九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
大内田 研宙(おおうちだけんおき) データ更新日:2024.06.03

准教授 /  医学研究院 臨床医学部門 臨床・腫瘍外科


主な研究テーマ
胃がん・食道癌・膵癌に関する研究 手術シミュレーションに関する研究 ロボット手術、ナビゲーション手術に関する研究
キーワード:膵癌、 癌微小環境、手術シミュレーション、ロボット手術、3D手術
2008.05~2025.05.
膵癌に関する研究
固形癌に関する研究
癌微小環境に関する研究
内視鏡外科手技、機器の開発
3D映像の医療応用
医療用ロボットの開発
キーワード:膵癌 
2002.04~2022.09.
従事しているプロジェクト研究
食道癌・胃癌の免疫微小環境の解明
2019.04~2025.03, 代表者:大内田研宙, 九州大学, 日本
食道癌、胃がんの微小環境をシングルセル解析により明らかにしている.
膵オルガノイドを用いたリーディングPSC誘導基底膜破壊機序解明と基底膜制御法開発
2017.04~2020.03, 代表者:大内田研宙, 九州大学, 日本
膵オルガノイドを用いて、リーディングPSCが誘導する基底膜破壊機序を解明する。.
多元計算解剖学の創出
2014.04~2019.03, 代表者:橋爪誠, 九州大学, 日本、アメリカ、韓国
CT,MRなどの画像を多元的に解析し、あらたな学問を創出するもの。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2024.02.28~2024.03.01, 第96回日本胃癌学会総会 (セッション:症例報告 転移・再発 3), 座長.
2023.12.07~2023.12.09, 第36回日本内視鏡外科学会総会 (セッション:ミニオーラル79 胃・十二指腸悪性 症例報告・合併症), 座長.
2023.12.01~2023.12.03, 第32回日本コンピュータ外科学会大会 (セッション:ロボット・マニピュレータ 2), 座長.
2023.12.01~2023.12.03, 第32回日本コンピュータ外科学会大会 (セッション:上級演題9 「どうする研究費獲得」), 座長.
2023.09.09~2023.09.09, 第33回九州内視鏡・ロボット外科手術研究会 (セッション:要望演題4 胃切除術後再建の工夫), 座長.
2023.07.12~2023.07.14, 第78回日本消化器外科学会総会 (セッション:【胃・十二指腸】研究2 ), 座長.
2023.06.28~2023.06.30, 第77回日本食道学会学術集会 (セッション:一般演題口演 3 「術後合併症」), 座長.
2023.05.12~2023.05.13, 第121回日本消化器病学会九州支部例会 (セッション:専攻医発表「胃・十二指腸・小腸3」), 座長.
2023.03.10~2023.03.11, 第59回九州外科学会 (セッション:一般演題:口演「胃・小腸」), 座長.
2023.02.23~2023.02.25, 第95回日本胃癌学会総会 (セッション:「conversion surgery 3」), 座長.
2022.12.08~2022.12.10, アジアロボット・内視鏡外科学会(ACRLS 2022) (session:セッション名:Poster Gastric), 座長.
2022.12.08~2022.12.10, 第35回日本内視鏡外科学会総会 (セッション:ミニオーラル 219 セッションテーマ:胃・困難症例報告), 座長.
2022.07.20~2022.07.22, 第77回日本消化器外科学会総会 (セッション:一般演題5:胃・十二指腸:PG 手術手技), 座長.
2022.03.02~2022.03.04, 第94回日本胃癌学会総会 (セッション:一般演題 口演 01 「Molecular biology」), 座長.
2022.02.25~2022.02.26, 第58回九州外科学会 (セッション:研修医セッション 消化管1), 座長.
2021.12.16~2021.12.17, 第34回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 (セッション:一般演題1「腫瘍微小環境」), 座長.
2021.12.02~2021.12.04, 第34回日本内視鏡外科学会総会 (セッション:特別講演3 AIを用いた情報支援下内視鏡手術の未来像), 座長.
2021.11.21~2021.11.23, 第30回日本コンピュータ外科学会大会 (セッション:画像・AI・セグメンテーション (1)), 座長.
2021.03.10~2021.03.13, 第33回日本内視鏡外科学会総会 (セッション:一般演題24 胃・教育), 座長.
2021.02.19~2021.02.20, 第57回九州外科学会・第57回九州小児外科学会・第56回九州内分泌外科学会 (セッション:胃・十二指腸-1), 座長.
2020.12.15~2020.12.17, 第75回日本消化器外科学会総会 (セッション:一般演題79 (デジタルポスター)胃・十二指腸), 座長.
2020.12.04~2020.12.04, 第116回日本消化器病学会九州支部例会 (セッション:専修医発表「胃1」), 座長.
2019.12.14~2019.12.14, 第11回がんゲノム・エピゲノム、数理統計開設についての勉強会, 座長.
2019.12.05~2019.12.07, 第32回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2019.07.17~2019.07.19, 第74回日本消化器外科学会総会, 座長.
2019.06.06~2019.06.07, 第73回日本食道学会学術集会, 座長.
2019.05.24~2019.05.25, 第113回 日本消化器病学会九州支部例会・消化器内視鏡学会, 座長.
2019.05.17~2019.05.18, 第56回九州外科学会・第56回九州小児外科学会・第55回九州内分泌外科学会, 座長.
2018.12.06~2018.12.08, 第31回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2018.07.11~2018.07.13, 第73回日本消化器外科学会総会, 座長.
2018.07.11~2018.07.13, 第73回日本消化器外科学会総会, 座長.
2017.12.07~2017.12.09, 第30回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2017.12.07~2017.12.09, 第30回日本内視鏡外科学会総会, 座長.
2017.11.22~2017.11.23, 21st Asian Congress of Surgery, 座長.
2017.09.02~2017.09.02, 第27回九州内視鏡下外科手術研究会, 座長.
2017.07.20~2017.07.22, 第72回日本消化器外科学会総会, 座長.
2017.04.27~2017.04.29, 第117回日本外科学会定期学術集会, 座長.
2016.12.08~2016.12.10, 第29回日本内視鏡外科学会総会.
2016.09.03~2016.09.03, 第26回九州内視鏡下外科手術研究会.
2013.11.28~2013.11.30, 第26回日本内視鏡外科学会総会.
2013.04.11~2013.04.13, 第113回日本外科学会定期学術集会.
2013.03.13~2013.03.14, 第49回日本腹部救急医学会総会.
2012.12.06~2012.12.08, 第25回日本内視鏡外科学会総会.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2023年度      
2022年度 14        14 
2021年度 12        12 
2020年度 36        36 
2019年度 14  14 
2018年度      
2017年度
2013年度 25        25 
2012年度 19        19 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2023年度~2026年度, 基盤研究(B), 代表, TIME誘導能に応じた膵癌サブタイプ分類と個別TIME改変を目指した新規治療戦略.
2021年度~2022年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 空間情報を伴うscRNAseqによる癌微小環境内APCの多様性と新たな役割の解明.
2019年度~2020年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, Drop-seqによる不均一性を伴う患者由来消化器癌微小環境の単一細胞解析.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 膵オルガノイドを用いたリーディングPSC誘導基底膜破壊機序解明と基底膜制御法開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 膵癌微小環境normalizationと浸潤を導くleading cellの解明.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 癌間質のnormalizationによる薬剤送達改善と新規膵癌治療への応用.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 新規人工ウイルスによる分子イメージングの確立と膵癌個別治療への展開.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 癌間質ニッチに存在する膵癌浸潤/転移責任間質細胞同定とその制御による新規治療開発.
2011年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 膵癌浸潤に関わる新機序—細胞外基質クリアランス機能—に注目した新規治療法の開発.
寄附金の受入状況
2023年度, 中外, 研究活動支援.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。