九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
鳥越 尊(とりごえ たける) データ更新日:2021.10.07



主な研究テーマ
炭素-水素結合活性化の高効率触媒開発
キーワード:均一系触媒、有機金属化学
2021.04.
位置選択的な炭素-水素結合変換手法の開発
キーワード:均一系触媒、結合活性化、選択性制御
2018.04.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
学会活動
所属学会名
近畿化学協会 
有機合成化学協会
日本化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.03.22~2020.03.25, 日本化学会第100春季年会, 座長.
2019.08.31~2019.08.31, 第31回若手研究者のためのセミナー, 事務局、座長.
2019.09.14~2019.09.16, 第66回有機金属化学討論会, ポスター賞審査員.
2019.07.13~2019.07.13, 第56回化学関連支部合同九州大会, ポスター賞審査員.
2019.11.01~2019.11.02, 第23回ケイ素化学協会シンポジウム, 事務局.
2019.07.12~2019.07.13, 統合物質創製化学研究推進機構 第三回 若手の会, 世話人.
2019.05.24~2019.05.24, 第29回万有福岡シンポジウム, 事務局.
2018.05.11~2019.05.11, 万有福岡シンポジウム 第12 回 三地区若手交歓会 福岡ミニシンポジウム, 世話人.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2022年度, 若手研究, 代表, 触媒的C(sp3)-H結合活性化を志向した新規LLX型ピンサー配位子の開発.
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, 統合物質創製化学研究推進機構「融合創発研究」, 代表, 固体状態における非共有結合性相互作用を利用したC–H結合の位置選択的変換.
2019年度~2019年度, QRプログラム「わかばチャレンジ」, 代表, 官能基認識を利用したsp3炭素-水素結合の位置選択的な変換反応.
2019年度~2019年度, 統合物質創製化学研究推進機構「融合創発研究」, 代表, チオアニソール誘導体のオルト位選択的C-Hボリル化とC-S結合変換反応を経る1,2‐置換芳香族化合物合成法の開発.
2018年度~2018年度, 統合物質創製化学研究推進機構「融合創発研究」, 代表, 生物活性物質の創製を志向した含フッ素官能基の直接的導入法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」