九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
織田 ゆか里(おだ ゆかり) データ更新日:2020.07.21

助教 /  工学研究院 応用化学部門 応用精密化学


主な研究テーマ
高分子界面の構造・物性、機能化
キーワード:高分子、原子間力顕微鏡
2018.04.
精密合成に基づく高分子界面の制御と機能発現
キーワード:高分子精密合成、機能性高分子設計、界面創製
2013.04~2018.03.
研究業績
主要著書
1. 織田 ゆか里, 田中 敬二, 9 界面構造制御に向けた高分子材料設計, 「水溶性高分子の最新動向」応用編第3章, 野田公彦監修, CMC出版, pp. 204-211, 2015.11.
主要原著論文
1. Yukari Oda, Manabu Inutsuka, Ryo Awane, Masayasu Totani, Norifumi L. Yamada, Masayuki Haraguchi, Masaaki Ozawa, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka, A Dynamic Interface Based on Segregation of an Amphiphilic Hyperbranched Polymer Containing Fluoroalkyl and Oligo(ethylene oxide) Moieties, Macromolecules, org/10.1021/acs.macromol.9b02064, 53, 7, 2380-2387, 2020.03, [URL], 高分子膜に動的性質を付与する新規界面改質剤として、フルオロアルキル(Rf)鎖とオリゴエチレンオキシド(nEO)鎖を有する両親媒性多分岐高分子(HBP)を設計した。空気中および水中のいずれにおいても、HBPは高分子マトリクス中で空気界面および水界面に濃縮した。 前者は疎水性のRf基、後者は親水性のnEO鎖の存在によるものである。このような動的挙動は、HBPの局所コンフォメーションの変化またはセグメントレベルでの界面濃縮により達成された。さらに水中では、nEO鎖が界面において膨潤層を形成し、優れた生体不活性を示した。このような環境応答型の安定した濃縮挙動を利用した戦略は、材料の表面・界面設計において非常に有用である。.
2. Nozomi Itagaki, Yukari Oda, Toyoaki Hirata, Hung Kim Nguyen, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka, Surface Characterization and Platelet Adhesion on Thin Hydrogel Films of Poly(vinyl ether), Langmuir, 10.1021/acs.langmuir.7b03427, 33, 50, 14332-14339, 2017.12, [URL].
3. Shin Sugimoto, Yukari Oda, Toyoaki Hirata, Ruriko Matsuyama, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka, Surface segregation of a branched polymer with hydrophilic poly[2-(2-ethoxy)ethoxyethyl vinyl ether] side chains, POLYMER CHEMISTRY, 10.1039/c6py01984f, 8, 3, 505-510, 2016.12.
4. Yukari Oda, Cui Zhang, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Keiji Tanaka, Design of Blood-compatible Interfaces with Poly(vinyl ether)s, Adv. Mater. Interfaces, 12, 3, 1600034, 2016.06.
5. Yukari Oda, Daisuke Kawaguchi, Toyoaki Hirata, Norifumi L. Yamada, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Keiji Tanaka, Density Profiles of Well-Defined Poly(methyl 2-propenyl ether) (PMPE) Near Water Interface, Macromolecular Symposia, 10.1002/masy.201400031, 350, 1, 99-104, 2015.04.
6. Cui Zhang, Yukari Oda, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Keiji Tanaka, Dynamic-driven Surface Segregation of a Hydrophilic Component in Diblock Copolymer Films, Chemistry Letters, 10.1246/cl.140924, 44, 2, 166-168, 2015.02.
7. Yukari Oda, Ayanobu Horinouchi, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Keiji Tanaka, Effect of Side-Chain Carbonyl Groups on the Interface of Vinyl Polymers with Water, Langmuir, 10.1021/la404802j, 30, 5, 1215-1219, 2014.02.
8. Sadahito Aoshima, Yukari Oda, Suzuka Matsumoto, Yu Shinke, Arihiro Kanazawa, Shokyoku Kanaoka, Efficient Design for Stimuli-Responsive Polymers with Quantitative Acid-Degradability: Specifically Designed Alternating Controlled Cationic Copolymerization and Facile Complete Degradation, ACS Macro Letters, 10.1021/mz400563v, 3, 1, 80-85, 2014.01.
9. Yukari Oda, Tomohiro Tsujino, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Lewis acid-specific polymerization behaviors in living cationic polymerization of vinyl ether with a malonate group, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 10.1002/pola.26088, 50, 15, 2993-2998, 2012.08.
10. Yukari Oda, Takaho Shibata, Hiroyuki Tsujimoto, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Highly efficient synthesis of heteroarm star-shaped polymers using polymer-linking reaction and their characteristic stimuli-responsive behaviors, Polymer Journal, 10.1038/pj.2012.23, 44, 6, 541-549, 2012.06.
11. Yukari Oda, Shokyoku Kanaoka, Takahiro Sato, Sadahito Aoshima, Kenichi Kuroda, Block versus Random Amphiphilic Copolymers as Antibacterial Agents, Biomacromolecules, 10.1021/bm200780r, 12, 10, 3581-3591, 2011.10.
12. Yukari Oda, Shokyoku Kanaoka, Sadahito Aoshima, Synthesis of Dual pH/Temperature-Responsive Polymers with Amino Groups by Living Cationic Polymerization, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 10.1002/pola.23882, 48, 5, 1207-1213, 2010.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 織田ゆか里, 界面設計に基づく高分子への生体成分の付着制御, 日本接着学会誌, Vol. 54, No. 2, 2018.02.
2. 織田 ゆか里, 田中 敬二, 界面機能の制御された高分子材料 -分子設計に基づく刺激応答性界面の創製, 化学, Vol. 69, pp. 68-69, 2014.07.
主要学会発表等
1. 織田ゆか里, 山本 智, 川口大輔, 田中敬二 , 高分子の界面形成過程における鎖吸着挙動
, 第68回高分子討論会, 2019.09.
2. 織田ゆか里, 機能性界面の構築に向けた高分子の設計と構造解析
, 第68回高分子学会年次大会, 2019.05.
3. 織田ゆか里, 界面におけるビニル高分子の凝集状態と機能化展開, 2018KIPS若手高分子シンポジウム 「革新と深化が拓く創造的高分子科学」, 2018.12.
4. Yukari Oda, Interfacial Properties of Vinyl Polymers with Hydrophilic Side-chains in Water
, 2018 Spring Meeting, The Polymer Society of Korea (PSK) , 2018.04.
5. Yukari Oda, Ryo Awane, Manabu Inutsuka, Hisao Matsuno, Norifumi L. Yamada, Masayuki Haraguchi, Masaaki Ozawa, Keiji Tanaka, Bio-inert Modifications of Polymer Films in Water Using Janus-like Macromolecules, Polychar2017, 2017.10.
6. 織田ゆか里, 界面設計に基づく高分子への生体成分の付着制御, 日本接着学会第55回年次大会, 2017.06.
7. Yukari Oda, Nozomi Itagaki, Shin Sugimoto, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka, Interfacial Properties of Thin Films of Poly(vinyl ether)s with Architectural Design in Water, APS March Meeting 2017, 2017.03.
8. Yukari Oda, Kentaro Yamamoto, Daisuke Kawaguchi, Hisao Matsuno, Kensuke Naka, Keiji Tanaka, Interfacial Modification of Polymers with Elemental Blocks, The 2nd International Symposium on Polymeric Materials Based on Element-Blocks, 2017.01.
9. 織田 ゆか里, Control of Interfacial Structure and Dynamics of Vinyl Polymers for Bio-applications, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015), 2015.12.
学会活動
所属学会名
高分子学会
日本化学会
アメリカ物理学会
日本接着学会
日本レオロジー学会
繊維学会
高分子表面研究会
高分子基礎物性研究会
学協会役員等への就任
2019.01~2020.02, 公益社団法人日本化学会 化学フェスタ実行委員会, 委員.
2018.08~2020.05, 公益社団法人高分子学会 第34期男女共同参画委員会, 委員.
2018.04~2020.03, 高分子表面研究会, 運営委員.
2017.04~2018.03, 高分子学会九州支部若手研究会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.24~2019.10.24, 第18回高分子表面研究討論会, 担当委員・座長.
2019.01.25~2019.01.25, 18-1高分子表面研究会 無機化合物と高分子の接点〜柔らかい高分子で堅い無機物を利用する〜, 担当委員・座長.
2018.09.21~2018.09.21, 高分子学会九州支部フォーラム 主題:女性研究者が拓く高分子化学の先端研究, 幹事.
2016.07.01~2016.07.01, 平成28年度九州地区高分子若手研究会・夏の講演会, 座長(Chairmanship).
2017.11.18~2017.11.18, 平成29年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会, 幹事.
2017.06.30~2017.06.30, 平成29年度 九州地区高分子若手研究会・夏の講演会, 幹事.
2015.12~2015.12, 第18回九州地区高分子 若手コミュニティ, 幹事.
2015.10.28~2015.10.31, Japan-Korea Joint Symposium 2015 (JKJS2015), 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度 11  11 
2017年度
2016年度
2015年度    
2014年度    
2013年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ulsan National Institute of Science and Technology (UNIST), Korea Advanced Institute of Science and Technology (KAIST), Korea, 2018.04~2018.04.
Department of Polymer Science, University of Akron, UnitedStatesofAmerica, 2017.03~2017.03.
受賞
平成29 (2017)年度 高分子研究奨励賞, 公益社団法人 高分子学会, 2018.05.
Soft Matter Presentation Award, IUMRS-ICAM 2017, 2017.08.
平成29年度(第39回)日本接着学会 奨励賞, 日本接着学会, 2017.06.
第2回若手シンポジウム 優秀講演賞, 文部科学省科学研究費新学術領域研究「元素ブロック高分子材料の創出」, 2014.12.
第23回高分子ゲル研究討論会優秀演題賞, 高分子ゲル研究会, 2012.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 高分子精密合成に基づく機能性界面の創製:血液適合性高分子の新設計.
寄附金の受入状況
2018年度, 公益財団法人 豊田理化学研究所, 平成30年度豊田理研スカラー「高分子の分子鎖熱運動特性を利用した機能性膜表面の構築」.
2018年度, 稲盛財団, 2018年度稲盛財団研究助成「水界面特性制御に向けたポリビニルエーテルグラフト層の創製」.
2017年度, 株式会社 資生堂, 第10回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント / 潤滑界面の創製に向けた高分子グラフト層の新設計.
2015年度, 公益財団法人 マツダ財団, 第31回(2015年度)マツダ研究助成 / 精密合成に基づく機能性高分子界面の構築:血液適合性制御に向けた設計指針の提案.
2013年度, 一般財団法人 化学物質評価研究機構, 平成25年度CERI公募型研究助成 / 自然調和型新規刺激応答性高分子材料の精密合成とその表面構造評価.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 平成26年度(九州大学大学院)工学研究院若手研究者育成研究助成), 代表, 水界面構造制御に基づく血液適合性高分子の精密合成.
2013年度~2013年度, 平成25年度(九州大学大学院)工学研究院若手研究者育成研究助成, 代表, 水界面制御に向けたポリビニルエーテルの精密分子設計.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」