九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
奥村 晶子(おくむら あきこ) データ更新日:2020.04.13



主な研究テーマ
ユビキチン化関連因子が果たす生理的役割の解明
キーワード:ユビキチン
2019.11.
従事しているプロジェクト研究
ガン発症におけるRUNXタンパク質の機能解析
2005.04, 代表者:奥村晶子, 九州大学, 九州大学(日本).
研究業績
主要原著論文
1. Okumura Joo A, Peterson LF, Okumura F, Boyapati A, Zhang DE, t(8;21)(q22;q22) fusion proteins preferentially bind to duplicated AML1/RUNX1 DNA binding sequences to differentially regulate gene expression., Blood , 112, 4, 1392-1401, 112(4): 1392-401, 2008.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Peterson LF, Boyapati A, Ahn EY, Biggs JR, Okumura Joo A, Lo MC, Yan M, Zhang DE, Acute Myeloid Leukemia with the 8q22;21q22 Translocation: Secondary Mutational Events and Alternative t(8;21) Transcripts., Blood, 2007.01, Nonrandom and somatically acquired chromosomal translocations can be identified in nearly 50% of human acute myeloid leukemias. One common chromosomal translocation in this disease is the 8q22;21q22 translocation. It involves the AML1 (RUNX1) gene on chromosome 21 and the ETO (MTG8, RUNX1T1) gene on chromosome 8 generating the AML1-ETO fusion proteins. In this review, we survey recent advances made involving secondary mutational events and alternative t(8;21) transcripts in relation to understanding AML1-ETO leukemogenesis..
主要学会発表等
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The Scripps Research Institute, University of Carifornia San Diego, Moores Cancer Center, UnitedStatesofAmerica, 2005.04~2008.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 特別研究員奨励費, 代表, ガン発症におけるRUNXタンパク質の機能解析.
2013年度~2016年度, 特別研究員奨励費, 代表, t(8;21)AML発症におけるAML1-ETOタンパク質の機能解析.
2009年度~2009年度, 若手研究(A,B), 代表, PI3Kシグナル伝達経路を介したオートファジー制御機構の解明.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2005年度~2005年度, 持田記念医学薬学振興財団 留学補助金, 代表, 転写因子 AML1 の造血系における機能および白血病誘発機序の解明.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2017年度~2019年度, 特別研究員, 代表, ガン発症におけるRUNXタンパク質の機能解析.
2013年度~2016年度, 特別研究員, 代表, t(8;21)AML発症におけるAML1-ETOタンパク質の機能解析.
2005年度~2006年度, 特別研究員, 代表, STAT3.
2003年度~2004年度, 特別研究員, 代表, 癌細胞におけるSTAT3の活性化機構と共役因子の同定.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」