九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
今野 拓也(こんの たくや) データ更新日:2021.04.19

准教授 /  数理学研究院


主な研究テーマ
保型形式の整数論的研究
キーワード:整数論 ,保型形式 ,表現論 ,Langlands 哲学 ,endoscopy ,志村多様体
1997.06.
研究業績
主要原著論文
1. Takuya KONNO, Kazuko KONNO, On doubling construction for real unitary dual pairs, Kyushu Journal of Mathematics, Vol.61 No.1 pp. 35-82, 2007.03, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 河村尚明, 今野拓也, 成田宏秋, Clozel-Labesse のベースチェンジ, 2009.10.
2. 今野拓也, GL(2) 上の保型形式のベースチェンジリフト, 2006.04.
主要学会発表等
1. 今野 拓也, 保型内視論における基本補題とその証明---Waldspurger, Laumon, Ngoによる, 日本数学会2010年度秋季総合分科会, 2010.09, [URL].
2. 今野 拓也, Local Gross-Prasad conjecture for U(2), International Symposium on Automorphic Forms, L-Functions and Shimura Varieties, 2008.11.
3. 今野拓也, Local Gross-Prasad conjecture for U(2), Workshop on Representation Theory and Automorphic Forms, 2008.06.
4. 今野 拓也, Endoscopic identities for CAP representations of U(2,2), France-Japan conference on automorphic endoscopy, 2007.06.
5. 今野拓也, 今野和子, CAP forms on U(2,2) II. Cusp forms, 数理研研究集会「保型表現・L函数・周期の研究」, 2006.01.
6. 今野拓也, Non-supercuspidal representations of $GL(m,D)$, $D$ being a central division algebra over a $p$-adic field, Conference ``$K$-types for reductive $p$-adic groups --- Construction, 2003.09.
学会活動
所属学会名
米国数学会
数学会
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.02.02~2015.02.06, RIMS研究集会「モジュラー形式と保型表現」, その他.
2013.11.07~2013.11.10, 第16回白馬整数論オータムワークショップ「球等質空間 H\G 上の調和解析」, その他.
2012.09.18~2012.09.21, 日本数学会秋季総合分科会, その他.
2011.08.08~2011.08.11, 第56回代数学シンポジウム, その他.
2010.01.18~2010.01.22, RIMS研究集会「保型形式・保型表現およびそれに伴うL函数と周期の研究」, その他.
2007.08, 第52回代数学シンポジウム, その他.
2007.01, 保型形式とその周期の構成と応用, その他.
2006.01, 数理研シンポジウム「保型表現・L函数・周期の研究」, その他.
2007.08, 第52回代数学シンポジウム, その他.
2007.01, RIMSシンポジウム「保型形式とその周期の構成と応用, その他.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.04~2013.03, 日本数学会雑誌「数学」, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2011年度    
2010年度    
2009年度      
2007年度    
2003年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Jussieu PRG数学研究所, France, 2014.09~2014.10.
オーベルヴォルファッハ数学研究所, Germany, 2014.04~2014.05.
ランス大学, France, 2013.06~2013.06.
レンヌ大学, France, 2009.07~2009.07.
Inha 大学, Korea, 2008.11~2008.11.
シンガポール国立大学, Singapore, 2008.06~2008.06.
C.I.R.M., Paris-Sud大学, France, 2007.06~2007.06.
Fields 研究所, Canada, 2004.09~2004.09.
Poitiers 大学, Henri Poincare 研究所, France, France, 2003.09~2003.09.
Paris VII 大学, France, 2003.02~2003.03.
Oberwolfach 研究所, Germany, 2002.09~2002.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 保型表現の数論的構造と内視論.
2002年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 保型形式に付随する混モチーフの研究.
2000年度~2001年度, 奨励研究, 代表, 跡公式による古典群上の保型形成の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」