九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 病院臨床活動
大内田 研宙(おおうちだ けんおき) データ更新日:2020.07.10



主な研究テーマ
膵癌に関する研究 手術シミュレーションに関する研究 ロボット手術、3D手術に関する研究
キーワード:膵癌、 癌微小環境、手術シミュレーション、ロボット手術、3D手術
2008.05~2022.05.
膵癌に関する研究
固形癌に関する研究
癌微小環境に関する研究
内視鏡外科手技、機器の開発
3D映像の医療応用
医療用ロボットの開発
キーワード:膵癌 
2002.04~2022.09.
従事しているプロジェクト研究
膵オルガノイドを用いたリーディングPSC誘導基底膜破壊機序解明と基底膜制御法開発
2017.04~2020.03, 代表者:大内田研宙, 九州大学, 日本
膵オルガノイドを用いて、リーディングPSCが誘導する基底膜破壊機序を解明する。.
多元計算解剖学の創出
2014.04~2019.03, 代表者:橋爪誠, 九州大学, 日本、アメリカ、韓国
CT,MRなどの画像を多元的に解析し、あらたな学問を創出するもの。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.12.14~2019.12.14, 第11回がんゲノム・エピゲノム、数理統計開設についての勉強会, 座長.
2019.12.05~2019.12.07, 第32回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2019.07.17~2019.07.19, 第74回日本消化器外科学会総会, 座長.
2019.06.06~2019.06.07, 第73回日本食道学会学術集会, 座長.
2019.05.24~2019.05.25, 第113回 日本消化器病学会九州支部例会・消化器内視鏡学会, 座長.
2019.05.17~2019.05.18, 第56回九州外科学会・第56回九州小児外科学会・第55回九州内分泌外科学会, 座長.
2018.12.06~2018.12.08, 第31回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2018.07.11~2018.07.13, 第73回日本消化器外科学会総会, 座長.
2018.07.11~2018.07.13, 第73回日本消化器外科学会総会, 座長.
2017.12.07~2017.12.09, 第30回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2017.12.07~2017.12.09, 第30回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2017.11.22~2017.11.23, 21st Asian Congress of Surgery, 座長.
2017.09.02~2017.09.02, 第27回九州内視鏡下外科手術研究会, 座長.
2017.07.20~2017.07.22, 第72回日本消化器外科学会総会, 座長.
2017.04.27~2017.04.29, 第117回日本外科学会定期学術集会, 座長.
2016.12.08~2016.12.10, 第29回日本内視鏡外科学会総会.
2016.09.03~2016.09.03, 第26回九州内視鏡下外科手術研究会.
2013.11.28~2013.11.30, 第26回日本内視鏡外科学会総会.
2013.04.11~2013.04.13, 第113回日本外科学会定期学術集会.
2013.03.13~2013.03.14, 第49回日本腹部救急医学会総会.
2012.12.06~2012.12.08, 第25回日本内視鏡外科学会総会.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 14  14 
2013年度 25        25 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 膵オルガノイドを用いたリーディングPSC誘導基底膜破壊機序解明と基底膜制御法開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 膵オルガノイドを用いたリーディングPSC誘導基底膜破壊機序解明と基底膜制御法開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 膵癌微小環境normalizationと浸潤を導くleading cellの解明.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 癌間質のnormalizationによる薬剤送達改善と新規膵癌治療への応用.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 新規人工ウイルスによる分子イメージングの確立と膵癌個別治療への展開.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」