九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
出水 薫(いずみ かおる) データ更新日:2021.06.30

教授 /  法学研究院 政治学部門 政治学基礎


主な研究テーマ
地域における政治過程
キーワード:自治体、地方自治、政治過程
1999.12.
韓国における政党政治
キーワード:韓国、政党、選挙、政治過程、自治体
1999.12.
従事しているプロジェクト研究
福岡県下自治体の政治・行政過程研究
2005.04, 代表者:出水薫, 九州大学大学院法学研究院, 福岡県地方自治研究所(日本)
福岡県下の自治体をめぐる政治・行政過程研究。.
歴史の政治学
2008.04~2011.03, 代表者:出水薫, 九州大学大学院法学研究院, 九州大学(日本)
韓国の現代史解釈と歴史教育を政治学の観点から研究。.
研究業績
主要著書
1. 出水薫、大曽根寛、森田慎二郎、金川めぐみ、小西啓文ほか, 福祉社会へのアプローチ 久塚純一先生古希祝賀, 誠文堂, 上巻、分担執筆、「原発再稼働問題と地域政治-川内原発の事例を通じて」、51-83ページ, 2019.05.
2. 著者:崔章集、訳者:磯崎典世、出水薫、金ホンヨン、浅羽祐樹、文京洙, 民主化以後の韓国民主主義, 2012.01.
3. 出水薫、金丸裕志、椛島洋美、八谷まち子、原清一、他, 先進社会の政治学-デモクラシーとガバナンスの地平, 2006.06.
4. 出水薫、木村朗、岩下明裕、中村尚樹、井竿富雄, 核の時代と東アジアの平和, 2005.03.
5. 出水薫、石川捷治、平井一臣、熊野直樹、井竿富雄、山田良介、兵頭淳史、三宅浩之, 終わらない20世紀 東アジア政治史1894〜, 法律文化社, 2003.03.
主要原著論文
1. 出水薫, 伊方原発再稼働への同意をめぐる自治体政治過程への事例分析, 法政研究, 第87巻, 第1号, 1-35, 2020.07.
2. 出水薫, 玄海原発再稼働における地域政治過程, 法政研究, 第85巻, 第3・4合併号, 1-32, 2019.03.
3. 出水 薫, 玄海原発の防災態勢をめぐる政治過程-地域政治過程における物理的距離という要素を考察するための準備的事例分析, 法政研究, 83, 4, 175-204, 2017.03.
4. 出水 薫, 平井一臣, 土肥勲嗣, 日韓ナショナリズムと自治体間関係-日本側アンケート調査を手掛かりとして-, 政治研究, 60, 73-95, 2013.03.
5. 出水薫, 「イデオロギー」から「ローカル・デモクラシー」へ-藪野政治学の軌跡と現代政治-, 法政研究, 76, 4, pp.29-46, 2010.03.
6. 出水薫, 글로벌화와 지역정치-일본의 현상, 韓国地方政府学会編『韓・日・中 地方政府의 理解와 交流』, pp.5-28, 2008.10.
7. 出水薫, 한일관계에 있어서 중국의 존재, 국사편찬위원회『광복60년;한국의 변화와 성장 그리고 희망』국사편찬위원회, pp.355-385, 2006.01.
8. 出水薫, 民主化後の韓国政党制, APCアジア太平洋研究, 第8号
pp.10-24, 2001.01.
9. 出水薫, 韓国の国会議員選挙と政治変動-その因果関係に関する一考察, 九大法学, 第76号
pp.314-348, 1998.12.
10. 出水薫, 韓国政治における地域割拠現象-第6共和国の国政選挙結果に見るその実態と変化, 外務省調査月報, 1996年度第3号
pp.1-31, 1996.12.
11. 出水薫, 敗戦後の博多港における朝鮮人帰国について-博多引揚援護局『局史』を中心とした検討, 法政研究, 第60巻第1号
pp.71-101, 1993.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 平井一臣、出水薫、木原滋哉、土肥勲嗣, 日韓ナショナリズムと自治体関係に関する調査報告(科学研究費、基盤研究(B)2009~2011年度、課題番号21330029), 2012.03.
2. 福岡県議会事務局, 福岡県議会史 平成篇第二巻, 2011.03.
3. 出水薫, 政権交代と自治体, 地方自治ふくおか(福岡県地方自治研究所), 2010.10.
4. 福岡県議会事務局, 福岡県議会史 平成篇第一巻, 2010.03.
5. 出水薫, 文献紹介:金斗昇『池田勇人政権の対外政策と日韓交渉』, 同時代史学会編『同時代史研究』第2号, 2009.12.
6. 福岡県議会事務局, 福岡県議会史 第十二巻, 2008.03.
7. 福岡県議会事務局, 福岡県議会史 第十一巻, 2006.03.
8. 福岡県議会事務局, 福岡県議会史 第十巻, 2004.03.
9. 出水薫、兵頭淳史、光本伸江, 福岡における「革新」県政, 地方自治ふくおか(福岡県地方自治研究所), 2000.01.
主要学会発表等
1. 出水 薫, 原発再稼動と知事-川内原発の事例を通じて, 日本地方政治学会, 2017.06, [URL].
2. 出水 薫, 迷惑施設をめぐる「距離」と「当事者性」の政治過程-原発再稼働問題の事例を通じて, 日本政治学会, 2016.10, [URL].
3. 出水 薫, 分権改革による地域の政治過程の変化-原発再稼動の事例, 日本地方政治学会, 2016.06, [URL].
4. 出水薫, 이원저가 일본 정권 교체에 미치는 영향, 경희대학교 국제지역연구원, 경희대학교 법학연구소 국제인권법연구센터, 2011.02.
学会活動
所属学会名
International Political Science Association
日本地方政治学会
日本政治学会
学協会役員等への就任
2014.06~2018.06, 日本地方政治学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.07.08~2012.07.12, 世界政治学会(IPSA), 座長(Chairmanship).
2011.02.07~2011.02.07, 第8回 九大・北大合同 フロンティアセミナー, 司会(Moderator).
2009.07.12~2009.07.17, 世界政治学会(IPSA), 座長(Chairmanship).
2015.10.10~2015.10.10, 日本政治学会2015年度研究大会, 分科会討論者.
2007.10, 日韓シンポジウム, 報告者.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2002.04~2011.03, 法政研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2011年度      
2010年度      
2009年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2009.09~2010.08, 1ヶ月以上, ブギョン大学(大韓民国), Korea, 民間・財団.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 日韓ナショナリズムと自治体間関係.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 韓国における歴史をめぐる政治-「解放3年史」を中心に.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」