九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
増村 拓朗(ますむら たくろう) データ更新日:2022.06.29

助教 /  工学研究院 材料工学部門 材料加工工学講座


主な研究テーマ
鉄鋼材料の転位密度解析手法に関する研究
キーワード:転位密度、加工硬化、X線回折
2017.04~2018.09.
準安定オーステナイト鋼のマルテンサイト変態挙動に関する研究
キーワード:準安定オーステナイト鋼、加工誘起マルテンサイト、炭素、窒素
2017.04~2018.09.
研究業績
主要原著論文
1. T.Masumura, K.Inami, K.Matsuda, T.Tsuchiyama, S.Nanba and A.Kitahara, Quantitative evaluation of dislocation density in as-quenched martensite with tetragonality by X-ray line profile analysis in a medium-carbon steel, Acta Materialia, https://doi.org/10.1016/j.actamat.2022.118052, 234, 118052, 2022.08.
2. T.Masumura, T.Honda, K.Naridomi, S.Uranaka, T.Tsuchiyama, G.Miyamoto and S.Yamasaki, Age-hardening behavior in high-nitrogen stable austenitic stainless steel, Materials Transactions, https://doi.org/10.2320/matertrans.MT-H2021001, 63, 2, 163-169, 2022.02.
3. 増村拓朗, 本多竜也, 成富光佑, 浦中祥平, 土山聡宏, 宮本吾郎, 山先祥太, 高窒素安定オーステナイト系ステンレス鋼の時効硬化挙動, 熱処理, https://doi.org/10.14940/netsushori.61.112, 61, 3, 112-118, 2021.06.
4. T.Masumura, T.Taniguchi, S.Uranaka, I.Hirashima, T.Tsuchiyama, N.Maruyama, H.Shirahata and R.Uemori, Estimation of solute carbon concentration by electrical resistivity measurement in martensitic steel, ISIJ International, https://doi.org/10.2355/isijinternational.ISIJINT-2020-669, 61, 5, 1708-1715, 2021.05.
5. T.Masumura and T.Tsuchiyama, Effect of carbon and nitrogen on work hardening behavior in metastable austenitic stainless steel, ISIJ International, https://doi.org/10.2355/isijinternational.ISIJINT-2020-535, 61, 2, 617-624, 2021.02.
6. T.Masumura, K.Fujino, T.Tsuchiyama, S.Takaki and K.Kimura, Effect of carbon and nitrogen on Md30 in metastable austenitic stainless steel, ISIJ International, https://doi.org/10.2355/isijinternational.ISIJINT-2020-719, 61, 2, 546-555, 2021.02.
7. 増村拓朗, 高木節雄, 土山聡宏, オーステナイト系ステンレス鋼における弾性スティフネスの見積もり, 材料, https://doi.org/10.2472/jsms.70.31, 70, 1, 31-34, 2021.01.
8. 増村拓朗, 浦中祥平, 松田恭輔, 高木節雄, 土山聡宏, Direct-fitting/modified Williamson-Hall (DF/mWH)法を用いた低炭素焼戻しマルテンサイト鋼の転位密度解析, 鉄と鋼, https://doi.org /10.2355/tetsutohagane.TETSU-2020-049, 106, 11, 826-834, 2020.11.
9. 増村拓朗, 谷口大河, 浦中祥平, 平嶋一誠, 土山聡宏, 丸山直紀, 白幡浩幸, 植森龍治, 電気抵抗測定法によるマルテンサイト中の固溶炭素量の評価, 鉄と鋼, https://doi.org/10.2355/tetsutohagane.TETSU-2020-050, 106, 11, 835-843, 2020.11.
10. 増村拓朗, 水口豪也, 土山聡宏, 村山光宏, CuおよびVC粒子を複合分散させたフェライト鋼における析出挙動の冷却速度依存性, 熱処理, 60, 5, 191-192, 2020.10.
11. 増村拓朗, 高木節雄, 土山聡宏, Modified Williamson-Hall法での解析に必要なパラメーターCh00ならびにqの提案, 材料, https://doi.org/10.2472/jsms.69.290, 69, 4, 290-292, 2020.04.
12. T.Masumura, Y.Seto, T.Tsuchiyama and K.Kimura, Work-hardening mechanism in high-nitrogen austenitic stainless steel, Materials Transactions, http://doi.org/10.2320/matertrans.H-M2020804, 61, 4, 678-684, 2020.04.
13. 増村拓朗, 高木節雄, 土山聡宏, Direct-fitting / modified Williamson-Hall (DF/mWH)法による極低炭素マルテンサイト鋼の転位解析, 鉄と鋼, https://doi.org/10.2355/tetsutohagane.TETSU-2019-053, 106, 3, 183-186, 2020.03.
14. 増村拓朗, 藤野昂平, 土山聡宏, 高木節雄, 木村謙, 準安定オーステナイト系ステンレス鋼のMd30に及ぼす炭素および窒素の影響, 鉄と鋼, https://doi.org/10.2355/tetsutohagane.TETSU-2019-062, 105, 12, 1163-1172, 2019.12.
15. 増村拓朗, 瀨戸雄樹, 土山聡宏, 木村謙, 高窒素オーステナイト系ステンレス鋼の加工硬化機構, 熱処理, 59, 4, 222-229, 2019.08.
16. 増村拓朗, 高木節雄, Fulin Jiang, 土山聡宏, Modified Williamson-Hall法におけるパラメータα導出法に関する考察, 鉄と鋼, https://doi.org/10.2355/tetsutohagane.TETSU-2018-095, 104, 11, 717-719, 2018.11.
17. Takuro Masumura, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Tamotsu Koyano, Kazuhiko Adachi, Difference between carbon and nitrogen in thermal stability of metastable 18%Cr-8%Ni austenite, Scripta Materialia, https://doi.org/10.1016/j.scriptamat.2018.05.019, 154, 8-11, 2018.09.
18. Takuro Masumura, Nobuo Nakada, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Tamotsu Koyano, Kazuhiko Adachi, The difference in thermal and mechanical stabilities of austenite between carbon- and nitrogen-added metastable austenitic stainless steels, Acta Materialia, https://doi.org/10.1016/j.actamat.2014.10.041, 84, 330-338, 2015.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Takuro Masumura, Ryota Hidaka, Takuya Maeda, Toshihiro Tsuchiyama, Yuzo Kawamoto, Hiroyuki Shirahata, Ryuji Uemori, Effect of carbon on dislocation density and hardness in ausformed medium Mn martensitic steel, HMnS2022, 2022.05.
2. @増村拓朗, X線ラインプロファイル解析による正方晶性を有する中炭素マルテンサイト鋼の転位密度評価, 日本鉄鋼協会第183回春季講演大会, 2022.03.
3. 増村拓朗, 谷口大河, 浦中祥平, 平嶋一誠, 土山聡宏, 丸山直紀, 白幡浩幸, 植森龍治, 電気抵抗測定法によるマルテンサイト中の固溶炭素量の評価, 日本鉄鋼協会第183回春季講演大会, 2022.03.
4. 増村拓朗, 土山聡宏, 諸岡聡, 中垣内達也, 部分焼入-二相域焼鈍処理を施した中Mn鋼のナノスケールDIC解析による不均一変形挙動の評価, 日本鉄鋼協会第182回秋季講演大会, 2021.09.
5. 増村拓朗, 伊南佳祐, 土山聡宏, 難波茂信, 北原周, ラインプロファイル解析により求めたマルテンサイト鋼の転位密度に及ぼす炭素の影響, 日本鉄鋼協会第181回春季講演大会, 2021.03.
6. 増村拓朗, 福田孝典, 土山聡宏, 山先祥太, 小貫祐介, 佐藤成男, 加工誘起マルテンサイトと焼入れマルテンサイトの強度特性および転位組織の比較, 日本鉄鋼協会第180回秋季講演大会, 2020.09.
7. 増村拓朗, 藤野昂平, 土山聡宏, 高木節雄, 木村謙, 準安定オーステナイト鋼のMd30に及ぼす炭素・窒素の影響の再評価, 日本鉄鋼協会第180回秋季講演大会, 2020.09.
8. 増村拓朗, 藤野昂平, 土山聡宏, 高木節雄, 木村謙, 準安定オーステナイト鋼のMd30に及ぼす炭素・窒素の影響の再評価, 日本鉄鋼協会第179回春季講演大会, 2020.03.
9. 増村拓朗, 高木節雄, 土山聡宏, Direct-fitting/modified Williamson-Hall(DF/mWH)法を用いた各種鉄鋼材料の転位密度評価法, 日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会, 2019.09.
10. Takuro Masumura, Setsuo Takaki, Toshihiro Tsuchiyama, Estimation of the parameter A in modified Williamson-Hall equation for martensitic steel, MSMF9, 2019.06.
11. Takuro Masumura, Yuki Seto, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Ken Kimura, Dislocation strengthening mechanism in high nitrogen austenitic steel, MSMF9, 2019.06.
12. Takuro Masumura, Shotaro Tanaka, Shohei Okuhata, Toshihiro Tsuchiyama, Ryuji Uemori, Masaaki Fujioka, Effect of Mn and C on microstructure and toughness in Fe-Mn alloys, HMnS 2019, 2019.04.
13. 増村拓朗, 瀨戸雄樹, 土山聡宏, 高木節雄, 木村謙, 高窒素オーステナイト鋼における加工硬化と転位蓄積挙動, 日本鉄鋼協会第177回春季講演大会, 2019.03.
14. Takuro Masumura, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Tamotsu Koyano, Effects of carbon and nitrogen on thermal stability of metastable austenitic stainless steel, ICAS2018, 2018.11.
15. 増村拓朗, 高木節雄, 土山聡宏, Direct Fitting法を用いたオーステナイト鋼の転位密度および加工硬化挙動の評価, 日本鉄鋼協会 第176回秋季講演大会, 2018.09.
16. Takuro Masumura, Fulin Jiang, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Evaluation of work hardening behavior in austenitic steel by direct fitting / modified Williamson-Hall method, THERMEC'2018, 2018.07.
17. 増村拓朗, Fulin Jiang, 高木節雄, 土山聡宏, オーステナイト鋼のラインプロファイル解析におけるDF/MWH法と従来法の比較, 日本鉄鋼協会 第175回春季講演大会, 2018.03.
18. Takuro Masumura, Fulin Jiang, Setsuo Takaki, Daichi Akama, Toshihiro Tsuchiyama, Evaluation of dislocation density in cold worked austenitic steel SUS316L, EUROMAT2017, 2017.09.
19. 増村拓朗, 土山聡宏, 高木節雄, 本多竜也, 宮本吾郎, 高窒素含有オーステナイト系ステンレス鋼の低温時効による強化機構, 日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会, 2017.09.
20. 増村拓朗, 赤間大地, 土山聡宏, 高木節雄, 炭素・窒素を含有した準安定オーステナイト鋼の加工硬化挙動に対する加工誘起マルテンサイトの寄与, 日本鉄鋼協会 第173回春季講演大会, 2017.03.
21. Takuro Masumura, Kohei Fujino, Toshihiro Tsuchiyama and Setsuo Takaki, Difference in mechanical stability of austenite between carbon- and nitrogen-added metastable austenitic stainless steels, PRICM9, 2016.08.
22. Takuro Masumura, Kohei Fujino, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki and Kazuhiko Adachi, Evaluation of Md30 temperature in carbon and nitrogen-added metastable austenitic stainless steels, THERMEC' 2016, 2016.05.
23. 増村拓朗, 藤野昂平, 土山聡宏, 高木節雄, 安達和彦, 炭素・窒素を含有した準安定オーステナイト鋼における機械的安定度と変形温度の関係, 日本鉄鋼協会 第171回春季講演大会, 2016.03.
24. Takuro Masumura, Kohei Fujino, Nobuo Nakada, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki and Kazuhiko Adachi, Effects of carbon and nitrogen additions on mechanical stability of metastable austenitic stainless steel, Asia Steel 2015, 2015.10.
25. 増村拓朗, 藤野昂平, 土山聡宏, 高木節雄, 中田伸生, 安達和彦, 準安定オーステナイト系ステンレス鋼の加工硬化挙動に及ぼす炭素および窒素の影響, 日本鉄鋼協会 第170回秋季講演大会, 2015.09.
26. Takuro Masumura, Nobuo Nakada, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Tamotsu Koyano and Kazuhiko Adachi, Difference in martensitic transformation behavior between carbon- and nitrogen-added metastable austenitic stainless steels, PTM2015, 2015.07.
27. 増村拓朗, 中田伸生, 土山聡宏, 高木節雄, 古谷野有, 安達和彦, 炭素および窒素を含有した準安定オーステナイト系ステンレス鋼のマルテンサイト変態挙動の相違, 日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会, 2014.09.
28. Takuro Masumura, Nobuo Nakada, Toshihiro Tsuchiyama, Setsuo Takaki, Tamotsu Koyano and Kazuhiko Adachi, Difference between effects of carbon and nitrogen on martensitic transformation behavior in metastable austenitic stainless steel, IUMRS-ICA2014, 2014.08.
29. 増村拓朗, 中田伸生, 土山聡宏, 高木節雄, 安達和彦, 準安定オーステナイト鋼の加工誘起変態挙動に及ぼす炭素および窒素の影響の相違, 日本鉄鋼協会 第166回秋季講演大会, 2013.09.
30. 増村拓朗, 中田伸生, 土山聡宏, 高木節雄, 安達和彦, 前田尚志, 準安定オーステナイト系ステンレス鋼の加工硬化挙動に及ぼす炭素及び窒素の影響, 第74回 日本熱処理技術協会秋季講演大会, 2012.11.
31. 増村拓朗, 中田伸生, 土山聡宏, 高木節雄, 安達和彦, 前田尚志, 準安定オーステナイト鋼の加工誘起マルテンサイト変態挙動に及ぼす炭素および窒素の影響
, 日本鉄鋼協会 第164回秋季講演大会 , 2012.09.
学会活動
所属学会名
日本鉄鋼協会
日本金属学会
日本熱処理技術協会
日本材料学会
学協会役員等への就任
2020.04~2022.03, 日本熱処理技術協会九州支部, 幹事.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度    
2020年度    
受賞
研究奨励賞, 日本鉄鋼協会, 2022.03.
澤村論文賞, 日本鉄鋼協会, 2022.03.
俵論文賞, 日本鉄鋼協会, 2022.03.
口絵写真賞, 日本熱処理技術協会, 2020.06.
学術奨励賞, 日本材料学会, 2020.05.
学術論文賞, 日本熱処理技術協会, 2017.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2021年度, 若手研究, 代表, 転位工学に基づいた加工誘起マルテンサイトの高強度発現機構の解明.
2018年度~2019年度, 若手研究, 代表, 炭素・窒素を利用した高強度オーステナイト系ステンレス鋼の水素適合性評価.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2022年度~2023年度, 第31回鉄鋼研究振興助成および石原・浅田研究助成, 代表, 極低温環境下における高窒素オーステナイト鋼の強度発現機構の解明と低温靱性向上に関する研究.
2021年度~2022年度, 公益財団法人高橋産業経済研究財団研究助成金, 代表, 高積層欠陥エネルギーを有する低ニッケル非磁性鋼の合金設計.
2018年度~2019年度, 第27回一般社団法人日本鉄鋼協会鉄鋼研究振興助成, 代表, オーステナイト鋼における加工硬化の温度依存性:極低温加工による転位組織発達と強度発現機構.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」