九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
木村 和恵(きむら やすえ) データ更新日:2020.06.26

准教授 /  医学研究院 九州大学大学院消化器総合外科


主な研究テーマ
酸化修復機能からみた食道癌発癌機序の解明と癌浸潤予防の新規治療の開発
キーワード:食道癌 浸潤転移
2019.04~2022.06.
1.大腸癌における抗癌剤耐性の分子機序の解明と治療抵抗性克服への展開
2.腹腔鏡下悪性腫瘍手術時における下肢静脈血栓の発生と体組成との関係に関する検討

キーワード:消化器癌、分子機序、血栓、手術
2012.04~2013.05.
研究業績
主要原著論文
1. Kimura Y, Oki E, Ando K, Saeki H, Kusumoto T, Maehara Y. , Incidence of Venous Thromboembolism Following Laparoscopic Surgery for Gastrointestinal Cancer: A Single-Center, Prospective Cohort Study.
, World J Surg. , 10.1007/s00268-015-3234-y., 2016.02.
2. Kimura Y, Oki E, Yoshida A, Aishima S, Zaitsu Y, Ohtsu H, Ando K, Ida S, Saeki H, Morita M, Kusumoto T, Oda Y, Maehara Y.  , Significance of accurate human epidermal growth factor receptor-2 (HER2) evaluation as a new biomarker in gastric cancer. , Anticancer Res., 2014.08.
主要学会発表等
学会活動
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.06.06~2019.06.07, 日本食道学会, 座長.
2018.11.22~2018.11.24, 日本臨床外科学会, シンポジスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2020.06~2022.06, Surgical case reports, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度 10      13 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 酸化修復機能からみた食道癌発癌機序の解明と癌浸潤予防の新規治療の開.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 食道癌のがん幹細胞に着目した化学・放射線治療耐性の分子機序の解明と新規治療の開発関する研究.
2013年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 大腸癌の幹細胞に着目した新規治療の開発と薬物耐性の分子機序の検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」