九州大学 研究者情報
発表一覧
田代 康介(たしろ こうすけ) データ更新日:2021.10.27

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学


学会発表等
1. 林 聡美、石田 麻莉奈、田代 康介, TNF-aによるMMP1遺伝子発現誘導に対するIL-1の関与, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, Lung fibroblast, one of micro structures that composes lung, is activated when the lung is damaged and produce collagen which is cause of lung fibrosis. Lung fibrosis is a disease that is characterized by lung inflammation and abnormal tissue repair, resulting in the replacement of normal functional tissue with an abnormal accumulation of fibroblasts and deposition of collagen in the lung. MMP1(Matrix metalloproteinase-1) enzyme is responsible for decomposing collagen which decrease gene expression relatively in the process of lung fibrosis. Previous research showed that the expression level of MMP1 is increased with several cytokines. In particular, stimulation of both IL-1 and TNF-a synergistically increase MMP1, which may lead to improve of lung fibrosis. Therefore, in this research, to clarify the function of IL-1 on MMP1 gene expression, we focused on several cytokine receptor gene expressions using MRC-5 human lung fibroblast cell. The expression level of the receptor group genes and other related genes were analyzed using both inflammatory cytokines of TNF-a and IL-1. Our works showed that IL-1 may modulate the expression of TNF-a receptors which will be a key to the synergistic increase of the MMP1 gene by the simultaneous stimulation of the two cytokines..
2. 岡本 愛華、渡辺 菜歩、田代 康介, 大腸がん細胞における神経ペプチドGalaninの浸潤促進機構, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, Colorectal cancer (CRC) is the most common gastrointestinal cancer in the Western world and it is an important cause of cancer-related death. A significant cause of mortality in patients with CRC is tumor relapse after curative surgical resection. Therefore, reliable predictors of tumor recurrence for patients with stage II CRC are needed to select patients who should receive adjuvant chemotherapy. This study is being conducted in order to identify biological substances that may be involved in cancer development.In a previous study, DNA microarray analysis revealed that galanin expression was significantly higher in CRCs, especially with recurrence, compared with normal colonic mucosa. This suggests that high expression of GAL is associated with poor prognosis of stage II CRC patients. GAL, a 30-amino acid neuroendocrine peptide, is widely expressed in nervous and endocrine systems. However, the prognostic value of GAL expression in CRC is poorly understood.The objective in this research is to reveal the functions of GAL and its downstream genes in the invasion and the metastasis by using HCT116 cells derived from CRL which have relatively high invasive capacity. Matrigel invasion assay revealed that silencing of GAL expression significantly decreased the invasive activity of CRC cells and addition of GAL protein promoted the invasion. This shows that GAL plays a critical role in the invasion of HCT116 cells. Furthermore, DNA microarray analysis revealed that ERK signaling pathway is involved in the promotion of invasion by GAL.In further study, we will influence of GAL on ERK pathway including its downstream genes..
3. 小野 花香、須和田 拓耶、馬場 映、田代 康介, Prdm6は中胚葉系細胞分化を制御する, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, During the process of differentiation, epigenetic forces works on, determining what DNA gets transcribed and what is ignored.Prdm6 belongs to the PRDM family of transcriptional repressors which all possess an N-terminal PR domain and C-terminal Kruppel-like zinc finger motifs, and expected to play a role as a transcription factor. Prdm6 was characterized as a transcriptional repressor that is expressed and plays a role in the vascular system. Moreover, Prdm6 was described as a factor that controls survival and differentiation of endothelial cells in the vascular system. To investigate the role of Prdm6 in the process of mesodermal formation, we generated and analyzed Prdm6-deficient cells in P19 cells.Since Prdm6 acts as a transcription factor, we performed genome-wide cDNA microarray analysis and compared gene expression patterns between wild type cell and knockout Prdm6 cell. The deletion of Prdm6 resulted in the decreased expression levels of cardiac muscle, vascular smooth muscle and skeletal muscle genes. Moreover, the expression of mesodermal differentiation regulator was also downregulated in the absence of Prdm6. However, it was rescued in the overexpression of Prdm6, indicating that Prdm6 expression is essential for the mesodermal differentiation. We thus identified Prdm6 as a factor that regulates mesodermal differentiation..
4. 馬場 光、合田 紗季、田代 康介, ガラニンは大腸がん細胞の浸潤に関わる, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, Colorectal cancer (CRC) is the second most common cancer worldwide, and comprises one of the most important causes of cancer-related death. Colorectal cancer starts in the innermost layer, the mucosa, and can grow outward through the other layers. This process is called cancer invasion. When cancer cells are in a wall of colon or rectum, they can then grow into blood vessels or lymph vessels. From there, they can travel to nearby lymph nodes or to distant parts of the body. Once cancer cells have spread to the other organs, the survival rates decline significantly. Therefore, reliable predictors of tumor recurrence are needed to select patients who should receive therapy. Previous studies have shown that Galanin mRNA expression level is higher in CRC with tumor recurrence than in CRC without recurrence, however the role of galanin in CRC development is still poorly understood. Here, we investigated which receptor Galanin binds in CRC cell invasion among Galanin receptor1-3 (GALR1-3). Three subtypes of GALR mRNA expression level in human colon cancer cell line HCT116 was measured by real time PCR. Invasive activity of HCT116 was measured using invasion assay when GALR1/2 gene were expressed ectopically. GALR1 and GALR2 mRNA expression levels were dramatically reduced compared to GALR3 in HCT116. Invasive activity of GALR1/2 gene transfected HCT116 cells were decreased compared to mock transfected cells. Considering these results, downregulation of GALR1/2 may enhance HCT116 cells invasion..
5. 笠 智美、馬場 映、田代 康介, Prdm13は神経分化過程においてTrkBの発現に影響を及ぼす, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, Cell varieties of multicellular organisms have acquired several functions through the process of differentiation. Diversification of intracellular transcription produces that process. Thus the regulation of gene expression is indispensable for ontogenesis. Epigenetic regulators operate transcription without variance of DNA sequence. Prdm genes, which contain a PR domain and ZF domains, might be one of the epigenetic factors. Here, we investigated the function of Prdm13 gene in neural differentiation.To examine the function of Prdm13, we induced neurodifferentiation in Prdm13 knockout cells and wild-type cells. When inducing neurodifferentiation in Prdm13 knockout cells, they lost neuron-like morphology over time. Actually, the number of Prdm13 knockout cells was fewer than that of wild-type cells. According to RT-qPCR expression of tubulin beta 3, a marker of neuron, was halved on day 8 compared to wild-type cells. A decrease of the expression was also observed from antibody staining. TrkB, which is one of the receptor of Neurotrophins, is related to growth factors for survival, development and so on. The expression of TrkB in Prdm13 knockout cells became about 60% of wild-type cells on day 6. In summary, it was suggested that Prdm13 functions for the survival and development of the cell by regulating the expression of TrkB..
6. 西村 悠、岡本 愛華、田代 康介, ポリフェノールのヒト結腸線癌細胞HCT116への影響, 第43回日本分子生物学会年会, 2019.12, Cancer is the leading cause of death in Japan, and among them, colorectal cancer ranks high in both morbidity and mortality. Early detection and treatment are emphasized as clinical cancer control to solve this situation, and cancer prevention" is considered to be the most fundamental cancer control. Specifically, it is necessary to improve the living environment to prevent cancer. In particular, improving eating habits is considered to be a relatively easy, many research and development of health foods and functional foods have been undertaken. In this study, we analyzed the effects of polyphenols, which are attracting attention in such food research, on colon cancer cells. Four types of polyphenols were used: Quercetin, Naringenin, Piceatannol, and Kaempferol, all of which were dissolved in DMSO and added to HCT116 of human colon cancer cells. In this experiment, we analyzed three factors: cell proliferation, cell migration, and cell invasion. In cell proliferation, Naringenin did not affect cell death but Quercetin and Kaempferol have a slight effect on HCT116. In cell migration, only Piceatannol suppressed it on HCT116. In cell invasion, Piceatannol and Kaempferol comparatively suppressed HCT116 invasion.We thought each of these polyphenols act by different mechanisms in colorectal cancer. So we will investigate the effects of proliferation on apoptosis and motility on the mechanism of epithelial mesenchymal conversion by focusing on changes in protein and gene expression.".
7. 松中 南、上土井 達哉、タイン ヌグイエン コン、飯田 拳史、金 相完、田代 康介、 大森 英樹、大島 一能、岩本 武夫、廣政 恭明、土居 克実, Bacillus cereus に感染する広宿主域ジャンボファージ vB¥BceM_WH1 の特性とゲノム解析
Characterization and genome structure of broad host range jumbo phage infecting Bacillus cereus, 日本農芸化学会2021年度大会, 2020.03, バクテリオファージのうち、ゲノムサイズが 200 kbp 以上のものは jumbo phage と分類され、高い
遺伝的多様性を示す。これら jumbo phage のうち、グラム陽性菌を宿主とするものは報告例が少なく、
その特性やゲノム構造解明により、新たな知見が得られることが期待できる。本研究は、Bacillus 属を
宿主とする新奇な jumbo phage を分離し、その特性とゲノム構造を解析することを目的とした。
vB_BceM_WH1 は、Bacillus cereus を指示菌として樹皮より分離された。本ファージはプラーク形状
から溶菌ファージと考えられ、電子顕微鏡観察から、直径約 100 nm の正二十面体の頭部、約 300 nm
の収縮性尾部を持つことから Myooviridae 科に分類された。vB_BceM_WH1 は、Bacillus thuringiensis,
Bacillus mycoides など B. cereus の近縁種に感染し、比較的広い宿主域を示した。ゲノム構造解析の結
果、vB_BceM_WH1 ゲノムは 229,829 bp で 300 個の ORF が推定された。相同性検索の結果、ORF 中
には DNA 複製や核酸代謝関連遺伝子が 29、溶菌関連遺伝子が 4、構造タンパク質遺伝子が 16 同定さ
れ、その他は機能未知であった。ファージ粒子タンパク質を SDS-PAGE で分画後、ESI-MS で各断片
のアミノ酸配列を決定したところ、21 種のタンパク質が検出された。このような大サイズゲノムは本
ファージが進化の過程や宿主との相互作用で獲得したものと考えられた。
Tailed phages with genomes larger than 200 kbp are classified as “jumbo phages.” Phages of this kind usually
harbor large virions and are rarely isolated. The jumbo phages infecting Gram-positive bacterial host strains have
been rarely isolated, and the host strains of the phages almost belong to the genus Bacillus. Therefore, study of
the Bacillus jumbo phage might provide understanding for new aspects of phage evolution and interaction with
the host. Lytic phage vB_BceM_WH1 was isolated from barks with Bacillus cereus as an indicator. An electron
microscopy revealed that it has an icosahedral-shaped head approximately 100 nm in diameter, a neck, and a
contractile sheath 300 nm in length. According to the ICTV classification, vB_BceM_WH1 belongs to the family
Myoviridae. The phage infected to some species of B. cereus group. From nucleotide sequence analysis, genome
size of vB_BceM_WH1 was 229,829 bp and 300 ORFs were annotated. Some ORFs similar with nucleic acid
metabolic protein-, lytic enzyme- and structural protein- encoding genes of other phages. With ESI-MS analysis,
21 virion proteins were detected. This phage might have evolved from phage with smaller genome by acquiring
additional functional genes from its host bacteria..
8. 筥崎 悠貴、高見沢 健留、志田 洋介、森 一樹、田代 康介、油谷 幸代、山崎 晴丈、髙久 洋暁、小笠原 渉, マーカーリサイクル法を用いたRhodosporidium toruloides 二倍体株におけるKU70破壊株の作出
Creation of KU70 deletion strain in Rhodosporidium toruloides diploid strain using marker recycling method
, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
9. 佐藤 里佳子、山田 日向子、森 一樹、油谷 幸代、荒 学志、山崎 晴丈、志田 洋介、小笠原 渉、矢追 克郎、荒木 秀雄、田代 康介、高久 洋暁, 比較ゲノム解析による油脂酵母 Lipomyces starkeyi の油脂低蓄積原因遺伝子の同定
Identification of lipid low accumulation responsible genes of oleaginous yeast Lipomyces starkeyi using comparative genome analysis

, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
10. 風間 春香、森 一樹、油谷 幸代、荒 学志、山崎 晴丈、志田 洋介、小笠原 渉、矢追 克郎、荒木 秀雄、田代 康介、高久 洋暁, 比較ゲノム解析による油脂酵母 Lipomyces starkeyi の新規油脂蓄積制御因子の同定とその機能解析
Identification and functional analysis of a novel lipid accumulation regulatory factor of oleaginous yeast Lipomyces starkeyi using comparative genome analysis
, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
11. 平田 義明, 田代 康介, 黒瀬 光一, タンパク質のin vitroアレルゲン性評価法の開発 ~ LPSの影響の排除~, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
12. 須和田 拓耶, 馬場 映, 小野 花香, 久原 哲, 田代 康介, Prdm6は中胚葉系細胞分化を制御する, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
13. 氏原 真未子, 馬場 映, 須和田 拓耶, 久原 哲, 田代 康介, Prdm13はアストロサイトの分化に機能する, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
14. 馬場 映, 須和田 拓耶, 氏原 真未子, 笠 智美, 小野 花香, 田代 康介, 久原 哲, 神経分化過程におけるPrdm12及びPrdm13の機能解析, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
15. 増本 唯, 和田 守正, 酒井 久美子, 安田 香央里, 田代 康介, 藤井 元, 榊原 隆三, 藤本 京子, 腫瘍細胞から分泌されたTff2タンパク質はパラクライン的に腫瘍細胞増殖経路を誘導する, 第42回日本分子生物学会年会, 2019.12.
16. 房 賢貞,田代康介,吉田理一郎,濱中大輔,山形幸彦,笠 智美,榎本亜紀 子,井上公司, マイクロアレイによる果菜類のポストハーベスト生理解析法の探索, 2019年度西日本・中四国支部合同大会, 2019.11.
17. 川島 万凜, 村井 雄大,川本 智也, 金 相完, 久原 哲, 田代 康介 Marin Kawashima, Yuta MURAI, Tomoya Kawamoto, Sokan Kim Satoru KUHURA, Kosuke TASHIRO, エマルションドロップを用いた微生物の培養
Culture of soil micro-organisms by emulsion droplet, 第71回日本生物工学会大会, 2019.09.
18. 岡本愛華, 渡辺菜歩, 岩田沙絵, 久原哲, 田代康介, ヒト大腸がん由来細胞の浸潤におけるGalanineの機能, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
19. 小野花香, 須和田拓耶, 馬場映, 田代康介, prdm6による中胚葉系細胞分化の制御, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
20. 氏原真未子, 馬場映, 須和田拓耶, 田代康介, Prdm13はアストロサイトの分化に機能する, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
21. 川島万凜, 川本智也, 村井雄大, 牟田滋, 田代康介, エマルションドロップレットを用いた土壌微生物の培養, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.06.
22. 高久洋暁, 小笠原渉, 矢追克郎, 油谷幸代, 荒木秀雄, 田代康介, 蓮沼誠久, 山崎晴丈, 油脂生産性の飛躍的向上を目指した油脂酵母の改良, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
23. 酒井里佳子, 阿部紗也, 荒 学志, 山崎晴丈, 志田洋介, 小笠原渉, 矢追克郎, 森 一樹, 油谷幸代, 荒木秀雄, 田代康介, 高久洋暁, 油脂酵母 Lipomyces starkeyi 油脂低蓄積変異株の原因 遺伝子の同定と解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
24. 川島万凜, 村井雄大, 金 相元, 森田直樹,久原 哲, 田代康介, エマルションドロップレットを用いた土壌微生物の培養, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
25. 須和田拓耶, 馬場 映, 土井信太郎, 久原 哲, 田代康介, Prdm6 の心筋分化における機能解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
26. 馬場 映、須和田 拓耶、土井 信太郎、氏原 真未子、田代 康介、久原 哲, Prdm12は抑制性ニューロンの分化を制御する, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
27. 石田麻莉奈、薗田由華、井上麻美、久原哲、田代康介, IL-1によるMMP1遺伝子発現誘導メカニズムの解析, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
28. 須和田 拓耶, 馬場 映, 土井 信太郎, 久原 哲, 田代 康介, Prdm6は心筋分化に必須の因子である, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
29. 渡辺 菜歩, 岩田 沙絵, 久原 哲, 田代 康介, ヒト大腸がん由来細胞の浸潤におけるGalaninの機能, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
30. 合田 沙季, 足立 紗依子, 武藤 倫弘, 藤井 元, 久原 哲, 田代 康介, ヒト大腸がんにおける香辛料の影響, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
31. 村井 雄大, 川島 万凜, 森田 直樹, 土居 克実, 牟田 滋, 久原 哲, 田代 康介, エマルションドロップレットを用いた土壌微生物の培養, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
32. 岩城 めぐみ, 西川 真帆, 田代 康介, 黒瀬 光一, THP-1細胞を用いた化学物質の新規感作性試験における被験物質曝露時間の短縮化, 第41回日本分子生物学会年会, 2018.11.
33. 村井 雄大、川島 万凛、森田 直樹、土居 克実、久原 哲、田代 康介 Yuta MURAI, Marin KAWASHIMA, Naoki MORITA, Katsumi DOI, Satoru KUHURA, Kousuke TASHIRO, エマルションドロップレットを用いた土壌微生物の培養
Culture of soil micro-organisms by emulsion droplet, 第70回日本生物工学会大会, 2018.09.
34. 馬場 映、須和田 拓耶、土井 信太郎、久原 哲、田代 康介, Prdm12は抑制性ニューロンの分化を制御する, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
35. 須和田 拓耶, 馬場 映, 土井 信太郎, 久原 哲, 田代 康介, Prdm6は心筋分化に必須の因子である, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
36. 合田沙季、岩田沙絵、久原哲、田代康介, ヒト大腸がんにおける香辛料の影響, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
37. 村井 雄大 , 森田 直樹 , 土居 克実 , 久原 哲 , 牟田滋、田代 康介, エマルジョンドロップレットを用いた微生物培養, 日本農芸化学会 2018年度大会, 2018.03.
38. 馬場映、土井信太郎、須和田拓耶、久原哲、田代康介, マウス胚性腫瘍細胞の神経分化過程におけるPrdm遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会 2018年度大会, 2018.03.
39. 森田 直樹、村井 雄大、土居 克実、牟田 滋、久原 哲、田代 康介, Microbial culture by emulsion droplet、エマルションドロップレットを用いた微生物培養, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017.12.
40. 村井 雄大 , 森田 直樹 , 土居 克実 , 久原 哲 , 田代 康介, エマルジョンドロップレットを用いた微生物培養, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
41. Naho Watanabe, Sae Iwata, Masaki Kounoura, Yuta Nakashima, Hiroyuki Ohashi, Kinichi Morita, Yuji Oki, Satoru Kuhara, Kosuke Tashiro , Evaluation on the Effect of Titanium Substrate Surface Irradiated with Vacuum Ultraviolet Light on Cultivation of Fibroblast and its Difference, 21st International Conference on Flow Injection Analysis and Related Techniques, 2017.09.
42. 馬場 映, 土井 信太郎, 須和田 拓耶, 久原 哲, 田代 康介, マウス胚性腫瘍細胞の神経分化過程におけるPrdm遺伝子の機能解析, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
43. 村井 雄大、 森田 直樹、 土井 克実、 久原 哲、 田代 康介, エマルジョンドロップレットを用いた微生物培養法, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
44. Yuka Sonoda; Sae Iwata; Naho Watanabe; Masaki Kounoura; Yukihiro Yonemoto; Yuta Nakashima; Kinichi Morita; Yuji Oki; Satoru Kuhara; Kosuke Tashiro, Activation control of the cells on the titanium oxide substrate, ASIANALYSIS XIII, 2016.12.
45. 東聖也、金 相完、久原 哲、田代 康介, 大規模なトキシコゲノミクスデータベースに基づく薬剤性肝障害関連遺伝子の同定, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
46. 白石暁、金 相完、山形 悦透、吉村 敦、久原 哲、田代 康介, 肝星細胞LX2における遺伝子ネットワーク解析, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
47. 森田 直樹、金 相完、山形 悦透、吉村 敦、久原 哲、田代 康介, イグサ三品種間における変異解析, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
48. 土井 信太郎、藤野 梢、古賀 隆将、江口 りえこ、馬場 映、久原 哲、田代 康介, 細胞分化におけるPrdm遺伝子の発現と機能解析, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
49. 岩田 沙絵、井上 麻美、足立 紗依子、渡辺 菜歩、田代 康介、久原 哲, 大腸がん由来細胞の浸潤・転移とGalanin・レセプターの関連, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
50. 田中 涼、金 相完、久原 哲、田代 康介, NGSによるLactobacillus otakiensisのゲノム構造およびD-アミノ酸産生に関
わる遺伝子の解析, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
51. Thuy Duong Vu, Satoru Kuhara, Yoshinori Katakura, Kosuke Tashiro, Naoe Miyata, Expression control of Haptoglobin, a potential biomarker in cancer vaccine
therapy, in peripheral blood and hepatic cells, The EMBO meeting 2015, 2016.09.
52. Yuka Sonoda, Satoru Kuhara, Asami Inoue, Naohiro Yamaguchi, Kosuke Tashiro, Identification of cytokine key receptor in regulatory mechanism of MMP1 gene, The EMBO meeting 2015, 2016.09.
53. 薗田 由華、岩田 沙絵、渡辺 菜歩、神之浦 雅輝、山崎 耕喜、横倉 泰郎、米本 幸弘、中島 雄太、大和田 樹志、鈴木 信二、森田 金市、久原 哲、田代 康介, 繊維芽細胞の増殖・細胞分化へのチタン基板表面紫外線照射による光機能化処理の効果, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
54. 宮田 淳史、志田 洋介、山崎 晴丈、正木 和夫、森 一樹、田代 康介、久原 哲、高久 洋暁、小笠原 渉, 油脂生産酵母 Rhodosporium toruloides の突然変異導入による油脂生産向上因子の同定, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
55. 力武 茉莉花、松田 采子、村田 大輔、出嶋 克史、野村 和子、三谷 昌平、安藤 恵子、中台 枝里子、田代 康介、野村 一也, 生殖幹細胞の自己複製に必要な線虫 C. elegans GPIアンカー型タンパク質の解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
56. 任 建宇、村田 大輔、野村 和子、三谷 昌平、安藤 恵子、田代 康介、平林 義雄、金井 好克、Kanokporn Phetdee、野村 一也, 線虫C. elegansにおけるアセチルCoAトランスポーターの機能解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
57. 土井 信太郎、藤野 梢、古賀 隆将、江口 りえこ、馬場 映、久原 哲、田代 康介, 発生過程におけるPrdm遺伝子の発現と機能解析
発生過程におけるPrdm遺伝子の発現と機能解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.11.
58. 石野 良純、田代 康介、久原 哲、金田 敏枝、今井 奈美子、吉武 和敏、小林 敬典、五條堀 孝, 海洋メタゲノム配列データ取得とアーキア解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
59. 清信 智、西川 真帆、嶋倉 邦嘉、田代 康介、黒瀬 光一, 皮膚感作性物質によって発現変動する遺伝子のマイクロアレイ解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.11.
60. 岩田 沙絵、井上 麻美、足立 紗依子、渡辺 菜歩、田代 康介、久原 哲, 大腸がん由来細胞の浸潤・転移とGalanin・レセプターの関連, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
61. 森田 直樹、金 相完、山形 悦透、吉村 敦、久原 哲、田代 康介, イグサのゲノム解析, 第38回日本分子生物学会, 2016.12.
62. 西窪 太志、西川 真帆、嶋倉 邦嘉、田代 康介、黒瀬 光一, in vitro皮膚感作性試験に用いるマーカーの有効性を規定する分子について, 第38回日本分子生物学会, 2016.11.
63. 柴田弘紀, 久原 哲, 田代 康介, 日本固有の毒蛇ハブ(Protobothrops flavoviridis)の全ゲノム配列決定と遺伝子モデルの作製, 第37回日本分子生物学会, 2015.12.
64. 薗田由華, 井上 麻美, 久原 哲, 田代 康介, 肝星細胞におけるMMP1遺伝子発現の解析, 第37回日本分子生物学会, 2015.12.
65. 足立 紗依, 井上 麻美, 岩田 沙絵, 永吉 絹子, 植木 隆, 久原 哲, 田代 康介, 大腸癌細胞株におけるGalaninと浸潤能の関連, 第37回日本分子生物学会, 2015.12.
66. 藤野梢, 江口りえこ, 久原 哲, 田代 康介, 発生・細胞分化過程におけるPrdm遺伝子の発現と機能解析, 第37回日本分子生物学会, 2015.12.
67. 井上 麻美, 薗田 由華, 上野 隆登, 藤井 元, 武藤 倫弘, 久原 哲, 田代 康介, ヒト初代肝星細胞を標的としたサイトカインによる抗線維化誘導(Effect of cytokines on Primary human hepatic stellate cell), 第37回日本分子生物学会, 2015.12.
68. 池上秀利, 白澤健太, 森一樹, 田代 康介, 久原 哲, 羽生剛, 平田千春, 姫野修一, RAD-seqによるイチジク連鎖地図の作成, 園芸学会平成27年度秋季大会, 2015.09.
69. 足立 紗依子, 井上麻美, 永吉 絹子, 植木 隆, 久原 哲, 田代 康介, 結腸直腸癌細胞株におけるGalann遺伝子と浸潤能の関連, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
70. 薗田由華, 井上麻美, 久原 哲, 田代 康介, MMP1遺伝子発現量調節機構において鍵となるサイトカイン受容体遺伝子の特定, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
71. 藤野梢, 江口りえこ, 久原 哲, 田代 康介, 細胞分化におけるPrdm遺伝子の発現と機能解析, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
72. 田代 康介, がんワクチンゲノミクスに基づくがんワクチン適格性予測診断マーカーの同定, がん予防学術大会2015さいたま, 2015.06,  がんワクチン療法は、外科的切除術・抗がん剤・放射線療法と並ぶ第4の治療法として実用化が期待されてきた。しかしながら、がんワクチン療法は未だ医薬品として信頼できるレベルに到達していないのが現状であり、その一因はがんワクチン療法への適格性や予後予測可能なゲノムレベル情報の欠如にある。がんワクチンに対する各人の応答性や適格性について、ゲノムレベル(がんワクチンゲノミクス)及びタンパク質レベル(がんワクチンプロテオミクス)での解析を実施し、がんワクチン適格性予測診断マーカーなどの同定・開発が必要であると考えられる。我々は、抵抗性再燃前立腺がん患者のワクチン投与前後の血液から単核球画分を分離し、遺伝子発現プロファイル解析を行うことにより、生存期間と遺伝子発現が関連する遺伝子の抽出を試みた。その結果、MyeloperoxidaseやHaptoglobinなどの発現量が有意に相関すること、さらに、Haptoglobinのプロモータ領域に存在する多型rs5472が患者の生存と強く関係することが明らかとなり、Haptoglobin の発現量及びrs5472の多型はペプチドワクチン療法の適格性予測診断のバイオマーカーとなりうることが判明した。ここで見出したマーカー群は、がん細胞ではなく正常細胞での発現遺伝子と考えられることから、がん細胞への生体の反応性などに関連していると推測され、がん治療効果診断やがん予防に応用できる可能性を持つと期待している。ここでは、マーカー同定手法やマーカーの有効性などを紹介したい。.
73. 井上 麻美、薗田 由華、上野 隆登、藤井 元、武藤 倫弘、久原 哲、田代 康介, ヒト初代肝星細胞を標的としたサイトカインによる抗線維化誘導, 第37回日本分子生物学会, 2014.11.
74. 古賀隆将、江口 りえこ、久原哲、田代康介, 神経分化過程に おけるエピジェネティック因子の発現と機能, 第37回日本分子生物学会, 2014.11.
75. A. Inoue, K. Obayashi, F. Ogasawara, A. Nakamura, T. Ueno, G. Fujii, M. Mutoh, S. Kuhara, K. Tashiro, Effect of cytokines on human primary hepatic stellate cell, The EMBO meeting 2014, 2014.08.
76. N. Miyata, X. Pang, M. Takaki, K. Tashiro, H. Araki, N. Komatsu, T. Sasada, K. Itoh, S. Kuhara, Insights into haptoglobin: an interesting biomarker for predicting the prognosis of prostate cancer patients, The EMBO meeting 2014, 2014.08.
77. 坂見 綾佳、田代 康介、榎本 亜紀子、阪田 光和、吉村 淳、佐藤 匡央、熊丸 敏博、佐藤 光、久原 哲, 巨大胚変異系統米における遺伝子発現プロファイル解析, 日本農芸化学会2013大会, 2014.03.
78. 岩塚 美由紀、森 一樹、田代 康介、中村 洋路、藤原 篤志、小林 敬典、乙竹 充、久原 哲, クロマグロのグルコース代謝におけるアイソザイムの進化的関係の探索, 日本農芸化学会2013大会, 2014.03.
79. 森一樹、日高朋子、田代康介、久原哲、南雲吉代、石野園子、石野良純、吉村直晃、多治見誠亮、西広海、田原義雄、藤原篤志、長井敏, 赤潮予測技術開発を目指した漁場環境メタゲノム解析, 日本ゲノム微生物学会年会, 2014.03.
80. 宮田有英、高木麻里、ボウ暁良、田代康介、小松誠和、笹田哲朗、伊東恭悟、久原哲, がんペプチドワクチン適格性予測手法の開発, 第36回日本分子生物学会, 2013.12.
81. 榎本亜紀子、田代康介、坂見綾佳、坂田光和、吉村淳、佐藤匡央、熊丸敏博、佐藤光、久原哲, イネ巨大胚変異株のトランスクリプトーム解析, 第36回日本分子生物学会, 2013.12.
82. 井上麻美、大林 賢一、中村 アンナ、上野 隆登、鳥村 拓司、久原 哲、田代 康介, ヒト初代肝星細胞を用いたサイトカインによる抗線維化誘導, 第36回日本分子生物学会, 2013.12.
83. 荒木 啓充,Pang Xiaoliang,小松 誠和,宮田 有英,松枝 智子,宮崎 寿美,笹田 哲朗,伊東 恭悟,田代康介,久原 哲, 進行性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象としたテーラーメイドペプチドワクチン療法の予後予測バイオマーカーの探索, 第36回日本分子生物学会, 2013.12.
84. Hiromitsu Araki, Xiaoliang Pang, Mari Takaki, Nawoe Miyata, Nobukazu Komatsu, Satoko Matsueda, Kyogo Itoh, Tetsuro Sasada, Kosuke Tashiro, Satoru Kuhara, 再燃前立腺がん患者の遺伝子発現プロファイルに基づくるテーラーメイドペプチドワクチン適格性診断マーカーの同定, 第72回日本癌学会学術総会, 2013.10.
85. A.Inoue, K.Obayashi, A.Nakamura, T.Ueno, T.Torimura, S.Kuhara, K.Tashiro, Effect of cytokines on primary human Hepatic Stellate Cell, The EMBO meeting 2013, 2013.09.
86. N.Miyata, X.Pang, M.Takaki, K.Tashiro, N.Komatsu, T.Sasada, K.Itoh, S.Kuhara, Insights into haptoglobin; a prognostic biomarker of patients injected personalized peptide vaccines for advanced castration-resistant prostate cancer, The EMBO meeting 2013, 2013.09.
87. 小松誠和、Xiaoliang Pang,荒木啓充、髙木麻里、宮田有英、松枝智子、笹田哲朗、田代康介、久原哲、伊東恭悟, 再燃前立腺がんを対象としたテーラーメイドペプチドワクチン療法における一塩基多型(SNPs)解析による予後予測マーカーの探索, 第17回日本がん免疫学会総会, 2013.07.
88. 森 一樹、田代康介、久原哲、服部正平、中村洋路、菅谷琢磨、斉藤憲治, クロマグロのトランスクリプトーム解析, 日本農芸化学会2013大会, 2013.03.
89. 高木 麻里、ボウ暁良、田代康介、江口りえこ、小松誠和、笹田哲朗、伊東恭悟、久原哲, がんワクチン適格性予測候補遺伝子の探索, 日本農芸化学会2013大会, 2013.03.
90. 井上麻美、大林 賢一、中村 アンナ、上野 隆登、鳥村 拓司、久原 哲、田代 康介, サイトカインによる肝硬変・肝機能制御, 日本農芸化学会2013大会, 2013.03.
91. 森一樹、田代康介、久原哲、南雲吉代、石野園子、石野良純、安東秀徳、西広海、藤原篤志、長井敏、佐野元彦, 赤潮予測に向けた漁場環境メタゲノム解析, 第7回日本ゲノム微生物学会年会, 2013.03.
92. 荒川文子 , 木村芳三 , 安田香央里 , 土井 淳3, 田代康介 , 久原 哲, マントル細胞リンパ腫におけるmicroRNAマイクロアレイ解析, 第35回日本分子生物学会, 2012.12.
93. 高木 麻里、ボウ暁良、田代康介、江口りえこ、小松誠和、笹田哲朗、伊東恭悟、久原哲, がんワクチン適格性予測候補遺伝子の探索, 第35回日本分子生物学会, 2012.12.
94. ボウ 暁良, 高木 麻里, 田代 康介, 久原 哲, 小松 誠和,笹田哲朗, 伊東 恭悟, ガンワクチン適格性予測手法の開発, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
95. 森一樹,田代康介,久原哲,服部正平,中村洋路,菅谷琢磨,斎藤憲治, マグロのトランスクリプトーム, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
96. 井上麻美,中村アンナ,上野隆登,鳥村拓司,久原哲,田代康介, サイトカインによる肝硬変・肝機能制御, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
97. Xiaoliang Pang, Kosuke Tashiro , 1Mari Takaki , 1Rieko Eguchi , 1Toshimi Miyazaki , 2Nobukazu Komatsu , 2Tetsuro Sasada , 2Kyogo Itoh , 1Satoru Kuhara, Identification and validation of biomarker in peripheral blood for cancer patients receiving peptide vaccination, EMBO meeting, 2012.09.
98. Fuminori Kato, Hideki Hirakawa, Kosuke Tashiro, S.Kuhara, Motoyuki Sugai, SptB is a novel transcriptional regulator of exfoliative toxin A in Staphylococcus aureus, 日本分子生物学会, 2011.12.
99. Fuminori Kato, Hideki Hirakawa, Kosuke Tashiro, S.Kuhara, Motoyuki Sugai, SptB is a novel transcriptional regulator of exfoliative toxin A in Staphylococcus aureus, 日本分子生物学会, 2011.12.
100. K.Tashiro, N.Komatsu, A.Doi,T.Sasada, K.Itoh, S.Kuhara,, Identification and validation of biomarker in peripheral blood for cancer patients receiving peptide vaccination, 日本分子生物学会, 2011.12.
101. 田代康介, トランスクリプトミクス解析の現状と応用, 日本生物工学会, 2011.09.
102. 江口りえこ、久原 哲、田代 康介, マウスP19細胞株におけるSETタンパク質の発現および機能, 日本農芸化学会西日本支部, 2011.09.
103. 森一樹、斉藤憲治、中村洋路、菅谷琢磨、服部正平、田代康介、久原 哲, マグロゲノムシーケンシング, 日本農芸化学会西日本支部, 2011.09.
104. A. Enomoto , A. Sakami , R. Eguchi , T. Miyazaki , T. Kumamaru , H. Satoh , K. Tashiro , S. Kuhara, Transcriptome Analysis of Giant Embryo Mutants in Rice, EMBO meeting, 2011.09.
105. 江口りえこ、久原哲、田代康介, P19神経分化過程における遺伝子発現プロファイル解析, 日本分子生物学会, 2010.12.
106. 藤田京子、仲西 定祐、田口健一、田中宏光、安田香央里、田代康介、久原 哲、和田守正, Apcマウスにおける腫瘍サイズ依存的遺伝子の同定と機能解析, 日本分子生物学会, 2010.12.
107. 荒川文子、木村 芳三、安田香央里、土井 淳、田代康介、久原 哲、大島孝一、, マントル細胞リンパ腫cell lineにおけるcDNAマイクロアレイ解析, 日本分子生物学会, 2010.12.
108. 飯野 修平、久原 哲、田代 康介、伊東 恭悟、七條 茂樹、笹田 哲朗、小松 誠和、松枝 智子、五百路 徹也、荒木 啓充, 癌ペプチドワクチン療法に対する適格性決定遺伝子の探索, 日本分子生物学会, 2010.12.
109. 荒川文子、吉田史郎、大島孝一、安田香央里、田代康介、久原 哲, Gene expression microarray analysis in lining synovial regions of rheumatoid arthritis by laser microdissection, 日本分子生物学会, 2009.12.
110. 藤田京子、田口健一、安田香央里、田中宏光、田代康介、久原 哲、和田守正, Analysis of size dependent expression pattern in intestinal tumors of Apc mice, 日本分子生物学会, 2009.12.
111. 江口りえこ、榎本亜紀子、吉開会美、久原哲、田代康介, Analysis of gene expression profiles during neural differentiation P19 embryonic carcinoma cells, 日本分子生物学会, 2009.12.
112. 大林賢一、中村アンナ、上野隆登、安田香央里、田代康介、久原哲, Interleukin-1 aipha and tumor necrosis factor alpha activate MMP1 gene expressin in a synergistic manner in human hepatic stellate cells, 日本分子生物学会, 2009.12.
113. 龍俊輔、平島敬太、 黒川小百合、榎本亜紀子、山本潔、平川英樹、片山貴雄、石井貴明、柴戸靖志、三井寿一、平田千春、池上秀利、中原隆夫、牟田滋、田代康介、久原 哲, Transcriptome analysis of cultivated strawberry (Fragaria X ananassa), 日本分子生物学会, 2009.12.
114. 地川将太、榎本亜紀子、山本潔、平川英樹、牟田滋、田代康介、久原 哲, DNAマイクロアレイのよる土壌微生物叢解析系の構築, 日本土壌微生物学会, 2009.06.
115. 木下義將、Wen Hsu-Ming、内藤公貴、田代康介、本城賢一、宮本敬久, サルモネラの加熱損傷回復時の遺伝子発現, 日本農芸化学会大会, 2009.03.
116. 田中秀幸、大場高宏、榎本亜紀子、、山本潔、平川英樹、満生慎二、田代康介、久原 哲, リンゴ酸高生産清酒酵母のOMIX解析, 日本農芸化学会大会, 2009.03.
117. 和田晃、梁廷訓、加藤沙耶香、吉田一之、平林義雄、田代康介、久原 哲、古屋茂樹, 脳特異的Phgdhノックアウトマウス海馬の遺伝子発現解析, 日本農芸化学会大会, 2009.03.
118. 東幸児、吉開会美、川村しのぶ、鈴木大喜、田代康介、久原 哲, アフリカツメガエル初期発生におけるAAP遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会大会, 2009.03.
119. 黒川小百合、榎本亜紀子、平川英樹、平島敬太、片山貴雄、山本潔、龍俊輔、平田千春、石井貴明、柴戸靖志、三井寿一、中原隆夫、牟田滋、田代康介、久原 哲, 栽培イチゴ(FragariaXananassa)におけるトランスクリプトーム解析, 日本農芸化学会大会, 2009.03.
120. 野中大輔、三浦大典、割石博之、田代康介、久原 哲, 遊離ヘムによるヒトグルタミン酸デヒドロゲナーゼ活性調節機構の解析, 日本分子生物学会年会, 2008.12.
121. 藤田京子、安永真沙、安田香央里、富永由紀、田代康介、久原 哲、和田守正, Apcマウスにおける腫瘍サイズの不連続分布, 日本分子生物学会年会, 2008.12.
122. 榎本亜紀子、平川英樹、平島敬太、片山貴雄、山本潔、黒川小百合、龍俊輔、平田千春、石井貴明、柴戸靖志、三井寿一、中原隆夫、牟田滋、田代康介、久原 哲, 栽培イチゴ(FragariaXananassa)におけるトランスクリプトーム解析, 日本分子生物学会年会, 2008.12.
123. 吉開会美、渡邊、田代康介、久原 哲, Xenopus laevis初期発生過程におけるXPSAの機能解析, 日本分子生物学会年会, 2008.12.
124. E.Yoshigai, S.Kawamura, S.Kuhara and K.Tashiro, Trim36/Haprin plays a critical role in the arragement of somite, Joint meeting of the societe Francaise de Biologie du Developpement/Japanese Society of Developmental Biologists, 2008.09.
125. 野中大輔、三浦大典、割石博之、田代康介、久原 哲, 遊離ヘムのよるグルタミン酸デヒドロゲナーゼの新規活性調節機構, 日本分子生物学会年会, 2007.12.
126. 吉開会美、久原 哲、田代康介, Xenopus laevis初期発生における遺伝子発現の網羅的解析, 日本分子生物学会年会, 2007.12.
127. ウィルソン森藤、、田代康介、ウィルソンアンソニウェ、森川崇、小林大樹、坪田誠之、荒木令江, 融合プロテオミクスによるヒト舌癌細胞における高転移性癌細胞増殖の分子メカニズムの解析, 日本分子生物学会年会, 2007.12.
128. Tsukasa Fujiki,Takumi Miura,Kaori Mukae, Hiroshi Shiraishi,Mariko Maura,Kazuyuki Katsuki,Kosuke Tashiro,Sanetaka Shirahata,Yoshinori Katakura, TAK1 Represses Transcription of the Human Telomerase Reverse Transcriptase Gene, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
129. Kaori Yasuda,Hiromitsu Araki,Yuki Tomiyasu,Christopher J Savoie,Kosuke Tashiro,Satoru Kuhara, One color array platforms comparison based on probe sequence, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
130. Shinobu Kawamura,Keita Kobayashi,Chikako Kataoka,Akiko Enomoto,Satoru Kuhara,Kosuke Tashiro, SET7 regulates Osmotic Responce Genes, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
131. Emi Yoshigai,Satoru Kuhara,Kosuke Tashiro, Comprehensive analysis of gene expression in early development of Xenopus laevis, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
132. Koichiro Shiokawa,Shinsaku Kuroyanagi,Takuya Ikegami,Masayuki Kajitani,Eiji Takayama,Kosuke Tashiro,Chikara Kaito,Kazuhisa Sekimizu,Yoshio Yaoita,Kazuei Igarashi, Suppression by caspase 3 inhibitors of the excution of maternal program of apotosis in Xenopus late blastulae microinjected with SAMDC(S-adenosylmethionine decarboxylase mRNA), 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
133. Cristin Print,Seiya Imoto,Yoshinori Tamada,Hiromitsu Araki,Kaori Yasuda,Stephen Charnock-Jones,Deborah Sanders,Benjamin Dunmore,Sally Humohreys,Muna Affara,Christopher Savoie,Kosuke Tashiro,Satoru Kuhara,Satoru Miyano, Investigating pathways in human endothelial cells using Bayesian Gene Regulatory Networks estimated from laboratory data, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006.06.
134. 川村しのぶ、田代康介、小林圭太、窪田香織、榎本亜紀子、山本潔、牟田滋,、久原 哲、, RMS1は浸透圧ストレスによって発現活性化される遺伝子の制御に関わる, 日本分子生物学会年会, 2005.12.
135. 中西典子、安倍裕順、林哲也、田代康介、久原 哲、杉本央、戸邉亨, 緊縮制御による腸管出血性大腸菌O157の病原性発現におけるO157特異的転写調節遺伝子の役割, 日本分子生物学会年会, 2005.12.
136. 小椋義俊、大岡唯祐、黒川顕、田代康介、大西真、中山恵介、寺嶋淳、野邉理花、久原 哲、渡辺治雄、戸邉亨、林哲也, whole genome PCR scanningとMicroarrayを用いた腸管出血性大腸菌ゲノムの比較解析, 日本分子生物学会年会, 2005.12.
137. 林 香織, 伊藤 弓弦, 久原 哲, 田代 康介,, アフリカツメガエルsonic hedgehog (Xshh)遺伝子の発現制御, 日本分子生物学会年会, 2004.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」