弘太郎, 九州大学, 九州大学
これまで肺高血圧症の進展における新たな分子機序としてRhoキナーゼの重要性、およびRhoキナーゼ阻害剤の新たな治療薬としての有効性を示した(Circ Res 2004, 2006, J Cardiovasc Pharmacol. 2004, 2005)。南アラバマ大学在学中にもRhoキナーゼの研究は継続し、チロシンキナーゼ阻害薬のRhoキナーゼ抑制による肺血管拡張効果による治療効果を初めて報告した(Am J Respir Cell Mol Bio. 2011)。九大では、Rho kinaseによる過収縮に対して、内因性一酸化窒素が抑制的に働いていることを示した(Physiol Rep. 2017)。現在、過収縮を増悪させる因子について解析を進めている。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Ishikawa T, Abe K, Takana-Ishikawa M, Yoshida K, Watanabe T, Imakiire S, Hosokawa K, Hirano M, Hirano K, Tsutsui H., Chronic Inhibition of Toll-Like Receptor 9 Ameliorates Pulmonary Hypertension in Rats., J Am Heart Assoc., 10, 7, e019247, 2021.03.
2. Yamasaki Y, Abe K, Kamitani T, Sagiyama K, Hida T, Hosokawa K, Matsuura Y, Hioki K, Nagao M, Yabuuchi H, Ishigami K., Right Ventricular Extracellular Volume with Dual-Layer Spectral Detector CT: Value in Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension., Radiology., 26, 203719, 2021.03.
3. Kamada K, Hosokawa K, Inoue K, Abe K., A ‘Mille-Feuille’-like giant dissecting aneurysmof the pulmonary artery in Eisenmenger syndrome., Eur Heart J., 42, 1, 137, 2021.05.
4. Tamura Y, Kumamaru H, Abe K, Satoh T, Miyata H, Ogawa A, Tanabe N, Hatano M, Yao A, Tsujino I, Fukuda K, Kimura H, Kuwana M, Matsubara H, Tatsumi K, Japan Pulmonary Hypertension Registry (JAPHR) Network.Improvements in French risk stratification score were correlated with reductions in mean pulmonary artery pressure in pulmonary arterial hypertension: a subanalysis of the Japan Pulmonary Hypertension Registry (JAPHR)., BMC Pulm Med., 14, 21(1):28, 2021.01.
5. Hosokawa K, Abe K, Yamasaki Y, Tsutsui H., Multistage Strategy With Perfusion SPECT and CT Pulmonary Angiogram in Balloon Pulmonary Angioplasty for Totally Occluded Lesions in CTEPH., EuroIntervention., EIJ-D-20-00652, 2020.05.
6. Yamasaki Y, Abe K, Kamitani T, Hosokawa K, Kawakubo M, Sagiyama K, Hida T, Matsuura Y, Murayama Y, Funatsu R, Tsutsui H, Yabuuchi H., Balloon Pulmonary Angioplasty Improves Right Atrial Reservoir and Conduit Functions in Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension., Eur Heart J Cardiovasc Imaging., 2020.04.
7. Yamasaki Y, Abe K, Hosokawa K, Kamitani T. , A Novel Pulmonary Circulation Imaging using Dynamic Digital Radiography for Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension. , Eur Heart J., 2020.02.
8. Hosokawa K, Abe K, Tsutsui H., Use of direct oral anticoagulants prevents increase in pulmonary vascular resistance and incidence of clinical worsening in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension., Thromb Res., 2019.06.
9. Fukuda K, Date H, Doi S, Fukumoto Y, Fukushima N, Hatano M, Ito H, Kuwana M, Matsubara H, Momomura SI, Nishimura M, Ogino H, Satoh T, Shimokawa H, Yamauchi-Takihara K, Tatsumi K, Ishibashi-Ueda H, Yamada N, Yoshida S, Abe K, Ogawa A, Ogo T, Kasai T, Kataoka M, Kawakami T, Kogaki S, Nakamura M, Nakayama T, Nishizaki M, Sugimura K, Tanabe N, Tsujino I, Yao A, Akasaka T, Ando M, Kimura T, Kuriyama T, Nakanishi N, Nakanishi T, Tsutsui H, Japanese Circulation Society and the Japanese Pulmonary Circulation and Pulmonary Hypertension Society Joint Working Group. Guidelines for the Treatment of Pulmonary Hypertension (JCS 2017/JPCPHS 2017). , Circ J. , 25, 83(4), 842-945, 2019.06.
10. Abe K, Hosokawa K, Tsutsui H., Traditional Screening Tool in the Era of Modern Treatment for Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension. , Int J Cardiol. , 280, 182, 183, 2019.04.
11. Kuwabara Y, Tanaka-Ishikawa M, Abe K, Hirano M, Hirooka Y, Tsutsui H, Sunagawa K, Hirano K., Proteinase-activated Receptor 1 Antagonism Ameliorates Experimental Pulmonary Hypertension., Cardiovasc Res., 2019.01.
12. Yoshida K, Saku K, Kamada K, Abe K, Tanaka-Ishikawa M, Tohyama T, Nishikawa T, Kishi T, Sunagawa K, Tsutsui H., Electrical Vagal Nerve Stimulation Ameliorates Pulmonary Vascular Remodeling and Improves Survival in Rats With Severe Pulmonary Arterial Hypertension., JACC Basic Transl Sci., 12, 3, 657-671, 2018.08.
13. Yoshida K, Abe K, Tanaka M, Saku K, Shinoda-Sakamoto M, Ishikawa T, Watanabe T, Oka M, Sunagawa K, Tsutsui H. , Inhibition of TLR9-NF-kB‒Mediated Sterile Inflammation Improves Pressure Overload‒Induced Right Ventricular Dysfunction in Rats., Cardiovasc Res. , 115, 3, 658-668, 2018.06.
14. Kuebler WM, Nicolls MR, Olschewski A, Abe K, Rabinovitch M, Stewart DJ, Chan SY, Morrell NW, Archer SL, Spiekerkoetter E., A Pro - Con debate: Current Controversies in PAH Pathogenesis at the American Thoracic Society International Meeting in 2017., Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol., 315, 4, L502-L516, 2018.03.
15. Hosokawa K, Abe K, Horimoto K, Yamasaki Y, Nagao M, Tsutsui H., Balloon Pulmonary Angioplasty Relieves Hemodynamic Stress towards Untreated-Side Pulmonary Vasculature and Ameliorates Its Resistance in Patients with Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension. , EuroIntervention. , 13, 17, 2069-2076, 2018.05.
16. Tanaka M, Abe K, Oka M, Saku K, Yoshida K, Ishikawa T, McMurtry IF, Sunagawa K, Hoka S, Tsutsui H. , Inhibition of Nitric Oxide Synthase Unmasks Vigorous Vasoconstriction in Established Pulmonary Arterial Hypertension., Physiol Rep., 5, 23, 2017.05.
17. Hosokawa K, Yamamoto T, Abe K, Tsutsui H., Delayed-onset Lung Injury After Balloon Pulmonary Angioplasty., Eur Heart J Cardiovasc Imaging. , 18, 12, 1426, 2017.05.
18. Hosokawa K, Abe K, Kashihara S, Tsutsui H., Three Dimensional SPECT/CT Fusion Imaging Guided Balloon Pulmonary Angioplasty for Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension., JACC Cardiovasc Interv., 10, 20, e193-e194, 2017.10.
19. Koshin Horimoto, Kohtaro Abe, Kisho Ohtani, Yusuke Takahara, Kazuya Hosokawa, keiji Oi, Yasushi Mukai, Takashi Kubo, Tetsuya Matoba, Hiroyuki Tsutsui, Optical Frequency Domain Imaging of Covered Stent-Graft for Pulmonary Artery Pseudoaneurysm after Balloon Pulmonary Angioplasty., JACC Cardiovasc Interv., 10.1016/j.jcin.2016.08.022., 14, 9(21), 2255-2256, 2016.11.
20. Hosokawa K, Abe K, Oi K, Mukai Y, Hirooka Y, Sunagawa K, Negative acute hemodynamic response to balloon pulmonary angioplasty does not predicate the long-term outcome in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension., Int J Cardiol., 10.1016/j.ijcard.2015.04.025., 188, 81-83, 2015.04.
21. Hosokawa K, Abe K, Oi K, Mukai Y, Hirooka Y, Sunagawa K, Balloon pulmonary angioplasty-related complications and therapeutic strategy in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension., Int J Cardiol., 10.1016/j.ijcard.2015.06.075., 15, 197, 224-226, 2015.06.
22. Abe K, Shinoda M, Tanaka M, Kuwabara Y, Yoshida K, Hirooka Y, Sunagawa K, Hemodynamic unloading reserses occlusive vascular lesions in severe pulmonary hypertension., Cardiovasc Res., 2016.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Abe K., Ishikawa T., Yoshida K., Watanabe T, Imakiire S, Masaki K, Hosokawa K, Tsutsui H., Toll-like Receptor 9 is a Novel Therapeutic Target for Pulmonary Hypertension and Right Ventricular Dysfunction, 第85回日本循環器学会, 2021.03.
2. 阿部弘太郎、細川和也、筒井裕之, (Symposium)Multicenter Registry for Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension in Japan., 第83回日本循環器学会総会, 2019.03.
3. 阿部弘太郎、石川智一、吉田賢明、田中真理子、渡邊高徳、細川和也、筒井裕之, (Symposium)TLR9-Mediated Sterile Inflammation Plays an Important role in the Development of Pulmonary Hypertension and RV Dysfunction, 第83回日本循環器学会総会, 2019.03.
4. 阿部弘太郎、石川智一、吉田賢明、田中真理子、渡邊高徳、細川和也、筒井裕之, (Symposium)TLR9-Mediated Sterile Inflammation Plays an Important Role in the Development of Pulmonary Hypertension and RV Dysfunction, The 9th Asian Pacific Congress of Heart Failure, 2018.10.
5. 阿部弘太郎, (Plenary Session) Update on management of Pulmonary Hypertension
(ASMIHA-JCS Joint Symposium) Balloon Pulmonary Angioplasty in Patients with CTEPH, The 26th Annual Scientific meeting of the Indonesian Heart Association, 2017.04.
6. 阿部弘太郎, (Scientific Symposium PRO/CON DEBATE) CONTROVERSIES IN PAH PATHOGENESIS
Hemodynamic Stress Is the Most Important Driver in the Pathogenesis of Occlusive Neointimal Lesions in PAH., 2017 American Thoracic Society International Conference, 2017.05.
7. 阿部 弘太郎, 筒井 裕之, (Symposium)Hemodynamic Unloading Reverses Occlusive Vascular Lesions in Severe PAH by inhibiting perivascular inflammation., 第81回日本循環器学会総会, 2017.03.
学会活動
所属学会名
日本痛風・尿酸核酸学会
国際心臓研究学会
欧州心臓病学会(ESC)
米国心臓学会
米国呼吸器学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本呼吸器学会
日本内科学会
学協会役員等への就任
2020.04, 日本痛風・尿酸核酸学会, 評議員.
2018.04, 日本心臓リハビリテーション学会, 評議員.
2018.08, 欧州心臓病学会(ESC), Fellow.
2018.04, 国際心臓研究学会(ISHR)日本部会, 評議員.
2013.04~2019.03, 日本呼吸器学会, 運営委員.
2016.04~2018.03, 日本肺循環・肺高血圧学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03~2021.03, 第85回日本循環器学会総会, 座長(Chairmanship).
2020.03~2020.03.01, 第84回日本循環学会総会, 座長(Chairmanship).
2019.03.30~2019.03.31, 第83回日本循環学会総会, 座長(Chairmanship).
2018.03.20~2018.03.22, 第82回日本循環器学会総会, 座長(Chairmanship).
2019.06.21~2019.06.22, 第4回日本肺循環肺高血圧学会, プログラム委員、座長.
2018.06.22~2018.06.23, 第3回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会, プログラム委員 座長.
2017.03.17~2017.03.19, 第81回日本循環器学会総会, 座長(Chairmanship).
2017.06.01~2017.06.04, 第2回日本肺循環肺高血圧学会, プログラム委員.
2016.09.30~2017.10.02, 第1回日本肺循環肺高血圧学会, プログラム委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度 16  30  46 
2020年度 10  30  40 
2019年度 16        16 
2018年度 10  18 
2017年度 10  19 
2016年度 21  40  61 
2015年度 15  20  50  90 
2014年度 17  15  33 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ミシガン大学, UnitedStatesofAmerica, 2018.11~2018.11.
イリノイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2018.11~2018.11.
南アラバマ大学, UnitedStatesofAmerica, 2008.04~2010.03.
ヴァージニア連邦大学, UnitedStatesofAmerica, 2007.09~2008.03.
コラロド大学, UnitedStatesofAmerica, 2007.04~2007.08.
受賞
第5回日本肺高血圧・肺循環学会 八巻賞, 日本肺高血圧・肺循環学会, 2020.05.
第1回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会学会奨励賞, 日本肺高血圧・肺循環学会学術集会, 2016.09.
American Heart Association Best Abstract Award, American Heart Association, 2002.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, ミトコンドリア分解を起点とした肺高血圧症の病態解明と新規治療法の開発.
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 肺高血圧症の閉塞性病変進展における炎症誘導機構の解明および新規治療法の開発.
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 肺高血圧症の閉塞性血管病変形成と維持における血行動態ストレスの役割解明.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 新しい肺高血圧症モデルを用いた骨髄由来内皮前駆細胞の病態学的役割の解明.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2020年度~2023年度, 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験推進研究事業, 代表, レジストリを活用した慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するエドキサバンの適応拡大のための第III相医師主導治験.
2018年度~2021年度, 平成30年度日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 診療に直結するエビデンス創出研究, 代表, 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に関する多施設共同レジストリ研究.
2019年度~2020年度, 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験推進事業, 代表, 多施設レジストリを活用し、慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するエドキサバンの適応拡大を目指すコンセプト策定研究.
2020年度~2023年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究.
2020年度~2022年度, 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験推進研究事業, 分担, 全国患者レジストリJapan PH Registryのデータを利活用し肺動脈性肺高血圧症に対するPrecision Medicineを実施するためのコンセプト策定研究.
2020年度~2023年度, 日本医療研究開発機構 臨床研究・治験推進研究事業, 分担, 難治性心血管疾患におけるマルチオミックス解析による病態解明と精密医療.
2020年度~2021年度, 日本医薬品開発機構 臨床研究・治験推進研究事業, 分担, 全国患者レジストリJapan PH Registry のデータを利活用し肺動脈性肺高血圧症に対するPrecision Medicine を実施するためのコンセプト策定研究.
2020年度~2023年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 領域別基盤研究分野における難病の医療水準の向上や患者のQOL 向上に資する研究難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究.
2018年度~2020年度, 平成30年度日本医療研究開発機構 クリニカル・イノベーション・ネットワーク推進支援事業, 分担, 産学官連携を加速する肺高血圧症患者レジストリJapan PH Registryの活用研究.
2016年度~2020年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 呼吸不全に関する調査研究.
2016年度~2018年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 疾患予後と医療の質の改善を目的とし多領域横断的な難治性肺高血圧症症例登録研究.
2015年度~2017年度, 日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業, 分担, 重症肺高血圧症に対するエビデンスを構築する新規戦略的研究.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 成人発症型末梢性肺動脈狭窄症の全国的実態把握と効果的診断治療法の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」