九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
森 史(もり ふみと) データ更新日:2021.05.16

助教 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 モデリング・最適化


主な研究テーマ
複雑ネットワークにおける情報流、振動周期の揺らぎ
キーワード:複雑ネットワーク、情報流、生物リズム、同期現象
2019.04.
従事しているプロジェクト研究
複雑ネットワーク上の情報の流れの理論構築と生物の環境適応機構の解明
2019.04, 代表者:森 史, 九州大学.
研究業績
主要原著論文
1. Fumito Mori, Necessary Condition for Frequency Synchronization in Network Structures, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 10.1103/PhysRevLett.104.108701, 104, 10, 2010.03, We present the necessary condition for complete frequency synchronization of phase-coupled oscillators in network structures. The surface area of a set of sites is defined as the number of links between the sites within the set and those outside the set. The necessary condition is that the surface area of any set of cN (0 < c < 1) oscillators in the N-oscillator system must exceed root N in the limit N -> infinity. We also provide the necessary condition for macroscopic frequency synchronization. Thus, we identify networks in which one or both of the above mentioned types of synchronization do not occur..
2. Fumito Mori, Atsushi Mochizuki, Expected Number of Fixed Points in Boolean Networks with Arbitrary Topology, PHYSICAL REVIEW LETTERS, 10.1103/PhysRevLett.119.028301, 119, 2, 2017.07, Boolean network models describe genetic, neural, and social dynamics in complex networks, where the dynamics depend generally on network topology. Fixed points in a genetic regulatory network are typically considered to correspond to cell types in an organism. We prove that the expected number of fixed points in a Boolean network, with Boolean functions drawn from probability distributions that are not required to be uniform or identical, is one, and is independent of network topology if only a feedback arc set satisfies a stochastic neutrality condition. We also demonstrate that the expected number is increased by the predominance of positive feedback in a cycle..
3. Fumito Mori, Takashi Okada, Diagrammatic expansion of information flows in stochastic Boolean networks, Physical Review Research, 10.1103/physrevresearch.2.043432, 2, 4, 2020.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本時間生物学会
電子情報通信学会
日本数理生物学会
日本物理学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 振動子集団のネットワーク構造と同期ダイナミクスの関係を統一的に記述する理論の構築.
2011年度~2013年度, 特別研究員奨励費, 代表, 振動子集団のネットワーク構造と同期ダイナミクスの関係を統一的に記述する理論の構築.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 複雑ネットワーク上の情報の流れの理論構築と生物の環境適応機構の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」