九州大学 研究者情報
論文一覧
吉田 謙太郎(よしだけんたろう) データ更新日:2024.06.03

教授 /  エネルギー研究教育機構


原著論文
1. Jihyeok Jung, Deok-Joo Lee, Kentaro Yoshida, Comparison between Korean and Japanese consumers’ preferences for fuel cell electric vehicles, Transportation Research Part D: Transport and Environment, https://doi.org/10.1016/j.trd.2022.103511, Volume 113, 2022.12.
2. 殷子鈞,吉田謙太郎,井元智子, コロナ禍による自然観光への意識変化―混雑緩和と入域料支払額に着目して―, 農村経済研究, 40, 1, 84-93, 2022.06.
3. 吉田謙太郎, 井元智子, 趙心童, 殷子鈞, 中国の消費者による電気自動車属性の重要度評価, エネルギー・資源学会論文誌, https://doi.org/10.24778/jjser.43.3_65, 43, 3, 65-74, 2022.05.
4. 吉田謙太郎, 脱炭素化に向けた電源構成のベスト・ワースト・スケーリング評価, エネルギー・資源学会論文誌, https://doi.org/10.24778/jjser.42.3_138, 42, 3, 138-147, 2021.05.
5. 諸賀加奈,吉田謙太郎, スマートシティを中心としたライフスタイル変革とグリーンリカバリーの実現, 環境経済・政策研究, 14, 1, 47-50, 2021.03.
6. 吉田謙太郎,井元智子,趙心童, 外食チェーンにおける持続可能な食材調達に関するBWS評価, 農業経済研究, 92, 4, 365-370, 2021.03.
7. 吉田謙太郎, ベスト・ワースト・スケーリングによる電気自動車への消費者選好評価, エネルギー・資源学会誌, https://doi.org/10.24778/jjser.42.1_1, 42, 1, 1-10, 2020.11.
8. 吉田謙太郎, 次世代自動車と環境・エネルギー問題に関する考察, 環境経済・政策研究, https://doi.org/10.14927/reeps.13.2_60, 13, 2, 60-65, 2020.09.
9. 吉田謙太郎, 未来社会の経済システムと農業・農村の課題解決, 農業および園芸, 95, 1, 2-7, 95(1), 2-7, 2020.01.
10. 板岡健之,木村誠一郎,広瀬雄彦,吉田謙太郎, 既存ステーションを考慮したPメディアンモデルによる水素ステーション配置に関する研究, エネルギー・資源学会誌, https://doi.org/10.24778/jjser.40.6_242, 40, 6, 242-249, 40, 6, 242-249, 2019.11.
11. 安可,吉田謙太郎,山本充, ベスト・ワースト・スケーリングによる食料品原産国表示への中国人消費者の選好評価, 農業経済研究, https://doi.org/10.11472/nokei.91.47, 91, 1, 47-52, 91(1), 47-52, 2019.06.
12. 吉田謙太郎, 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける調達コードと環境認証, 環境経済・政策研究, 12, 1, 59-63, 2019.03.
13. 吉田謙太郎, 環境価値の経済評価研究の現状と展望―ベスト・ワースト・スケーリングを中心として―, 環境情報科学, 48, 1, 20-24, 2019.03.
14. K. Murakami, N. Itsubo, K. Kuriyama, K. Yoshida, K. Tokimatsu, Development of Weighting Factors for G20 Countries. Part 2: Estimation of Willingness to Pay and Annual Global Damage Cost, The International Journal of Life Cycle Assessment, https://doi.org/10.1007/s11367-017-1372-1, 23, 12, 2349-2364, 2018.12.
15. N. Itsubo, K. Murakami, K. Kuriyama, K. Yoshida, K. Tokimatsu, A. Inaba, Development of weighting factors for G20 countries—explore the difference in environmental awareness between developed and emerging countries, The International Journal of Life Cycle Assessment, 10.1007/s11367-017-1372-1, 23, 12, 2311-2326, 2018.12.
16. 安可,吉田謙太郎,山本充, ベスト・ワースト・スケーリングによる国立公園施設整備事業への中国人観光客の重要度評価, 環境情報科学学術研究論文集, https://doi.org/10.11492/ceispapers.ceis31.0_195, 31, 195-200, 2017.11.
17. Fujino, M., K. Kuriyama, K. Yoshida, An Evaluation of the Natural Environment Ecosystem Preservation Policies in Japan, Journal of Forest Economics, https://doi.org/10.1016/j.jfe.2017.08.003, 29, 62-67, 2017.10.
18. Santos, S.D., K. Omine, J.B. Ford, K. Sugimura, K. Yoshida, Using Spatial Metrics and Surveys for the Assessment of Transboundary Deforestation in Protected Areas of the Maya Mountain Massif: Belize-Guatemala Border, Journal of Environmental Management, https://doi.org/10.1016/j.jenvman.2016.11.063, 187, 320-329, 2017.02.
19. 安可,吉田謙太郎, 中国雲南省における生態系保全政策への選好多様性を考慮した経済評価, 環境情報科学学術研究論文集, https://doi.org/10.11492/ceispapers.ceis30.0_219, 30, 219-224, 2016.11.
20. 吉田謙太郎, 自然公園地域への入域料に関する考察, 環境経済・政策研究, https://doi.org/10.14927/reeps.9.2_47, 9, 2, 8-11, 2016.09.
21. Koji Tokimatsu, Masahiko Aicha, Kentaro Yoshida, Masahiro Nishio, Eiichi Endo, Masaji Sakagami, Kayo Murakami, Norihiro Itsubo, Measuring marginal willingness to pay using conjoint analysis and developing benefit transfer functions in various Asian cities, International Journal of Sustainable Development & World Ecology, https://doi.org/10.1080/13504509.2016.1168326, 23, 6, 541-552, 2016.04.
22. Hidemichi Fujii , Kentaro Yoshida, Ken Sugimura, Research and Development Strategy in Biological Technologies: A Patent Data Analysis of Japanese Manufacturing Firms, Sustainability, https://doi.org/10.3390/su8040351, 8, 4, 351-366, 2016.04.
23. 吉田謙太郎,井元智子,柘植隆宏,大床太郎, 環境評価研究の動向と今後の課題, 環境経済・政策研究, https://doi.org/10.14927/reeps.9.1_38, 9, 1, 38-50, 2016.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。