九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
祢宜 淳太郎(ねぎ じゆんたろう) データ更新日:2019.06.17

准教授 /  理学研究院 生物科学部門 情報生物学


主な研究テーマ
気孔特異的葉緑体の役割および形成メカニズムの研究
キーワード:気孔葉緑体 gles1変異体 脂質
2013.03~2018.10.
気孔細胞の形成メカニズムの研究
キーワード:Dof型転写因子SCAP1
2008.05~2013.02.
植物のCO2応答の分子機構
キーワード:CO2 気孔 S型陰イオンチャネルSLAC1
2002.04.
研究業績
主要原著論文
1. Juntaro Negi, Shintaro Munemasa, Boseok Song, Ryosuke Tadakuma, Mayumi Fujita, Tamar Azoulay-Shemer, Cawas B. Engineer, Kensuke Kusumi, Ikuo Nishida, Julian I. Schroeder, Koh Iba, Eukaryotic lipid metabolic pathway is essential for functional chloroplasts and CO2 and light responses in Arabidopsis guard cells, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 10.1073/pnas.1810458115, 115, 36, 9038-9043, 2018.09, [URL].
2. Yoshiko Yamamoto, Juntaro Negi, Cun Wang, Yasuhiro Isogai, Julian Schroeder, Koh Iba, The Transmembrane Region of Guard Cell SLAC1 Channels Perceives CO2 Signals via an ABA-Independent Pathway in Arabidopsis, PLANT CELL, 10.1105/tpc.15.00583, 28, 2, 557-567, 2016.02, [URL].
3. Juntaro Negi, Kosuke Moriwaki, Mineko Konishi, Ryusuke Yokoyama, Toshiaki Nakano, kensuke kusumi, Mimi Hashimoto-Sugimoto, Julian I. Schroeder, Kazuhiko Nishitani, Shuichi Yanagisawa, Koh Iba, A Dof Transcription Factor, SCAP1, Is Essential for the Development of Functional Stomata in Arabidopsis., Current Biology, 23, 6, 479-484, 2013.03, [URL].
4. Juntaro Negi, Osamu Matsuda, Takashi Nagasawa, Yasuhiro Oba, Hideyuki Takahashi, Maki Kawai-Yamada, Hirofumi Uchimiya, Mimi Hashimoto, Koh Iba, CO2 regulator SLAC1 and its homologues are essential for anion homeostasis in plant cells, Nature, 452, 27, 483-486, 2008.03, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Juntaro Negi, Mimi Hashimoto-Sugimoto, kensuke kusumi, Koh Iba, New Approaches to the Biology of Stomatal Guard Cells, Plant Cell Physiol., 2014.02, [URL], CO2 acts as an environmental signal that regulates stomatal movements. High CO2 concentrations reduce stomatal aperture, whereas low concentrations trigger stomatal opening. In contrast to our advanced understanding of light and drought stress responses in guard cells, the molecular mechanisms underlying stomatal CO2 sensing and signaling are largely unknown. Leaf temperature provides a convenient indicator of transpiration, and can be used to detect mutants with altered stomatal control. To identify genes that function in CO2 responses in guard cells, CO2-insensitive mutants were isolated through high-throughput leaf thermal imaging. The isolated mutants are categorized into three groups according to their phenotypes: (i) impaired in stomatal opening under low CO2 concentrations; (ii) impaired in stomatal closing under high CO2 concentrations; and (iii) impaired in stomatal development. Characterization of these mutants has begun to yield insights into the mechanisms of stomatal CO2 responses. In this review, we summarize the current status of the field and discuss future prospects. .
2. 祢冝 淳太郎, 杉本 美海, 松田 修, 射場 厚, 植物におけるCO2応答の分子機構, 蛋白質 核酸 酵素, 2009.06, 人間活動の活発化によって、温室効果ガスである大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度は、近年増加の一途をたどっており、そのことによって地球の平均気温は急速かつ大幅に上昇すると予測されている。大気中のCO2プールの保全を担う植物がCO2や温度の変化を感知し、適応するメカニズムを解明することは、高CO2・温暖化時代の地球環境の精確な予測や、食糧生産を持続的に向上させる上で緊急かつ重要な研究課題である。本稿では、このような地球温暖化問題と直結した植物のCO2に対する生理応答の最新の研究事例について紹介する。.
主要学会発表等
1. Juntaro Negi, Boseok Song, Sho Yamagaki, Koh Iba, Guard cell chloroplasts develop a unique lipid metabolism essential for CO2 and light responses, Keystone Symposium (Climate Change-linked Stress Tolerance), 2019.05.
2. 祢冝 淳太郎, 孔辺細胞葉緑体の特異な機能と脂質代謝バランス, 第21回 植物オルガネラワークショップ, 2019.03.
3. Juntaro Negi, Shintaro Munemasa, Boseok Song, Ryosuke Tadakuma, Mayumi Fujita, Tamar Azoulay-Shemer, Cawas B. Engineer, Kensuke Kusumi, Ikuo Nishida, Julian I. Schroeder, Koh Iba, Eukaryotic lipid metabolic pathway is essential for functional chloroplasts and CO2 and light responses in stomatal guard cells, The International Conference on Arabidopsis Research (ICAR) 2018, 2018.06.
4. Juntaro Negi, Kosuke Moriwaki, Mineko Konishi, Ryusuke Yokoyama, Toshiaki Nakano, kensuke kusumi, Mimi Hashimoto-Sugimoto, Julian I. Schroeder, Kazuhiko Nishitani, Shuichi Yanagisawa, Koh Iba, SCAP1, a master regulator of the development of functional stomata in Arabidopsis, International Workshop on Plant Membrane Biology (IWPMB2013), 2013.03.
学会活動
所属学会名
日本植物学会
日本植物生理学会
九州沖縄植物学会
日本植物細胞分子生物学会
学協会役員等への就任
2017.04~2019.03, 九州沖縄植物学会, 会計.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.28~2018.03.30, 第59回 日本植物生理学会, 座長(Chairmanship).
2016.09.01~2016.09.03, 第34回日本植物細胞分子生物学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.12~2014.09.14, 第78回日本植物学会, 座長(Chairmanship).
2013.09.10~2013.09.12, 第31回植物細胞分子生物学会, 座長(Chairmanship).
受賞
2015年度 日本植物細胞分子生物学会 奨励賞, 日本植物細胞分子生物学会, 2015.08.
平成26年度 文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2014.04.
第26回井上研究奨励賞, 井上科学振興財団, 2009.12.
第3回トランスポーター研究会年会 最優秀演題賞, トランスポーター研究会, 2008.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 気孔細胞に特徴的な脂質代謝フラックスの生理学的意義の解明.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 高いCO2吸収能力と乾燥耐性の両立を可能とする気孔応答の最適化メカニズム.
2015年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 気孔葉緑体シグナルの探索および新奇気孔葉緑体形成因子の機能解析.
2013年度~2014年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 順遺伝学的手法を用いた気孔葉緑体の機能解析及び発生メカニズムの解明.
2005年度~2007年度, 特別研究員奨励費, 代表, アラビドプシスCO2非感受性変異体を用いた気孔におけるCO2センサーの解明.
寄附金の受入状況
2016年度, 内藤記念科学振興財団, 内藤記念科学奨励金・研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, QRプログラム(わかば), 代表, 気孔細胞の葉緑体形成メカニズムの解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」