九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
前田 敬之(まえだ たかゆき) データ更新日:2021.05.25

助教 /  工学研究院 材料工学部門 材料反応プロセス工学


主な研究テーマ
焼結原料用造粒物の強度に関する研究
焼結鉱のガス還元速度
炭材内装ブリケットの還元挙動
キーワード:鉄鉱石、焼結鉱、還元速度
2005.04.
従事しているプロジェクト研究
資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会
2013.04~2016.03, 代表者:村上太一, 東北大学, 一般財団法人 日本鉄鋼協会
本研究会の目的は、今後の主要鉄資源のひとつと考えられるマグネタイト精鉱などのFe2+含有量の高い微粉原料の有効利用と高品質焼結鉱製造に繋がる基礎を提供することにある。このような微粉原料の増加の対応として、焼結原料の造粒強化が必要となるが、造粒性は鉱種や粒度分布で大きく異なり、マグネタイト鉱石の造粒性は劣る。SiO2やAl2O3などの脈石組成変化だけでなくFe2+の比率変化に伴って、焼結過程で生成する融液の性状制御が重要になると考えられる。安定した焼結鉱生産のためには、これら鉱石性状変化に対応可能な融液中の鉄の酸化・還元反応、高脈石化に伴う溶融性状、最適擬似粒子構造等の把握が必要である。.
低炭素焼結技術原理の創生研究会
2009.04~2013.03, 代表者:葛西栄輝, 東北大学, (社)日本鉄鋼協会(日本)
本研究会の目的は、鉄鉱石焼結プロセスにおけるCO2排出量削減の可能性を定量的に検討し、具体的な技術原理提案の基礎を提供することである。従来の研究成果を参考にしつつ、焼結層内における炭材粒子の燃焼速度および熱移動解析に基づき、限界凝結材比の概念を整理し、定量的に示すことを目的とする。.
低炭素焼結技術原理の創生研究会
2009.04~2012.03, 代表者:葛西栄輝, 東北大学, (社)日本鉄鋼協会(日本)
本研究会の目的は、鉄鉱石焼結プロセスにおけるCO2排出量削減の可能性を定量的に検討し、具体的な技術原理提案の基礎を提供することである。従来の研究成果を参考にしつつ、焼結層内における炭材粒子の燃焼速度および熱移動解析に基づき、限界凝結材比の概念を整理し、定量的に示すことを目的とする。.
研究業績
主要原著論文
1. Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, Keigo Noda, KOKI NISHIOKA, Effect of Coke Combustion Rate Equation on Numerical Simulation of Temperature Distribution in Iron Ore Sintering Process, The Iron and Steel Institute of JAPAN, http://dx.doi.org/10.2355/isijinternational.53.1350, 53, 9, 1642-1647, 2013.09.
2. Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, Keigo Noda, KOKI NISHIOKA, Combustion Rate of Coke in Quasi-particle at Iron Ore Sintering Process, The Iron and Steel Institute of JAPAN, http://dx.doi.org/10.2355/isijinternational.53.1350, 53, 9, 1588-1593, 2013.09.
3. Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, Ryota Kikuchi, Kazuya Kunitomo, Effect of Particle Size of Iron Ore and Coke on Granulation Property of Quasi-Particle, The Iron and Steel Institute of JAPAN, http://dx.doi.org/10.2355/isijinternational.53.1350, 53, 9, 1503-1509, 2013.09.
4. Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, KOKI NISHIOKA, Daisuke Noguchi, Kinetics of Reduction Step of Wustite to Iron of Hematite and Quaternary Calcium Ferrite, The Iron and Steel Institute of JAPAN, http://dx.doi.org/10.2355/isijinternational.53.1350, 53, 8, 1350-1357, 2013.08.
5. Takayuki Maeda, Kazuya Kunitomo, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, Ryota Kikuchi, EFFECT OF PARTICL SIZE OF IRON ORE AND COKE ON GRANULATION PROPERTY OF QUASI-PARTICLE, 9th Japan-Brazil Symposium on Dust Processing - Energy - Environment In Metallurgical Industries, 265-273, 2013.09.
6. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野口 大介, 池崎 亮太, 酸化鉄-カルシウムフェライト混合試料の還元速度における鉱物粒度の影響, 一般社団法人日本鉄鋼協会, http://dx.doi.org/10.2355/tetsutohagane.99.401, 99, 6, 401, 406, 2013.06.
7. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野口 大介, 池崎 亮太, 酸化鉄-カルシウムフェライト混合試料の還元速度における鉱物粒度の影響, 一般社団法人日本鉄鋼協会, http://dx.doi.org/10.2355/tetsutohagane.99.401, 99, 6, 401, 406, 2013.06.
8. Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, KOKI NISHIOKA, shimizu masakata, Daisuke Noguchi, Effect of CO Gas Concentration on Reduction Rate Of Major Mineral Phase in Sintered Iron Ore, The Iron and Steel Institute of Japan, http://dx.doi.org/10.2355/isijinternational.53.570, 53, 4, 570-575, 2013.04.
9. 前田 敬之, 大野 光一郎, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野口 大介, Effects of Gas Concentration on Reduction Rate of Major Mineral Phase in Sintered Iron Ore, Proceedings of 4th International Conference on Process Development in Iron and Steelmaking, Vol. 1, pp. 551- pp. 560, 2012.06.
10. 野口大介、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, ヘマタイト-4成分系カルシウムフェライト混合試料のW→Fe段階の還元速度, 鉄と鋼, 第98巻, 第2号, pp. 55-62, 2012.02.
11. Ko-ichiro OHNO, Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA and Masakata SHIMIZU, Effect of slag melting behavior on slag-metal separation temperature of self reducing pellet, 6th European Coke and Ironmaking Congress 2011, CD-ROM, 2011.06.
12. Ko-ichiro OHNO, Masashi KAIMOTO, Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA and Masakata SHIMIZU, Effect of Slag Melting Behavior on Metal-Slag Separation Temperature in Powdery Iron, Slag and Carbon Mixture, ISIJ International, Vol. 51, No. 8, pp. 1279-1284, 2011.08.
13. Ko-ichiro OHNO, Takayuki MAEDA, and Masakata SHIMIZU, Investigation on Slag-Metal Separation Behavior of Carbon Composite pellet Using Various Slag Melting Temperature, Proceedings of the 13th International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk National University and Kyushu University, pp. 77-87, 2011.10.
14. 西岡浩樹、藤原大樹、大野光一郎、前田敬之、清水正賢, 灌液充填層中を滴下する液滴の滴下挙動のモデル化, 鉄と鋼, 第97巻, 第11号, pp. 541-547, 2011.11.
15. 野口大介、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 焼結鉱の主要鉱物相の還元速度に及ぼすCO濃度の影響, 鉄と鋼, 第97巻, 第11号, pp. 548-553, 2011.11.
16. Koki Nishioka, Yasuaki Ueki, Ko–ichiro Ohno, Takayuki Maeda and Masakata Shimizu, PRODUCTION OF REDUCED IRON AND VALUABLE GASES FROM WASTE PLASTIC MATERIALS AND IRON OXIDE MIXTURES, Proceedings of The 12th Japan-China Symposium on Science and Technology on Iron and Steel, pp. 50-56, 2010.10.
17. Koki Nishioka, Takayuki Maeda, Ko-ichiro Ohno, Masakata Shimizu, Effect of Iron Ore and Coal Properties on Reduction and Gasification Behavior of Carbon Composite Iron Ore Briquette, Proceedings of The 6th Korea-Japan workshop on Science and Technology in Ironkaking and Steelmaking, pp. 123-127, 2010.01.
18. Koki NISHIOKA, Koji OSUGA, Yasuaki UEKI, Ko-Ichiro OHMO, Takayuki MAEDA and Masakata SHIMIZU , Effect of Iron Ore and Coal Properties on Reduction and Gasification Behavior of Carbon Composite Iron Ore Briquette, Proceedings of 5th International Conference on Science and Technology of Ironmaking, 2, 1326-1330, 2009.10.
19. 植木保昭、大菅宏児、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 炭材内装塊成鉱の反応挙動に及ぼす鉄鉱石および石炭性状の影響, 鉄と鋼, 95, 6, 1-7, 2009.06.
20. Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA and Masakata SHIMIZU, Effect of Granulation Condition and Property of Raw Material on Strength of Granulated Particle by Tumbling Granulation, ISIJ International, 49, 5, 625-630, 2009.05.
21. 植木保昭、新田和明、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, Wicke-Kallenbach法を用いた炭材内装熱間成型ブリケットのCO-CO2混合ガスの有効拡散係数の測定, 鉄と鋼, 95, 1, 17-21, 2009.01.
22. Yasuaki UEKI, Ryutaro MII, Ko-ichiro OHNO, Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA, Masakata SHIMIZU, Reaction Behavior during Heating Waste Plastic Materials and Iron Oxide Composites, ISIJ International, Vo.48, No.12, pp.1670-1675, 2008.12.
23. Ko-Ichiro OHNO, Yasuaki UEKI, Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA, Masakata SHIMIZU, Utilization of Waste Plastic Material as Reducing Agent and Gaseous Source during Iron Reduction Process, Proceedings of 7th Japan-Brazil Symposium on Dust Processing - Energy - Environment in Metallurgical Industries and 1st International Seminar on Self-Reducing and Cold Bonded Agglomeration, (CD-ROM), 2008.09.
24. 竹内直幸, 野村要平, 大野光一郎, 前田敬之, 西岡浩樹, 清水正賢, CH4ガスに随伴された球状ウスタイト輸送還元反応の速度論的解析, 鉄と鋼, 第94巻, 第4号, pp.115-120, 2008.04.
25. Takayuki Maeda, Koki Nishioka and Masakata Shimizu , Dissolution Rate of Solid Hematite into Molten Calcium Ferrite, 3th International Conference on Process Development in Iron and Steel, Vol. 1, pp. 99-105, 2008.05.
26. K.Nishioka, Y.Ueki, K.Ohno, T.Maeda and M.Shimizu, Gasification and Reduction Behavior of Plastics and Iron Ore Mixtures by Microwave Heating, Proceedings of The 9th International Symposium on Materials Science and Engineering between
Chonbuk National University and Kyushu University
, 2007.10.
27. K. OHNO, N. TAKEUCHI, Y. NOMURA, T. MAEDA, K. NISHIOKA and M. SHIMIZU, Rapid reduction of spherical wustite fine particle transported with CH4 gas, Proceedings of 3rd International Steel Conference on New Developments in Metallurgical Process
Technologies
, pp.16-23, 2007.06.
28. K. Nishioka, T. Maeda and M. Shimizu, Three-dimensional mathematical simulation of iron and slag drainage behavior in blast furnace hearth, Proceedings of 3rd International Steel Conference on New Developments in Metallurgical Process
Technologies
, pp.47-54, 2007.06.
29. M. SHIMIZU, Y. UEKI, T. MAEDA, K. NISHOKA and K. OHNO, Characteristics and Possibilities of Self-Reduction Method with Carbon Composite Iron Ore Compacts, Proceedings of International Conference on Mining, Materials and Petroleum Engineering,
The Frontiers of Technology
, pp. 229-233, 2007.05.
30. M. SHIMIZU, Y. NOMURA, K. OHNO T. MAEDA and K. NISHOKA, Rapid In-Flight Reduction of Fine Iron Ore Transported by CH4 Gas, Proceedings of Japan-Indonesia Bilateral Symposium on Sustainable Engineering, 2007.05.
31. K. NISHOKA, T. TANIGUCHI, Y. UEKI, K. OHNO, T. MAEDA and M. SHIMIZU, Gasification and Reduction Behavior of Plastic and Iron Ore Mixtures by Microwave Heating, ISIJ International, 47(2007), pp.602-607, 2007.04.
32. 植木保昭、金山正男、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 炭材内装熱間成型ブリケットのガス化反応に及ぼす雰囲気ガスと温度の影響, 鉄と鋼, 第93巻、第1号、pp.18-22, 2007.01.
33. 前田敬之、福元千恵子、松村俊秀、西岡浩樹、清水正賢, 鉄鉱石の造粒に及ぼす添加水分量と濡れ性の影響, 鉄と鋼, 第92巻、第12号、pp.721-727, 2006.12.
34. Y. UEKI, M. KANAYAMA, T. Maeda, K. NISHIOKA and M. SHIMIZU, Effect of Atmospheric Gas Composition on Residual Carbon in Carbon Composite Pellet, Proceedings of 4th International Conference on Science and Technology of Ironmaking, pp.77-80, 2006.11.
35. Masakata SHIMIZU, Takayuki MAEDA, Koki NISHIOKA and Kunihiko NAKASHIMA, Formation Rate of Calcium Ferrite Melt in Iron Ore Sintering Process, Proceedings of the first Australia-China-Japan symposium on iron and steelmaking, pp.141-147, 2006.09.
36. T. MAEDA, C. FUKUMOTO, T. MATSUMURA, K. NISHIOKA, and M. SHIMIZU, Effect of Adding Moisture and Wettability on Granulation of Iron Ore, ISIJ Internatinal, 10.2355/isijinternational.45.477, 45, 4, 477-484, Vol.45, No.4, pp.477-484, 2005.04.
37. 植木保昭、前田敬之、清水正賢、松井良行、笠井昭人, 炭材接合低気孔率ペレットの反応挙動に及ぼす雰囲気ガスの影響, 鉄と鋼, Vol.89 No.12 pp.1205-1211, 2003.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 前田敬之、菊池涼太、西岡浩樹、清水正賢, 擬似粒子の造粒性に及ぼす鉱石および炭材粒度の影響, 2011.09.
2. 大野光一郎、植木保昭、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 廃棄物を利用した鉄-水素コプロダクションシステム, 金属, 2009.01.
3. 前田敬之、清水正賢, 転動造粒物の強度におよぼす造粒条件と原料物性の影響, (社)日本鉄鋼協会, 2008.09.
4. 前田敬之、福元千恵子、清水正賢, 鉄鉱石の造粒特性に及ぼす添加水分量と濡れ性の影響, 「多孔質メソモザイク組織研究会」成果報告書, 2004.09.
主要学会発表等
1. 原全史、前田敬之、大野光一郎、国友和也, 組織の異なる焼結鉱の CO-CO2-H2混合ガス雰囲気下での還元挙動, (一社)日本鉄鋼協会 秋季講演大会, 2018.09.
2. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 酸化鉄およびカルシウムフェライトの還元速度に及ぼす気孔率、温度、ガス組成の影響, 日本鉄鋼協会, 2017.03.
3. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 湯谷友明, マグネタイトの酸化速度および酸化反応熱を考慮した焼結機数値シミュレーション, 日本鉄鋼協会, 2017.03.
4. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 林 悠平, 擬似粒子の造粒性と強度に及ぼす超微粉ヘマタイト及びマグネタイトの影響, 日本鉄鋼協会, 2016.03.
5. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 林 悠平, 酸化鉄擬似粒子の造粒性と強度に及ぼす超微粉ヘマタイト及びマグネタイトの影響, 日本鉄鋼協会, 2015.09.
6. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 久保 亮太, CO2-H2 混合ガスによるグラファイトのガス化反応挙動, 日本鉄鋼協会, 2015.09.
7. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 武田 昌平, CO-CO2-H2 混合ガスによる多成分系カルシウムフェライトの還元挙動, 日本鉄鋼協会, 2015.09.
8. Takayuki Maeda, Kazuya Kunitomo, Ko-ichiro Ohno, shimizu masakata, Ryota Kikuchi, EFFECT OF PARTICL SIZE OF IRON ORE AND COKE ON GRANULATION PROPERTY OF QUASI-PARTICLE, 9th Japan-Brazil Symposium on Dust Processing-Energy-Enviroment in Metallurgical Industries, 2013.09.
9. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野口 大介, 異種鉱物相から成る塊成鉱のガス還元速度の推定モデルの開発, 日本鉄鋼協会, 2013.03.
10. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野田 恵吾, 焼結擬似粒子中微粉層内の酸素の拡散を考慮したコークスの燃焼速度, 日本鉄鋼協会, 2012.09.
11. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 野田 恵吾, 焼結擬似粒子中微粉層内の酸素の拡散を考慮したコークスの燃焼速度, 日本鉄鋼協会, 2012.09.
12. 前田 敬之, 大野 光一郎, 国友 和也, 清水 正賢, 菊池 涼太, 擬似粒子の造粒性に及ぼす鉱石および炭材粒度の影響, 日本鉄鋼協会, 2012.09.
13. 前田 敬之, 国友 和也, 大野 光一郎, 清水 正賢, 松尾 賢嶺, 鉄鉱石造粒物の乾燥後強度の発現機構の解明, 日本鉄鋼協会, 2012.09.
14. 前田 敬之, 大野 光一郎, 清水 正賢, 野口 大介, 酸化鉄-カルシウムフェライト混合試料のFe2O3 からFeOへの還元速度に及ぼす原料粒度の影響
, 日本鉄鋼協会, 2012.03.
15. 前田 敬之, 大野 光一郎, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 多木 寛, 擬似粒子の燃焼速度に及ぼす粉コークスの賦存状態の影響, 日本鉄鋼協会, 2012.03.
16. 前田 敬之, 大野 光一郎, 清水 正賢, 西岡 浩樹, 中村 知弘, CO-CO2混合ガス中での高反応性コークスの反応速度に及ぼす炭種の影響, 日本鉄鋼協会, 2012.03.
17. 福岡寛之、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 高炉炉床部におけるキッシュグラファイトの生成と溶解特性, 日本鉄鋼協会, 2011.09.
18. 野田恵吾、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 焼結擬似粒子中のコ-クスの燃焼速度, 日本鉄鋼協会, 2011.09.
19. 前田敬之、菊池涼太、西岡浩樹、清水正賢, 擬似粒子の造粒性に及ぼす鉱石および炭材粒度の影響, 日本鉄鋼協会, 2011.09.
20. 野口大介、池崎亮太、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 酸化鉄-カルシウムフェライト混合試料の還元速度における原料粒度の影響, 日本鉄鋼協会, 2011.09.
21. 中村知弘、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 高反応性コークスのCO-CO2混合ガスによる反応速度解析, 日本鉄鋼協会, 2011.09.
22. 野口大介、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, ヘマタイト-多成分系カルシウムフェライト混合試料のW→Fe段階の還元速度, 日本鉄鋼協会, 2010.09.
23. 野口大介、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 多成分系カルシウムフェライトの還元速度に及ぼすガス組成の影響, 日本鉄鋼協会, 2010.03.
24. 四橋弘幸、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 有機系廃棄物の熱分解炭素のガス化速度に及ぼす炭材性状の影響, 日本鉄鋼協会, 2009.09.
25. 野口大介、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 酸化鉄の還元速度に及ぼすCO-CO2混合ガス組成の影響, 日本鉄鋼協会, 2009.09.
26. 前田敬之, 清水正賢, 転動造粒物の強度におよぼす原料粒度と脈石成分の影響, 日本鉄鋼協会, 2008.09.
27. 植木保昭、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢、石渡夏生, 廃棄物・鉄鉱石混合物の塊成化と反応機構
(有機廃棄物を利用した鉄・水素併産システムに関する研究1) , 日本鉄鋼協会, 2008.03.
28. 石渡夏生、武田幹治、植木保昭、大野光一郎、前田敬之、清水正賢, 廃棄物内装塊成鉱の大型還元試験と性状評価
(有機廃棄物を利用した鉄・水素併産システムに関する研究2) , 日本鉄鋼協会, 2008.03.
29. K.Nishioka, Y.Ueki, K.Ohno, T.Maeda and M.Shimizu, Gasification and Reduction Behavior of Plastics and Iron Ore Mixtures by Microwave Heating, The 9th International Symposium on Materials Science and Engineering between Chonbuk National University and Kyushu University, 2007.10.
30. 植木保昭、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 有機系一般廃棄物と酸化鉄混合体の還元挙動に及ぼす固定炭素の影響, 日本鉄鋼協会, 2007.09.
31. 中富大輔、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 還元鉄の浸炭・溶融挙動に及ぼす炭素結晶性の影響, 日本鉄鋼協会, 2007.09.
32. K. OHNO, N. TAKEUCHI, Y. NOMURA, T. MAEDA, K. NISHIOKA and M. SHIMIZU, Rapid reduction of spherical wustite fine particle transported with CH4 gas, 3rd International Steel Conference on New Developments in Metallurgical Process, 2007.06.
33. M. SHIMIZU, Y. UEKI, T. MAEDA, K. NISHOKA and K. OHNO, Characteristics and Possibilities of Self-Reduction Method with Carbon Composite Iron Ore Compacts, International Conference on Mining, Materials and Petroleum Engineering, The Frontiers of Technology, 2007.05.
34. M. SHIMIZU, Y. NOMURA, K. OHNO T. MAEDA and K. NISHOKA, Rapid In-Flight Reduction of Fine Iron Ore Transported by CH4 Gas, Japan-Indonesia Bilateral Symposium on Sustainable Engineering, 2007.05.
35. 前田敬之、信岡治樹、清水正賢, 焼結原料用造粒物の粒度と強度の関係, 日本鉄鋼協会, 2007.03.
36. 大菅宏児、森泰輔、植木保昭、大野光一郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 炭材内装ブリッケトの反応速度に及ぼす原料性状の影響, 日本鉄鋼協会, 2007.03.
37. Y. UEKI, M. KANAYAMA, T. Maeda, K. NISHIOKA and M. SHIMIZU, Effect of Atmospheric Gas Composition on Residual Carbon in Carbon Composite Pellet, 4th International Conference on Science and Technology of Ironmaking, 2006.11.
38. Y. UEKI, M. KANAYAMA, T. Maeda, K. NISHIOKA and M. SHIMIZU, Effect of Atmospheric Gas Composition on Residual Carbon in Carbon Composite Pellet, 4th International Conference on Science and Technology of Ironmaking, 2006.11.
39. 植木保昭、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 有機系廃棄物の熱分解挙動と酸化鉄混合体の還元, 日本鉄鋼協会, 2006.09.
40. 植木保昭、三井隆太郎、前田敬之、西岡浩樹、清水正賢, 有機系一般廃棄物と酸化鉄混合体の還元挙動, 日本鉄鋼協会, 2006.09.
その他の優れた研究業績
2013.09, 製銑分野を専門とした焼結鉱の製造・還元に関する研究を行っている。特に,社会的に問題となっているCO2問題について、製銑工程におけるCO2削減に関する研究に取り組んでいる。
学会では、「資源対応型高品質焼結鉱製造プロセス研究会」の委員として、焼結鉱製造時のCO2削減技術の開発を目指して研究を行っている。
.
学会活動
所属学会名
(社)日本鉄鋼協会
学協会役員等への就任
2009.04~2011.12, (社)日本鉄鋼協会, 学生鉄鋼セミナ-WG委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.17~2021.03.19, 日本鉄鋼協会第181回春季講演大会, 座長.
2017.10.11~2017.10.13, 1th International Conference on Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry, 座長(Chairmanship).
2016.03.23~2016.03.25, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
2015.09.16~2015.09.18, 日本鉄鋼協会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度
2019年度    
2018年度      
2017年度      
2016年度    
2015年度      
2014年度 12      13 
2013年度    
2012年度      
2011年度    
2009年度    
2008年度      
2006年度    
2005年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Saigon Vissal Hotel, Vietnam, 2016.11~2016.11.
Escola de Minas, UFOP-Brazil, Brazil, 2013.09~2013.09.
MEFOS, Metallurgical Research Institute AB, Sweden, 2008.06~2008.06.
受賞
俵論文賞, (社)日本鉄鋼協会, 2006.03.
俵論文賞, (社)日本鉄鋼協会, 1995.11.
研究資金
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2016.03, 分担, 高炉内反応の水素分圧影響定量化の研究開発.
2014.04~2015.03, 分担, 高炉内反応の水素分圧影響定量化の研究開発.
2012.06~2013.03, 分担, フェロコ-クスの反応モデル構築.
2011.04~2012.03, 分担, フェロコ-クスの反応モデル構築.
寄附金の受入状況
2014年度, (一社)日本鉄鋼協会, 資源対応型高品質焼結鉱製造プロセスに関する研究.
2013年度, 一般財団法人 日本鉄鋼協会, 工学研究院に関する学術研究及び教育助成の為.
2010年度, 社団法人日本鉄鋼協会, 使途特定寄付金.
2009年度, 社団法人日本鉄鋼協会, 使途特定寄付金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」