九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
秦 淳(はた じゅん) データ更新日:2022.06.27

准教授 /  医学研究院 基礎医学部門 社会環境医学講座 衛生・公衆衛生学分野


主な研究テーマ
健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究
キーワード:認知症,うつ病,コホート研究
2015.09.
久山町研究
キーワード:疫学,生活習慣病,脳卒中,虚血性心疾患,危険因子
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
腸内細菌叢と生活習慣病・認知症・うつ病発症に関する地域コホート研究:久山町研究
2021.04~2024.03, 代表者:二宮 利治, 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野.
地域住民における心房細動発症のバイオマーカーと遺伝要因:久山町研究
2020.04~2023.03, 代表者:秦 淳, 九州大学大学医学研究院.
NCD-RisC
2015.12
世界の観察研究を統合したメタ解析.
MEGASTROKE
2015.11
世界の脳卒中のゲノムワイド関連解析研究(GWAS)を統合したメタ解析.
地域高齢住民におけるサルコペニアと認知症発症との関連:久山町研究
2017.04~2020.03, 代表者:岸本 裕歩, 九州大学基幹教育院学修・健康支援部門, 九州大学(日本)
福岡県久山町の65歳以上の地域住民を対象とした前向き追跡調査の成績をもとに、サルコペニアと認知症発症との関係を検証する。.
健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究
2016.04~2021.03, 代表者:二宮 利治, 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野.
健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究の創設
2015.04~2016.03, 代表者:清原 裕, 九州大学大学院医学研究院環境医学, 九州大学.
久山町高齢者におけるMRIを基盤にした脳血管障害,認知症,うつ病の疫学研究
2013.04~2016.03, 代表者:清原 裕, 九州大学大学院医学研究院環境医学, 九州大学.
久山町一般住民におけるむずむず脚症候群と脳心血管病についての検討
2015.04~2018.03, 代表者:吉村 力, 九州大学病院睡眠時無呼吸センター, 九州大学.
地域住民における余暇時の運動習慣および運動量が健康寿命に与える影響:久山町研究
2014.04~2017.03, 代表者:岸本 裕歩, 九州大学大学院医学研究院環境医学, 九州大学.
日本人地域住民における心房細動の実態と危険因子に関する研究:久山町研究
2014.04~2017.03, 代表者:秦 淳, 九州大学大学院医学研究院附属総合コホートセンター, 九州大学.
久山町高齢者におけるMRIを基盤にした認知症・うつ病発症の前向きコホート研究
2016.04~2019.03, 代表者:二宮 利治, 九州大学大学院医学研究院附属総合コホートセンター, 九州大学.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Hata J, Tanizaki Y, Kiyohara Y, Kato I, Kubo M, Tanaka K, Okubo K, Nakamura H, Oishi Y, Ibayashi S, Iida M., Ten year recurrence after first ever stroke in a Japanese community: the Hisayama Study, J Neurol Neurosurg Psychiatry, 10.1136/jnnp.2004.038166, 76(3):368-372, 2005.03.
2. Hata J, Matsuda K, Ninomiya T, Yonemoto K, Matsushita T, Ohnishi Y, Saito S, Kitazono T, Ibayashi S, Iida M, Kiyohara Y, Nakamura Y, Kubo M., Functional SNP in an Sp1-binding site of AGTRL1 gene is associated with susceptibility to brain infarction, Hum Mol Genet, 10.1093/hmg/ddm005, 16(6):630-639, 2007.03.
3. Kubo M, Hata J, Doi Y, Tanizaki Y, Iida M, Kiyohara Y., Secular trends in the incidence of and risk factors for ischemic stroke and its subtypes in Japanese population, Circulation, 10.1161/CIRCULATIONAHA.107.743211, 118(25):2672-2678, 2008.12.
4. Hata J, Doi Y, Ninomiya T, Tanizaki Y, Yonemoto K, Fukuhara M, Kubo M, Kitazono T, Iida M, Kiyohara Y., The effect of metabolic syndrome defined by various criteria on the development of ischemic stroke subtypes in a general Japanese population, Atherosclerosis, 10.1016/j.atherosclerosis.2009.10.044, 210(1):249-255, 2010.05.
5. Hata J, Doi Y, Ninomiya T, Fukuhara M, Ikeda F, Mukai N, Hirakawa Y, Kitazono T, Kiyohara Y., Combined effects of smoking and hypercholesterolemia on the risk of stroke and coronary heart disease in Japanese: the Hisayama Study, Cerebrovasc Dis, 10.1159/000324392, 31(5):477-484, 2011.01.
6. Hata J, Arima H, Zoungas S, Fulcher G, Pollock C, Adams M, Watson J, Joshi R, Kengne AP, Ninomiya T, Anderson C, Woodward M, Patel A, Mancia G, Poulter N, MacMahon S, Chalmers J, Neal B; ADVANCE Collaborative Group., Effects of the endpoint adjudication process on the results of a randomised controlled trial: the ADVANCE trial, PLoS One, 10.1371/journal.pone.0055807, 8(2):e55807, 2013.01.
7. Hata J, Ninomiya T, Hirakawa Y, Nagata M, Mukai N, Gotoh S, Fukuhara M, Ikeda F, Shikata K, Yoshida D, Yonemoto K, Kamouchi M, Kitazono T, Kiyohara Y., Secular trends in cardiovascular disease and its risk factors in Japanese: half-century data from the Hisayama Study (1961-2009), Circulation, 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.002424, 128(11):1198-1205, 2013.09.
8. Hata J, Arima H, Rothwell PM, Woodward M, Zoungas S, Anderson C, Patel A, Neal B, Glasziou P, Hamet P, Mancia G, Poulter N, Williams B, Macmahon S, Chalmers J; ADVANCE Collaborative Group., Effects of visit-to-visit variability in systolic blood pressure on macrovascular and microvascular complications in patients with type 2 diabetes mellitus: the ADVANCE trial, Circulation, 10.1161/CIRCULATIONAHA.113.002717, 128(12):1325-1334, 2013.09.
9. Hata J, Mukai N, Nagata M, Ohara T, Yoshida D, Kishimoto H, Shibata M, Hirakawa Y, Endo M, Ago T, Kitazono T, Oike Y, Kiyohara Y, Ninomiya T., Serum angiopoietin-like protein 2 is a novel risk factor for cardiovascular disease in the community: the Hisayama Study, Arterioscler Thromb Vasc Biol, 10.1161/ATVBAHA.116.307291, 36(8):1686-1691, 2016.08.
10. Hata J, Nagai A, Hirata M, Kamatani Y, Tamakoshi A, Yamagata Z, Muto K, Matsuda K, Kubo M, Nakamura Y; Biobank Japan Cooperative Hospital Group, Kiyohara Y, Ninomiya T., Risk prediction models for mortality in patients with cardiovascular disease: the BioBank Japan project, J Epidemiol, 10.1016/j.je.2016.10.007, 27(3S):S71-S76, 2017.03.
11. Hata J, Fukuhara M, Sakata S, Arima H, Hirakawa Y, Yonemoto K, Mukai N, Kitazono T, Kiyohara Y, Ninomiya T., White-coat and masked hypertension are associated with albuminuria in a general population: the Hisayama Study, Hypertens Res, 10.1038/hr.2017.74, 40(11):937-943, 2017.11.
12. Hata J, Ohara T, Katakura Y, Shimizu K, Yamashita S, Yoshida D, Honda T, Hirakawa Y, Shibata M, Sakata S, Kitazono T, Kuhara S, Ninomiya T., Association between serum β-alanine and risk of dementia, Am J Epidemiol, 10.1093/aje/kwz116, 188(9):1637-1645, 2019.09.
13. Hata J, Nagata T, Sakata S, Oishi E, Furuta Y, Hirakawa Y, Honda T, Yoshida D, Kitazono T, Ninomiya T., Risk prediction model for incident atrial fibrillation in a general Japanese population: the Hisayama Study, Circ J, 10.1253/circj.CJ-20-0794, 85(8):1373-1382, 2021.07, Background: The risk prediction of incident atrial fibrillation (AF) is useful to prevent AF and its complications. The aim of this study is to develop a new risk prediction model for incident AF using the prospective longitudinal data from a general Japanese population.
Methods and Results: A total of 2,442 community-dwelling AF-free residents aged ≥40 years were followed up from 1988 to 2012 (46,422 person-years). The development of AF was confirmed by a standard 12-lead electrocardiogram at repeated health examinations and by medical records at clinics or hospitals. The risk prediction model for incident AF was developed using a Cox proportional hazards model. During the follow up, 230 AF events were confirmed. Age, sex, systolic blood pressure, waist circumference, estimated glomerular filtration rate, abnormal cardiac murmur, high R-wave amplitude, and arrhythmia other than AF were selected for inclusion in the model. This model showed good discrimination (Harrell's c statistics: 0.785) and calibration (Greenwood-Nam-D'Agostino test: P=0.87) for AF risk at 10 years.
Conclusions: The new risk prediction model showed good performance on the individual risk assessment of the future onset of AF in a general Japanese population. As this model included commonly used clinical parameters, it may be useful for determining the requirements for the careful evaluation of AF, such as frequent electrocardiogram examinations in clinical settings, and subsequent reductions in the risk of AF-related complications..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  11件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本臨床疫学会
日本内科学会
日本脳卒中学会
日本循環器学会
日本循環器病予防学会
日本高血圧学会
日本神経学会
日本未病学会
日本疫学会
日本公衆衛生学会
日本老年医学会
日本動脈硬化学会
米国心臓協会
学協会役員等への就任
2021.11~2025.11, 日本未病学会, 評議員.
2018.03~2020.03, 日本脳卒中学会, 評議員.
2017.06~2023.06, 日本疫学会, 代議員.
2013.04~2020.03, 日本循環器病予防学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.11~2021.04.12, 第46回日本脳卒中学会学術集会, 座長.
2019.09.28~2019.09.29, 日本臨床疫学会第3回年次学術大会, 実行委員.
2017.03.04~2017.03.04, 第27回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2016.11.05~2017.11.06, 第23回日本未病システム学会学術総会, 副実行委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.10~2019.12, Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, 国際, 査読委員.
2017.06, 脳卒中, 国内, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度      
2020年度 20        20 
2019年度 27        27 
2018年度 23        23 
2017年度 21      22 
2016年度 12        12 
2010年度      
2011年度      
2012年度      
2013年度      
2014年度      
2015年度 12        12 
受賞
Circulation Journal Award 2021, 日本循環器学会, 2022.03.
第25回日本未病システム学会学術総会優秀演題賞, 日本未病システム学会, 2018.10.
第9回Hypertension Research Award, 日本高血圧学会, 2018.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 基盤研究(B), 分担, 腸内細菌叢と生活習慣病・認知症・うつ病発症に関する地域コホート研究:久山町研究.
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 地域住民における心房細動発症のバイオマーカーと遺伝要因:久山町研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 地域高齢住民におけるサルコペニアと認知症発症との関連:久山町研究.
2016年度~2018年度, 基盤研究(A), 分担, 久山町高齢者におけるMRIを基盤にした認知症・うつ病発症の前向きコホート研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 久山町一般住民におけるむずむず脚症候群と脳心血管病についての検討.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 地域住民における余暇時の運動習慣および運動量が健康寿命に与える影響:久山町研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 久山町高齢者におけるMRI を基盤にした脳血管障害,認知症,うつ病の疫学研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 日本人地域住民における心房細動の実態と危険因子に関する研究:久山町研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2021年度~2025年度, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構・認知症研究開発事業, 分担, 大規模前向きコホートデータを基盤とした認知症のゲノム・脳画像研究.
2015年度~2015年度, 国立研究開発法人日本医療研究開発機構・認知症研究開発事業, 分担, 健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究の創設.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」