九州大学 研究者情報
発表一覧
山崎 敦子(やまざき あつこ) データ更新日:2021.06.21

助教 /  理学研究院 地球惑星科学部門


学会発表等
1. 杉⼭夏希、⼭崎敦⼦、清川昌⼀、渡邊 剛, 薩摩硫⻩島の熱⽔活動がハマサンゴ⾻格の微細構造に与える影響, 日本サンゴ礁学会第23回大会, 2020.11.
2. 山崎 敦子、渡邊 剛、井笹 純平、阿部 理、野村 恵一, 北限域のハマサンゴ骨格の酸素同位体比から解明する1930年代以降の黒潮流路の変遷, 日本サンゴ礁学会第23回大会, 2020.11.
3. 山崎 敦子、渡邊 剛、角皆 潤、岩瀬 文人、山野 博哉, 造礁サンゴ骨格の窒素同位体比から復元された過去150 年間の黒潮流量の変動, 喜界島サンゴ礁科学シンポジウム, 2016.08.
4. 山崎 敦子、 Steffen Hetzinger、 Jonas von Reumont、 Carrie Manfrino、 角皆 潤、佐野 有司、渡邊 剛, 20世紀のカリブ海の窒素固定量の変遷, 日本サンゴ礁学会第19回大会, 2016.11.
5. Yamazaki, A., S. Hetzinger, J. von Reumont, C. Manfrino, U. Tsunogai, T. Watanabe , Change in nitrogen fixation derived from Caribbean coral skeletons, Geobremen 2017, 2017.10.
6. 山崎 敦子,小林 航,Kevin Garas,渡邊 剛, 喜界島隆起サンゴ礁における完新世のサンゴ群集及び炭酸塩生産量の変遷, 日本サンゴ礁学会第21回大会, 2018.11.
7. Yamazaki, A., T. Watanabe, F. Sinniger, S. Harii, U. Tsunogai and T. Watanabe, Survival strategy of mesophotic Porites corals inferred from sclerochronology and geochemistry, Gordon Research Conference on Mesophotic Coral Reef Ecosystems, 2019.06.
8. Yamazaki, A., S. Hetzinger, J. von Reumont, C. Manfrino, U. Tsunogai, T. Watanabe , Caribbean nitrogen fixation weakens with ocean currents through the 20th century, Project A, 2019.03.
9. Atsuko Yamazaki, Jumpei Isasa, Keiichi Nomura, Tsuyoshi Watanabe, Kuroshio meander recorded in coral oxygen isotopes, The EGU General Assembly 2018, 2018.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」