九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藤田 智子(ふじた ともこ) データ更新日:2020.06.26

講師 /  比較社会文化研究院 文化空間部門 文化動態


主な研究テーマ
日本の児童虐待をめぐる刑事司法過程の社会学的研究
キーワード:児童虐待、刑事司法、ジェンダー、家族、日本
2019.05~2022.12.
代理懐胎を通した家族形成と身体の統治:オーストラリアを事例に
キーワード:家族形成、代理懐胎、生殖ツーリズム、身体の統治、オーストラリア
2018.04~2021.03.
オーストラリア家族政策の歴史――1970年代以降に注目して
キーワード:福祉政策、家族政策、家族給付、ジェンダー、新自由主義、オーストラリア
2006.04~2016.03.
オーストラリアにおける家族と生殖の社会史
キーワード:不妊治療、生殖技術、生殖補助医療、家族、オーストラリア
2013.04~2019.03.
学会活動
所属学会名
日本社会学会
関東社会学会
The Australian Sociological Association
日本家族社会学会
オーストラリア学会
International Australian Studies Association
日本比較政治学会
三田社会学会
大阪大学西洋史学会
学協会役員等への就任
2019.06~2022.06, オーストラリア学会, 理事.
2016.06~2019.06, オーストラリア学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.06.13~2020.06.14, 2020年度 第31回全国研究大会, 実行委員.
2017.10.21~2017.10.21, 第12回地域研究会(関東例会), コーディネーター.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.06~2022.06, オーストラリア研究, 国内, 編集委員.
2018.09~2018.11, オーストラリア研究, 国内, 査読委員.
2017.09~2017.11, オーストラリア研究, 国内, 査読委員.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, 代理懐胎を通した家族形成と身体の統治:オーストラリアを事例に.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2012年度~2014年度, 特別研究員, 代表, オーストラリア家族と「いのち」の社会史--生殖技術と家族計画の視点から.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2012年度~2012年度, 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム, 代表, オーストラリア家族と生殖補助医療に関する歴史社会学的研究――1930年代から1960年代を中心に.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」