九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
早瀬 純也(はやせ じゅんや) データ更新日:2021.07.27



主な研究テーマ
上皮細胞の極性形成および消失を担う分子メカニズムの解析
キーワード:上皮細胞、細胞極性、超解像顕微鏡
2017.04~2020.12.
研究業績
主要原著論文
1. Hiroki Takayanagi, Junya Hayase, Sachiko Kamakura, Kei Miyano, Kanako Chishiki, Satoru Yuzawa, and Hideki Sumimoto, Intramolecular interaction in LGN, an adaptor protein that
regulates mitotic spindle orientation, The Journal of Biological Chemistry, doi: 10.1074/jbc.RA119.011457., 294, 19655-19666, 2019.12.
2. Takuya Kiyohara, Kei Miyano, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, Kanako Chishiki, Akira Kohda, and Hideki Sumimoto, Differential cell surface recruitment of the superoxide-producing NADPH oxidases Nox1, Nox2 and Nox5: The role of the small GTPase Sar1, Genes to Cells, doi: 10.1111/gtc.12590, 23, 480-493, 2018.05.
3. Kanako Chishiki, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, and Hideki Sumimoto, Ric-8A, an activator protein of Gαi, controls mammalian epithelial cell polarity for tight junction assembly and cystogenesis, Genes to Cells , doi: 10.1111/gtc.12477, 22, 293-309, 2017.02.
4. Kanako Chishiki, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, Satoru Yuzawa, and Hideki Sumimoto, Ric-8A-mediated stabilization of the trimeric G protein subunit Gαi is inhibited by pertussis toxin-catalyzed ADP-ribosylation, Biochemical and Biophysical Research Communications, doi: 10.1016/j.bbrc.2017.01.036, 283, 941-945, 2017.01.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 微絨毛を消失する疾患の原因となるapical膜取り込みメカニズムの解析.
2017年度~2018年度, 若手研究(A,B), 代表, 細胞極性制御タンパク質Morg1の胎生期発達における役割の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」