九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山内 拓司(やまうち たくじ) データ更新日:2021.08.12



主な研究テーマ
急性骨髄性白血病に対する新規治療法の開発
キーワード:急性骨髄性白血病
2018.04.
従事しているプロジェクト研究
CRISPR/Cas9 システムを用いたAML新規治療標的の同定
2019.06~2019.06.
研究業績
主要原著論文
1. Takuji Yamauchi, Takeshi Masuda, Matthew C. Canver, Michael Seiler, Yuichiro Semba, Mohammad Shboul, Mohammed Al-Raqad, Manami Maeda, Vivien A. C. Schoonenberg, Mitchel A. Cole, Claudio Macias Trevino, Yuichi Ishikawa, Qiuming Yao, Michitaka Nakano, Fumio Arai, Stuart H. Orkin, Bruno Reversade, Silvia Buonamici, Luca Pinello, Koichi Akashi, Daniel E. Bauer and Takahiro Maeda, Genome-wide CRISPR-Cas9 screen identifies leukemia-specific dependence on a pre-mRNA metabolic pathway regulated by the DCPS decapping enzyme , Cancer Cell, 2018.03.
主要学会発表等
受賞
日本血液学会奨励賞, 2018.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」