九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
佐々木 翔一(ささき しよういち) データ更新日:2022.06.27

助教 /  九州大学病院 手術部


従事しているプロジェクト研究
糖尿病治療薬SGLT2阻害薬に関連した術後 ケトアシドーシスに関する多施設共同前向き観察研究(SAPKA Study)
2021.01~2022.12, 代表者:関 博志, 杏林大学医学部 麻酔科学教室, 杏林大学医学部 麻酔科学教室
SGLT2阻害薬を服用していて全身麻酔で手術を受ける成人における、術後ケトアシドーシスの発生頻度を調べる。.
研究業績
主要原著論文
1. 佐々木 翔一, 水田 幸恵, 松尾 和雅, 甲斐 哲也, 腸骨窩腎移植後患者での腹臥位腰椎手術における移植腎圧迫回避の工夫, 麻酔, 68, 8, 834-837, 2019.08.
2. Taichi Ando, Makoto Sumie, Shoichi Sasaki, Miho Yoshimura, Keiko Nobukuni, Jun Maki, Katsuyuki Matsushita, Kazuhiro Shirozu, Midoriko Higashi, Ken Yamaura, Anesthetic management of cesarean section in a patient with Takayasu’s arteritis: A case report, JA Clin Rep., 8, 1, 2022.01.
3. Takahashi, Keita; Imura, Kazuya; Nobukuni, Keiko; Sasaki, Shoichi; Nagano, Taichi; Harada, Noboru; Yoshizumi, Tomoharu; Higashi, Midoriko; Yamaura, Ken, Anesthetic Management Using Low Fraction of Inspiratory Oxygen for Living Donor Liver Transplantation in a Patient With Hepatopulmonary Syndrome Complicated by Interstitial Pneumonia: A Case Report, TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 10.1016/j.transproceed.2021.08.007, 53, 8, 2556-2558, 2021.10.
4. Higuchi M, Sasaki S, Kawadoko S, Uchiyama H, Yasui T, Kamihira T, Aoki K, Sasaguri T, Nakano R, Uchiyama A, Muta T, Ohshima K, Epstein-Barr virus-positive diffuse large B-cell lymphoma following acute myeloid leukemia: a common clonal origin indicated by chromosomal translocation t(3;4)(p25;q21)., Int J Hematol, 10.1007/s12185-015-1802-4, 102, 4, 482-487, 2015.10.
主要学会発表等
1. 佐々木 翔一, 河﨑 翔, 牛尾 春香, 本山 嘉正, 神田橋 忠, 外 須美夫, 食道ステントによる食道気管支瘻に対し二期的に胸部大動脈ステントグラフト内挿術と食道切除再建術を行った患者の麻酔経験, 九州麻酔科学会第53回大会, 2015.09.
2. 佐々木 翔一, 水田 幸恵, 松尾 和雅, 甲斐 哲也, 右腸骨窩生体腎移植後の患者に対して腰椎後方除圧固定術を施行するため腹臥位保持に工夫を要した一例, 九州麻酔科学会第55回大会, 2017.09.
3. 佐々木 翔一, 水野 圭一郎, 古賀 由希恵, 春田 佳代子, 石川 真理子, 泉 薫, 小児腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に対する硬膜外併用全身麻酔における筋弛緩薬の必要性の検討, 九州麻酔科学会第56回大会, 2018.09.
学会活動
所属学会名
日本麻酔科学会
日本心臓血管麻酔学会

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」