九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森 大輔(もり だいすけ) データ更新日:2022.06.22

講師 /  医学研究院 保健学部門 医学系学府 保健学専攻


教育活動概要
教育では、看護学専攻、医用量子線専攻および検査技術科学専攻の学生に「病原体学」の講義を担当している。また、検査技術科学専攻学生に「臨床微生物学および実習」、「医療安全・バイオリスク管理および実習」の講義および実習を担当している。
担当授業科目
2022年度・冬学期, 医療安全・バイオリスク管理および実習.

2022年度・前期, 臨床微生物学および実習.

2022年度・前期, 病原体学.

2021年度・冬学期, 医療安全・バイオリスク管理および実習.

2021年度・前期, 臨床微生物学および実習.

2021年度・前期, 病原体学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2022.03, 全学, 参加, 新M2Bシステムの使い方~新機能を中心に紹介します~.

2021.12, 全学, 参加, リベラルサイエンス教育開発FD「教養科目としての統合科学:ビッグヒストリーで紡ぐ社会と自然科学」.

2021.12, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2021.09, 学科, 参加, With/Postコロナ時代の保健学実習・講義のあり方.

学生のクラス指導等
2022年度, 学部, 2022年度入学生 副担任.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2021年度, 大分大学医学部微生物学講座 客員研究員, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.10, Research and Innovation Competition 2018 (PEREKA 2018) , Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, Universiti Malaysia Sabah.

2018.10, International Symposium on Physiological Anthropology 2018 (ISPA 2018), Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, International Symposium on Physiological Anthropology.

2018.09, 50th Asia-Pacific Academic Consortium of Public Health Conference (APACPH), Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, Asia-Pacific Academic Consortium of Public Health.

2017.11, The XXII International Conference of the Society for Human Ecology 2017, Los Baños, Philippines, Society for Human Ecology (SHE) .

2017.10, Research and Innovation Competition 2017 (PEREKA 2017) , Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia, Universiti Malaysia Sabah.

2013.06, 28th International Congress of Chemotherapy and Infection Incorporating / 14th Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection, Yokohama, Japan, Chemotherapy and Infection Incorporating/Asia-Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection.

2012.11, The 6th Asian Congress of Pediatric Infectious Diseases (ACPID 2012), Colombo, Sri Lanka, Asian Congress of Paediatric Infectious Diseases.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」