九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
胡 慶江(ふう ちんじやん) データ更新日:2022.06.15



主な研究テーマ
食道癌におけるctDNAを用いたリキッドバイオプシーの応用
キーワード:食道癌、リキッドバイオプシー
2022.05~2022.05.
胃癌におけるCYTと局所腫瘍免疫及び臨床予後との関連
キーワード:胃癌、免疫
2020.02~2021.02.
研究業績
主要原著論文
1. Qingjiang Hu 1 , Kentaro Nonaka 1 , Hiroaki Wakiyama 2 , Yu Miyashita 1 , Yoshiaki Fujimoto 1 , Tomoko Jogo 1 , Kentaro Hokonohara 1 , Ryota Nakanishi 1 , Yuichi Hisamatsu 1 , Koji Ando 1 , Yasue Kimura 1 , Takaaki Masuda 2 , Eiji Oki 1 , Koshi Mimori 2 , Yoshinao Oda 3 , Masaki Mori 1, Cytolytic activity score as a biomarker for antitumor immunity and clinical outcome in patients with gastric cancer, CANCER MEDICINE, 10.1002/cam4.3828, 2021.03.
2. Qingjiang Hu, Takaaki Masuda, Kensuke Koike, Kuniaki Sato, Taro Tobo, Shotaro Kuramitsu, Akihiro Kitagawa, Atsushi Fujii, Miwa Noda, Yusuke Tsuruda, Hajime Otsu, Yosuke Kuroda, Shuhei Ito, Eiji Oki, Koshi Mimori, Oxysterol binding protein-like 3 (OSBPL3) is a novel driver gene that promotes tumor growth in part through R-Ras/Akt signaling in gastric cancer, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/s41598-021-98485-9, 11, 1, 2021.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, 代表, in silico解析で同定した胃癌新規癌遺伝子の生物学的意義と臨床的意義.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2021年度~2022年度, 2021年度バイエル薬品アカデミックサポート, 代表, 空間的トランスクリプトーム解析を用いた大腸癌ドライバー遺伝子と局所免疫との関連の解明.
2019年度~2021年度, ヒロセ財団研究助成金, 代表, 進行再発胃癌におけるcytolytic activity scoreとPD-1阻害の治療効果との関連.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」