九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
栁原 大輔(やなぎはら だいすけ) データ更新日:2021.06.10



主な研究テーマ
外圧荷重を受ける補強円筒殻の座屈・最終強度に関する研究
キーワード:座屈強度,最終強度,円筒殻,リング補強材,FE解析
2018.04~2021.03.
粒状貨物積載バルクキャリアの内圧に関する研究
キーワード:粒状貨物,慣性力,構造粒状体連成解析,個別要素法
2019.07.
粒状貨物の液状化に関する研究
キーワード:粒状貨物,液状化,船体運動,間隙水,個別要素法
2018.04.
2軸圧縮荷重下防撓パネルの簡易最終強度推定法の開発
キーワード:防撓パネル,座屈,最終強度,強度推定
2016.04.
船体縦曲げ強度に対する構造信頼性解析
キーワード:船体構造,縦曲げ強度,縦曲げモーメント,信頼性解析
2018.04.
層間はく離損傷を考慮したGFRP防撓パネル構造の崩壊挙動シミュレーションと強度評価
キーワード:GFRP防撓パネル,座屈,崩壊挙動,層間はく離
2015.04.
曲面防撓パネルの圧縮崩壊挙動の解明と最終強度推定式の構築
キーワード:曲面防撓パネル,座屈,最終強度,強度推定
2015.04.
鋼製サンドイッチパネルの崩壊挙動の解明と大型商船への適用性の検討
キーワード:鋼製サンドイッチパネル,座屈,最終強度,崩壊挙動,商船,接合
2010.04.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
The International Society of Offshore and Polar Engineers
日本機械学会
日本船舶海洋工学会
学協会役員等への就任
2017.04~2022.06, 日本船舶海洋工学会, 運営委員.
2016.10~2022.10, Asian-Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structures, International Technical Committee Member.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度   16 
2019年度   16 
2018年度     10 
2017年度 11    15 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan, 2019.10~2019.10.
Hilton Hawaiian Village, Honolulu, Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2019.06~2019.06.
Centre for Advanced Academic Studies (CAAS), Dubrovnik, Croatia, Croatia, 2019.05~2019.05.
Palais de Congres (Liege), Hotel Zuiderduin (Egmond aan Zee), Belgium, Netherlands, 2018.09~2018.09.
Australian Maritime College, Australia, 2017.04~2017.04.
受賞
九州大学 工学講義賞, 九州大学工学部, 2020.09.
日本船舶海洋工学会賞, 日本船舶海洋工学会, 2006.05.
関西造船協会賞, 関西造船協会, 2005.01.
設計工学・システム部門優秀発表表彰, 日本機械学会, 2003.11.
奨励賞, 日本造船学会, 2003.06.
広島大学工学教育顕彰, 広島大学工学部, 2000.01.
Best Paper Award, International Society of Offshore and Polar Engineers, 1998.06.
関西造船協会賞, 関西造船協会, 1994.01.
奨学褒賞, 日本造船学会, 1992.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2018年度, 基盤研究(A), 分担, 多軸応力影響と繰り返し載荷影響を考慮した船体桁の縦曲げ最終強度評価に関する研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, き裂を有するパネルの圧壊挙動メカニズムの解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 組み合わせ荷重を受ける鋼製サンドイッチパネルの崩壊挙動に関する研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, 大波高下における浮体構造の崩壊挙動解析法の開発と応用に関する研究.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, ハット型スチフナを有するGFRP防撓パネルの圧壊強度評価に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(A), 分担, 船体構造の最終強度とその確率モデルに関する研究.
1999年度~2000年度, 奨励研究(A), 代表, 面内圧縮荷重を受ける連続防撓パネルの信頼性解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2009年度~2011年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, 垂下式弾性浮体ユニット型海洋エネルギー発電技術の基礎的研究.
2002年度~2004年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 水平軸型ウインドタービン用弾性ブレードに関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.04~2021.03, 構造健全性評価手法に関する研究.
2019.04~2020.03, 構造健全性評価手法に関する研究.
2018.10~2019.03, 構造健全性評価手法に関する研究.
寄附金の受入状況
2020年度, 寄付金.
2020年度, 寄付金.
2019年度, 寄付金.
2019年度, 寄付金.
2007年度, 造船学術研究推進機構, 造船学術研究推進機構平成19年度交付金/分散メモリ型並列計算機を用いた船体構造崩壊解析の並列化効率に関する研究.
2007年度, シールド管路用鋼製セグメントの簡易構造解析手法に関する研究.
2006年度, 超弾性複合材を用いた新形式風車の開発.
2001年度, シールドトンネル用鋼製セグメントの簡易構造解析ツールの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」